読書感想文の書き出し例!小学校高学年児童がスラスラ感想文を書くコツ!

夏休みの宿題は問題集やプリントなど小学校の低学年・中学年・高学年など学年によって様々なものが出ますが、そんなひとつとして読書感想文があります。

読書感想文はサラサラ書けてすぐに終わるという場合もいれば、書き出しがなかなか思いつかず、そもそもペンが進まない……なんてことも多いですよね。

ここではこのように夏休みの宿題で出た読書感想文、書き出しがなかなか出てこなくて読書感想文が進まない……という方に向けて、書き出しの方法や読書感想文の書き方を紹介します

夏休みの宿題は早く終わらせて自由時間を多く確保したい、夏休みが残り少なくなってきて進まない読書感想文に焦ってきた小学校高学年の方、ぜひご確認ください!

【読書感想文の書き出し例小学校高学年児童(5年生・6年生)編!使える書き出し

フレーズ!】

なによりもまず書き出しがスムーズに行かないと読書感想文を進めることも出来な

いので、読書感想文の書き出しとして使えるフレーズをいくつかチェックしていきましょう。

・今回は、○○○という本を読んだ感想を書こうと思います。

読書感想文でどうしても書き出しが思い浮かばないときの手段ではあるものの、高学年の読書感想文としてはあまりにインパクトがないのでおすすめはできません

・令和に元号が変わるという歴史の境目である今、本屋さんで偶然目にして興味を持ったのが○○○という本でした。

読書感想文の本を選んだ理由をまず最初に書きながら選んだ本のタイトルも紹介するという方法は興味を引きやすく、小学校高学年向けの書き方としてもおすすめです。

・○○○を読んで私はまず悲しく、そしてどうすればこのような事態が回避できるのか、より良い世界になるのかを考えてみました。

本を読んだ感想を最初に持ってくる、これは普通に考えれば最後に書く内容を最初に持ってくる方法ですがインパクトがあり、おすすめです。

・「○○○○○」、この本を読んで最も印象に残ったフレーズがこのセリフで、私は自分がこういう視点を持っていなかったということに気が付き、感動しました。

本の内容を引用する読書感想文の書き出し方法で、これも本、そして読書感想文に興味を持ってもらう方法としてやりやすくおすすめです。

・日頃から読書が好きな私は一番気に入った本の感想を書こうとこの夏30冊もの本を読み、その中でも○○○が気に入りました。

人は数字があると気になるので印象に残る読書感想文の書き出しになり、引用などと合わせて数字を入れる方法も良いですね。

・幸せとは何でしょうか。

少し難易度の高い書き出しの方法ではありますが、本を読んで考えたことや疑問、読書感想文で伝えていきたいテーマについての疑問を最初に問いかける方法はインパクトが強いです。

小学校高学年向けの書き出しの基本はこういったものになるので、本を読んで使えそうと思った書き出しから進めてみましょう

【読書感想文の書き出しで詰まる小学校高学年児童(5年生・6年生)が多い理由】

読書感想文は書き出しさえ終わればあとはスムーズに書けることが多く、一方その書き出しがなかなか思い浮かばずつまってしまうことが多いです。

書き出しは分かりやすく説明すると「興味を持ってもらうためのつかみ部分」で、ここで「どんな内容か気になる!」と興味を引き、本文へスムーズに読み進めてもらうためにも必要です。

書き出しにつまる、書けないというのはこの「つかみ」にふさわしいインパクトがない、思い浮かばないということが多いです。

なぜ思い浮かばない、人の目を引くつかみが分からないのかというと、そもそも読書感想文で書きたい内容をしっかりまとめていないからなんですね。

何も用意せずにスラスラと読書感想文を書いている同級生は本を読んだ段階で「このようなところが良かった、○○を中心に読書感想を書こう」と内容・目的を決めていることが多いんです。

読書感想文が苦手な方の場合は読み終わって感想を書こう、というだけで取り掛かっていることが多く、書く内容がまとまっていないため、必然的に書き出しも書けないんですね。

【読書感想文の書き方のコツ!小学校高学年児童(5年生・6年生)編!】

読書感想文が苦手な理由が分かったので、理由を解消する、読書感想文がスラスラ書ける方法をチェックしていきましょう。

まず読んだ本について書き出してみよう

まず最初に、読書感想文の書き出しが詰まるのは書く内容や目的が見えていないからなので、ノートなどに読書感想文を書く本についてをまとめてみましょう

・あらすじ
・注目したい部分
・感想
・比較

あらすじを改めて書きだすことで本の内容を再確認し、その中でも特に注目したい部分、気になった部分を見ることで感想なども気づきやすくなります

更に発展させるために自分の体験と比較すること、過去の事例などを調べ比べることなどを加えれば、一気に書く内容もまとまりますね。

また読書感想文を書くためにはその本のテーマをしっかり把握しておくことも大切で、テーマと読んだ感想を比べ、自分なりに疑問や問題点をまとめてみます

そして先程比べた内容と合わせて考え、自分なりの答えを見つけてまとめる……ここまで考えれば、読書感想文の内容はほぼまとまっているのではないでしょうか。

読書感想文の構成はどうしよう?

読書感想文は枚数が決まっていることがありその中に収める必要はありますが、どのような枚数で書く場合も基本的な構成は以下のように進めます。

1:書き出し
2:あらすじ
3:感想
4:締め

もちろん書き出し文のところでお話した通りこの構成でなくなる場合もありますが、基本的には枚数関係なくこの構成を意識しましょう

割合としては書き出し文が10%、あらすじが10%、感想が60%、そして残りが締めの文章ということを意識すれば大丈夫です。

【読書感想文の書き出しがスムーズに出る!小学校高学年児童(5年生・6年生)おすすめの向け図書3選!】

最後に読書感想文が書きやすい、引っかかりやすい書き出しもスムーズに書けるという小学校高学年におすすめの図書をいくつか紹介していくので、本を探すきっかけにしてくださいね!

モモ

商品サイト:

モモ (岩波少年文庫 127)
ミヒャエル・エンデ | 2005年06月発売 | 第一部 モモとその友だち1章 大きな都会と小さな少女2章 めずらしい性質とめずらしくもないけんか3章 暴風雨ごっこと、ほんものの夕立4章 無口なおじいさんとおしゃべりな若もの5章 おおぜいのための物語と、ひとりだけのための物語第二部 灰色の男たち6章 インチキで人をまる...

コメント