越後丘陵公園イルミネーション2019!いつからいつまで?混雑状況は?

スポンサーリンク

イルミネーション

越後丘陵公園は新潟県長岡市にあります。

新潟の冬は雪国らしく雪が降ります。

冬のイルミネーションは主に12月に開催されるので雪と一緒に楽しむことができます。

さらに花火があがる日も。

2019年はどのようなテーマで開催されるのでしょうか。

気になる開催日やイルミネーション以外には何かイベントがあるの?

園内情報やアクセスは?

雪国の寒さを耐えるためのオススメ防寒グッズは?

イルミネーションをスマホできれいに撮影したい!

新潟県出身の私が、雪国での冬のイルミネーションを防寒からスマホの撮影までしっかり楽しむ方法をご紹介します。

冬の新潟は防寒してこそ楽しめますよ。

まずは越後丘陵公園イルミネーションの内容からチェック!

越後丘陵公園イルミネーション2019!いつからいつまで?

残念ながら2019年の情報がまだ更新されていないようなので、2018年の情報を掲載。

期間

11/23(金)~25(日)(スペシャルオープン)、12月2日(日)、7日(金)~9日(日)、14日(金)~16日(日)、21日(金)~25日(火) 、冬花火12月8日(土)、15日(土)、22日(土)、23日(日)、24日(月・祝)

入場時間

9時30分~16時30分、開催日は夜間開園夜9時まで(点灯時間:午後4時30分~9時)

土日を中心に週末に開催されます。

毎日やっているわけではないので注意!特に冬花火がある日は注目ですね。

冬の花火と雪ってなかなか無いし、イルミネーションまであるのでかなり贅沢。

実際にどんなイルミネーションやイベントをやっているのか追っていきましょう!

越後丘陵公園イルミネーションってどんな感じ?

青いサンタクロース

2019年のテーマはまだ発表されていません。

続報を待とう。

LEDを使ったイルミネーションをはじめ、クリスマス感満載のイベントが盛りだくさん。

SNS映え間違いなし!

イルミネーションと澄んだ夜空を彩る冬花火のコラボレーションは必見!

公園のシンボルツリーである大ケヤキは冬仕様に光の華を咲かせます。

イルミネーションを雪と一緒に楽しむことができるのは新潟ならではの魅力です。

積もった雪に反射する光も、ちらちらと降る雪との共演もとてもロマンチック!

  • 園内を40万球のLEDを使用したイルミネーション
  • 約1,500本の使用済みペットボトルを使用した高さ7.5mのペットボトルツリー
  • きらめきの大ケヤキ
  • シャンパングラスツリー
  • クラフト教室(ミニリースづくり)
  • ステージショー
  • 冬花火

過去2018年のテーマは「ウインター・サファリ・イルミネーション」。

キリンやクジャクなどの廃材を使ったアートや、地元名産の小国和紙の折り紙動物オブジェなど、ばら園もライトアップ。

7,000個ものシャンパングラスツリーは時間ごとに色が変わり、その変わり目のグラデーションがきれいと評判です。

屋内と屋外ともにイルミネーションや撮影スポットがあり、中にはサンタ・トナカイと記念撮影できる場所も。

その様子が公式動画にあります。

キリンのアートは廃材と思えないほど鮮やかで壮大!

越後丘陵公園 ウインター・サファリ・イルミネーション2018

越後丘陵公園 ウインター・サファリ・イルミネーション2018

越後丘陵公園イルミネーションの混雑予想!

雪道の渋滞

クリスマスが近い日ほど混雑、平日がねらい目!

土日も比較的混雑しますが、人がひしめくほどの混雑はありません。

安心してゆっくり楽しみたいなら、平日がねらい目です。

参考までに2018年は3連休・クリスマスが休日だったため、混みました。

2019年はどちらも被っていないので、そこまでではないでしょう。

越後丘陵公園は駐車場の混雑状況をネットで確認できます。

とても助かりますね。

期間のはじめに行くことをオススメ

新潟は雪国です。

冬が深まるほど雪が積もり、交通規制や悪路となる確率が上がります。

車で行く場合には必ずスタッドレスタイヤを装備しましょう。

特に雪道に慣れていない人は注意。

雪国では自動車学校で輪立ち(雪道にできた車のタイヤの跡に沿って運転する方法)の教習があるほどです。

特に夜は雪が固くなり、凍った道路は滑り、地元民ですら嫌だなぁ…と思います。

こうした雪道に慣れていない人は雪が積もってなさそうな期間のはじめか公共交通機関を利用しましょう。

越後丘陵公園はどんなところ?アクセスは?トイレはあるの?

公園を歩く親子

冬のイルミネーションについて紹介してきましたが、そもそも越後丘陵公園の公園ってどんなところか知っていますか?

実は国営なんですよ。

アクセスやトイレ、駐車場など園内設備の基礎情報を紹介します。

けっこうありがたいサービスがもりだくさん!

