中学生のスマホルール時間は?テンプレートあり。依存対策は?

スポンサーリンク

中学生になって、スマホを持たせる親も多いでしょう。中学校が遠くなったからとか、部活を始めて帰りが遅いからなどが理由の筆頭となるでしょうが、子供からすればゲーム機を得たのと同じことです。

制御しておかないとSNSやゲームアプリなどで依存に陥りかねません。

中学生のスマホルール!時間は?課金は?ネット接続制限は?

課金は一切させない親がほとんどです。ネットやYouTubeの利用時間を制限する必要もあるでしょう。YouTubeの設定で、アダルト系を禁止することもできます。

スマホゲームの利用時間も制限をかけて、1日30~1時間以内で設定するといいでしょう。究極なのが、スマホの利用自体を時間制御することです。夜更かしにならないように、夜10時以降はブロックしてしまうこともできます

中学生になって塾や部活で遠出したり、帰りが遅くなったりすることで、連絡手段として、子供携帯よりも安価に抑えられるスマホを持たせる親も増えてきます。中には、高校生になってからと決めている家庭もありますが、帰りが遅いと、スマホのGPSで居場所を追跡でき、安心できるので持たせた方が良いでしょう。

SNSの利用はLINEのみにするなどが適切だと思います。ただし、LINEでもいじめが問題視されることもあるので、注意が必要です。

中学生のスマホのトラブル対策とルール作り (道山ケイ)

中学生のスマホのトラブル対策とルール作り (道山ケイ)

中学生のスマホルール!真似したいテンプレート紹介!

子供へのスマホルールとして、良い内容だと思ったものをご紹介しましょう。

・夜の10時から朝の7時まではほとんどのアプリがロックされる。
・YouTubeへのアクセス禁止
・成人向けのサイトはブロック
・LINEやウェブサイトの観覧は1日30分まで
・エンタメ系のアプリの使用は1日30分まで
・位置情報は、アプリで確認可能
・使用状況によって、規制を緩和していく

このルールの良いところは、まず夜になると、時間でアプリのほとんどがロックされるところです。大人でもついつい、ベッドの中でスマホを長時間触って、寝不足なってしまいがちなので、子供との約束事としてとても良い案ですよね。

また、YouTubeを全面的に禁止しているところも素晴らしいですよね。見始めると、延々と観覧してしまうので、最近では子供には見せないとしている親御さんも増えてきました。YouTubeには、いろんな動画があり、簡単に不適切な動画に飛べますし、いろんな人が動画をアップしているので、自分と比較しがちです。自己肯定観の低下にもつながりかねません。

また、ゲームアプリの使用時間を30分に限定するのも大切ですね。気軽にゲームができますが、何かプラスになるようなアプリではないので、子供の成長期の大切な時間に費やしてほしくはないですよね。また、子供側は必要であれば、親に延長を申請することもできます。交渉力を養うのに役立ちそうですね。

最後のルールは最も素晴らしいと思います。制限だけをするのではいつまでたっても子供は受け身です。自分で制御したり、危険を避けることを学ぶべきです。なので、使用時間いっぱいを使っていないのであれば、時間制限の設定を外すというのも大切です。

もちろん、使用状況は親のスマホから確認できるようにしておきます。自分でコントロールできるようになれば、親としては心配いらないですよね。

何時間やっているの!?(スマホのルール)

何時間やっているの!?(スマホのルール)

中学生のスマホ依存対策!親ができることは?

現代のスマホでは、どこの機種でも親が子供のスマホの設定をいじって、制御をかけることができるようになっています。スマホに限らず、ゲーム機でも制御できる時代ですから、子を持つ親なら、設定をしたことがある人も多いでしょう。

中学生なので、親が一方的にコントロールすることに抵抗を感じる人いるかもしれませんが、スマホ一つで何でもできてしまう時代なので、ネット犯罪や性犯罪、悪質な情報などから子供を守るために、中学生まではしっかりと制御をしておくべきだと思います。

エンタメ系やYouTubeへのアクセスをブロックしたり、時間制限をかけることができます。スマホ依存やネット依存になった場合は、他の物への強い関心が得られれば解消できるものなので、家族で外へ出かけてみたり新しい習い事を始めさせてみたり映画や小説などを進めてみるのもいいでしょう。

依存してしまったら、しばらくは遠ざける他ありません。しかし、依存している子供から、無理やり遠ざけても逆効果です。自然に離れるのが良いので、他のものに強い関心が向くように仕向けるのが一番です。

解決策の近道は、現代の親世代も、子供だった頃に依存した経験を持つ人が多いでしょうから、どうやって克服したのか思い出してみると良いと思います。

夜9時から小中学生スマホ禁止

夜9時から小中学生スマホ禁止

中学生のスマホ事情!所持率は?料金は?おすすめの中学生向けキャリアは?

現代の場合は、中学生のスマホ所持率は、約70%と言われています。一日の平均使用時間は、2時間10分です。料金は家庭によってかなりのばらつきがあります。大体、2500~1万円程度ではないでしょうか。家族でどこの会社に契約しているかで異なってきます。

また、機種にこだわる場合は、割引を行っている会社を選択するケースもあるでしょう。機種はこどもが失くしたり、壊したりしがちなら、中古のものでも十分だと思います。

ただ、中学生でも人気の機種はもちろん、iPhoneです。アップル製品は、一時期かなりマイナーなものでしたが、今ではかなり人気のメーカーになりましたね。

でも、現状では、Androidが6割と言われています。iPhoneは中古ではない限り、高額ですからね。中古のiPhoneに格安SIMを入れるという家庭も多いようです。

おすすめキャリアは以下の通りです。

・ワイモバイル

高校生の女子ならば、7割がiPhoneである昨今、どうせ、後にせがまれるならと、中学生でもワイモバイルで契約すると便利かもしれません。ワイモバイルは国内で最も、iPhoneが安く、10分以内なら通話がかけ放題です。

・OCNモバイルONE

Androidが一番安いです。NTTの格安SIMとなります。
一括で機種を購入すれば、月額料金を安くおさえられます。

・BIGLOBEモバイル

子供が重要視するであろう、音楽や動画の視聴がし放題なのに、月額料金が格安なので、とってもおすすめです。音声通話の基本料金にプラスすることで、ギガの制限なしにできます。

【最後に/まとめ】

1. 中学生のスマホルール
2. テンプレート紹介
3. スマホ依存対策
4. 中学生のスマホ事情

携帯電話が普及しだしたころから、携帯やネット依存が問題視されていますよね。我が子がスマホトラブルに陥らないように、普段からネット犯罪について、子供にいろいろと教えておくことが大切です。

また、ネット上の情報がどこから発信されているものなのか、きちんと見極めることの重要性も伝えないといけません。

【こちらも読まれています】

スマホ子供向けに契約書を作ろう!スマホの時間制限やルールは?
今や小・中学生がスマホを持っていても当たり前の時代。スマホを与える際に何かルールを作ろう、そう考えている親も多いのではないでしょうか?子供にスマホを使わせる際のスマホ契約書、というものがネットで話題になっています。スマホ契約書とはどんなものか?どんなルールが効果的か?スマホを与えるメリット・デメリットをまとめました。

コメント