PR

12月に書く手紙例文!書き出しや季語はどうする?短期間で字が上達する方法付き

昨今はLINEやメールでの連絡手段がメインになり、めっきり手紙を書く機会も減りましたね。

「授業で手紙の書き方って習ったかな?」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

手紙を送る相手によっては、敬語、謙譲語など使わないといけないし…「書き出しはどうしたらいいの?」「季語」「時候の挨拶」などを取り入れないといけないとなると益々ハードルが上がってしまうイメージ…

プライベートな手紙とビジネスの手紙では書き方も違うので上記のような疑問をお持ちではありませんか?

わたしも今回、色んなことを調べて学べる場を頂けて良かったと思いました。

実は、この記事で紹介する『12月に書く手紙の例文&短期間で字が上達する方法』を実践すると、誰でも簡単に解決することが可能です。

「季語」は、授業で習った記憶はあるけど…「時候の挨拶」上旬・中旬・下旬の使い分けは?

書いてあることを実践すれば、手紙の書き出しや季語などのあなたの悩みが解決されることでしょう。

コロナ禍で中々会えない今だからこそ、手紙の良さを顧みるいい機会でもあります。

それではさっそくいきましょう。

手紙のマナーと構成は?

手紙はどんな構成にする?

構成

  1. 前文
  2. 主文
  3. 末文
  4. 結語
  5. 副文
  6. 後付け

の順で構成されます。

順を追って詳しく説明していきます。

①前文…人と会った時の挨拶(「こんにちは」」に相当する部分

※丁寧であるべきですが、あまり長く綴ると失礼になってしまいます。

※お悔みや災害見舞いの時は省略します。

▼起首・頭語

  • 頭語と末文はペアになっています。

例…「拝啓」「敬具」など

  • 欧文風に「○○様」と名前の呼びかけで書くことも増えている。

▼時候の挨拶・季語

  • 時候の挨拶とは、”四季の流れ””季節感”です。
  • 季語や暦の言葉を上手に使い、さらに自分なりの表現で季節を伝える。
  • 普通は前文の挨拶の最初に来る

☆ビジネスシーンでは、かしこまった漢語調の時候の挨拶を使うのが一般的です。

▼安否の挨拶

  • 相手の安否を尋ね、次に自分の現況をそっと書き添えます。

▼お礼の挨拶

  • 必要に応じ、ご無沙汰のお詫びやお礼などを短めに書きます。

☆3〜4行にまとめましょう。

②主文…手紙の内容の部分(本来の要件を書く)

▼起辞…主文に入るときに用いる言葉(「さて」など)

~起辞の用い方~

  • 必ず行を改めて書く
  • 一字下げにしてよいが、格式ばった場合は一字下げにしないこともある。
  • 主文の中で別の用件に移る場合にも行を改めた最初に用いる。

~主文の書き方~

  • 内容を整理し、文脈を整え手紙の用件が正しく伝わるように書く。

伝達事項をはっきり述べましょう。

  • 「さて」「この度」などを起こせばスムーズに書けます。
  • 簡単な内容であれば、例文の語句を入れ替える「だけでもいいでしょう。
  • 複雑な内容であれば、用件を箇条書きにし、その用件に合う手紙の”要点””注意”を参考にしてまとめてみてください。

