旦那が鬱病を発症。離婚したいけど可能?離婚の切り出し方は?

スポンサーリンク

背中合わせに座る夫婦

鬱病は決して珍しい病気ではありません。

誰でもが鬱病になる可能性を持っています。

旦那さんが鬱病になった時、本人はもちろん苦しいと思いますが、支える家族も、とても辛いでしょう。

出口の見えない状況に離婚の二文字が頭をよぎったとしても仕方のない事ですよね。

でも鬱病の旦那を支えないで離婚を切り出していいの?と思っていませんか。

確かに、旦那を最後まで支えずに、離婚を選ぶことに後ろめたさを感じてしまうかもしれません。

でも、あなたが壊れてしまう事も考えられます。

離婚という選択肢もあって当然の事です。

ただ、鬱を理由に離婚ができるのか、どうやって離婚を切り出したらいいのか、わからない事ばかりですよね。

今回は、鬱病の旦那とどうすればスムースに離婚できるのか、その方法をご紹介していきます。

  1. 旦那が鬱病だから離婚をしたい・・
    1. 旦那の鬱を理由に離婚することは可能?
    2. 鬱病は離婚理由として成り立つ?慰謝料は?
  2. 鬱病の旦那に離婚を切り出したら鬱はもっとひどくなる?
    1. 鬱の旦那に離婚を切り出したらもっとひどくなる?
    2. 離婚を切り出す時の注意点や伝え方は?
  3. 鬱病とはどんな病気?鬱病の旦那さんをもつ妻はどれくらいいる?
    1. 鬱病とはどんな病気?どんな症状?治療法は?
    2. 鬱病のパートナーに悩む妻はどれぐらいいる?
    3. 妻向けの支援団体はあるの?
      1. 1.保健所
      2. 2.精神保健福祉センター
      3. 3.いのちの電話
  4. 鬱病の旦那と円満離婚をするまでの道のり、ポイントは?
    1. 鬱病の旦那と円満離婚をするための道のり、期間は?
      1. 1.証拠を集める
      2. 2.話し合いをする
      3. 3.離婚調停を申し立てる
      4. 4.離婚訴訟により離婚を認めてもらう
    2. スムースに離婚をするためのポイント、注意点は?
      1. 1.離婚に至っても仕方がないと思われるような理由を集めておく
      2. 2.離婚後の自分の生活を想定して動く
  5. まとめ
    1. 1.旦那の鬱病を理由に離婚することはできる?
    2. 2.慰謝料はもらえる?
    3. 3.鬱の旦那に離婚を切り出すともっとひどくなる?
    4. 4.離婚を切り出す時の伝え方
    5. 5.鬱病とはどんな病気?
    6. 6.鬱病のパートナーに悩む妻はどれくらいいるの?
    7. 7.家族向けの支援団体は?
    8. 8.離婚手続きの手順
    9. 9.スムースに離婚をするためのポイント

旦那が鬱病だから離婚をしたい・・

机に突っ伏す男性

旦那の鬱病を理由に離婚という決断をしたあなた。

果たして鬱病が理由に離婚をする事はできるのでしょうか。

旦那の鬱を理由に離婚することは可能?

夫婦の話し合いで離婚が成立するならば、問題はないでしょう。

ただ、鬱の場合、本人が意思決定ができない可能性があるので、話し合いでというのは無理かもしれませんね。

そうなると、やはり法的な離婚手続きという事になります。

でもここで前提として知っておかなければならないことがあります。

それは民法では離婚できる条件というものが定められているという事です。

鬱病を理由に離婚したい場合、「配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき」という条件が該当するようです。

ただ、鬱病は「心の風邪」と言われているように治療をすれば回復できる病気です。

となると鬱を理由に離婚することは難しいかもしれませんね。

鬱病は離婚理由として成り立つ?慰謝料は?

では、鬱病の旦那と離婚することはできないのか、というとそんなことはありません。

例えば、鬱が原因で仕事に行けなくなった、暴言を吐くようになった、自殺未遂を繰り返すなどの行為があると家庭生活を続ける事が難しいですよね。

また、旦那の鬱病が原因であなたや子供にも悪影響を及ぼす恐れもあります。

旦那の鬱が原因で日常生活を脅かす恐れのある場合は、離婚の理由として認められる可能性はあるのではないでしょうか。

慰謝料ですが、旦那が鬱病で仕事に行けずに収入が無い場合は、請求することは難しいでしょう。

ただ、条件によっては慰謝料を請求できる場合もあるようなので、弁護士さんに相談する事をおすすめします。

鬱病の旦那に離婚を切り出したら鬱はもっとひどくなる?

落ち込む男性

鬱の旦那に離婚を切り出したらもっとひどくなる?

