中学生スマホのメリット・デメリットとは⁉ルールが重要で、ひな形があると便利

スポンサーリンク

スマホはとても便利です。なかなか手放せなくて、なくてはならない物になりつつあります。スマホがなかったときは、ないなりに生活していたのに、今はスマホを忘れて外へ出るだけで不安になるときもあります。

空いた時間もついついスマホを使って時間を過ごしてしまいます。スマホを持つようになってから、時間の使い方も変わってきたと思います。

また、危険なメールや、個人情報が知られてしまったりなど、スマホが普及してからのトラブルも増えています。私自身も、スマホの使い方に悩んだり、怖いと感じることもあります。

良いところ、危険なところをあわせ持っているスマホ、こどもたちに、どう使わせいくべきか悩んでしまいます。

早くに持つこどもは、小学生から持っています。中学生頃から、スマホを持ち始めるこどもが多いようです。

中学生はまだこどもです。親が気にかけてあげる必要があります。スマホを使うにあたってはルールを決めた方が良いと思います。最初にきちんとルールを決めて、楽しく便利にスマホが使えるようにしましょう。

中学生にスマホを持たせるメリット

中学生でスマホを持つこどもは多くいます。私は、中学生にスマホは必要なのか…持たせるには早いんじゃないかと思ってしまいますが、中学生からスマホを使うメリットもあります。

居場所がわかる

こどもの帰りが遅いときや、どこにいるか分からないときなど、とても心配になりますが、GPSで居場所が分かると安心です。

緊急時に連絡がとれる

災害や、事件、事故などいつどこで何が起こるか分からないですが、そんな時に連絡が取れる手段があるのは心強いです。防犯にもなるので安心です。

情報をすぐに調べたり、アプリで勉強ができる

分からないことなど、スマホですぐに調べることができますし、早いうちから、使い方、調べ方などを学べます。また、勉強に役立つアプリもたくさんあります。

友達同士のつながりができる

こども同士でも、LINEがよく使われています。スマホがないと、参加することができませんし、学校が終わってからも気軽に連絡を取り合ったりできて、友達作り、友達のつながりを作るうえで、重要になってきています。

中学生にスマホを持たせるデメリット

こどもにスマホを持たせるメリットもありますが、当然デメリットもあります

スマホに依存してしまう可能性がある

スマホでは、気軽で便利に使えますが、LINEなどのSNSや、ゲームなど、スマホを使いだすと、常にスマホが気になってしまい、勉強の邪魔にもなりますし、睡眠不足、目や、首、手などの健康被害も出てしまうかもしれません。

有害なサイトや違法な情報を見てしまう

スマホで簡単、気軽にインターネットを利用できますが、アダルトサイトや暴力などの有害なサイトも簡単に見ることができてしまいます。

知らない間に有害なサイトに誘導されていたり、架空請求の被害にまきこまれたりする危険もあります。

プライバシーが流出してしまう

個人の電話番号やアドレス、画像など、友達に教えたものが、その友達から軽い気持ちで二重、三重とどんどん広がってしまうケースもあります。一度ネットで拡散された情報を完全に消すことは不可能です。

スマホを使ったいじめがある

ネットへの書き込みや、SNS内で悪口をかいたり、仲間外れにしたり、スマホ内でのいじめが増えています。スマホ内でのいじめはおとなが発覚しにくいこともあり、厄介です。

知らない人とつながることができる

インターネットやSNSを使えば、どこの誰だか全く分からない人とつながることができます。そこから、犯罪や事件、事故に巻き込まれてしまう危険もあります。

お金がかかる

スマホを持つということは、料金が発生します。スマホを持っているだけで毎月お金がかかるということも、理解させる必要があると思います。また、ゲームなど、課金をして高額な請求が発生することもあります。

スマホを使用するにはルール作りはとても重要

中学生がスマホを持つには、生活面、健康面、トラブルに巻き込まれない為にも、ルールを作ることが重要です。

ルールの作り方も、親が一方的に決めてしまうと、反発したり、隠れて使うようになったりして、逆効果になってしまう場合もあります。こどもと一緒にルールを決めた方がこどもも納得して守るようになります。

<スマホを使用するときに決めた方が良いルールの項目>

・ スマホを利用する時間
使用して良い時間帯・1日どれくらい使用して良いか
・ 使用できる場所
家の外で使用できるか、家の中での使用できる場所
・ 使用して良い状況
食事中、勉強中、就寝前、就寝中は使用して良いか、どこに置いておくか
・ 暗証番号やロックを誰が管理するか
暗証番号の変更をして良いか、親も見れるようにするか
・ ダウンロードや課金をしても良いか
・ SNSの使用
SNSの登録はどうするか、親がみれるようにするか
・ 写真や動画の使用方法
相手の許可なく写真や動画を撮影してはいけない。写真や動画を送ったりして良いか。SNSなどに載せて良いか。
・ メールや通話は誰として良いか
決められた人のみの使用にするか、着信履歴を親が確認するか
・ 迷惑メールや、知らない人からメールなどがきたときの対応
無視するようにして、親に報告するか。
・ 危険なサイトはみないようにする
閲覧履歴を親が確認するか。
・ ルールを守らなかったときはどうするか

このような内容を決めておくと良いと思います。また、困ったことや、トラブルがあったら必ず相談、報告させるようにしましょう。

何かあってからでは遅いです。きちんとルールを決めて、正しく使用するようにしましょう。

また、ルールを作っておくと、見やすいし、ルールに変更があるときなどにも便利だと思います。

まとめ

1. 中学生がスマホを持つメリットは、緊急時に居場所が分かり、連絡が取れることや、防犯にもなること、友達同士コミュニケーションがとれること。
2. 中学生がスマホを持つデメリットはスマホに依存してしまう可能性があり、有害な情報が入ってきてしまうこと。個人情報が拡散してしまうと、完全に消すことはなかなかできず、怖い。
3. 中学生がスマホを持つにはルールが重要。決めておくと良いルールを紹介。

スマホはとても便利で、こどもでも簡単に使うことができます。使い方もたくさんあり、良い面、悪い面があり、こどもに持たせるか悩んでしまいます。

スマホを持たせるには、ルールが重要です。しっかりルールを決めて、安全に正しく使用するようにしましょう。

正しく使用できれば、こどもにとってプラスになります。親がしっかり気にかけてあげましょう。

 

【こちらも読まれています】

中学生のスマホルール時間は?テンプレートあり。依存対策は?
中学生になって、スマホを持たせる親も多いでしょう。中学校が遠くなったからとか、部活を始めて帰りが遅いからなどが理由の筆頭となるでしょうが、子供からすればゲーム機を得たのと同じことです。制御しておかないとSNSやゲームアプリなどで依存に陥りかねません。

コメント