☆書き進める順序は、事件の起こった順序考えを進めていく順序が良いです。

~文体の統一~

  • 手紙文は一定の調子に乗せて文体を統一する。

→「ます体」が一般的である。

  • 目上の人に宛てる場合には、特に丁重に書く必要がある

「ます体」で統一するとともに「です」を用いないようにする。

  • 同輩に宛てる場合には、普通の「です・ます体」で良い。
  • 目下の人や特に親しい人には、「ますね」「ですよ」など、親しみのある形を用いても良い。

③末文…主文の終わったあとに来るのが、要旨のまとめを中心とする末文の挨拶である。

~悪文の陳謝~

  • 手紙の文章が下手だと思えば、それについて謙譲の意を表し末文で陳謝する。

「以上長々と勝手なことばかり書き連ねましたこと、幾重にお詫び申し上げます。」など。

~後日の約束~

  • 主文の性質によっては、さらに後日詳しく伝えることを約束することにもなる。

その際は、「委細は、後日ご拝顔の折に申し上げたいと存じます。」など。

~返信の請求~

  • 主文の性質によっては、相手方からの返信を待つことになる。その場合は、

「恐縮ながら折り返しご返信を賜りたく、伏してお願い申し上げます。」など。

~愛顧の挨拶~

  • 特別な依頼がない場合は、一般的な形で今後ともよろしくとする。

「なお、今後とも何とぞよろしくお願い申し上げます。」など。

~自愛の挨拶~

  • 本文の終わりの方で、相手方の無事を祈る。

末文の挨拶のうち一つだけ書くとすれば自愛の挨拶が良い。

「末筆ながら、貴社一層のご隆盛をお祈り申し上げます。」など。

~要旨のまとめ~

  • 主文の内容について、締めくくりとして念を押す部分。

別行にして書き始めるが、一字下げにするかしないかは主文の起辞の書き方と同じにする。

  • 一般的には「右とりあえずご案内まで」のようになる。
  • 簡略して、「右、とりあえず」だけでも良い。

④結びの挨拶、結語

  • 締めくくる部分です。相手への近況や健康を察する言葉を添えます。
  • 手紙の結びの挨拶をする部分、結びの挨拶と結語で構成

▼結びの挨拶例

  • 「まずはお礼まで」「皆様によろしく」など臨機応変に使い分けます。
結語
  • 前文の”頭語”に対応させる。また、女性が用いる「かしこ」は頭語がなくても使えます。
  • 手紙の本文の最後に来るのが、「敬具・草々」などの結語である。
  • 女性の場合は、「かしこ」などとも。
  • 結語は、本文の最後の行の下に書く。本文が下まである場合には、次の下の行に書く。

⑤副文…手紙の本文のあとに、本文に準じて書き加える「追伸」の部分

  • 追伸と書くには、「二伸」などの頭語を用いる。

内容は本文に書き漏らしたこと、本文とは別の用件で本文と一緒にしない方が良い。

特に注意を引く必要のあることなどを書く。

  • 追伸は、本文よりやや下げて「二伸」などの頭語を書き、その後、一字分上げるか、別行にして、本文よりやや小さい字で書く。

⑥後付け

  • 日付・署名・宛名・敬称…いつ、誰が、誰にという部分です。

~日付の書き方~

  • 普通は月日のみ。改まった時は年月日を記します。
  • 縦書きは、”元号”が基本で横書きは”西暦”を用いることが多くなっています。
  • 書く位置は、本文のあとで、行を改めて、本文より少し下げ、やや小さい字で書く

~署名の書き方~

  • 原則としてフルネームです。(「田中一郎」のように)
  • パソコンや印刷の手紙でも、署名だけは自筆で書くのが礼儀です。
  • 書く位置は、日付の行の下、または次の行の下で、書き終わりが本文より一字分上ぐらいで止まるように、やや大きい字で書く

~宛名・敬称の書き方~

  • 誰に宛てたか明らかにする部分
  • フルネームに敬称をつける(「田中太郎様」「山田花子先生」のほか)
  • 書く位置は、署名の次の行の上で、日付より上、本文より下、のところから、署名よりも大きい字で書く
  • 宛名の左下に「侍史」などの脇付けを添えることもある。

 

  • 構成順に気を付ける。
  • 構成は、「厳しい寒さは残るものの、暦の上では春を迎えました。」というように短い文でまとめる形と「ましたが…」のように次に続ける形とがあることも併せて覚えておきましょう。

プライベート、ビジネスの場合のそれぞれのマナーは?

ビジネス編

  1. 頭語・結語のペアを正しく使う
  2. 尊敬語・謙譲語を正しく使い分ける
  3. 字配りに気を付ける
  4. ビジネス編では、末文で自愛の挨拶はしない
  5. 宛名・敬称に気を付ける

どういう物かここからご紹介していきます。

頭語・結語

  • 季節に関係なく、「時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます」なら特にどの月とは限定しないので使える言い方を覚えておくと便利です。
  • 「晩冬の候」「晩冬のみぎり」使い方は同じですが、女性がよく用いていた言葉なので、

ビジネスの場合は、『みぎり』は女性言葉であることを覚えておくといいと思います、

尊敬語・謙譲語

  • ”尊敬語””謙譲語”を正しく使い分けることが重要です。
  • ”尊敬語”…相手を敬う言い方で、手紙文では相手方の事柄に用いる
  • ”謙譲語”…へりくだった言い方で、自分側に用いる

手紙文では相手方に用いる語と自分側に用いる語と異なる場合が多い。

字配り

  • 人名・地名・物名・数字・金額などが、二行に分かれないようにする。
  • 「が、の、に、を、です、ます」や「趣、由、旨、間」などの軽い語や、自分を差す「小生」「私」などが行の始めに来ないようにします。
  • 相手方の代名詞や敬称の付いた氏名は行の終わりに来ないようにする。
  • 用紙は二枚以上にわたるようにする。(やむをえず一枚で終わる場合は、白紙を一枚添えて全体で二枚にするのが礼儀です。

末文

  • 自愛の挨拶は書かず、「末筆ながら、貴社一層のご隆盛をお祈り申し上げます。」などとする。

宛名・敬称

  • 目上の人に対しては、本文と同じ高さまであげて敬意を表する。
  • 会社・商店・官庁に宛てる場合は、会社(商店・官庁)名、部課名のあと、左下に「御中」と添える。

~日付・署名・宛名・敬称~

  • この部分が二枚にわたったり、この部分だけが別の用紙になったりしないように注意!

プライベート編

相手の心情、地域の季節感などを考慮する。具体的にはどういう物かご紹介します。

~忌み言葉~

☆手紙によっては、用いてはいけない言葉があります。

▼結婚祝い

  • 「去る・帰る・返す・別れる・離れる」など離婚を連想させる語。
  • 「別紙・格別・帰京・帰宅」など「別・帰」の付く語もNG。

▼忌慰状

  • 「いよいよ。たびたび・またまた・それぞれ」などの畳語。
  • 「重ねて、再び、追って、再三」など二回目を連想させる語。

※出産祝い、新築祝い、開業祝いなどの場合も、これに準じて考えます。

▼手紙を書き出す相手の居住地の季節感を考慮する

  • 時候に関する事柄であるから時期は地方によって異なります。

相手に無神経な印象を与える挨拶もあるので注意が必要です。

(例)

  • 「桜花爛漫のみぎり」は4月の用語ですが、東北地方では5月のG.W.の頃が桜の開花期です。
  • 梅雨の時期に常識的な挨拶「梅雨の候」を用いた場合、本州が梅雨の真っ盛りでも北海道には”梅雨はありません”し、沖縄だとすでに”梅雨が明けている”場合があります。

このような理由から、相手が住んでいる地方の季節感、地域や地形を考慮して時候の挨拶を述べることが必要です。

12月の時候挨拶は?

時候の挨拶一覧

  • 初冬の候
  • 短日の候
  • 寒冷のみぎり
  • 師走の候
  • 寒冷の候
  • 大雪の候
  • 冬至の候
  • 霜寒の候
  • 歳末の候
  • 霜夜の候
  • 歳晩の候
  • 年末厳寒のみぎり
  • いよいよ師走となりましたが
  • 冬至冬中冬始めと申しますが
  • 年の瀬を迎え、寒さ一段と厳しく
  • 師走繁盛の日々であります
  • 歳末多端の折ですが
  • 寒さが身にしみます
  • クリスマスツリーが街並みを彩って

※時候の挨拶は、上旬・中旬・下旬で使える言葉が違うので注意が必要です!

(例)

  • 大雪の候…12/7頃をさす(上旬)
  • 冬至の候…二十四節気のひとつ。現在の12/22頃のこと。(年しよって変わる)

12月に使える季語は?

