PR

中間テストが最下位の子供にかける言葉は?1位にするための勉強方法は?

?と少年

お子さんがテストの成績で最下位、或いは最低の得点をとってしまいました。

保護者の皆さまは、勉強について今後どのように対応したらよいか?

悩みと不安が出てくると思います。

そこで、今回、テストの成績で最下位、或いは最低の得点しまったお子さんの心理や対応と勉強方法をまとめましたので、展開します。

お子さんのテストの成績に不安を感じている保護者の方はぜひ、ご覧いただき、直ぐに対応できるようにしましょう。

中間テストの成績が最下位の子供の心理は?

テストの成績が最下位という子供の心理状況は、悔しい・残念という感情よりも、保護者の方や先生にどう言い訳しようと気持ちが、先に出てしまいます。

(例)

  • この点数をみせたら、親になんていわれるかな?
  • ゲームする時間を減らさせるかな?
  • おこずかいを減らされるかな?

上記のように、勉強のことについて考えず、まずは勉強以外で、自分に関わることを考えてしまいます。

それは、テストの成績が最下位というお子さんにとって、勉強は優先度が低いからです。

そのため、勉強の優先度を上げなくてはいけません。

私の友人が、教師をしています。

彼がよくいうのが、勉強のできない子ほど、勉強に対して反省せず、言い訳をするといいます。

ただ、勉強のできない子が学力がついてくると、テストの結果も勉強に対して解釈するようになるといってました。

自分の子どもが、テストの成績があがってくると、テストの反省するコメントが変わってくるのも、確かに感じました。

テストの成績があがってくることは、それだけ勉強に対して、考えている表れかと思います。

中間テストの成績が最下位の子供にかける言葉は?言ってはいけない言葉は?

〇と×の吹き出し

中間テストの成績が最下位というのは、ネガティブな要素です。

そのため、子供にとってネガティブな言葉をかけると、子供はやる気をなくしてしまいます。

子供にとって、ネガティブになる言葉はやめましょう。

(例)

  • 最下位でどうするの?
  • 本当に勉強してるの?
  • 学校で何しているの?

中間テストの成績が最下位の子供にかける言葉はポジティブな言葉にしてください。

ポジティブな言葉をかけると、子供はやる気を出します。

こんな時こそ、親が子供の力を信じてあげてください。

子供が苦しいときに、親が子供を信じることが大事です。

やがて、子供が親を信頼し、親と子供の絆が強くなります。

このような言葉がおすすめです。

(例)

  • あなたなら必ずできる。
  • あなたはやれば出来る子。
  • 大丈夫。勉強すればできるよ。

私の子供は気持ちの浮き沈みが激しいので、なるべくポジティブな言葉、特に些細なことでも、褒めるようにしています。

テスト勉強では、問題を解けたときは、一緒になって褒め合います。

子供もやる気が出て、テスト勉強を頑張って取り組んでくれます。

モチベーションは大事だとつくづく思っています。

そもそもなぜ最下位になってしまった?!

