男性向け!結婚挨拶NGな例文!NGな服装・NGな手土産などNG集!

スポンサーリンク

二人の結婚が決まったら、次に待っているのが結婚挨拶。既婚者の先輩方も、それぞれご両親への結婚挨拶を行ってきた人がほとんどですが、皆が皆、最初からすんなりご両親から結婚の承諾を得られたわけではないのです!

 

例えば我が家。主人が私の両親に挨拶に来た時、いわゆる「結婚させてください」の一言はなく、「これからよろしくお願いします」程度の挨拶でした。

 

親の希望に添わないことなどもあったので、「ん?結婚するということでいいの?親は納得したの?」と私の方が心配になりましたが、うやむやなまま進んだ結果、案の定、結婚を機に父がすっかりよそよそしくなってしまい、未だにどこか他人行儀なままです。

 

私のように初めに挨拶の手順を間違ってしまうと、後々の家族関係にまで影響しかねません。結婚は2人の意思があれば出来るとはいえ、やはり結婚して家族関係になるのですから、ご両親とは友好な関係を築いておきたいもの。

 

『人の振り見て我が振り直せ』ということで、これから結婚挨拶に向かうという男性向けに、結婚挨拶のNG例をまとめてみました!ぜひ参考にしてみてくださいね。

結婚挨拶NG例! こんな服装・手土産はNG!

結婚挨拶は、ご両親に結婚することを認めて頂く場です。娘の結婚相手となる男性が、TPOにあった振る舞いが出来るかどうかで、人間性をチェックされます。まずは見た目から信頼感を持っていただけるよう、社会人として常識的な身だしなみを整えることが大事!

NGな服装は?

・Tシャツやスウェットにジーンズといったカジュアル過ぎる服装
・万人受けしないような派手過ぎるシャツやネクタイ
・スーツはスーツでも、着崩れてヨレヨレ

 

カジュアル過ぎる服装や自分の好みを主張したスタイルでは、ご両親の事を軽視していると思われかねません。結婚の承諾をいただくために伺うのですから、結婚したいという真剣な思いを示す為にも、きちんと感の出るスーツで臨むようにしましょう。

 

普段とは違うフォーマルな服装をいくら『堅苦しいのは嫌だから普段着で来て』と言われても、この場だけはスーツかジャケットを着用するようにしましょう。

NGな身だしなみは?

・茶髪や長髪
・寝癖がついたままの髪
・汚れやかかとの減りが目立つ靴

いずれもだらしない印象を与えてしまいます。

 

・きつい香水やアクセサリー
香水は香りの好みも分かれますし、どちらも一般的にチャラい男性と思われがち。

 

・高価過ぎる時計やカバン
浪費家ではないかとの憶測を呼びかねません。

NGな手土産は?

・手土産なし
二人の結婚の承諾を頂くためにご両親の時間を割いていただき、自宅を訪問するのですから、感謝の気持ちを込めて手土産を持参することは必須!このマナーを心得ていないようでは、気遣いが出来ない男性とのレッテルを貼られ、ご両親のことを軽視していると思われても仕方がないでしょう。

 

・ご両親の嫌いな食べ物
ご両親の嫌いなものを準備するということは、処分に困るばかりでなく、彼女との意思疎通がとれていないのではと余計な心配をされかねません。

 

・日持ちしないもの
日持ちのしない生菓子などは、先方で準備されていたり、消費期限がその日限りだったりします。更に、その場で食べるために食器の準備など手間をかけてしまうかもしれませんので、避けた方がよいでしょう。

<これが正解!結婚挨拶の服装・身だしなみ・手土産>

服装

清潔感のあるスーツ(グレーや濃紺、ブラックなどダークカラーのスーツに明るい色のネクタイを選ぶとよい)

身だしなみ

・不潔な感じを受けないようなきれいに整った髪型
(短髪・黒髪が無難、明るい色の場合はトーンダウンして)

・きれいに整えた爪

・靴はきれいに磨いておき、靴下は白ではなくダークカラーの無地ソックス

手土産

・彼女に事前にリサーチしたご両親の好物

・自分の地元の名産品

いずれも、ご家族で分けていただけるような日持ちする個包装の焼き菓子や和菓子などが無難。少し高級なコーヒー、紅茶、調味料などもおすすめ

結婚挨拶NG例! 最悪な第一印象とは?

