コロナ離婚を防げ!「ありがとう」「 ごめんなさい」が 言えない 夫の心理とは?

スポンサーリンク

離婚

最近はコロナウイルスの影響で離婚を考える夫婦が増えているとか。

ニュースでは「コロナ離婚」というワードが取り上げられるようになりました。

普段仕事でいない旦那さんがリモートワークで在宅していて、一緒に過ごす時間が増えるけれども、お昼ご飯を出しても、「当たり前」という顔。

ありがとうという言葉がなくイライラしたり、自分の非を認めず「ごめんなさい」という一言がないとイライラが募ってきますよね。

心理的要因も踏まえて原因と対策についてお伝えしたいと思います。

どうしてそうなってしまうのか

こたつとみかん

一つは、心理学で馴化(じゅんか)と呼ばれる現象です。

最初は刺激的なことも当たり前に感じるようになっていく現象を指します。

最初は、彼女や奥さんが何かをしてくれるのは新鮮で刺激的なことだったのが、「馴化」によってだんだん当たり前に感じるようになるという現象です。

「家族にはいちいち小さいことは言わない」、「言わなくてもわかるだろ」という気持ちがあるのではないでしょうか。

また、恋愛中というものは、相手を実態以上によく見ている部分があるので、結婚後現実に直面していく過程である結婚生活では、お互いの嫌なところが見えやすくなります。

大なり小なり相手に対する不満があるなかで、「ありがとう」「ごめんなさい」と言いにくくなっていくのは、当然のことかもしれません。

相手に対する小さな不満を口にしない代わりに、「ありがとう」も言わなくなっていくのです。

旦那さんに不満を持つ皆さん、相手から「ありがとう」や「ごめん」という言葉さえ引き出せれば本当に満足なのでしょうか?