単語帳

テストの成績で最下位をとってしまう子には特徴があります。

暗記系が弱い

テストは暗記ものが多いです。

理科や社会は、ほぼ暗記教科です。

数学は公式、英語は文法や単語、国語は漢字など、すべての科目に暗記する内容はあります。

暗記系が強くならないと、点数の向上は難しいのです。

テスト前は課題で精一杯

勉強は、テスト前のみでやっている子供さんにみられる傾向です。

普段からある程度、勉強を計画的にしていないと、テスト前の短期間で、テスト範囲の内容を片づけるには、勉強する内容が多くなってしまい、対処するには時間が足りません。

勉強時間が少ない

勉強時間が少ないと、テスト範囲の内容をしっかり身につけて、テストに臨むことができません。

中途半端になってしまい、テストの結果に結びつきません。

しかし、勉強時間が多すぎると、勉強が怠慢になってしまい、集中して勉強ができない状態になります。

勉強の合間に休憩などを入れるようにして、適度な勉強時間で、計画的におこなうことが大事です。

勉強に対するやる気がない

親が勉強に対して意識過剰しすぎることは、子供はやる気がおきません。

親が子供に「勉強しなさい。」などの発言を常にいい、子供からうるさくとられるケースです。

他に、家には、ゲームや漫画などの勉強する環境をそがいするものがあり、勉強に集中できない環境をつくっていることも考えられます。

私は学生時代、中学2年の最初のころまで、ほとんど勉強したことがありません。

しかし、親から「勉強しなさい。」といわれたことはありません。

あの時、親から「勉強しなさい。」といわれるようになったら、ますます勉強嫌いが加速していたと思います。

私も子供に対して「勉強しなさい。」ということはありません。

子供に、私が「勉強しなさい。」としつこくいったら、どう思うと尋ねたら、反抗して今よりも勉強しなくなるといいました。

自分の行動に出る前に、相手の気持ちを察するのが大事だと、子供をとおして感じました。

最下位から1位に逆転するための勉強方法とは?

勉強

勉強での悩みを尋ね、それを親が子供と一緒になって考えて対処する。

  • 勉強での悩みを考えることで、子供に勉強について考える環境を与える。
  • 勉強する子供本人の悩みを優先に解消することで、子供が勉強に対する
  • 悩みを解決したことで自信になり、勉強に対してやる気がおきてくる。
  • 親が一緒におこなうことで、勉強に挑む孤独感もなく、勉強のやり方等も学べて、子供にとっては参考になる

暗記系から勉強する。

テストには暗記ものが多いです。

また、テストで点数がとれない子供は、暗記が弱いため、まずは暗記系から処理します。

暗記系を克服すれば、勉強に自信がおきて、やる気も出てきます

目標を掲げて達成できたら、ご褒美をあげる。

  • 目標は、ハードルが高くもなく、低くもないレベルがよいかと思います。高いと、直ぐに諦めモードになって意味がありません。また、低いとテストの成績の向上になりませんし、本人の学力にもよくありません。
  • ご褒美に関しては、ご褒美のリクエストを何点か教えてもらい、何がご褒美として反映されるのか、テストの期間に楽しみを与えるのが目的です。

子供が自主的に勉強を行なうために声掛けは?

電話する女性

子供に勉強のやる気をおこさせるために、ポジティブな言葉をかけることを記載しましたが、それ以外に、勉強は一人でしているものではないという言葉を印象づけた声かけをおすすめします。

家で勉強する場合、基本ひとりですることが多いので、孤独感を感じやすい状況です。

そこで、このような言葉の声かけをおすすめします。

例)

  • 勉強がつらくなったら、いつでもいってね。
  • 一緒にがんばろう。
  • 勉強するのに手助けが必要なら、いつでもいってね。

テスト勉強は、本当に孤独でつらかったです。

ある時間に、友人と電話をかける約束をして、勉強の進捗具合や問題を教えてもらったりしていました。

そのとき、ひとりで勉強しているのではないんだという実感をあじわっていました。

電話の最後に、お互い頑張ろうという言葉がすごい励みになりました。

声かけは本当に大事だと思います。

まとめ

グラフ

 

  1. テストの成績が悪い子にポジティブな言葉をかけ、やる気をおこさせる。
  2. 最下位をとる子供の特徴は暗記系が弱い、勉強する時間がない、やる気がないのが特徴。
  3. 最下位を克服する勉強は、勉強に対する子供の悩みを親と一緒に対処すること
  4. 子供が自主的に勉強するように、孤独感を感じない言葉をかけてあげること

お子さんがテストの成績で最下位をとってしまうと、焦ってしまう保護者の方は多いと思います。

焦ってお子さんになんとか勉強させようと率先するかと思います。

今回、まとめさせていただいた内容をご覧になっていただければ、それが意味もなく、かえって逆効果につながる行動になるとわかってもらえるかと思います。

まずは、心を落ち着かせて、今回まとめた内容を実践してみてください。

タイトルとURLをコピーしました