北陸地方で唯一の国営公園

本州日本海側最大規模(約400ha)で、かなり広く、ぜんぶ回るには1日かかる、裏を返せば1日遊べる。

公園らしく木製遊具や水遊び広場もあり、身体を動かして子供も遊べる。

こどもの時にクタクタになるほど広い園内で遊びました。

売店やカフェ・レストランもあり、野外炊飯広場でバーベキューもできる。

イルミネーションといえば冬のイメージがあるけれど、実は夏もやっている

入場料

大人(15歳以上):450円、こども(小・中学生):無料、シルバー(65歳以上):210円

※ホワイトシーズン(12~3月)は無料

アクセス

  • 住所:新潟県長岡市宮本東方町字三ツ又1950-1
  • バス:JR信越本線「長岡駅」関原経由ニュータウン線6番線からバスで「越後丘陵公園駐車場」まで40分 ※ウインターイルミネーション開催日の16~20時台、越後交通路線バスの臨時バスを運行
  • 自動車:関越自動車道「長岡IC」から車で10分

駐車場2000台

  • 普通車:310円
  • 二輪車:100円
  • 大型車:1,030円

お手洗いやその他サポートについて

  • お手洗:公園内各所に多く設置してあり、お手洗いが近くなっても安心。
  • 授乳室:入口すぐの建物「花と緑の館」にあり。ミルク用のお湯もインフォメーションで受け付けてくれる。
  • 車いすなどの貸出:入口(ウェルカムゲート)で車椅子、ベビーカー、杖などの無料貸出あり。
  • 救護室:「花と緑の館」にある。万が一のときに。

注意事項やもっと詳しい情報は公式ホームページの1番下にガイドマップがPDFで配布されているので、気になることがある人は予習しておこう。

広ーい園内マップもみれるから、どうやって周ろうか計画をたててワクワクを先取りできますね。

越後丘陵公園イルミネーション2019開催の頃の寒さは?

雪だるまの人形

さっきも言いましたが、新潟は雪国です。

冬のイルミネーションを楽しむために防寒対策は欠かせません。

どのくらい寒いのかというと、

12月の平均気温

  • 長岡:4.2度
  • 東京:7.6度
  • 大阪:8.6度

かなり寒い。

イルミネーションは夜なのでなおさらです。

風もあるとよりいっそう冷えます。

さらに雪は凍ります。

その凍った雪の上を歩くのも注意しないと危険です。

万が一、滑って転んだとします。

厚手のコートや手袋などしっかり防寒対策をしていれば、ケガも防ぐことができます。

着るものだけでなく、足元にも注意してくださいね。

あるとゼッタイ良い!防寒グッズ

手袋・マフラー・帽子

忘れがちなのが、頭つまり帽子です。

雪が降ってきたときも帽子やフード付きのコートならば防ぐことができます。

屋外と屋内の寒暖差が激しいのでこれらを着脱して調整しましょう。

風を通さないコート

冷えた風はあっという間に体温を奪います。

防水と滑り止め機能のある靴

長靴やブーツがおすすめ。

夜は雪も凍り、滑ります。

雪道でパンプスやヒールなどもってのほかです。

ホッカイロ

何個か携帯してその時々で調整できる。

タイツ

ズボンの下にはくとあたたかさアップ。

 

雪道は慣れていないと大変です。

雪と聞くとふかふかでふわふわ~なイメージを持ちませんか?

あれは降り始め、積もり始めだけなのです。

夜は気温がさがり、凍ります。

凍った雪は固いし、滑ります。

お子様がいる場合、凍っている道には注意です。

滑って転んでしまわない様に必ず手を引いてあげましょう。

固い雪は痛いんですよ…。

越後丘陵公園のイルミネーションと一緒にスマホで写真を撮影しよう!

イルミネーションを撮るスマホを持つ手

SNS映えするイルミネーション、もちろん記念に写真をとりたいですよね。

しかし、スマホでイルミネーションを撮影したときに失敗したことはありませんか?

ブレる、そもそも暗くてなんだかわからない…。

夜+イルミネーションという条件がなかなか難しい。

実はイルミネーションを撮影するときにはいくつかポイントがあります。

マスターして素敵な写真を残しましょう!

  • フラッシュは使用しない
  • スマホは固定で撮影
  • セルフタイマーを使う
  • HDRを設定できる場合はオン
  • 人物と撮るときはイルミネーションの近くに寄ってもらう

夜とイルミネーション撮影でネックになるのが「手ブレ」

これを防ぐために、スマホは柱やカバンに立てかけてセルフタイマーで撮影すると手ブレを防げます。

最近では100均でスマホ用のミニ三脚が売っているので活用すれば撮影の幅がグッと広がることまちがいなし!

人と一緒に撮影する時にはイルミネーションの光を利用します。

イルミネーションに近づいてもらうことでフラッシュの代わりにするのです。

写真は回数を重ねるとだんだん調整の仕方が分かってきます。1枚撮影してうまくいかなかった~と落ち込まないで、何回かチャレンジしましょう。

まとめ

  • 越後丘陵公園イルミネーションは12月の土日を中心とした週末に開催
  • 冬花火が実施される日も
  • 雪に慣れてない人は期間の最初の方に行くことをオススメ
  • 防寒対策は頭から足までしっかりと
  • スマホでのイルミネーション撮影は手ブレ対策を

雪とイルミネーションと花火が合わさるとそれはそれは幻想的です。

そのあと風邪で寝込んでしまった!とならないように防寒対策をしっかりしましょう。

せっかくのイベントがもったいないですからね。

そして、時間があるようなら、ぜひお食事もしてください。

新潟のお米はもちろんのこと、良い水から作られた農作物もとてもおいしいです。

楽しく美しい思い出になりますように!

【こちらも読まれています】

滋賀県クリスマスイルミネーション2019!地元民おすすめ5選!
寒い季節でもお出かけ先として人気が高いクリスマスのイルミネーション、滋賀県でもクリスマスなどに合わせイルミネーションが楽しめる場所がたくさんあります。 クリスマスのデート先として、家族で楽しめる場所としてイルミネーションは定番の人気があり、滋賀県のイルミネーションスポットもぜひチェックしておきたいところですよね。 ここでは滋賀県のクリスマスイルミネーションについておすすめしたいスポット、そしてクリスマスイルミネーションを楽しむためにおさえておきたいポイントをまとめて紹介しています。 滋賀県でクリスマスイルミネーションを楽しめる場所を探している方、2019年はどんな場所でイルミネーションが開催されているかが気になる方はぜひご確認ください!

コメント