ここからは、結婚挨拶当日の流れとそのNG例です。

 

玄関先で自己紹介⇒部屋に通されてから改めて自己紹介⇒しばし歓談

 

この日の第一印象を決める大事な場面。誠意が伝わるとよう、自己紹介と時間を割いていただいた事への感謝の気持ちを簡潔にハキハキと答えたいところです。

ここで、「この人大丈夫かしら?」と思われてしまうと、この後の結婚挨拶も懐疑的にとらえられかねません。

こんな第一声・振る舞いはNG!

・挨拶の声が小さい、あるいは大きすぎる
声が小さいと自信がない人に見えます。逆に玄関先で大声で挨拶をされても、近所迷惑となったり空気が読めない男性と映ります。

 

・靴を脱ぎっぱなし
社会人として常識的な振る舞いが出来るかを見られています。訪問した家で、靴を脱ぎっぱなしにしているようでは、礼儀が出来ていないだらしない男性だと思われてしまいます。

 

・部屋に通されてすぐ、勧められる前に勝手に着座。勝手にお菓子に手を付ける
自分の家ではないので、部屋に誰もいないからといって、一息ついてリラックスしてはいけません。

 

・歓談中、相手の目を見ない、腕組みや足組みをしている
このような態度では、ご両親の話を聴く気がない、興味がないと思われても仕方ありません。

 

・初めから「お父さん、お母さん」と呼ぶ、彼女を呼び捨てにする
結婚の承諾をもらう前から、お父さん・お母さんと呼ばれると、「まだ認めていない、君の親ではない」と不快感を持たれることも。また、いくら歓談で場が和んだとしても彼女の事を呼び捨てや愛称で呼んだり、ご両親の前でベタベタするのはNG。

<これが正解!玄関先・部屋に通されてからのマナー>

玄関先では

・彼女から紹介を受けた後に、簡潔にハキハキと自己紹介。
・普段声が小さい人は少し声を張り、声が大きい人は少し抑え気味に。
・部屋を案内されたら、きちんと靴を揃えて上がる。

部屋へ通されたら

・下座の席につき、着座を勧められてから座る。しばらくは歓談。
・基本的には聴き手に徹し、質問された事には笑顔でハキハキと答える。
・歓談中は、相手の目をよく見る・相槌をうつなどし、ご両親の話に興味を持っている、仲良くなりたいという気持ちが感じられるように。
・出されたお菓子は、勧められてから!「いただきます」「ありがとうございます」と礼をいってからいただく。」
・彼女の事は必ず「さん」づけで呼び、ご両親のことは「△△さんのお父さま、お母さま」と呼ぶ

結婚挨拶、NG文例!こんな挨拶は最悪!

しばらく歓談して、場が和んだら、ここでいよいよ結婚の挨拶を切り出します。

こんな結婚挨拶はNG!

・「お嬢さんをください」

ドラマであるような「お嬢さんを下さい」という表現は、「娘をモノ扱いされた!」と反感を買いかねません。

 

・「結婚を決めました」

いくら本人同士の意思が固まっていても、決定事項として伝えられては、ご両親の立場がありません。あくまでも結婚の承諾を得るために挨拶に伺っていることを忘れずに。

 

・「これからも仲良くしていきたいと思います」「長く付き合っていけたらと思います」

結婚の意思がはっきり伝わらない言葉では、訪問の趣旨がわからず、結婚するの?しないの?単なるお付き合いの報告?と相手の両親を困惑させてしまいかねません。

<これが正解!結婚挨拶の例文>

10~20分ほど歓談したら、ご両親から促される前に、改めて、男性の方から結婚の挨拶を切り出しましょう。

 

