春休み前の学級通信!コロナ禍で何を伝える?小学校の先生向け見本!学年別書き方

桜

学級通信は、交流を持つ機会が少なくなってしまいがちな保護者の方と学校とを繋ぐ、大切な伝達ツールです。

また、大事なお知らせやメッセージを書くことで、生徒、保護者、先生が同じ内容を共有することができます。

ただ、毎年のように新しい学級通信を作るのは大変な作業でもあります。

他に優先したい職務もある多忙な中、学級通信の作成に頭を悩ませている先生方は多いのではないでしょうか。

そして現在も世界的に猛威をふるっているコロナ禍において、これまでとは違う様式の生活を送る生徒に対し、どのようなコメントを書いたら良いのか……?

今回は、そんな悩める先生方のお役に立てるような、春休み前の学級通信に関しての文章例をご紹介いたします!

コロナ禍の春休み前の小学生向けの学級通信に何を書くべきか

お手上げ小学生

平日は毎日学校に通う生徒にとって、春休みなどのまとまった休みは嬉しいものです。

だからこそ、ついつい気が緩みがちでもありますよね。

春休みの学生が陥りがちな行動としては以下が挙げられます。

  • 夜更かしする
  • 朝、遅い時間まで寝る
  • 一日の大半を遊んで過ごす
  • 食事の栄養バランスが偏る

主に生活リズムの乱れに関する内容となりますので、学級通信ではそれとなく注意喚起をして、春休み明けの生徒が元気に学校生活を送れるように配慮してあげたいですね。

また、コロナ禍で友達と気軽に会えていなかった分、大人の目が届かないところで遊ぼうとする生徒もいるかもしれません。ただ、そんな中で気を付けたいのは、クラスター感染対策です。

もしもそんな事態にでもなったら、周囲の大人たちよりも、生徒本人が一番傷ついてしまいます。

これまでとは異なる生活様式の春休みには、学生の気持ちに配慮しつつ、新型コロナへの感染防止を促す内容を盛り込むことがベストです。

コロナ禍の春休み前の学級通信小学校低学年向け(1・2年生向け) 文章例

ランドセル

小学校1・2年生の春休みは、遊ぶ時間がたっぷりとある分、知らない人についていかないように促すなど、子供の安全を確保するための注意喚起が必要です。

また、新学年になる前に、苦手教科を復習するように促して、勉強の遅れがないようにしてあげましょう。

通信文では、その点を盛り込みつつ、新型コロナウイルス感染の対策についても触れておきましょう。

例文

【導入文】

あっという間に春を迎えました。この1年はみなさんにとって大きな成長の年となりましたね。先生もうれしく思います。

また、保護者のみなさまには、日ごろからご支援をいただきありがとうございます。ぐんぐん成長していくお子さんを、一緒にあたたかく見守っていきましょうね。

さて、待ちに待った春休みですね。さむい季節から過ごしやすい季節に変わって、外でのスポーツも楽しい時期です。ケガに注意しながら、身体も動かして健康な身体づくりをしましょう。

【春休みに気を付けたいこと】

早寝早起きをする

学校があるときと同じように、早寝早起きをして過ごしましょう。1日15分、太陽のひかりをあびると、健康に良いですよ。

毎日、机に向かってべんきょうする

毎日、机に向かってべんきょうしましょう。スケジュールに沿って宿題を終わらせて、分からない部分をおさらいできると良いですね。

新型コロナウイルスに気をつける

友だちと遊びたい気持ちは、先生もよくわかります。ただ、下に書いてあることだけは守ると約束してくださいね。

  • こまめな手洗い、うがいをする
  • おうちにいないときは、マスクを着用する
  • 友だちと遊ぶときは、ほご者にれんらくする
  • 外、もしくは風通しのよい室内で遊ぶ

そのほか

  • あまり遠くに行って遊ばない
  • 知らない人には、ついていかない
  • お兄さん、お姉さんと遊ぶときは、ほご者にれんらくする

【宿題】

春休みには以下の宿題を出しています。

〈宿題の列挙〉

一学期のはじめに提出です。保護者の方と相だんしながら取り組んで、かならず提出できるようにしましょう。

【最後に】

先生との約束をちゃんと守って、楽しい春休みを過ごして下さいね!
1学期にみなさんの元気なえがおが見られることを、先生はなによりも楽しみにしていますよ!

