電車内の会話がうるさい・音楽がうるさい場合の注意の仕方は?就活生の電話は?

スポンサーリンク

電車内では、通話はNGであり、会話も小声で話し、携帯やゲーム機などはマナーモードにするのが鉄則です。なので、音楽がうるさかったり、会話がうるさい場合などは、周囲の人から注意されても仕方がないことでしょう。

ですが、注意すると逆ギレする人や睨みつけてくる人などが多いですよね。なので、注意する際には言葉と態度に気を付けてください!

電車内の会話がうるさい!注意するなら言い方は?

電車内で友達と一緒にいると、ついつい話し声が大きくなりがちですよね。学生の時に、周りの大人に注意された経験が誰にでも一度はあることでしょう。

注意された時に、楽しく喋っていたのに中断されたことで、注意した人にイラっとしたことがあります。それでも、周りが静かにしている中で自分たちの会話が響いていたことに気づくと、自然と声のボリュームを下げました。

どう注意する?

うるさいと思ったら、注意しても良いと思います。ただ言い方には注意した方がいいでしょう。怒鳴るような注意の仕方では、言われた方はただでさえ、苛立っているのに、さらにあおってしまいます。

「楽しく話されているところをすみませんが、少し声のボリュームを落としていただけますか?」

このように言えば、相手も冷静に対応してくれると思います。

注意したら相手が喧嘩腰に!

ただ、どんな言い方であっても、喧嘩腰に接してくる人はいるものです。そう言った場合は、席を移動するなりして、その場所を離れたり車掌さんに伝えられるのであれば、注意をお願いするといいでしょう。

電車では簡単に場所を変えることができますが、新幹線の場合は難しいですよね。新幹線では旅行気分ではしゃいでいる人も多いですし、話している人も多い印象です。

グループごとのスペースが生まれているので、注意するのも難しいですよね。なので、自分で言わずに、新幹線内のスタッフにお願いするのが得策です。

「うるさいよ」の一言で静まり返る車内 (信越本線 群馬八幡駅付近)

「うるさいよ」の一言で静まり返る車内 (信越本線 群馬八幡駅付近)

電車内で音楽がうるさい!イヤホンから音漏れしている・音をだしてゲームをしている!

イヤホンから音漏れ、どう注意する?

イヤホンをしているのに、音漏れしている場合は相手も気を付けていると思います。なので、自分のイヤホンから音漏れしていることに気づいていないだけなので、親切心から教えてあげると角は立たないと思います。

音漏れしている人の視界に入って、イヤホンや耳を指さして、ジャスチャーなどで教えてあげるといいでしょう。相手がイヤホンを取ったら、「音漏れしていましたよ」と伝えてあげればいいと思います。

音をだしてゲーム、どう注意する?

スマホから音を出してゲームをしている人は見かけたことがないですが、にぎやかな場所であれば、音が出ていることに気が付いていない場合もあるでしょう。

そんな時に、音が気になるのであれば、「すみませんが、スマホの音をもう少し小さくしていただけませんか?」とお願いしてみるといいでしょう。相手もこう言われて、喧嘩腰になる人は少ないと思いますよ。

でも、明らかに荒っぽい人がいると思った場合は、場所を変えるか、車掌さんに注意してもらうといいでしょう。トラブルを避けられるのであれば、それに越したことはありません。

電車内で就活生らしき人が電話対応をしている・・注意すべき?

就活生の場合は、就職先からの電話が電車内であることもしばしばでしょう。駅に着けば、自然と降りるでしょうから、大目に見てあげた方がいいでしょう。

就活生にかかってくる会社からの電話は、大手であればあるほど非通知の確率が高いです。なので、後でかけ直すことができません。かかってきたら、すぐにとるのが鉄則なので、大目に見てあげて、そっとしておく方がいいでしょう。

そもそも、そう言った電話は長くないものです。
3分以内には終わってしまうのですから、注意しないであげましょう。

就活生も、もしも電話がかかって来て、それが非通知ではなければ、電車を降りてから、折り返しで電話をすればいいのを分かっているので、電車内で電話に出るようなことはしませんよ。

電車内で注意をしたら逆ギレされた!マナーに関するトラブル対応方法とは?

注意をしたら相手が逆ギレして、怒鳴り返された場合は、すぐさま、その場を離れましょう。そう言った人の場合は、手が出てくるのも早いのでとても危険です。

何かを言われても、喧嘩を買うようなことはしないようにしましょう。トラブルになりそうだと感じたら、すぐにその場を立ち去るのがベストです。

それでも、相手が追いかけて来て、危ないと思ったら、周りの人に助けを求めましょう。目があった人誰でも良いので、「助けてください」とはっきりと伝えましょう。車掌さんが見つかる場合はそちらに助けを求めましょう。

また、誰かがトラブルに巻き込まれていると思った時も、すぐに車掌さんや電車のスタッフに助けを求めましょう。加勢していっしょに喧嘩をするのは危険なのでやめましょう。

【最後に/まとめ】

最近は、電車内でお年寄りが電話で大声で話しているのをよく見かけます。着信音も平然と車内に響かせます。そんなお年寄りほど注意しにくい人はいません。逆ギレすることが多いので、若者よりも厄介です。

トラブルにもなりがちですので、注意もせずに放って置きますが、子供に悪影響なので困ります。ネット上に様々なトラブル事例が上がっていますが、人によっては本当に危険なので、注意する際には慎重に行ってくださいね。

コメント