4月のコロナ禍での挨拶文の例!ビジネスで使える!季語はどうする?

桜

4月は新しい会計年度を迎えられる企業様が多くいらっしゃいます。

昨年はコロナという誰もが経験したことのない1年間となりました。

ビジネス様式についてはWEB会議やリモートワークという新たな形態に大きく変わりつつある状況ですね。

今年に入りワクチン接種開始などの明るいニュースも入ってきておりますがまだまだコロナ収束の出口が見出しづらいのではないでしょうか?

ビジネスが日々変化している中でコロナ禍での対応を検討し実践していく段階に入ってきているのではないかと思っております。

今回はコロナ禍における挨拶文についてご紹介いたします。

コロナ禍での4月の新しい会計年度を迎えるお客様に向けて挨拶文をしっかり抑えていきましょう!

4月のコロナ禍での挨拶文の例!ビジネスシーンでも使える!

4月は新しい会計年度を迎える会社が多い季節となります。

コロナ禍という状況も踏まえてできるだけ相手を励ますような文言を入れていきましょう!

挨拶文の構成は以下となります。

  • 前文(頭語、書き出し、季節の挨拶、相手の健康や繁栄を気遣う表現)
  • 主文
  • 末文(結びの挨拶、結語)

具体的な文例を見ていきましょう!!

文例1

拝啓 

陽春の候、貴社におかれまして未曾有の災禍の中大変なご苦労をされておられることと案じております。

 主文・・・・

1日も早い新型コロナウィルス感染症の終息と◯◯様のご活躍をお祈り申し上げます。 

敬具

文例2

拝啓 

桜花の候、貴社におかれましてはコロナ禍において、一致団結して難局に立ち向か割れていることと存じます。

 主文・・・・

このような状況ではありますが貴社のますますのご発展をお祈り申し上げます。 

敬具

コロナ禍ではございますが過度な表現は控えシンプルな挨拶文にしていきましょう!!

4月のコロナ禍での挨拶文の結びの例!

 

手紙

先ほどの挨拶文の結びと違う参考例をご紹介いたします。

  • コロナの影響でいろいろと大変だとは思いますがくれぐれもご自愛ください。
  • 自粛疲れがあるかと存じますがお体を大切にされてください。

結びには相手への気遣いを忘れない言葉や励ます言葉を入れて締めくくると良いです。

4月の季語は?そもそも季語とは?

季節ごとの挨拶は日本特有の文化です。

季語についてビジネスシーンでは常に使えるようにしておきましょう。

4月の代表的な季語を下記に記載いたしますのでしっかり把握しておきましょう。

  • 時候:晩春、弥生、清明、行く春など
  • 天文:春の露、桜まじ、花曇など
  • 生活:花衣、春日傘、桜餅、春闘、新入社員など
  • 植物:桜、桃の花など

そもそも季語とは俳句などでよく使われる季節を表す言葉のことです!

季節の挨拶状には頭語・結び語は不要となっております。

年賀状、暑中見舞い、残暑見舞いなどの季節の挨拶状はその文言自体が頭語の役目を果たすため必要がありません。

また挨拶文では拝啓・敬具のように頭語と結び語が決まっております。

季語を理解するだけではでなく、細かなルールもしっかり抑えておきましょう!

コロナ禍の4月のカジュアルなビジネス挨拶文は?

次にカジュアルなビジネスシーンで使われる挨拶文をご紹介します。

挨拶文1

すっかり春らしくなったこの頃、コロナ禍ではございますがお元気でお過ごしの由、何よりと存じます。

 主文・・・、季節の変わり目につき、くれぐれもご自愛ください。

挨拶文2

近所の桜も満開になりましたが自粛生活も長くなって参りました。

 主文・・・、この事態が収束して、お目にかかれる日を楽しみにしております。

挨拶文3

春風が心地よいこの頃、いかがお過ごしでしょうか。

 主文・・・、コロナと共存する生活様式は不便さもございますが健やかなる日々をお過ごしください。

カジュアルの定義は親しい友人や家族など気心の知れた相手となります。

ルールはより話し言葉に近い口語体を用いた手紙で柔らかく温かみのある文章にしましょう。

ビジネス挨拶文でNGな表現は?

NG

挨拶文における季語やカジュアルな挨拶文にもルールがあるようにNGな表現もあります。

例えばマイナスなイメージを連想する別れ、去る、失うなどの忌み言葉です。

今はコロナ禍でもあるためより細心の注意が必要です。

通常時はいきなり本題から入ることで効率的な内容になりますが、コロナ禍では心のないものと感じる人もいますので注意が必要です。

「安全にお過ごしでしょうか」などの一言が必要になります。

まとめ

 

  • 4月は新しい年度を迎える会社・人が多い
  • コロナ禍の挨拶文は過度な表現は控えて励ますような文章にしましょう!
  • 季語とは季節を表す言葉で日本特有の文化
  • コロナ禍のカジュアルな挨拶文でも温かみのある文章にしましょう!
  • 相手のことを気遣う一言や励ます一言を入れるようにしましょう!

コロナ禍での挨拶文についてご紹介いたしました。

相手を気遣う言葉は通常時でも必要ですがコロナ禍では逆効果もありますのでシンプルに使う必要があります。

4月という節目を迎える方も多いかと思いますので季語や頭語・結び語などのルールもしっかり理解しましょう!

本記事を読んでいただいてビジネスに活用頂けましたら、嬉しく思います!

ご一緒に頑張って乗り越えていきましょう!コロナに負けるな!!

コメント