・霜月 ・寒波 ・短日 ・冬の日 ・冬の朝 ・冬の空 ・冬の雲 ・冬霞 ・冬霧

・冬の雷 ・冬の虹 ・冬夕焼 ・冬の暮 ・冬の夜 ・冬の月 ・冬の星 ・冬銀河

・火事 ・日の番 ・冬の鳥 ・冬の雁 ・越冬燕 ・水鳥 ・浮遊鳥 ・鴨 ・鶴

・白鳥 ・夜神楽 ・顔見世 ・杜氏来る ・雪催 ・雪起こし ・初雪 ・雪 ・寒し

・冷たし ・息白し ・冬木 ・冬木立 ・枯木 ・枯木立 ・冬枯 ・霜枯 ・冬ざれ

・枯芝 ・枯菊 ・枯柳 ・霜枯 ・冬林檎 ・焼藷 ・蜜柑 ・冬蕨 ・枇杷の花

・冬柏 ・冬桜 ・針供養 ・焼鳥 ・大根焚 ・漱石忌 ・ぼろ市 ・羽子板市

・年の市 ・風呂吹 ・雑炊 ・根深汁 ・白菜の人参 ・納豆汁 ・闇汁 ・寄鍋

・おでん ・湯豆腐 ・葛湯 ・熱燗 ・鰭酒 ・玉子酒 ・冬の山 ・山眠る ・冬野

・枯野 ・冬田 ・冬眠 ・熊 ・狩人 ・罠の薬喰 ・猪鍋 ・狸 ・兎 ・笹鳴

・都鳥 ・冬鴎 ・冬の海 ・波の花 ・鯨 ・河豚 ・鮟鱇 ・鮪 ・柳葉魚 

・海鼠 ・牡蠣 ・味噌搗 ・冬の蝶 ・冬の蜂 ・冬の蠅 ・冬の虫 ・屏風 ・障子

・枯蟷螂 ・炭焼 ・湯ざめ ・風邪 ・咳 ・羽織 ・慍袍 ・ねんねこ ・毛皮

・重ね着 ・セーター ・冬服 ・冬シャツ ・ショール ・マスク ・手袋 ・足袋 

・コート ・懐手 ・毛糸編む ・紙漉 ・北風 ・空風 ・冬凪 ・霜 ・霜夜 ・霜柱

・雪国 ・雪囲 ・雪吊 ・雁木 ・藪巻 ・霧氷 ・樹氷 ・水涸る ・冬早 ・冬の川

・狐日 ・一茶忌 ・冬至 ・柚子湯 ・天皇誕生日 ・ポインセチア ・クリスマス

・師走 ・いさき ・賀状書く ・暦売 ・古暦 ・日記買ふ ・ボーナス ・年用意

・春支度 ・飾売り ・注連飾る ・煤払 ・畳替 ・冬休み ・歳暮 ・年忘 ・餅搗

・ご用納め ・餅 ・年の暮 ・年の内 ・数へ日 ・行く年 ・大晦日 ・大年 ・年取

・なまはげ ・若布刈神事 ・年の火 ・年守る ・年の宿 ・晦日蕎麦 ・年越 ・除夜 

・年惜しむ ・除夜詣 ・除夜の鐘 ・ブーツ ・小六月 ・神楽 ・鰤 ・ちゃんこ鍋

・大綿 ・氷下魚 ・くさめ ・搔巻 ・目貼 ・社父魚 ・石蕗の花 ・藪柑子 ・冬籠

・年木編む ・冬ざれ ・刈田 ・神迎え ・かいつぶり ・乾鮭 ・冬温し ・冬安居

・吹雪 ・かもしか ・虎落笛 ・蕪蒸 ・善知鳥 ・葱鮪鍋 ・カーディガン ・雪鬼

・枯茨 ・ゆりかもめ ・緋寒桜 ・冬至粥 ・冬至湯 ・冬至南瓜 ・雪の精 ・室の花

・聖夜 ・行火 ・足温め ・いとより ・除雪 ・ホット・ドリンク ・火の用心 

・柴漬 ・むささび ・梟 ・寒立馬 ・滝の玉 ・九年田 ・沼涸る ・火事逃げ 

・古日記 

12月に書く手紙の結びの一文は?

結びの一文の書き方と例文

プライベート・ビジネスで使うオーソドックスなパターン

(プライベート編)

拝啓 師走も残りわずか。みかんを食べた昔を思い出します。

もう少し時がたって、おばあちゃんになったら縁側でまた一緒にみかん食べましょうね。

時節柄、体調を崩しませんよう御身おといください。

                             敬具

令和〇年〇月〇日(縦書きの場合は漢数字で書くのが一般的です)

                      氏名

〇〇様(フルネーム)

(ビジネス編)

初冬の候 皆様におかれましてはお変わりなくお過ごしでしょうか?

こちらは、細々ながら皆様のお力を借りながらも商売を続けております。

寒気いよいよ厳しき折、ご自愛専一にてお願い申し上げます。

令和〇年〇月〇日(縦書きの場合は漢数字で書くのが一般的です)

                      氏名

〇〇様(フルネーム)

12月の手紙の書き出しプライベート例文!

プライベートで使える手紙の書き出し

拝呈 クリスマスのイルミネーションが美しく輝いています。お変わりなくお過ごしでしょうか?

こちらは、例年恒例の家のクリスマスイルミネーションをしました。

時節柄、なかなか思うように会えませんが、オンラインでのおしゃべりも大歓迎。お互い元気でよい年を迎えましょう。

                      敬白

令和〇年〇月〇日(縦書きの場合は漢数字で書くのが一般的です)

                      氏名

〇〇様(フルネーム)

ビジネスで使える手紙の書き出し

冬至の候 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

コロナ禍で、逼迫している企業が多い中、私共は〇〇様のご尽力のお陰でここまで来ることができました。感謝申し上げます。

これからも変わらぬご支援をご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

〇〇様のご趣味、待望のスキーシーズン、存分に満喫なさってください。 

令和〇年〇月〇日(縦書きの場合は漢数字で書くのが一般的です)

                      氏名

〇〇様(フルネーム)

手紙は自筆で書くもの?メールやLINEでもいいの?

手紙のマナーは?