確かに、鬱病の旦那に離婚を切り出したら状態がもっと悪くなる可能性はあります

鬱病発症の原因として離婚も一因にあげられています。

でも

「少し状態が良くなってから言おう」
「会社に復帰するまでは待とう」

と状態が安定することを待っていては、いつになるかわかりませんよね。

離婚の意思が固いのなら、早めに旦那に伝えるべきでしょう。

離婚を切り出す時の注意点や伝え方は?

そもそも、夫婦関係が上手くいっていれば、旦那が鬱になったとしても、迷わず支えようと思いますよね。

離婚を決意したという事は、鬱になる前から少なからず、夫婦関係がギクシャクしていたのではないかと推測します。

だからといって冷たく「離婚して」などと言ってはいけません。

旦那の鬱がひどくなって自殺を図るという事だって無いとはいえません。

鬱病の旦那に離婚を切り出すのはとても難しい事です。

そんな時は自分一人でどうにかしようとせず、専門家の力を借りましょう。

離婚カウンセラーや専門の機関に相談してみてはいかがでしょうか。

無料の相談所もあるようですよ。

鬱病とはどんな病気?鬱病の旦那さんをもつ妻はどれくらいいる?

悩む女性

鬱病とはどんな病気?どんな症状?治療法は?

鬱病は心の病気です。

鬱病の発症にはストレスが大きく関わっているといいます。

親しい人との死別などの悲しいストレスだけでなく、昇進などのストレスでも鬱病は発症するようです。

抑うつ気分、不安、意欲の低下などの心の症状ももちろんですが、倦怠感、食欲不振、睡眠障害といった身体の症状もあります。

鬱は目に見えてわかるものではないので、仕事で集中できずにボーっとしていると怠けていると思われることもあるようです。

日常生活に支障が出るほどの症状ならば専門医を受診しましょう。

鬱の一番の治療方法は休むことです。

休むことに罪悪感を感じる人もいるかもしれませんが、治療の一環と割り切って休養しましょう。

また、薬の治療が望ましいと医者が判断した時は、自分に合った薬を処方してもらいましょう。

鬱の薬は即効性はありませんが、気長に治療する事が大切です。

鬱病のパートナーに悩む妻はどれぐらいいる?

日本の鬱病患者は73万人と推定されています(2017年時点)。

さらに潜在患者数は230万人と推定されていて、それだけ多くの人が鬱病や鬱状態に苦しんでいるという事です。

つまり、鬱病の患者の数だけ、鬱病患者を支える家族もいるという事になります。

鬱病のストレスは本人だけではなく、家族も感じています。

誰かに話を聞いてもらいたい、相談したいという事もあるでしょう。

家族をサポートする機関もあるので、積極的に活用して家族の負担を少しでも減らせるといいですよね。

妻向けの支援団体はあるの?

患者を支える妻や家族が行き詰ってしまった時の、相談窓口のある機関をご紹介しておきます。

1.保健所

治療などの相談に対して医師や精神保健福祉士などの専門職が対応してくれます。

2.精神保健福祉センター

心の問題で困っている本人や家族からの相談を受けています。

3.いのちの電話

自殺の予防を目的に活動している相談機関です。

鬱病の旦那と円満離婚をするまでの道のり、ポイントは?

離婚届を前にした夫婦

旦那が鬱病の場合、円満に離婚するのは難しいかもしれません。

少しでもスムースに進めるための離婚手続きの手順をご説明しておきますね。

鬱病の旦那と円満離婚をするための道のり、期間は?

1.証拠を集める

離婚を有利に進めるためには証拠を集めることが大切になります。

まず、相手が鬱病であることの証明のため、診断書や診療明細書などを集めましょう。

休職しているなら休職届給与明細書があると減給されて生活が成り立たない証明に使えそうですよね。

もし、暴力を振るわれた場合はあなたの診断書も必要です。

〇〇された、〇〇と言われたなどの日常の細かい言動もメモを取っておくといいかもしれませんね。

2.話し合いをする

まずは話し合いをしましょう。

旦那が鬱の場合、離婚を切り出すと鬱がひどくなる可能性もありますが、いつかは言わなくてはいけない事です。

勇気を持って言いましょう。

話し合いは自分たちだけだと、らちが明かないでしょうから、信頼のおける第三者に立ち会ってもらうといいでしょう。

離婚カウンセラーなどの専門家に頼んで同席してもらうという方法もありますよね。

ただ、旦那の鬱の状態によっては話し合いができないという事も多いようです。

離婚を切り出したらひどく落ち込んだり、取り乱したりして、話し合いにならないという可能性もあります。

3.離婚調停を申し立てる

話し合いができない時は離婚調停を申し立てる事になります。

その場合は先に別居をする事をおすすめします。

離婚を言い渡した旦那と一緒だと、何をされるかわかりませんよね。

別居した方が自分のペースで離婚に向けて動けるのではないでしょうか。

調停では、調停委員が間に入ってくれるので、気も楽でしょうし、話も進みやすくなりますよね。

お互いの離婚条件に合意ができると離婚成立です。

4.離婚訴訟により離婚を認めてもらう

調停での離婚が困難な時は裁判で離婚を認めてもらわなくてはなりません。

ただ、離婚訴訟では、裁判上の離婚原因がないと、離婚を認めてもらう事ができません。

また、裁判には「和解」という方法もあるようです。

和解は、訴訟の最中に裁判官が仲介に入り、当事者が話し合いをする方法です。

裁判所が和解案を提示してくれることもあるようですよ。

スムースに離婚をするためのポイント、注意点は?

スムースに離婚をするためには感情的になってはいけません。

離婚に向けて計画的に準備をすることが大切です。

そのためのポイントをご紹介します。

1.離婚に至っても仕方がないと思われるような理由を集めておく

  • 収入が激減して家庭生活が送れない
  • 旦那の暴言で自分も精神的に参っている
  • 子どもの様子がおかしくなり、不登校になってしまった など

2.離婚後の自分の生活を想定して動く

  • 現在、仕事をしていないのなら新しい仕事を探す
  • 離婚後の資金をためておく
  • 引越し場所を探す
  • 子どもが小さいなら引越し先付近で保育園を探す など

離婚までの期間ですが、決着が一番早くつくのは話し合いによる離婚です。

調停や裁判になってしまうと長くかかる可能性があります。

ただ、話し合いによる離婚は難しいと思うので、弁護士にアドバイスを受けながら進めていくと良いのではないでしょうか。

まとめ

夫婦の話し合い

鬱病の旦那と離婚する方法についてご紹介してきましたが、最後に要点をまとめておきます。

1.旦那の鬱病を理由に離婚することはできる?

話し合いで離婚が成立するならば問題はないでしょう。

ただ、話し合いの離婚は難しいかもしれません。

法的な離婚手続きの場合は離婚できる条件に当てはまらないといけません。

鬱病の場合は条件に当てはまらない可能性が大きいですが、鬱が原因で家庭生活を続ける事が難しい場合は離婚の理由として認められる可能性もあります。

2.慰謝料はもらえる?

旦那に収入がないと難しいと思いますが、弁護士さんに相談する事をおすすめします。

3.鬱の旦那に離婚を切り出すともっとひどくなる?

確かにひどくなる可能性はあります。

でも、旦那の状態が良くなるまで待っていてはいつになるかわかりません。

離婚の意思が固いなら、早めに伝えるべきでしょう。

4.離婚を切り出す時の伝え方

自分で切り出すのは、とても難しいことです。

そんな時は専門家の力を借りましょう。

離婚カウンセラーや専門機関に相談してみてはいかがでしょうか。

5.鬱病とはどんな病気?

鬱病は心の病気です。

鬱病にはストレスが大きく関係しています。

抑うつ気分、不安、意欲の低下、睡眠障害、倦怠感、食欲不振などの症状があります。

鬱の一番の治療方法は休む事です。

休む事に罪悪感を感じてしまうかもしれませんが、治療の一環と割り切って休みましょう。

6.鬱病のパートナーに悩む妻はどれくらいいるの?

日本の鬱病患者は73万人、潜在患者数は230万人と推定されています。

それだけ多くの人が鬱病や鬱状態に苦しんでいるのです。

そして鬱病の患者の数だけ患者を支える家族がいるという事です。

7.家族向けの支援団体は?

家族が行き詰まってしまった時の相談窓口をご紹介します。

  1. 保健所
  2. 精神保健福祉センター
  3. いのちの電話

8.離婚手続きの手順

  1. 証拠を集める
  2. 話し合いをする
  3. 話し合いが無理なら離婚調停を申し立てる
  4. 調停が困難なら離婚訴訟により離婚を認めてもらう

9.スムースに離婚をするためのポイント

  1. 離婚に至っても仕方がないと思われるような理由を集めておく
  2. 離婚後の生活を想定し準備する

 

離婚は、財産の分与、親権、養育費、離婚後の生活など考えなくてはいけない事が沢山あります。

まして旦那が鬱病の場合は物事がスムーズに進まないでしょう。

一人で頑張らずに、弁護士に相談する事で、円満な離婚が成立するのではないでしょうか。

【こちらも読まれています】

旦那が帰ってこない!警察に届けるタイミングは?どのように探してくれる?
突然、旦那が帰宅しなくなったら…とても心配になりますよね。どうして帰ってこないのか?連絡がつかずどこにいるかもまったくわからないとなると話は大きく変わってきます。ここでは旦那が突然帰ってこなくなった場合にとるべき対応についてわかりやすくまとめています。
旦那が情けない!イライラする!離婚理由になる?対処法や伝え方は?
結婚したはいいものの、何だか旦那が情けない!イライラの原因がたくさんありすぎて、もう一緒にいるのも嫌。離婚するまででもないけれど、でもイライラする、情けない旦那を強くするには?イライラの内容や、その解消法、離婚方法についてご紹介していきます。

コメント