コロナ禍の春休み前の学級通信小学校中学年向け(3・4年生向け) 文章例

勉強する小学生

小学校3・4年生の春休みは、まだまだ甘えたい盛りだった生徒たちが、少しずつお兄さんお姉さんになってくる時期です。

通信文では、そのことを素直に褒めながら、勉強に意欲が持てるように促してあげましょう。

また、新型コロナウイルス感染の対策についても忘れずに触れておきましょう。

例文

【導入文】

低学年の子たちも増えてきて、みなさんがだんだんとお兄さん、お姉さんの顔つきになってきたことを先生は嬉しく思います。

保護者の皆さまには、変わらぬご支援を頂きありがとうございます。中学年になってきて、大きく成長をしていくお子さんを、私たちと一緒にあたたかく見守っていきましょうね。

さて、もうすぐ春休みですね。少しずつ宿題の量が増えてきていると感じているかもしれませんが、これはみなさんがそれだけ成長しているということです。スポーツなどで適度に身体を動かしつつ、毎日の勉強に楽しく取り組んでいきましょうね。

【春休みに気を付けたいこと】

早寝早起きをする

学校があるときと同じように、早寝早起きをして過ごしましょう。1日15分、太陽の光を浴びると、ビタミンDが増えて健康に良いですよ。

毎日、机に向かって勉強する

毎日、机に向かって勉強しましょう。スケジュールに沿って宿題を終わらせて、分からない部分を復習できると、さらに良いですね。

新型コロナウイルスに気をつける

友だちと遊びたい気持ちは、先生もよくわかります。ただ、下に書いてあることだけは守ると約束してくださいね。

  • こまめな手洗い、うがいをする
  • 外に出て、食べたり飲んだりするとき以外はマスクを着用する
  • 友だちと遊ぶときは、保護者に連絡する
  • 外、もしくは風通しのよい室内で遊ぶ

そのほか

  • あまり遠くに行って遊ばない
  • 知らない人には、ついていかない
  • お兄さん、お姉さんと遊ぶときは、保護者に連絡する
  • SNSで知り合った人と会わない

【宿題】

春休みには以下の宿題を出しています。

〈宿題の列挙〉

一学期のはじめに提出です。保護者の方と相だんしながら取り組んで、必ず提出できるようにしましょう。

【最後に】

春休みが明けると、新しい学年に進級します。何か勉強で分からないことがあったら、何でも先生に相談してください。みなさんが更にお兄さん、お姉さんになっていくことを先生は楽しみにしていますよ。
それでは、1学期にまたみなさんの元気な笑顔を見せて下さいね!

コロナ禍の春休み前の学級通信小学校高学年向け(5・6年生向け) 文章例

卒業証書

小学校5・6年生の春休みは、低学年・中学年と比べると行動範囲が広がる分、危険も潜んでいます。通信文では、その点についての注意喚起をしてあげましょう。

また、5年生は中学受験を控えている子もいますし、6年生は全員中学校での勉強が待っています。

いずれにしても、今後の子供たちの学力形成をする上で重要な時期なので、苦手教科が克服できるように促してあげましょう。

そして最終学年である6年生の場合は、小学校生活を終えて卒業していく生徒たちへの最後の学級通信となりますので、餞となる言葉を添えましょう。

例文

【導入文】

小学校高学年となり、ますます皆さんが立派なお兄さん、お姉さんの顔つきになっていくことを、先生は本当に嬉しく思います。

保護者の皆さまには、変わらぬご支援でお子さまの成長を私どもと見守って頂き、ありがとうございます。まだまだ伸び盛りのお子さまを、これからも一緒にサポートしていきましょうね。

さて、もうすぐ春休みです。苦手教科をしっかりと復習して、新しい学期の勉強に向けた準備をしましょう。また、もしも遠出をする場合は、必ず保護者の方に許可を得た上で、出掛けるようにして下さいね。

