出戻り社員が嫌われる理由や態度5選!人間関係を良好にするコツは?

スポンサーリンク

オフィス

一度転職したけど、やっぱり前の会社に戻りたい。

そんな気持ちを抱える人は意外と多いもの。

でも待って。

「出戻り社員」は嫌われることもあるものです。

特に、人間関係が不快なものになってしまったという実例は少なくありません。

そうならないために、知っておきたいポイントがあります。

ここでは、出戻り社員が嫌われる理由や態度についてまとめました。

実際のエピソードも紹介しています。

「出戻りで再入社しようかな」

「このたびめでたく出戻りで再入社が決まったけど、何に気をつけたらいいのかな」

そんな気持ちを抱えるならぜひ読んで参考にしてくださいね。

出戻り社員が嫌われる理由や態度5選! その1:前回会社を批判してやめている

まず紹介するのは、『前回退社時に、会社や体制を批判してやめている場合』です。

誰でも、自分の勤めている会社を批判されれば気分が悪いもの。

それをした同僚が辞めて再び戻ってくるとなれば、周りの心象がいいはずありません。

でも出戻りをするとなったときに、過去は変えられるわけでもありません。

ですから、再入社後の態度が重要です。

批判して退社後、出戻りを敢行した会社員のケースを紹介します。

Aさんは製薬会社勤務でしたが、その会社のぬるさを批判して一度退社。

同じ業界の別会社に就職しましたが、再び最初の会社に戻ってきました。

当然、最初は「なんで批判して辞めた会社にまた再入社するんだ」と周りは冷たい目が待っています。

ただ、Aさんの素晴らしいところは、再入社後に謙虚な態度を貫き通したところ。

また、社内改革案を求められた際には会社への愛情を持って話し、丁寧さを忘れませんでした。

その積み重ねによって、出戻り社員Aさんは元の会社にうまく馴染むことができています。

出戻り社員が嫌われる理由や態度5選! その2:先輩ヅラ

丸めたノート

出戻りで配属された部署で、以前の同僚や後輩がいるケースもあります。

その場合、自分は出戻りとはいえ先輩だから、という顔をするのはNG。

なぜなら、元からいる社員は後輩とはいえ、その会社で経験を積んでいるからです。

実際のエピソードはこちら。

一度退社したBさん。

家庭環境が変わり、通勤できるようになったので再度入社することに。

でもそこでの態度が良くなかったのです。

Bさんは年次としては後輩のチームリーダーのいる部署へ配属されました。

Bさんは補助として入ったにも関わらず、チームリーダーのやり方へ何度もダメ出し。

これはチームリーダー自身のプライドを傷つけることに。

それだけでなく、それまでチームリーダーを支えていたチームメンバーからも嫌われてしまいました。

なぜなら、すでにうまく機能していたチームを否定されてように感じたからです。

ほどなく、Bさんは再度退職となりました。

出戻り社員が嫌われる理由や態度5選! その3:「昔はよかった」

批判される女性

出戻り社員が退社後も、会社や体制は進歩していることを忘れがちな場合に起きるのがこのケース。

会社の進歩から目を背けて、「昔は○○だったからよかった」と言うのはNGです。

それは「今は昔に比べて良くない」と言っているようなもの。

既存社員が自分たちを否定されたと感じて反感を覚えます。

また、価値観など感覚の違いがあらわになり、違和感を覚えられてしまうことにもつながります。

小さなことですが、こんなエピソードがあります。

この営業管理システム、以前はこのパソコンからもアクセスできたのに

つい言ってしまった出戻り社員のCさん。

これはセキュリティのレベルを上げた結果の環境変化に対するものでした。

会社としては改善したやり方について文句を言うと、周りに違和感を与えるので注意。

出戻り社員が嫌われる理由や態度5選! その4:「前は大変だったよ」

会議室

以前の会社と比べて「前は大変だったよ、今はゆるいね」といった態度はNG

そんなことを言われて気分のいい人はいないですよね。

でも「自分は前からいる人間だから」なんていう感覚を持ってしまうと危険。

ポロッと出てしまいかねません。

こんなエピソードがあります。

寿退社したDさんが上層部から声をかけられ再入社。

すでに出来上がっている人間関係の中にポンと補助として入ってきました。

昔の後輩が先輩という状況。

にも関わらず、今の仕事のやり方を「これは昔と違うね、前は大変だったよ」、「このやり方はよくないね」。

結局、周りの反感を買い、居心地が悪くなるまで追い詰められ退職となってしまいました。

出戻り社員が嫌われる理由や態度5選! その5:何をやっても「一度やめた勝手な人」と思われる

Uターン禁止の看板

やめ方にもよりますが、出戻り社員に貼られがちなレッテルがあります。

「一度やめたのにまた戻ってきた堪え性のない勝手な人」です。

会社の風土や雰囲気により多少は異なりますが、そういった逆風はあると思っておきましょう。

実際の、出戻り社員を引き受ける部署の社員の声を紹介します。

これは、継続して働いている社員の本音のひとつです。

”心が狭いかもしれませんが、自分で会社の悪口散々言って辞めていった人が復職してきて、勝手だと思うし・・・快くまた一緒に仕事できるか自信ありません。“

(yahoo知恵袋より引用)

出戻り社員に対してこう思う社員はいるものです。

もちろん、再入社後の出戻り社員の態度によっていい方向に変えることは可能です。

次の章では、出戻り社員がスムーズに受け入れられるコツをまとめます。

出戻り社員が嫌われないために人間関係を良好するコツとは?

4人でグータッチ

出戻り社員が嫌われないためには、いくつかのコツがあります。

ぜひこのポイントを忘れずに。

自分の態度を常にチェックしましょう。

1.先輩ヅラをしない

周りの社員は、出戻り社員がいなかった間にその会社で経験を積んできた人ばかり。

その中に戻るときには、自分が最初の採用年次が上であっても先輩ヅラはやめましょう。

継続して働いている社員の年月を軽く見てはいけません。

2.今と昔の比較を口にしない

「昔はよかった」「昔のほうが大変だった」はNGワードです。

この言葉によって、

  • 自分は昔を知っているから偉いんだ
  • 今のこんな体制はぬるい
  • 今のやり方は昔に比べて悪化している

と思っていることが伝わってしまいます。

今の体制になった裏には理由があるもの。

まずはそこに着目して、理解をしましょう。

3.謙虚な態度を貫き通す

再入社できたということで大手を振って・・・というのはNG。

再入社できたのは、あくまでも現場以外の人事権ある上層部がOKを出したというだけ。

再入社後に、周りの社員からの面接が続くと思っても過言ではありません。

再入社した人の中には、「再入社後に現場の社員からの評価する目が24時間365日続く」と感じた人もいます。

その中で謙虚な態度で仕事に勤しむことで、自分の居場所をようやく入手できると言ってもいいでしょう。

ただし、馴染むまでの期間の長さは社風や雰囲気によりけりです。

仕事のできる人とは?が完結にまとめられた動画はこちら。

 

参考動画:仕事ができる人とできない人の5つの差

仕事ができる人とできない人の5つの差

まとめ

TEAM

一度辞めた会社への再就職、「出戻り」

他の会社を経験したことで、やはり元の会社が良かったと感じる人は少なくありません。

ただし、出戻り後の態度によっては人間関係が不快なものになんてことも。

再度退職なんて事態は避けたいですよね。

 

気をつけるべきポイントはこちらです。

  • 先輩ヅラをしない
  • 昔と今を比べない
  • 常に謙虚に仕事に勤しむ

これらに気をつけて勤務することにより、徐々に自分の居場所を確立できるでしょう。

業務の面から見れば、既存社員・出戻り社員の両者にとって有利な点も多い出戻り。

人間関係に気を配ることで、さらに両者にとってストレスのない環境を作っていきましょう。

【こちらも読まれています】

辞令交付式の挨拶例文!入社・昇進・退職・異動!服装や受け取り方も
社会人になって初めて知ったという方も少なくない辞令交付式、ましてやその場で挨拶をしなければならなくなった場合は戸惑ってしまいますよね。どんな挨拶が良いのか、辞令交付式での正しい服装や辞令の正しい受け取り方なども知っておきたいところです。

コメント