(例)「実は、本日は△△さんとの結婚をお許しいただきたく、お伺いしました。先日、私からプロポーズさせていただき、ご本人から承諾を得ることができました。まだまだ未熟者ではありますが、△△さんとお二人のような温かい家庭を築いていきたいと思っています。私たちの結婚をお許しいただけますでしょうか。」

 

(例)「本日は、△△さんとの結婚についてお話を聞いていただきたくご挨拶に伺いました。△△さんとは、1年前からお付き合いさせていただき、これから先の人生を共に歩んでいきたいという思いを強くしました。△△さんとの結婚を認めていただけますでしょうか。」

 

シンプルに「結婚させてください」ということを、ご両親の目を見てはっきりと伝えましょう。

結婚挨拶がNGだらけで大失敗。。挽回のチャンスをもらうにはどうする?

いろいろとNG例を見てきて、不安になった方もいるでしょう。実際、NGだらけで、彼女のお父さんが不機嫌になったり、結婚を反対された方もいらっしゃいます。

 

そのような場合には、その場で解決しようとせず、まずはお父様のご意向を受け入れ、この日は早めに切り上げて退散しましょう。動揺すると思いますが、最後まで礼儀を尽くして、時間を割いていただいた事に感謝を述べて失礼するとよいでしょう。

 

お父様が不機嫌になる理由はさまざまです。彼女と二人で対処法を考え、時間をかけて、理解していただけるように努力しましょうね。

 

お父さまが不機嫌になる(反対する)理由と対処法

・相手のマナーが気に入らない
身だしなみや言葉遣いなどで、軽視されていると感じたり、信用できないと思われてしまっているパターン。改善した姿を、繰り返し見ていただき、こんないいところもあるのだと理解していただくよう努力あるのみ。

 

・相手の職業や収入
職業に対する先入観を持たれていたり、収入が不安定で先の見通しが立っていないようでは、安心して娘を任せられないと思う親心も理解できます。職業について理解していただく、二人でどのように生計を立てていくか具体的に伝える、借金などお金のことで親には絶対迷惑をかけないと約束するなどして説得しましょう。

 

・相手の家柄・見た目・年齢
改善しようのないことばかりですが、最後は娘を大事にしてもらえるのか、困った状況になった時に守ってくれるのかということが重要。時間をかけて、「必ずお嬢さんを幸せにします」という真剣な気持ちを伝え続けるとよいでしょう。

 

反対しているのがお父様だけであれば、お母様や親戚の方に相談するなど味方していただくといいかもしれませんね。

まとめ

●服装や手土産:カジュアル過ぎる服装・身だしなみが整っておらず不潔・派手・大人のマナーとして手土産の配慮もない

●第一声や振る舞い:挨拶の声が小さい・声が大きすぎる・自分の家のような振る舞い・話に興味がないように見える・初めから「お父さん・お母さん」と呼ぶ・彼女を呼び捨てにする

●結婚挨拶の仕方:「お嬢さんをください」⇒娘をモノ扱いされた
「結婚を決めました」⇒承諾をいただくのではなく事後報告?
「これからもよろしくお願いします」⇒結婚するの?しないの?

●NGが続き、お父様が不機嫌になった場合には、その場を早めに切り上げる。二人で対処法を考え、後日、何度も訪問するなど時間をかけて理解いただけるよう努力する

 

第一印象は一瞬で決まり、悪い印象を持たれてしまうと、それを挽回するにはとても時間がかかると言われます。ここにあるNG例はぜひ避けたいものですが、緊張のあまりシュミレーション通りにいかなかった先輩がたくさんいらっしゃるのも現実。

 

悪い印象を持たれてしまうと、なかなか挽回できず、焦ったり、投げやりになったりすることもあるでしょうが、時間をかけて認めていただくと、結婚後に「こんな相手とは思わなかった!」ということがなくなるというメリットもありますよ!

 

まずは、事前にしっかり準備しておくことが大事!一生懸命さが感じられれば、必ずご両親に誠意が伝わりますので、失敗を恐れず、結婚挨拶に臨みましょうね。成功を祈ります!

コメント