【春休みに気を付けたいこと】

早寝早起きをする

学校があるときと同じように、早寝早起きをして過ごしましょう。1日15分、太陽の光を浴びると、ビタミンDが増えて健康に良いですよ。

毎日、机に向かって勉強する

毎日、机に向かって勉強しましょう。スケジュールに沿って宿題を終わらせて、分からない部分を復習できると、さらに良いですね。

新型コロナウイルス感染対策

友達と遊びたい気持ちは、先生もよくわかります。ただ、以下のことだけは守ると約束して下さいね。

  • こまめな手洗い、うがいをする
  • 外出時、飲食するとき以外はマスクを着用する
  • 友達と遊ぶときは、保護者に連絡する
  • 屋外、もしくは換気の良い室内で遊ぶ

その他

  • もしも遠出をする場合は、保護者に許可をもらう
  • 知らない人には、ついていかない
  • 年上の人と遊ぶときは、保護者に連絡しておく
  • SNSで知り合った人と会わない

【宿題】

春休みには以下の宿題を出しています。

〈宿題の列挙〉

一学期のはじめに提出です。計画的に取り組んで、必ず提出できるようにしましょう。

【最後に (5年生向け)】

春休みが明けると、最終学年である6年生に進級します。中学受験を控えている子も中にはいると思いますので、苦手教科の予習・復習をおこなって、スムーズな学習ができるようにしましょう。何か分からないことがあったら、何でも先生に相談してくださいね。
それでは、1学期にまたみなさんの元気な笑顔を見せて下さいね!

【最後に (6年生向け)】

皆さんと過ごせた時間は、先生にとっての宝物です。今思えば、本当に楽しい思い出ばかりですね。たまには職員室まで遊びに来て、そのまぶしい笑顔を見せて下さいね!
これから新しく羽ばたく皆さんの未来が輝かしいものとなることを、先生は全力で願っています!

まとめ

最後に、学級通信を書く際のポイントをまとめます。

 

  • 休みの間に生活習慣が乱れないように注意喚起を促す内容を書く
  • あくまで生徒に寄り添い、高圧的な表現にならないようにする
  • 各クラスの雰囲気や先生の個性が活かせる内容は積極的に発信する

学年層によって伝え方や意識すべきポイントが少し異なってきます。

しかしながら、全学年で共通の、コロナ禍の春休みを過ごす上で注意したいのは以下の4点です。

1.早寝早起きをする
長期の休みとなると生活リズムが乱れてしまいがちなので、健康に良いといったキーワードなどに着目して、早寝早起きを心がけるように促しましょう。

2.毎日机に向かって勉強する
計画的に宿題を終わらせるように促しましょう。特に、高学年は今後の学力形成の上で大切な時期なので、苦手教科の予習や復習に取り組むべきであると書きましょう。

3.新型コロナウイルス感染対策
友達と会いたい気持ちは分かる、と前置きした上で、基本的な感染対策を守るように促しましょう。低学年の生徒に関しては、教師や保護者の目の届かないところでも基本的な感染対策を実行してくれるように、日頃から習慣付けておくことも大切です。

4.その他(誘拐などの防止)
身勝手な大人や中高生からの被害に合わないように、注意喚起をしてあげましょう。また最近は、「知らない人」だけではなく、SNSを通じて知り合った人(生徒本人は“知っている人”)と会うことで、犯罪に巻き込まれるケースもあります。その為、PCやスマートフォンを所持している生徒に届く注意喚起がしてあげられるとなお良いでしょう。

コロナ禍の状況の中で、生徒たちもストレスを抱えながらの春休みになると思います。

そうした状況でも、感染対策を実施してくれるように生徒の目線に立った注意喚起をしてあげましょう。

また、各クラスや学校の特色によって、学級通信に盛り込める内容は変わってきますので、積極的に取り込んでいくとオリジナリティに満ちたものになります。

魅力的な学級通信を届ければ、保護者や生徒たちが「また読みたい」という反響をくれて、作成する側もより一層意欲が湧きますよね。

今回ご紹介した文章例を参考に、より良い学級通信が出来上がるよう応援しています!

コメント