旦那のモラハラ相談窓口9つ!モラハラを受けたら被害者はどう行動する?

スポンサーリンク

もしかして自分はモラハラの被害者かも?そんな風に一度でも感じたことがあなたはありますか?

例えば「誰の金でご飯が食べれると思ってるんだ!」「お前は何様だ!」などとはっきり罵倒されている場合は誰もが「これはモラハラだ!」と分かりますが、分かりにくいものも多く、被害者も気づかずストレスをためているケースも少なくありません。

実際これらは自分での判断は難しいものですから、客観的に見られて、なおかつモラハラについての知識がある人たちに、相談してみてください。

「これってモラハラ?」「すぐに離婚したいとかではないんだけれど」「誰かに話を聞いてほしい」そんな気軽な気持ちで相談できる窓口がいくつもあります。今回はそんな相談窓口とモラハラとは、被害者に必要な心得をご紹介します。

モラハラでなく、短気であったり亭主関白であったり、似ているものであればそれで良し、モラハラならば、対策を考えなければ今後ますます神経をすり減らして生活することが想像できます。是非相談窓口を利用してあなたの現状を見つめてみてください。

モラハラの相談窓口

DV相談ナビ

配偶者からの暴力に悩んでいること、どこに相談すればよいか分からないという方のために、 全国共通の電話番号から相談機関を案内するサービス。内閣府男女共同参画局が実施。

配偶者暴力相談支援センター

都道府県が設置する婦人相談所その他の適切な施設において、配偶者暴力相談支援センターの機能を果たしている。また、市町村が自ら設置する適切な施設において、配偶者暴力相談支援センターの機能を果たすよう努めている。

都道府県によっては婦人相談所の他に女性センター、福祉事務所などを配偶者暴力相談支援センターに指定しているところもある。

婦人相談所

各都道府県に必ず1つ設置されている。

もともとは売春を行う恐れのある女子の相談指導、一時保護などを行う施設だったが、婦人保護事業の中で女性に関する様々な相談に応じる中で配偶者間の暴力に関しても配偶者暴力防止法成立前から相談・保護に取り組んでいる。

配偶者暴力防止法により、配偶者暴力相談支援センターの機能を担う施設の一つとして位置づけられた。

女性センター、男女共同参画センター

都道府県、市町村が自主的に設置している女性のための総合施設。「女性問題の解決」「女性の地位向上」「女性の社会参画」を目的とし、女性が抱える問題全般の情報提供、相談、研究などを実施している。

よりそいホットライン

国の補助金を受けて毎年度、公募により選定された事業者が行う電話相談事業。

事業内容は①一般ライン②自殺予防ライン③DV性被害者等女性のための専門ライン④セクシャルマイノリティライン⑤外国語ライン⑥広域避難者ライン⑦被災地の10代、20代の女性のための専門ラインの7つの区分に回線を分けている。

24時間、365日、それぞれ相談員が電話相談に対応。

相談者の方々の悩みを傾聴するにとどまらず、そうした悩みを相談員がともに考え、制度に関する情報提供や面接相談、他機関への同行支援など、具体的な問題解決に向けた支援までを行っているのが大きな特徴。

福祉事務所

都道府県・市区町村に設置された、地域住民の福祉を行う行政機関。

都道府県が設置する福祉事務所は、生活保護や児童福祉、母子・寡婦福祉に関する案件を扱い、市区町村の福祉事務所は、これに加えて老人福祉や身体・知的障害者福祉の案件も扱う役割を担うことが社会福祉法で定められている。

担当地域内の住民の相談に応じ、学校や病院、福祉施設などの関係機関、あるいは民生委員・児童委員などと連携をとって問題解決に導く役割を果たしている。

法テラス(日本司法支援センター)

国によって設立された法的トラブル解決のための総合案内所。

問い合わせの内容に合わせて、解決に役立つ法制度や地方公共団体、弁護士会、司法書士会、消費者団体などの関係機関の相談窓口を法テラス・サポートダイヤルや全国の法テラス地域事務所で無料で案内している。

心療内科や精神科のカウンセリングルーム

モラハラによって精神的に苦しくなると正常な判断ができなくなる場合があり、また鬱などの心の病気になる可能性が非常に高くなる。深刻な状況になる前にカウンセリングを受けることが勧められる。

心の整理や今後のことを前向きに考えることができると同時にモラハラの証拠にもなる。

女性相談、人権相談

法務省・人権擁護局が様々な相談窓口を開設している。全国各地の法務局の職員や人権擁護委員に人権に関する相談が無料でできる。

「みんなの人権110番」「子どもの人権110番」「女性の人権ホットライン」「外国語人権相談ダイヤル」「インターネット人権相談」

モラハラとは

世間では「モラハラ、モラハラ」と取り上げられることが多くなりましたが、では実際モラハラとはどういったものなのでしょうか。下記を参考にしてください。

暴力ではなく言葉で人を傷つける
間違いを攻め続ける
絶対に謝らない
とにかく人のせいにする
常に否定的な発言、考えをする
平気で嘘をつく
妻が何をやっても気に入らない
表向きや世間体はいい人
自分に興味のないことは無視する
共感性が欠けている
自分を常に正当化する
突然泣き出したり怒りだしたりする
突然優しくなる
密室など他人の目のないところで暴れる
嫉妬や依存、束縛が激しい
基本的に会話がかみ合わない
子どもを利用する
自分ルールが存在する
強欲
人一倍傷つきやすくナイーブな面もある
他の女性にはなぜか優しい

上記の項目に旦那さんが当てはまったら…もしかしたらあなたの旦那さんはモラハラ夫かもしれません。

実際にこんなことがあったらモラハラの可能性あり

上記の項目ではいまいち分かりにくい場合もありますね。あなたが旦那さんからどんな風に扱われているかでみてみましょう。

下記のようなことがあったらあなたはモラハラの被害者かもしれません。

しつこく責める
認めない
束縛する
自分の実家に帰ったり友人と会ったりするのを嫌がる
自分の間違いを認めない
子どもの前で貶める

モラハラ被害者が行うべきことは何か

あなたがもしモラハラ被害者の可能性がある場合は、まず一人で悩まずに相談窓口に相談してみてください。

モラハラ被害者は、被害にあっていても「自分が悪いんだ」と考えたり「いつもは優しい人だから」と相手のフォローをする傾向があります。また、その関係性で疲弊してしまい冷静に考えられない精神状態の場合もあります。

あなたが自分自身の状況を冷静に理解するためにも誰かに現状を話したり、客観的な意見を聞いてみることが必要です。

そして次に情報を得てください。もしあなたがモラハラを受けていたらどのように旦那さんに対応することが良いことなのか。今後の自分の人生において何が必要なのか、旦那さんと一緒にいるべきなのか、子どもにとってどのような環境がいいことなのか。

色々な情報を得ることできっと、この後の方向が見えてくるはずです。

そして、必要であれば別居してください。

あなたが苦痛を感じる相手であれば、別々に暮らすことが良いことですし、そこに罪悪感や負い目を感じる必要はありません。

まとめ

モラハラの相談窓口は
DV相談ナビ、配偶者暴力相談支援センター、婦人相談所、女性センター、男女共同参画センター、よりそいホットライン、福祉事務所、法テラス(日本司法支援センター)、心療内科や精神科のカウンセリングルーム、女性相談、人権相談
モラハラとは
暴力ではなく言葉で人を傷つける、間違いを攻め続ける、絶対に謝らない、とにかく人のせいにする、常に否定的な発言、考えをする、平気で嘘をつく、妻が何をやっても気に入らない、表向きや世間体はいい人、自分に興味のないことは無視する、共感性が欠けている、自分を常に正当化する、突然泣き出したり怒りだしたりする、突然優しくなる、密室など他人の目のないところで暴れる、嫉妬や依存、束縛が激しい、基本的に会話がかみ合わない、子どもを利用する、自分ルールが存在する、強欲、人一倍傷つきやすくナイーブな面もある、他の女性にはなぜか優しい
実際にこんなことがあったらモラハラの可能性あり
しつこく責める、認めない、束縛する、自分の実家に帰ったり友人と会ったりするのを嫌がる、自分の間違いを認めない、子どもの前で貶める
モラハラ被害者が行うべきことは何か
一人で悩まず相談窓口に相談する、情報を得る、必要であれば別居する

一昔前までは、旦那さんが威張ったり、男性より女性が下という考え方もありましたが、現在は夫婦間であっても人権を侵害してはいけませんし、「モラハラ」という言葉が多く知られてきて、あなたがあなたらしく生きていいという風潮に変わってきています。

夫婦の間で生まれたについても、様々なところで相談できます。そしてそれは恥ずかしことでもあなたが悪いことでもありません。

まず、ストレスやあなたの行き場のないモヤモヤを吐き出すだけでも構いません。気軽な気持ちで相談窓口を利用してみてはいかがでしょうか。

コメント