伝言ゲームのお題!絵を使った伝言ゲームのやり方は?お題例は?

スポンサーリンク

帽子やランドセルなど学校のグッズ

伝言ゲームって誰でも1度はやったことがあるゲームですよね。

言葉を伝える伝言ゲームもおもしろいけど、絵を使った伝言ゲームももりあがりますよね。

学校で伝言ゲームをやることになった、またはともだちと遊ぶのに伝言ゲームをやろうと考えている人もいるでしょう。

でも何をお題にしようか悩んでるんじゃないかと思います。

お題によっておもしろさもかわってくるし、かんたんすぎるお題でもつまらなくなってしまうし。

そこで、絵を使った伝言ゲームのお題を考えている人にむけて、伝言ゲームのやり方から、お題の例まで紹介したいと思います。

これでもう何にしょうか、なやむことはなくなって、伝言ゲームがもりあがることまちがいなしです。

お絵かき伝言ゲームを子供達と一緒にやろう!ルールのおさらいと子供向けのルール説明方法

数本の鉛筆

人数分の紙とペンを用意しておく。

お絵かき伝言ゲームのルールについて

  1. いちばんはじめの人にお題を伝える。
  2. お題を伝えられたひとは15秒で絵をかく。
  3. 次のひとはかかれた絵がなんなのか考えて、同じように絵をかく。
  4. 最後のひとまで同じようにくりかえす。
  5. 最後のひとになったら、かかれた絵がなにか答える。
  6. 一番じょうずな絵をえらぶのも楽しい。

気をつけることは、ジェスチャーや、言葉をつかってはだめだということです。

人数が多ければ、グループにわかれてやるとさらにおもしろいですよ。

子供向けにルールを説明する場合

  1. いちばんはじめの人になにを書くかおしえます。
  2. はじめのひとは言われたものの絵を15秒で書きましょう。
  3. 次のひとはその絵がなにか考えて、絵を書きます。
  4. おなじように次のひともくりかえしていきます。
  5. 一番最後のひとまでいったら、なにをかいたのか最後の人に答えてもらいます。

簡単に説明するには、みんなの前で例題をひとつだけ、実際にやってみせるとわかりやすいでしょう。

お絵かき伝言ゲームのお題は?簡単なお絵かき例題!

お絵描きをする子供たち

簡単なお絵かきの例題を3つ紹介します。

りんご

りんごはだれでも簡単に書けますね。

でも「なし」と似ているので間違ってしまう人もたまにいます。

ねこ

ねこの絵はだれでも1回は書いたことがあるでしょう。

えんぴつ

こちらもシンプルなので書きやすいと思います。

 

また、動物、果物、キャラクター、いつも生活でつかうものなど、お題にできるものはいろいろありますよ。

お絵かき伝言ゲームのお題は?少しむずかしいお絵かき例題!

ノートとペン

少しむずかしいお絵かきの例題を3つ紹介します。

ミッキーマウス

みんながすきな有名なキャラクターですが、けっこう描くのはむずかしいんです。

絵がじょうずな人はかんたんに書けると思いますが、書くのがあまりとくいじゃない人は、なかなかかけないんです。

そうじき

簡単そうでこちらもけっこうむずかしいですよ。

私がそうじきを書いてみたら、ジョーロっぽくなってしまいました。

くま

書いた絵が犬やほかのどうぶつなどとまちがわれてしまいやすい動物です。

ちなみにわたしはくまの絵はにがてです。

お絵かき伝言ゲームのお題は?面白いお絵かき例題!

ゴリラ

面白いお絵かき例題を3つ紹介します。

ピカチュウ

うまく書ける人と書けない人にわかれやすいと思います。

わたしが書くとねずみのような絵になりそうです 笑。

ゴリラ

犬やねことちがってあまり書かない動物なので、みんなうまくかけずにへんな絵になって、もりあがると思いますよ。

実際に私も描いてみました。

ゴリラのムキムキのからだを最初にかいてから、顔をてきとうにかいたら、人間なのかどうぶつなのかわからない絵になりました。

こちらも書けそうで意外に描けない動物だと思います。

変な絵になってしまったりしておもしろい例題です。

まとめ

絵を使った伝言ゲームのまとめ!

  • 絵を使った伝言ゲームのルールは、いちばんはじめの人にお題を言う。15秒でお題の絵を書く。次の人は何がかいてあるか考えて絵を書き、次の人に見せる。最後の人までいったら、書かれているものを最後の人があてる。
  • 子供向けに簡単にルールを説明するには、一番さいしょの人にだけお題をおしえます。みんなはまえのひとが書いた絵をみて何の絵か考えて、思ったものをかきましょう。書く時間は15秒ですと説明する。
  • 簡単なお絵かき例題は、りんご、ねこ、えんぴつなどよく書いているもの。
  • 少しむずかしい例題は、ミッキーマウス、そうじき、くまなど、よく見かけるけどあまり書かないもの。
  • 面白い例題は、ピカチュウ、ゴリラ、馬などの特徴をとらえるのがいがいにむずかしいもの

私も実際にいくつか描いてみましたが、15秒でかこうとするとむずかしいんですよね。

自分の書いたゴリラの絵をみて思わず笑ってしまいました。

こうしてみてみると、お題にできるものってけっこうたくさんありますよね。

ぜひいろいろ参考にお題をつくってみてくださいね!

【こちらも読まれています】

伝言ゲームのお題!面白いと子供が笑ってくれるお題3選!
伝言ゲームは誰でも子供のころにやったことあるでしょう。でもお題を決める先生はどんなものにしょうか悩みます。そこで、幼稚園児向けに伝言ゲームのお題を考えている先生のために、伝言ゲームのお題を3つ紹介します。
伝言ゲームのお題!高齢者向け簡単・面白い・難しいお題アイデア!
高齢者向けの施設でどんなイベントをしようか、と悩まれる職員の方は多いです。みんなが楽しめて、脳トレーニングにもなるオススメの遊びは、ズバリ『伝言ゲーム』です。ここでは、利用者さんに応じて、3段階のレベルに分けて具体的な伝言ゲームの例文や作り方を紹介します。

コメント