旦那への不満の伝え方!喧嘩にならずに伝える方法や夫婦円満の為の秘訣とは?

スポンサーリンク

結婚生活の中で、旦那への不満はたくさんありますよね。

不満を解消する方法は簡単。

こまめに伝えていき、相手の良いところも見直していくことです。

この記事では、その具体的な方法を一緒に考えていきましょう。

冷静な対応!旦那への不満を上手に伝える方法を伝授!!

不満を伝えるときのコツ

  • 話すタイミングを選ぶ
  • 伝えたい内容をハッキリさせる
  • 一方的に文句をいうのはNG

旦那に不満を伝えるとき、まず大切なことは焦らないこと。

イライラすると、すぐに口に出したくなるものですが、相手が疲れているタイミングで話を始めてもこじれてしまいます。

あなた自身にとっても、イライラを抱えた直後に話すのはNGです。

少し時間を置いたほうが、伝えたい内容をハッキリさせることができます。

一方的に文句を言うのではなく、何がつらくて、なにを直してほしいのかを伝えましょう。

当然、不満をぶつけられた旦那が言い返してくることがあるでしょうが、同じように言い返すのは止めておきましょう。

自分が不満を言いたいように、相手も不満を言いたい。

そのことをお互い認めて、しっかりと話し合いするのが理想的です。

特に外見年齢をいじるような言葉や家事給料の不満などは、相手を傷つけやすい言葉は。

伝えるときには細心の注意が必要です。

妻が我慢する旦那への不満!言えない理由や女性の心理とは!?

妻から旦那への不満

  • 愚痴に対してアドバイスされる
  • 家事や育児を任せきり
  • 妻の気持ちを察しない

妻から旦那への不満は、たくさんあっても口にされないことがほとんどですよね。

妻としては言わなくても察してほしいし、わざわざ言わなくても当たり前にしてほしいことがばかりです。

疲れている時には、アドバイスよりも共感が欲しいのが女性の心理です。

そんな時に正論を言われても、バカにされているような気持ちになります。

例え外で働いている時間が旦那の方が多くても、家事や育児を任せきりにされたら腹が立ちます。

そうなると家が荒れ、旦那の不満も募る。

悪循環ですね。

普段から感謝の言葉すらないのなら、なおさらでしょう。

なによりも、妻から旦那への不満として多いのは「自分の気持ちを察してくれない」というもの。

女性としては、自分の気持ちを察してほしいのです。

疲れていることを認めてほしいし、つらい気持ちを察してほしいから口に出しません。

気づいてもらえない場合は、次第に疲れ果て、相手に期待をしなくなっていきます。

そうなると、会話も少なくなり、ますますお互いの気持ちを察することができなくなります。

ここまでいかないように、こまめなコミュニケーションが大切ですね。

妻200人に聞く夫の不満1位は?

妻200人に聞く夫の不満1位は?

共働き夫婦は要注意!?不満が溜まる本当の理由とは!?

共働きで不満がたまる理由

  • 家事や育児を手伝わない
  • 自分ばかりつらいと愚痴る

共働きで不満がたまる理由の一番は、家事や育児の分担がうまくできないこと。

「なにかをしてと頼んでも、それが終わったらすぐにゲーム。まだ家事は残ってるのに」などという意見はよく聞きます。

また、愚痴を一方的に言うのもお互いにとってストレスの原因です。

自分だけが忙しい、つらいと思うことは男女どちらも苛立つもの。

どちらも疲れて当然だと理解し、こまめに不満を言い合う機会を作りましょう。

不満がつのればつのるほど口は重くなり、問題は深刻になります。

不満を解消!!夫婦円満に過ごす為の秘訣は!?

夫婦円満に過ごす秘訣は、どんな生活をしているかで変わります。

二人きりの夫婦であるなら、お互い不満を言い合える空気を作りましょう。

長く一緒にいるのだから、不満を持たないのは不可能です。

もめる前に家事の分担を決め、嫌なこと・してほしいことを話し合い、お互いの立場を大切にする

そのことが、仲良く過ごす第一歩です。

もしも子育てで忙しいのなら、子育てをどちらか一方に押し付けないことが大切です。

子育ては目が回るほど忙しいもの。

その中で、会話の機会は減るかもしれません。

けれど、子供を育てるという共有の話題ができるのも確か。

一緒に苦難を乗り越えていくことができれば、自然と愚痴も言い合えるようになるはずです。

さらに、共働きであるならば、忙しさはさらに厳しくなります。

肉体的にもつらく、会話の機会をとるだけでも疲れてしまうかもしれません。

けれど、つらいのは自分一人ではないという意識を持つことがなにより大切。

変に遠慮せず、不満がたまる前に、こまめに言い合っていきましょう。

少しケンカになってしまったとしても、ケンカの分だけ仲良くなれることを目指しましょう。

まとめ

不満を伝えるコツ

  • 話すタイミングを選ぶ
  • 伝えたい内容を簡潔にまとめる
  • 相手の意見も聞く

妻から旦那への不満

  • 愚痴に上から目線で意見を言われる
  • 家事や育児をしてくれない
  • 妻の気持ちを察しない

共働きで不満がたまる理由

  • 家のことを一方に任せきり
  • 自分ばかりがつらいと愚痴る

夫婦で円満にすごすコツ

  • 家事の分担を決める
  • 子育てをどちらか一方に押し付けない
  • つらいのは自分ひとりだと思わない

夫婦が円満に過ごすコツは、年代や家族の数により少しずつ違います。

けれど、共通しているのは会話の機会を持つことと、自分だけがつらいと思わないことです。

今は共働きがほとんどですし、仕事に出ていなくても家事をしているだけで重労働です。

家の中での役割を決め、お互い助け合っていくことが大切です。

「そんなの大変だ」「とてもできない」と思うなら、一度夫婦で話し合いの機会を持つのがおすすめです。

日本の人口は1億以上。

そんな中でめぐり逢い、夫婦になるという「大変なこと」をすでに乗り越えた二人です。

きっと「夫婦で仲良くすごす」という問題も、二人なら解決できますよ。

一人で思いつめず、お互い意見を言い合うこと。

この記事が、そのキッカケになれれば嬉しいです。

 

【こちらも読まれています】

旦那への不満!上手な伝え方をご紹介!円満夫婦を続ける秘訣とは!?
この人なら一生添い遂げられる!そう信じて結婚したはずなのに、一緒に生活して2~3年経ってみると旦那の言動にイライラしてばかり。つい冷たい態度をとってしまったり、意地悪な言い方でケンカ腰になってしまったり…。この記事では旦那への不満の伝え方や、そのタイミング、ケンカになってしまった時の仲直りの方法などについてまとめてみました。

コメント