あなたが本当に言ってほしい言葉とは、案外別のところにあるのかもしれません。

なぜ、「ありがとう、ごめんなさい」と言って欲しいと思うのか

thank you

相手からの「ありがとう」は「あなたに対して良い感情を持っています」と変換できます。

感謝されないと「ありがとう」を受け取れません。

「ありがとう」がないと、自分が否定されたと感じ不安になり、怒りや悲しみという感情が生まれます。

心理学的には「承認欲求を満たしたいと思うから」と答えられます。

人間の欲求にはこの「承認欲求」認められたい感情があります。

感謝をされない=認められていないと感じ、傷ついたり、怒りと言う感情が生まれます。

解決策は、自分の怒る気持ちを自分自身で受け止めます。

腹が立ったら「なぜ自分は怒ったのか」と考えれば、自分を客観的に見られます。

他人のせいにしても、たぶん反省してくれない。

「相手が悪い」と思ったら苦しみは消えません。

「相手の態度により、自分は傷ついちゃったんだなぁ」としみじみ理解できれば、傷つかないように何ができるか、ゆっくりと考えられるのです。

同じ何かを経験しても感じ方は人それぞれです。

もしかしたら「喜んでくれる」と思ってしたことが、受け取る人によっては「喜べない」ことなのかもしれません。

同じ人・同じ経験でもその時の環境によって感じ方が変わると言われています。

例えば直前に嫌なことがあった・周囲がうるさくてイライラしているなどの理由で感謝できないこともあるでしょう。

ごめんなさいが言えない心理

謝る男性

「ごめんなさい」というのは自分の非を受け入れ、相手に謝罪するコミュニケーションの一つです。

このコミュニケーションは自立的な人にとっては、自分が相手よりも下になるような印象を持ちます。

もし相手との間に、主導権争いをしていると、このコミュニケーションは「負け」を認めるような屈辱感や惨めさを伴います。

ですから、たとえ自分が「悪かった」と思っていても、「ごめんなさい」という言葉は禁句になってしまいます。

そして、悪かったと思う気持ちが強い分この謝罪の言葉が与える影響力も大きく感じます。

「もし、ここで非を認めてしまったら、自分はとんでもない罰を受けなければいけないんじゃないか?」という怖れが強くなってしまうのです。

そうすると、事の大小よりも、自分が感じている罪悪感の大小によって「ごめんなさい」が言えなくなってしまいます。

外からは見えないけれど、心の中では何度も何度も「ごめんなさい」を言い、そして、それ以上に酷く自分を責めているものです。

一方で、無価値感から言えなくなってしまうこともあります。

無価値感は「私なんて愛される価値なんてない」という感情です。

自分が悪いことをしたと認めてしまうと、もっと愛されなくなる、もっと粗末に扱われる、もっと軽く見られる、そんな怖れが強くなってしまうわけです。

「嫌われる怖れ」から「ごめんなさい」が言えなくなってしまうわけですね。

そうすると「ごめんなさい」という言葉は、相手と自分の距離を広げてしまうように感じますから、特に好きな相手、大切な相手になればなるほど言えなくなります。

言えなかった「ごめんなさい」は誰でも多少なりとも持っているものです。

  • 迷惑かけてごめんなさい
  • 優しく出来なくてごめんなさい
  • 大切にできなくてごめんなさい
  • 良い子じゃなくてごめんなさい
  • 悪いパートナーでごめんなさい
  • 愛してあげられなくてごめんなさい
  • 傷つけてごめんなさい
  • 助けてあげられなくてごめんなさい

などなど、自己嫌悪の数だけ、心の中には「ごめんなさい」が渦巻いています。

つまり相手は「ごめんなさい」と謝罪の気持ちをもっているのですが、素直に出せなくなってしまっているという状況です。

これまでの生活で何度も小言を言って、もう言い訳できない状況に旦那さんを追い込んでいませんか?

あなたにも旦那さんに言えていない「ごめんなさい」がありませんか?

「ありがとう、ごめんなさい」と言って欲しいと伝えるには

夫婦の後ろ姿

世代によっては「ありがとう」「ごめんなさい」と口にするのは「恥ずかしい」という気持ちが強い人もいるかもしれません。

しかし、言って欲しいと思っている「あなた」は旦那さんに感謝の気持ちを伝えたり、「ごめんなさい」と先に謝ったりしていますか?

相手にして欲しいと思うことはまず自分からその言葉を言ってみましょう。

無理矢理言わせて、心無い「ありがとう」が欲しいわけではないでしょう。

「勉強しなさい」と言われれば言われるほどに「勉強したくなくなる」現象は、心理的リアクタンスと呼ばれています。

しかし、「言ってよ」や「なんで先に謝らないの?」と強要するのではなく、素直に「伝えて欲しい」という気持ちは伝えてもいいと思います。

「最近ありがとうと言ってもらう機会が減って、寂しく思う」とか、自分の気持ちを加えるのがポイントです。

自分の気持ちを素直に伝えれば、旦那さんも「うっかりしてたな。そんな風に思っていたのか・・。」と気づく人もいるかもしれません。

あくまでも強制はいけませんよ(笑)

おすすめの本

本

心理学には「課題の分離」という考え方があります。

自分の怒りは自分の問題と「相手」を問題視するのではなく、自分の内側に目を向ける考え方です。

これが分かりやすく書かれているのが、ベストセラーにもなった「嫌われる勇気」です。

 

 

旦那さんとの関係だけではなく、会社での関係や親子の関係にも使えます。

学校が休校になって家にいるけれど、宿題をしない子供。

「宿題をしないこと」は子供の課題であって、あなたの課題ではないと考えることができます。

終わりに

まとめ

これまでの情報をまとめます。

 

  • 心理学的には「馴化」慣れによって言わなくなってきている。
  • 「承認欲求を満たしたい」という気持ちが働ているかも。
  • 相手の気分によっては「感謝」できないときもある。
  • 「ごめんなさい」を言うことで相手より下手ににるのが嫌だという心理があるのかも。
  • 「無価値感」によって言えなくなっているのかも。
  • 「課題の分離」をする必要がある。
  • まずは自分から「ありがとう」「ごめんなさい」と言ってみましょう。

 

コロナウイルスの影響によって生活の様々な場面に影響が及び、窮屈に感じる昨今。

日本はまだ死亡者が少ないですが、海外では多くの人が亡くなり、今やお年寄りだけではなく、若い10代の人も亡くなっています。

ウイルスはどんどん変異しますから、今後どんな問題が起こるか予想もできません。

コロナが落ち着いても、このような脅威は幾度となく襲ってくる可能性があります。

今ある幸せを今一度振り返ってみませんか?

もちろん深刻な悩みではありますが、この世界情勢を見ると、地球の反対では、旦那さんや子供が人工呼吸器に繋がれ、どうなるか分からない人々がいるのです。

あなたの旦那さんが「ありがとう。ごめんなさい」を言わないのは単に家族として慣れてしまったという簡単なものから、心理的に何か抱えている可能性まで考察してみました。

でも、まずその言葉が欲しいと思う自分を振り返ってみて、自分は相手に伝えているのかな?伝わっているかな?と振り返ってみましょう。

参考動画

【ありがとうが言えない!】人間関係がうまくいかない時に意識すべき思考とは?

【ありがとうが言えない!】人間関係がうまくいかない時に意識すべき思考とは?

コメント