PR

デートの誘い方LINE例文【男性編】相手・関係別まとめ!

気になる相手をデートに誘うのに、LINEを使う人は多くいます。

電話と違って、気軽にメッセージが送れるので、その分どんなメッセージを送ればいいのか分からない!と、悩む男性は少なくないはずです。

どんな言葉を使えば相手の女性と楽しいデートへの誘い方ができるのか、どんな言葉で不信感を与えずにスムーズに、約束までこぎつけられるのか。

女性目線からの、自然とデートへ誘えるLINEの仕方をパターン別に掲載致しました!

是非参考に使ってみてください!

デートの誘い方LINE例文:学校の同級生

学生生活で、クラスで気になる女子をデートに誘いたい!!そんな思いを持つ男子は多いはずです。

だけど、その場で声をかけるのは恥ずかしい、勇気が出ない・・・そんな時のLINEです。

普段しゃべる相手なら、

「空いてる日に何処か(新しく出来た店など)でかけない?」

など、普段のおしゃべりの延長のような文章で、気軽に送ってみましょう。

普段全く喋らない相手なら、相手の興味のある事を知っていきましょう。

「今度、公開される映画一緒に行きませんか?」

など、相手の興味のある事や物がわかれば、デートに誘いやすくなります。

上記の例文もですが、相手も気軽に断りやすいので、身構えられる事も少ない誘い方になります。

デートの誘い方LINE例文:学校の先輩や後輩

気になる相手が部活や学校の先輩後輩の女子!クラスの女子と違い、距離感があり、どうスマートに誘えばいいのか・・・と悩む男子、多いと思います。

「今習ってる科目でわからない箇所があって、得意だと聞いたんで教えてもらえませんか?」

「分からないところがある」など、勉強を教えてもらいたい!と放課後に勉強デートへ誘ってみてください。

「帰り道が同じだから、もしよかったら一緒に帰らない?」

など、後輩であれば、途中まで送るよというメッセージをLINEするのも、誘いやすいです。

こちらの例文も相手が断りやすいので、まずは気軽にLINEしてみましょう。

デートの誘い方LINE例文:学校の教師

学校の先生に憧れる男子学生も多いはずです。先生にどうアプローチしたらいいのかとても悩みますよね。

まず連絡先を交換することからになるので、

「分からない事があるので、放課後教えてください!」

など、担当している授業で、放課後個別に教えてもらう時間を作ってもらい、交換を挑戦してみてください。

何度か個別授業の後に、

「今度の休みの日に、デートしませんか?」

と、憧れている先生なので、断られるの前提で直球なメッセージを送ってみるのも、良い誘い方になります。

デートの誘い方LINE例文:職場の同僚

同じ職場で、いいなと思う女性がいる男性も多くいるはずです。

一緒に仕事をしているのですから、

「お互いの空いてる仕事終わりに食事に行きませんか?」

など、気軽に仕事終わりに食事に誘ってみてはどうでしょうか?

もちろん、言葉で伝えるのは勇気が要りますが、休憩中にLINEで誘う方が相手の女性も予定を確認したりできるので、嫌悪感は少ないはずです。

ひそかに好きだった女性なら、

「○○さん達と一緒に~~に行くんですけど、好きだと聞いたので行きませんか?」

など、それとなく誘ってみるのもいいと思います。

デートの誘い方LINE例文:職場の先輩や後輩

職場の先輩や後輩に、いいなと思う女性がいる男性も少なくないはずです。普段一緒に仕事をしていない分、気になる!けど接点がほとんどない!どうしたらいいんだろう?と思いますよね。

ここは、先輩であったら、「相談」してみてはどうでしょうか?

「~~の事で悩んでいる、聞いてほしい、相談したい、アドバイスが欲しい」

など、LINEで誘い出してみてはどうでしょうか?