  • 目上の人への言葉遣い(謙譲語・尊敬語など)
  • 時候の挨拶は、相手が住んでいる地方の季節感、地域や地形を考慮して時候の挨拶を述べることが必要です。
  • 忌み言葉に注意する

自筆で書く?

コロナ禍ということもあり、中々会えない日々が続いています。ですので、できるだけ自筆で書いた手紙の方が心の温もりが伝わると思います。

頂いた方も、自筆の方が喜ばれるでしょう。

メールやLINEだと失礼?

コロナ禍ということで、なるべく接触を避けようと紙面での共有などを避けWEB版に変わって来ていると耳にしました。

ですので、メールやLINEという方法も昨今に合った方法の一つと言えなくないでしょう。

ですが、目上の方や取引先の方などに宛てる場合は、一言メールやLINEでのご連絡の失礼を詫びる文を一筆入れた方が相手方の気持ちを害さずに良いと思います。

悪筆の場合はどうする?字を短期間でうまく書く方法は?

悪筆の場合はどうする?

~悪筆の陳謝~

  • 手紙の文字がぞんざいだと思えば、それについて謙譲の意を表し、末文で陳謝する。

「以上、取り急ぎ悪筆の段、どうぞあしからずお許しください。」など。と添えるといいです。

字を短期間でうまく書く方法は?

これは、私が子供の頃にお習字の先生から教わった話です。

一番大事なのは、やはり書き順!!

確かに、「必」という漢字を自分の書き順で書いていた時はバランスが悪くひどい字でしたが、書き順通りに書いたらビックリ!「今までのバランスの悪いあの字は何だったの?」と叫びたくなるほどバランスのいい字が書けたのです。

それからは、書き順通り書くように意識するようになりました。

ひらがなを丁寧に書く!!

画数の少ない、ひらがな・カタカナ・数字は丁寧に書く。理由は、画数が少ないので目立つからです。

手本と自分の書きぶりを見比べる。

1日5分だけでもいいので練習する時間を作り、毎日続ける。

流れを意識する!

ひらがなの線1本1本につながりがあります。一連の流れをなぞるように書くことで自然と丸みが帯びた字になる。

字を書く時の姿勢も大事!!

机と自分のお腹の間に、拳1つ分をあけて姿勢を正して真っすぐ座る。

☆練習するときのおすすめの紙は、子供の頃お習字の練習で使った枠が合って中に点線が入っている用紙です。これを使うことで、字の形(バランス)・隙間均等法・止め、はね、はらいをしっかり習得することができます。

まとめ

 

12月に書く手紙例文!

  • プライベート・ビジネスに合わせた「手紙の構成」「時候の挨拶」「季語」「忌み言葉」を使い分ける。
  • 頭語・結語を覚えておく。
  • 目上の人や格式ばった相手の場合の言葉遣い(謙譲語・尊敬語)に注意する。
  • ※時候の挨拶は、上旬・中旬・下旬で使える言葉が違うので注意が必要です!

短期間で字が上達する方法付き

書き順が一番大事!!

  • 書き順を間違えると、字のバランスが悪くなりきれいに見えません。

ひらがなを丁寧に書く!!

  • 画数の少ない、ひらがな・カタカナ・数字は丁寧に書く。
  • 理由は、画数が少ない分目立つからです。

流れを意識する!

  • ひらがなの線1本1本につながりがあります。
  • 一連の流れをなぞるように書くことで自然と丸みが帯びた字になる。

字を書く時の姿勢も大事!!

  • 机と自分のお腹の間に、拳1つ分をあけて姿勢を正して真っすぐ座る。

3種類のレターセットをご紹介させていただきます。

お好みの物を見つけてみてください

きれいに書ける一筆箋(季節不問)

【楽天市場】ミドリ 一筆箋188 きれいに書ける一筆箋 89188006:BUNGU便
...

一筆箋2枚分の丁度よい文字数で書ける(男性でも使える)

【楽天市場】あたぼうステーショナリー ふたふで箋 FT-00 原稿用紙 200字詰め 飾り原稿 プレゼント 母の日:ペンハウス 万年筆・ボールペン
...

12月に使えるレターセット

【楽天市場】エヌビー社 ND こふみ箋 うさぎ | 30枚入 便箋 手紙 メモ 和風 縦書きミニサイズ 兎 レター お礼状 ラブレター 結婚式 記念日 友達 おしゃれ 御洒落 かわいい 可愛い シンプル 上品:エヌビー社ONLINE SHOP 楽天市場店
...

 

当たり前ですが、記事を読んだ後は『手紙の例文を参考に書く&短期間で字がうまくなる方法』を実践することが重要です。

ぜひ、明日から行動に移してしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました