PR

大根に黒いカビが生えた!食べれる?滑り・表面ぶつぶつの大根は大丈夫?

八百屋に並んだ大根

煮物やおでん、大根サラダ、料理に大根おろしを付けたり、いろいろな料理で大活躍する大根

どんな時でも美味しい大根は、僕も大好きです。

そんな大根ですが、切ってみたら中が黒くなっていたり、皮に黒いカビが生えていたことはないでしょうか。

せっかくまとめて買った大根にカビが生えていたらガッカリしますよね。

そこで今回は、大根にカビが生えたときの対処方法や大根の保存法をご紹介します。

大根に黒いカビが生えた!食べれる?捨てる?

大根

大根の黒いカビの正体は?

黒いカビの正体は「クラドスポリウム」というカビです。

どこにでもあるカビで、発生する場所は多岐に渡り、アルコールや熱に弱いです。

なぜカビが生える?

1番の原因となるのは、やはり「湿気」です。

日本はそもそも湿気が高いので、カビが発生しやすいです。

カビは湿度60%以上、温度20℃以上を超えると、繁殖しやすいと言われています。

「汚れ」も原因の一つです。

カビの発生しやすい場所は、汚れの溜まりやすい場所です。

カビはホコリや髪の毛、皮脂汚れなどお部屋の汚れをエサにして繁殖します。

「温度」に関しては、通常のカビの生育可能温度領域が0℃〜40℃、生育最適温度は25℃〜28℃

カビは、種類が多く、0℃近辺でゆっくり成長する低温カビというのも存在するようです。

人が過ごす温度とほとんど変わらないので、温度でどうこうするのは難しいかもしれませんね。

捨てる?食べれる?

皮を剥いたら、黒い部分がなくなるからといって、食べれるわけではありません。

カビを取り除いたつもりでも、菌糸が残っていることがあります。

カビも植物のように根を張っているのです。

カビを食べてしまうと、感染症にかかったり、カビに対するアレルギー反応が出て、呼吸障害になる場合もあるようです。

基本的には、口にせず、捨てた方が良いでしょう。

カビ以外にも細菌が繁殖している可能性もありますしね。

大根にぬめりがある!食べれる?ぬめりの正体は?

切られた大根

ぬめりがある!食べれる?

ぬめりが出ていたら、腐っている可能性があります。

洗ってみて、ぬめりが出できたり、取れないようであれば、腐っていると考えて良いでしょう。

なぜぬめりが出てくるの?

干し大根は、発酵すると大根の表面にぬめりが出てきます。

おそらく大根の糖分が出ているのだと思います。

じゃあ普通の状態の大根も大丈夫かというと、違うと思います。

微生物の力によって物質が変化し、それが良いものであれば「発酵」、悪ければ「腐っている」と考えると、あまり食べたいとは思えませんよね。

腐っていると判断するときには、ぬめりだけではなく、

  • カビが生えている
  • 異臭がする
  • 表面が柔らかい
  • 茶色に変化している

なども確認すれば、判断しやすいでしょう。

大根の表面にぶつぶつが!食べれるの?腐っている?

大根

表面のぶつぶつの正体は?

大根の表面に黒いぶつぶつが出来ているとすれば、それはカビか多水分により腐ってきているのかもしれません。

食べれるの?腐っている?

切ってみて、円周に沿って黒い点がついていた場合は、ダイコンバーティシリウム病です。

原因は土壌菌という糸状菌というカビです。

食べても問題無いそうですが、苦かったり、硬かったりするそうなのでその部分は取り除いた方が良いと思います。

個人的には、ダイコンバーティシリウム病でも食べない方が無難ですかね。

もし気にしすぎるなら、カビや腐っている場合は、捨てた方が無難ですよね。

大根を美味しく食べよう!正しい保存方法や賞味期限は?

切られた大根

大根の保存方法は?切ったら?常温、冷蔵?

大根を保存するときは、葉と白い身の部分を分けて保存します。

分けないと、葉っぱの部分が白い身の部分の水分や栄養分を吸収してしまうからです。

切り分けたら新聞紙やキッチンペーパーで包み、冷暗所で立てて保存しましょう。

夏場は冷蔵庫で立てて保管する方が良いでしょう。

葉っぱの方はあまり保存に向かないので、お浸しや漬物、炒め物などにして早めに食べてくださいね。

冷凍はできる?

大根は冷凍保存もできます。

皮を剥いた後、使いやすい大きさにカットします。

目安は2〜3cmぐらいの大きさです。

カットした後は、ラップに一つ一つを包んでから、冷凍用の保存袋に入れて冷凍します。

冷凍の場合は食感も味も落ちやすいと言われています。

早めに食べた方が良いでしょう。

大根の賞味期限は?

冬場であれば、約1ヶ月程、夏場は長くて1週間程度でしょう。

大根を保存するときは、湿度も大事になってきます。

乾燥した場所に置いておかないようにしましょう。

冷凍の場合も1ヶ月程度は、保存できるでしょう。

結論!

おでん

1.大根に黒いカビが生えた!食べれる?捨てる?

  • 黒いカビは「クラドスポリウム」というカビで、発生場所は多岐に渡り、アルコールや熱に弱い
  • カビの原因は、湿度や汚れ
  • カビを食べると、感染症・アレルギー反応や呼吸障害になる場合がある

2.大根にぬめりがある!食べれる?ぬめりの正体は?

  • ぬめりが出ていたら、腐っている可能性あり
  • ぬめりだけではなく、匂いや色も確認しよう

3.大根の表面にぶつぶつが!食べれるの?腐っている?

  • 大根の表面に黒いぶつぶつは腐っている可能性あり
  • 円周に沿って黒い点は、ダイコンバーティシリウム病
  • ダイコンバーティシリウム病は、食感や味を変えてしまう

4.大根を美味しく食べよう!正しい保存方法や賞味期限は?

  • 大根を保存するときは、葉と白い身の部分を分けて保存
  • 切り分けたら新聞紙やキッチンペーパーで包み、冷蔵で立てて保存
  • 使いやすい大きさにカット、ラップに包んでから、冷凍用の保存袋に入れて冷凍
  • 賞味期限は、常温保存の場合は約1ヶ月、夏場は長くて1週間程度保存できる
  • 冷凍保存の場合も1ヶ月程度だが、味や食感が落ちやすいので早めに食べよう

 

いかがだったでしょうか?

ぜひこの記事を参考に美味しい大根料理を作っていただけたら、嬉しいです。

読んで下さり、ありがとうございました。

【こちらも読まれています】

ブロッコリーに白いカビが生えた!食べれる?黄色く変色したり、しぼんだ場合は?
わが家の食卓によく出てくるブロッコリー。黄色くなったり、白っぽいカビのようなものとか、心なしかほかの野菜よりもすぐに傷んでしまうような気がします。そこで、私が調べた黄色いブロッコリーの正体や、最適な保存方法までをご紹介していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました