旦那のファッションがダサい!ファッションセンスは改造できる?

スポンサーリンク

今まで目を背けていたけれど、旦那のファッションセンスが良くないかもしれない…。

むしろ、ダサいような気がする。

でも今更ダサいとも言えないし、そもそも旦那はファッションに興味はあるのかな?

こういった悩みはなかなか友達にも相談できませんよね。

でもこのままだとダサいファッションのまま友達と会わなきゃいけなくなっちゃう!

どうやったら旦那のファッションセンスを改造できるでしょうか?

実は、旦那のファッションセンスは、あなたの力添えがあればすぐに改造することができます。

いったいどうやったら改造できるのか、順番にご紹介していきます。

脱ダサいファッションを目指して頑張りましょう。

旦那のファッションがださい!妻がださいと思う旦那のファッションは?

旦那のファッションのコーディネートがダサい。

ダサい時って、何を思うでもなく一瞬でそう判断できますよね。

では、何がダサいのか

一般に感じるダサいアイテム、ダサい柄、ダサい着方を述べてみます。

ダサいアイテム

  • ごちゃごちゃした大ぶりのキーチェーン
  • つま先が非常に尖ったホストのような革靴
  • 重ね着風になっているロンT
  • 膝より上の丈の短パン
  • タンクトップ
  • 大ぶりのシルバーネックレス
  • ランニングシューズ
  • 裏地がチェック柄のパンツ
  • 主張の激しいバックルのベルト
  • 襟がよれよれのTシャツ

ダサい柄

  • ミリタリー(迷彩)柄
  • 英字が大きく書かれたTシャツ
  • ドクロの書かれたTシャツ
  • ワッペンがたくさんついたシャツ

ダサい着方

  • シャツの胸元を開けすぎている
  • ニットのプロデューサー巻き
  • ぴちぴちのスキニーパンツ
  • ダボダボのパンツ
  • 腰パン
  • 柄に柄をあわせたコーデ
  • 原色が強すぎるコーデ
  • 無理なパンツへのシャツイン

これらの服装は、TPOや男性の体格、服装のジャンルにもよりますが、なかなか人を選ぶ難しいものだと思います。

着こなせればかっこいいものもありますが、まずは普通にかっこいい、を目指すべきであり、これらのアイテムや着方は避けた方が無難ですよね。

旦那のファッションセンスは改造できる?

さあ、旦那のファッションセンスは改造できるものでしょうか?

答えは、できます!

無難なアイテムを組み合わせれば、だれでもきちんとしたダサくないコーディネートができるようになります。

詳しいことは後ほどご紹介します。

では、なぜ旦那はダサいファッションで満足しているのか?

それは今、旦那がファッションに興味がないからかもしれません。

平日はスーツという最強のコーデがありますし、休日のコーデについて誰かから言われたこともなく、学生時代のままの服装をしているのかもしれません。

そんな旦那にファッションに興味を持ってもらうには、わかりやすくビフォーアフターをして、あなたはこんなにかっこいいんだよ、というのを見せてあげて下さい。

旦那のファッションセンスがださいことを本人にどう伝えるべき?

旦那にファッションに興味を持ってもらい、改造するには本人の自覚が必要です。

今の服装がダサいことを気づかせ、ファッションに興味を持ってもらうには、上記にもあげた通りビフォーアフターが一番手っ取り早いです。

しかしそれをするにもまず旦那の許可が必要ですよね。

ではどのようにして本人に伝えるべきでしょうか。

傷つかないように伝えるには、ダサい、ではなく、個性的、と言ったり、私のタイプの服装じゃないかな、と言ったりという、遠回しな言い方になります。

ただ、これまで自分がダサいと思っていない人に遠回しな言い方で言っても気づいてもらえるか怪しいところですよね。

はっきり伝えたり、出来るだけ優しく伝えたり。

例文をいくつか挙げてみます。

「いつも思ってたんだけどさ、○○(旦那)にはもっと似合う服装があると思うんだよね」
「○○はスタイルいいんだから、今の系統よりこっちの系統のファッションの方が似合いそう」
「(テレビや雑誌を見ながら)この服装、○○が着たらもっといい感じだよね」
「(お店などで)もうちょっとこういう服装したらもっとかっこいいと思う」
「この組み合わせのコーデ、着てみてほしいな」

上記のようなことを言ってみて、

本当?じゃあ着てみようかな

と言ってくれたらこちらのものです。

一回ビフォーアフターで旦那を納得させ、似合う服を集め、ダサい時に着ていた服をそっと捨てましょう。

しかし、上記のようなことを言って旦那が怒ってしまった場合どうフォローしたらいいでしょうか。

まず、誠心誠意謝りましょう

そして、フォローの言葉をいれましょう。

力説パターンとして

「それも似合ってるけどさ!一回騙されたと思って変えてみようよ!」
「スタイルいいんだから、活かさないと勿体ないじゃん!」

泣き落としパターンとして

「ごめんね…。もっとかっこよくなってほしかったの」
「もっと素敵になってほしかっただけなのに怒らないでよ…」

ぶっちゃけパターンとして

「あ、うんそうだね。似合ってないもん、今の感じ」
「だって隣を歩くのちょっと恥ずかしいっていうか嫌なんだよね」

など。

旦那の性格に合わせて使い分けてみてください。

それでも怒ってきたら、一回時間をおきましょう。

再チャレンジでも反抗が強かったら、残念ながら諦めるか、誕生日に洋服のプレゼントでもして少しでも気づいてくれることを祈りましょう。

ださい旦那がかっこよく!このアイテムさえ揃えればださい旦那を卒業!

今まで散々言ってきたビフォーアフター

それを実現できるアイテムをご紹介します。

前提としてすべてのアイテムに共通しているのは、

  • 清潔感
  • シンプル
  • 自然体
  • サイズ感

です。

とくにサイズ感は、ジャストサイズか少し緩めがちょうどいいです。

各アイテムとともにご紹介していきます。

シャツ

例えばこちらの商品。

サイズ展開が豊富で、ちょうどいいサイズを見つけられます。

丈感に注意してください。

また結構大切なのがボタンの色で、この商品はどれもプレーンな色のボタンで、一枚で着てもよし、中に軽く一枚着て前を開けてもよしという感じになっています。

また八分丈程度に腕まくりをしてもかっこいいです。

ボタンが主張していると、着こなし次第ではかっこいいですが、まずダサイを一歩抜け出すにはこういったボタンのほうが無難です。

一番おすすめは清潔感No,1の白ですが、この商品の中だとイエロー、サックス、パープル、グレイ、ストライプ以外ならどれも日常で違和感なく楽に着こなせます。

正直色違いで買ってもいいのでは、と思います。

上であげた5色は、着る人と他のアイテムとの兼ね合いが難しいですが、ばちっと決まるとかっこいいと思います。

トップス・ボーダーシャツ

ここまで無地をおしてきましたが、少し変化球として、定番のボーダーシャツもおすすめです。

Vネックのものとクルーネックのもの、また半袖と七分丈のものがありますが、どれも定番ものに近く着回しやすいです。

避けた方が無難なものは、A-1、A-6,B-1、E-1、F-1,H-2となります。

番号であげているのでわかりにくいかもしれませんが、商品を照らし合わせてみて下さい。

避けたものであげたものは、ボーダーのバランスや色、配色などが少し上級者向けとなっています。

またVネックとクルーネックですが、基本的にはどちらでも問題ないです。

Vネックの方が、一枚で着るときにもかっこよさが際立ち、また首筋のラインがでていてすっきりと見えます。

クルーネックは、上に何を羽織っても成り立ち、細身であまり首が太くない方におすすめです。

ボトムス・チノパン

見て頂くとわかるのですが、まずサイズ感はどのようなものなのかをとてもわかりやすく表記してくれいています。

サイズ感は脱ダサいをするには大切なポイントです。

テーパードとスキニーかも選べます。

どちらがいいのかは完全に個人の好みになってしまうのですが、締め付けられたくない方はテーパード、シルエット重視の方はスキニーという感じで考えてみて下さい。

ちなみにスキニーを買う場合は、サイズぴったりではなく、1、2サイズ緩めで、太ももがぴちぴちにならないサイズがおすすめです。

色は標準的なブラック、ベージュがおすすめです。

トップスに何を合わせても違和感のない組み合わせになりやすいです。

ネイビー、オリーブ、ボルドーもおすすめですが、季節や合わせる服を選ぶ色ですので、少し上級者向けという感じです。

ボトムス・デニムパンツ

こちらは標準的なデニムで、さらっと履くのにもってこいの形をしています。

色はリンス、ミディアムブルー、ハードウォッシュブルーのブルー系がおすすめです。

黒系のデニムを履くよりは、暗めのチノパンを買った方がどのシーズンでも活躍してくれます。

なぜなら、黒系デニムパンツですと、デニムジャケットを合わせにくいからです。

脱ダサいの最初のうちは、無難なアイテムを揃えていきましょう。

また、ハードウォッシュブルーなどの明るいデニムは春夏に履くのがおすすめです。さわやかな印象になります。

アウター・ジャケット

ジャケットは、サイズ感が一番重要です。

しかもインナーを着た上でのサイズ感なので、6サイズもあるというのは非常に助かります。

またこの商品はてかてかしていたり、布感の強いものでもなく、カジュアルから軽いフォーマルで着回せます。

おすすめはグレーとネイビーで、どの色のインナーでもあいやすく、またボトムスの色も迷わないからです。

グレーを着るならボトムスは暗い系、ネイビーを着るならボトムスは明るい系で合わせるといいと思います。

例としてご紹介したこれらのアイテムは、どのトップスにどのボトムスを合わせてもそれなりに無難な組み合わせになるようなものです。

まずこのあたりの無難なアイテムから手を出し、徐々に旦那にあった細かいタイプ別の着こなしを身に着けてあげてください。

まとめ

読んでみてどうだったでしょうか。

ダサいファッションを克服するためには、清潔感、サイズ感、自然体、TPOが大切だということをぜひ旦那に力説してあげてください。

下記に今回のまとめを述べておきます。

  • ダサいアイテムとは、その人の体格やTPOに合わないものが多い
  • 旦那のファッションは、無難なアイテムを揃えることで改造できる
  • 無難なアイテムでのビフォーアフター作戦で、旦那を納得させよう
  • “清潔感”“シンプル”“自然体”“サイズ感”を兼ね備えたアイテムを着回せば、ダサいから脱却できる

これらのことを実行していけば、必ず理想のファッションセンスが手に入ります。

似合うアイテムを揃え、ダサいアイテムから脱却しましょう。

夫婦二人三脚で、ダサい旦那を改造して、楽しくお出かけしましょう!

コメント