旦那への不満!上手な伝え方をご紹介!円満夫婦を続ける秘訣とは!?

スポンサーリンク

この人なら一生添い遂げられる!そう信じて結婚したはずなのに、一緒に生活して2~3年経ってみると旦那の言動にイライラしてばかり。つい冷たい態度をとってしまったり、意地悪な言い方でケンカ腰になってしまったり…。

本当はイライラせずに仲良くすごしたいけど、不満をぶちまけてケンカになるのもイヤ!そう思うことってありませんか?

そこでこの記事では旦那への不満の伝え方や、そのタイミング、ケンカになってしまった時の仲直りの方法などについてまとめてみました。

旦那さんに不満がたまり、これ以上我慢できない。そんなときはもう我慢しないでください。あなたの思っていることをハッキリと伝えましょう。ただし、言い方やタイミングを間違えるとあなたの思いはうまく伝わりません。

この記事を読んで、あなたの不満を旦那さんに伝えてみませんか?

旦那への不満が蓄積!?冷静に伝える方法とは!?

  • 家事を手伝ってくれない
  • 育児に協力的ではない
  • 使ったものを片付けない
  • せっかく作った食事を食べない
  • 歯を磨かずに寝るなど、だらしない

などなど、旦那への不満をあげるとキリがないですよね。我が家でも当てはまることが多々あります。我慢できずに不満を伝えてケンカになったことも何度もあります。

本当はケンカなんてしたくないけど、不満に思っていることをいつまでも我慢するのはもっとイヤですよね。どんな伝え方をしたら良いのでしょうか。

ポイントは2つです。
1. 伝えたいことを整理する
2. 具体的に簡潔に伝える

まずは、言いたいことを整理しましょう。昔のことを掘り返してグダグダと話をしてもあなたの気持ちは伝わりません。伝えたいことを整理して、
「食器を洗ってほしい」
「洋服や靴下を脱ぎっぱなしにしないでほしい」
「夕飯がいらないときは前もって連絡がほしい」
など、具体的になるべく簡潔に伝えるようにしましょう。

ポイント!間違ってはいけない伝えるタイミングをご紹介!

先ほど説明した伝え方でも、タイミングを間違えると効果がなくなってしまいます。具体的には、仕事から疲れて帰ってきたときは絶対にやめましょう。誰だって仕事が終わって家に着いたら、仕事のことは一旦置いてゆっくり休みたいですよね。そんなときにあれこれ言うのは逆効果です。

かといって、せっかくの休みの日に朝から言うのも良くありません。伝えたいことがいくつかある時にオススメなのは、休日や連休の昼間です。昼食後などの少し落ち着いたタイミングで、「聞いてほしいことがある」などと、あなた自身も落ち着いて話してみてください。

不満を溜め込まないために、その都度伝えるのも良いと思います。家事を手伝ってほしいときや子供の相手をしてほしいときなどは、後から言われるよりもその場で伝えるほうが旦那さんも動きやすいはずです。

もちろん伝え方も大事です。
「後片付けくらい手伝ってよ!」
「何度言ったら分かるのよ!」
なんて言い方をされると誰だって嫌な気持ちになりますよね。

あなただって家事や育児に仕事などで大忙しだと思いますが、旦那さんだって毎日家族のために働いています。
「食器を洗ってくれると助かるな」
「子供たちをお風呂に入れてくれないかな」
など、優しい口調で伝えましょう。

ケンカ勃発!旦那と仲直りする方法とは?

気をつけてはいたが、ついヒートアップしてケンカになってしまった。なんてこともありますよね。ついケンカになってしまったときは、勢いあまって余計なコトを言ってしまい、収集が付かなくなってしまう可能性もあります。

まずはイライラを鎮めましょう。オススメはこの5つです。

1. 深呼吸して落ち着く
2. 一旦同じ空間から離れる
3. 相手は大人の姿をした子供なのだと思う
4. 紙に思っていることを書いてみる
5. 好きな食べ物を食べる

個人的には、4番の【紙に思っていることを書いてみる】を実行するとスッキリしました。

イライラが収まり、落ち着いたら仲直りのきっかけを作ってみてください。

・素直に「ごめんなさい」と謝る(メールや手紙でもOK!)
・プレゼントや、旦那さんの好きな食べ物などを用意する
・普段どおりに接してみる

亭主関白な旦那さんの場合は、旦那さんから謝ってくることはほぼないでしょう。あなたから先に仲直りのきっかけを作ってみてください。口を利いてくれないときは、メールや手紙が効果的です。

ケンカの原因は旦那にあるから絶対に私からは謝らない、と思っている奥さんもいるでしょう。本当にケンカの原因は旦那さんだけですか?あなたの言い方などに悪いところはありませんでしたか?

奥さんのほうが強い場合、素直に謝るのが難しいときは、3つ目の普段どおりに接することでいつの間にか仲直り出来ることもあるでしょう。

先輩夫婦に聞きたい!円満夫婦が行っている仲良し夫婦を保つ方法とは?

旦那さんへの不満の伝え方や、ケンカになってしまった場合の仲直りの方法を紹介してきましたが、本当は不満を我慢したりケンカしたりせず、円満にすごしたいですよね。円満夫婦が実践している仲良し夫婦を保つ方法として、オススメはこの5つです。

1. 相手を思いやる
2. 感謝の言葉をこまめに伝える
3. 夫婦の会話を大事にする
4. スキンシップを大事にする
5. 自分だけの時間も大事にする

子どもがいる場合は、子供が寝た後に2人でテレビを見ながらゆっくりするのもいいでしょう。出来れば時々子供を実家などに預けて、二人だけでデートするのもオススメです。

子どもがいない場合も2人だけの時間を大事にすることが重要です。先ほど紹介した方法のほかにも、旅行に行くなど、非日常を作ってマンネリ化しないようにすることも大事です。

まとめ

旦那さんに対する不満がたまっているなら、伝えるときの注意点はこの3つです。

1. 言いたいことを整理する
2. 具体的に簡潔に伝える
3. 疲れているときに伝えるのはNG

不満を溜め込まないために、何かをしてほしいときなど、思ったときにその都度伝えることも大事です。何かをお願いするときは、優しい口調で伝えましょう。

もしうまく伝えられずケンカになってしまったときは、イライラを鎮めて素直に謝ってみてください。口を利いてくれない時はメールや手紙も効果的です。素直に謝れないときは、普段どおり接するのもいいでしょう。

夫婦円満で仲良く過ごすためには、相手を思いやり、常に感謝の言葉を伝えるようにしましょう。夫婦の会話やスキンシップを大事にし、自分だけの時間も大切にしてください。

この記事を読んであなたの不満が解決し、夫婦仲良く過ごすきっかけになるといいですね!

コメント