旦那の言い方がいちいちムカつく!改善要望を伝えるタイミングは?

険悪な夫婦

結婚生活が長くなると、何気ない旦那の言い方にイラッとすることが増えてきませんか?

適当な返事だったり馬鹿にした言い方、相手を気遣わないような言い方をされてストレスをため込むことも多いのではないでしょうか。

長い間いっしょにいると、お互いに相手に対して「こんな言い方をしたら相手がどう思うか」ということを考えなくなってきて、だんだんと言い方が雑になったり気に障ることを無意識にいってしまったりするようになってきます。

そんなことが何度も続いていると、一緒にいることさえ苦痛になってきてしまいますよね。

でも本当は仲良くしたいから、できればそんな言い方やめて欲しいと思ってませんか?

そこで今回は、妻がムカつく言葉・言い方例や、旦那の言葉にムカつく理由、ムカつくと感じたときの対処法、そして旦那への改善要望の伝え方とタイミングについて紹介していきたいと思います。

旦那の言い方がいちいちムカつく!妻が感じるムカつく言葉や言い方例!

旦那にイライラする妻

「雨降ってきたみたいだから、洗濯物濡れちゃうよ」

この他にも「子ども泣いているよ」とか「トイレ汚れてるよ」のように、何かに気づいたけれど、それを自分でせずにあなたに言うだけ、というもの。

言った本人は、それをあなたに伝えたから、それだけでもう手伝った気になっている。

なのでそれを言ったあと自分は、ソファーに寝そべってテレビを見ていたり新聞を読んでいたり。

それを言われたときの世の妻の想いは、たぶん一つですよね?

「気づいたんなら、自分がやってよ!」

「主婦は楽でいいよなー」

家事・育児を黙々とこなしている主婦の方が旦那に言われて一番ムカッとくる言葉ではないでしょうか。

別に楽をしたくて主婦をしているわけでもないし、そもそも主婦が本当に楽だと思っているのか?

たしかに誰に監視されているわけでもなく、手を抜こうと思えばいくらでも手抜きできます。

でも、そんな気持ちをなんとか抑えて毎日同じことの繰り返しの家事や育児をがんばっているんです。

普段誰からも褒められることのないそんな仕事を、唯一褒めてくれるはずの旦那からそんな言葉を言われれば、誰だって「ムカッ」を通り越して怒りたくもなりますよね。

「○○さんとこの奥さん、えらいよなあ」

「○○さんとこの奥さんキレイだよなあ」とか「あそこの奥さんは仕事も家事もしててすごいよなあ」など、よその奥さんを誉める旦那の言葉にムカッとすることも多いことでしょう。

自分は自分の精いっぱいで家事や育児をしているし、言われなくても自分の足りていないところを自覚しているにもかかわらず、それを他の人、しかも旦那からいわれるとムカッときて当然です。

せめて旦那には、逆に他の奥さんにはなくてあなたの方ができていることをみつけて褒めてほしいのに、そこには目を向けないでできていない、足りていないことばかりを言ってくるのですから、ほんと、腹が立ちますよね。

旦那の言い方がムカつく理由は?性格は関係ある?

考える女性

同じことを言われてもムカつかない人がいたり、自分だけで考えてもムカつくときがあったり流せるときがあったりしますよね。

この差はどこからくるのでしょうか?

旦那の言葉にムカつくとき、その言葉や言い方から

「旦那はこう思っているからこんな言い方をしたんだ」

と相手の思っていることを勝手に想像して腹を立てていませんか?

そしてその想像は、育ってきた環境や今までの経験によって変わってきたりします。

だから全然違う環境で育ってきた旦那だったりすると、実は全然的外れな想像をしてムカッときてしまっていることが多々あります。

また、もし本当にその想像が当たっていて旦那がそんな風に考えていたとしても、旦那とあなたの「なんとも思わない・ムカつく」の”ポイント”が違えば、旦那にとっては何気ない言葉でも、あなたにとってはムカつく言葉になってしまいます。

旦那もあなたをムカつかせようと思って、そんなことをいってるわけではないですからね。

現にあなたがムカついて返したら、旦那はなぜあなたがムカついているのかわからないでいませんか?

「子どもが泣いているよ」といったとき、あなたが「それなら自分であやしてあげたらいいでしょ!」と考えてムカつくなんて、思いもよらないのです。

同じ言い方をされてもムカつかないとき、そのまま流せるときがあるのは、そのときの気分で相手の思っていることを想像するときいい方に考えられたり、ムカつく”ポイント”が高いところにあって琴線に触れなかったりするからです。

つまり、旦那の言葉・言い方にムカつくのは、ほとんどの場合、旦那とあなたの「違い」からくるものなんですね。

旦那の言い方がムカつくと感じた時に妻が行う対処法とは?

怒る女性

旦那の言い方にムカついたとき、こちらもキツイ言い方で返してしまうと、売り言葉に買い言葉で余計にややこしくなってしまします。

では、そんなときはどうすればいいんでしょうか?

ここからは旦那の言い方にムカッときたときの、その対処法の例を挙げていくとしましょう。

対処法その1:その都度ムカついたことを伝える

旦那がムカつく言い方をしたとき、上のムカつく理由でも書いたように、あなたが考えた「相手が思っていること」とは別のことを思ってその言葉を言っているのかもしれません。

また、その言葉であなたがムカつくなんて思ってもないかもしれません。

もしそうだとしたら、あなたがいくらムカついていても、なぜあなたがムカついたのかわからないですし、いつまでたっても旦那のその言い方は変わることはないでしょう。

それを解決するために、旦那がムカつく言い方をしたときは、まず、その言い方はムカつくということ、そしてなぜムカつくのか理由もつけて伝えてみましょう。

そうやって、その言い方をされるとあなたがどう思うか理由をつけてちゃんと説明することで、旦那もその言葉であなたがどんな風に感じてしまうかがわかり、自分の非に気づいて言い方を改めてくれるかもしれません。

旦那の言葉にムカッときたときは、まずこの対処法を試してみてください。

そしてそれを旦那に伝えるときはムカついたままの言い方で言い返すのではなく、むしろ諭すような言い方で伝えるようにしてください。

きっと、その方が効果があります。

ただ、同じことを何度も繰り返すようであれば、ムカつくたびにいちいち注意するのは逆効果になってしまうので、別の対処法を試してみてください。

対処法その2:旦那に期待するのをやめる

旦那に対して期待するのをやめる、というのもムカつく言い方をされる時の対処法になります。

こういう風に言ってほしい、と期待するから、それと「違った」言葉や言い方にムカッとするんです。

最初から期待をしないで、言われたことをそのままフラットに受け取ることができれば、相手がどういうつもりでそれを言ったのかを考えてしまってムカつくこともなくなってきます。

また、自分の方が上手なんだと思うことでムカつくポイントを高く持ち、相手のいうことを「ハイハイ」と聞き流すようにするのも有用です。

子どもが言ってくることには、多少無茶なことでもいちいち腹が立ちませんよね?

同じレベルに立って、まともに取り合うからムカついてもくるんです。

もし、まだ心に余裕があるのなら、この対処法を試してみてはいかがでしょうか。

対処法その3:ムカつく言い方をされたエピソードを話のネタにする

ムカつくことを言われたときは、それを友人たちに話すネタにしよう、と思うようにしてみましょう。

友人と話をするとき、恋愛話やご飯の話より旦那の愚痴のほうがよっぽど盛り上がる、ということはありませんか?

話して笑ってもらうことで楽になるところもあるし、共感してもらえたら「ムカついているのは自分だけじゃないんだ」と少しは気持ちも軽くなるでしょう。

ムカムカや不満をためると、もっと不満が大きくなって夫婦関係は悪化するばかりになってしまいます。

旦那のムカつく言動や不満を誰かに愚痴って、時には胸の中のモヤモヤを全部吐き出してしまいましょう。

いちいち言い方がムカつく旦那へ改善要望の伝え方とタイミング!

旦那を殴る妻

旦那の言い方にムカつくことが続くと、だんだん「もう旦那と話をしないようにしよう」と考えてしまうかもしれません。

でも、会話がなくなれば余計に夫婦関係は悪化してしまことにもなるので、それでは逆効果になってしまします。

不満があるときほど、夫婦で話し合いをしましょう。

旦那の言葉にムカついていたとしても、何も言わなければ旦那にとっては「何をそんなにムカついているんだろう?」状態のままです。

そんな状態でいちいちムカついていても、この先ずっとその言い方が変わることはありません。

なんせ、あなたがムカついていること、ムカついている理由を旦那は全くわかってないんですから。

なので旦那の言い方を変えてほしいと考えているのであれば、言い方を変えてくれるように改善要望を伝えてみましょう。

改善要望の伝え方とタイミング

改善要望を伝えるときは、どんな言い方がなぜムカつくかの理由と、どう直してほしいかを簡潔にまとめてみましょう。

まとまっていない状態で話しても、話がまわりくどくなったり余談が多くなって、せっかく話し合ったのに有耶無耶で終わってしまうことになります。

話を切り出すタイミングは、なるべく旦那の心に余裕があるときにしましょう。

機嫌が悪いときや具合が悪いときは逆効果になってしまうことがあるので避けましょうね。

ちょっと褒めてご機嫌にさせてから話を切り出す、って手もありますよ(笑)

そのときは、「私はこんなにムカついているんだよ!わかって!」みたいな話し方をすると、逆に不平不満が伝わりにくくなってしまうので、普通の話し方や、むしろ笑顔で話すつもりで話してみてください。

もしもムカムカがいきすぎて感情を抑えて伝えられないと思ったときは、まとめたことを「手紙」に書いて渡すのもいいかもしれません。

少なくとも自分が感じていること、思っていることを旦那に伝えることはできるので、それだけでもちょっとした前進にはなるでしょう。

まとめ

夫婦で食事

旦那のムカつく言葉・言い方とその対処法、改善要望の伝え方を紹介してきました。

 

1.ムカつく旦那の言葉・言い方例

  • 「雨降ってきたよ」など、事実だけ伝えて自分でやろうとはしない
  • 「主婦は楽でいいよなー」
  • よその奥さんを褒める言葉

2.旦那の言動がムカつくのは、その言葉をいった旦那の実際に思っていることとあなたの想像との違いや、ムカつく“ポイント“の違いなど、あなたと旦那との「違い」が原因なのがほとんど。

3.旦那の言い方がムカついたときの対処法

  • その都度ムカついたことを伝える
  • 旦那に期待するのをやめる
  • ムカつく言い方をされたエピソードを話のネタにする

4.改善要望はあらかじめ旦那のムカつく言い方、理由、どうなおしてほしいかをまとめておき、旦那の心に余裕がありそうなときを見計らって伝える。伝えるときは、笑顔で。

どの夫婦にも相手のムカつく言い方というものがあります。

あなたが気づいていないだけで、もしかすると旦那もムカつくあなたの言い方があるかもしれません。

それを溜め込んでいては、お互いにずっとわからないままですし、いつまでたっても変わりません。

もしかしたら何かの拍子で爆発して、夫婦関係が悪化してしまうかもしれません。

いつまでも幸せな結婚生活がおくれるように、めんどくさがらずにしっかりと話し合いの場をもつようにしましょう。

【こちらも読まれています】

旦那とうまくいかない!新婚なのになぜ?うまくいかない理由と対処法!
こんなに気が合う人は今まで出会ったことはなかったわ!と結婚を決めたのに、いざ結婚してみたら「あれ?なんか思ってたのと違う」という事ってありますよね。理想の結婚生活が送れないなんて結婚した意味ないよー!離婚したい!と思うかもしれませんが、早まってはいけません。

コメント