悩み相談~の雑談へ移行になれば、次からは自然に食事に誘えますよね。

後輩の女性には、パワハラにならない程度に、

「~~さんが気になってるお店、自分も気になってるんだけど、一緒に行かない?」

と、自分も気になってて行ってみたいと思わせるような、強制ではないLINEをするのがいいと思います。

デートの誘い方LINE例文:職場の上司

後輩だけではなく、上司に憧れを持つ方も少なくないはずです、仕事が出来る上司は、どうしても素敵に見えますよね。

同じ企画を担当することになったり、上司から直接教わる機会があるようであれば、

「この後もう少し、話がしたいのですが、ご予定はありますか?」

など、仕事の話を絡めて会社の外で二人になれるようにLINEしてみてください。

もしくは、

「○○さんと、一度食事に行ってみたいのですが、ご予定はありますか?」

など、直球なLINEでデートに誘ってしまうのも送りやすいです。

デートの誘い方LINE例文:まだ出会って間もない相手

近年、コロナ過により、SNSなどで出会う方も多いと思います。

「以前好きだと言っていたお店に行きませんか?」

など、メッセージの交換や電話でのやりとりで、相手が気になっているお店などを聞き出して、デートに誘ってみましょう。

会うのが数回という相手でも、気軽に断りを入れやすかったり、考える時間が持てるので、嫌悪感を持たれにくい誘い方になります。

「メッセージや電話もいいですが、今度一緒に遊びに行きませんか?」

など、一緒の時間を過ごしたいというデートの誘い方も、使いやすいです。

デートの誘い方LINE例文:元カノ

一度別れてしまったけれど、関係を戻したい!!とゆう男性の方、少なくないはずです。

とても酷い別れ方をしていないのであれば、

「もう一回話がしたい」

等、二人でもう一度会いたいとゆうデートの誘いを送るのをお勧めします。

「また一緒にデートしない?」

など、直球なLINEを送るのも、相手がまだ想いがあれば、返事がもらえますし、なければもらえないので、分かりやすい誘い方になります。

デートの誘い方LINE例文:彼女や妻

結婚をすると、外であらためて、待ち合わせをしたりなど、デートをしなくなるのではないでしょうか?

奥さんや、同棲している彼女へ、

「前によく遊びに行った~~へ、出かけない?」

など、以前よくデートしていた場所への誘いを、LINEしてみてください、言葉で伝えるよりも、デートをしようという意思が伝わり易いはずです。

「どこか出かけたい場所ってある?」

相手の行きたい場所に連れて行くよという、LINEもお勧めします。

デートプランをあれこれ組み立てやすいので、自然と普段と違った外出気分になります。

デートの成功確率をあげるには?NGなLINEは?

デートのLINEを送ったからといって、必ずOKをもらえるとは限りません。

ほとんど親交のない相手からいきなりデートの誘いが来たら、相手は戸惑ってしまいますよね。まず、誘うのであれば、相手との関係を良くしていきましょう。

相手の好きな物、好きな場所など、自然な会話でリサーチし、LINEでのやりとりがスムーズに出来るようになってからのが、お勧めです。

一日の始まりの午前中よりも、一日の終わりの夜、相手が家でリラックスしているであろう時間に誘うのも効果的です。

相手の行きたい場所などに誘う場合など、場所の写真などを一緒に送るのも、伝わり易いので、お勧めします。

ですが、スタンプや絵文字は、多用してしまうと、勝手に盛り上がってるなと思われてしまう可能性があるので、控えめをお勧めします。

文章も、あまり長い文章よりも、短めでわかりやすい文章を送りましょう、長文を毎回送るよりも、相手に内容が伝わり易いです。

まとめ

学校や職場、身近な相手など、気になってデートしたいと思う相手がいるのは素敵な事です。誘いをかけるのに、とても勇気がいることですが、うまくLINEを利用してみてくださいね。

  • 同級生ならば、普段の会話の流れを利用しましょう。
  • 先輩や後輩、憧れの先生ならば、授業内容などを利用しましょう。
  • 職場の同僚、先輩や後輩、上司ならば、仕事の相談などをしてみましょう。
  • まだ出会って間もない相手ならば、相手を知っていきましょう。
  • 元カノ、彼女や妻ならば、直球に誘ってみましょう。

相手のポジションや関係性にもよりますが、相手が考えやすい、答えやすいLINEを送りましょう。

ただし、LINEを送ったからといって、必ずOKがもらえるとは限りません。

  • 相手がリラックスしている時間、夜や休憩時間に送信
  • 分かりやすいように、目的の写真を入れる。
  • 絵文字を多用しない。
  • 長々とした文章を送らない。

など、相手に嫌悪感を抱かせないようなLINEを送るのをお勧めします。

大事な事は、勇気をだしてデートに誘う行動なので、成功失敗を考えず、送ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました