中学生でもわかる株の仕組み

スポンサーリンク

中学生でも理解できる株の仕組みについてお話をしましょう。

株式会社が資金を集める方法には銀行から借り入れをする間接金融と、株式市場から資金を集める直接金融があります。直接金融である株式市場からお金を集める際に企業は株式を発行します。

そしてその株式を売りたい人と買いたい人の価格が一致することで株式の売買取引が成立するのです。そこにはまさに需要と供給の原理があり、誰も欲しくなれければ株は下がりますし、欲しい人が多くいれば株は値上がりします。

企業と株価

では株価は企業にとってどういう意味があるのでしょうか?

株価が高ければ企業が資金調達をする際に有利な条件で市場から資金が集められます。値上がりした株価でファイナンスをするわけですから、少ない株式で多くの資金が調達できます。

企業の経営者は常に設備投資や企業買収など企業価値を高めるために効率の良い経営体制・規模の拡大を狙っています。そのためにはリスクが少なくて大量の資金が欲しいのです。

先ほど述べた銀行からの借り入れ(負債)と株式市場からの直接資金調達のどちらが有利なのかを考えているわけです。

業績が伸びている企業はさらなる成長を目指しファイナンスが欠かせません。新規株式を増やせば株主が増えます。不特定多数の株主は企業には大きな力となります。

株主

株式を購入すれば誰でも株主になれます。株主になれば決算の際に配当がもらえる権利が与えられます。

一方で、株主は企業が正しく経営をしているのかチェックする責任もあるのです。そのためには株主総会に出席して自分が投資している企業の経営陣は大丈夫かしっかり見定める必要があるのです。

出資した金額に見合うだけの権利と責任が発生するわけです。企業が倒産すれば株が紙くずです。株主も出資した額が丸損になりますがこれも株主責任と言えます。

例えば、企業経営者が何か不正な方法で企業からお金を流用したとしましょう。この流用が公になると株価が暴落します。企業サイドはこの経営者に返金を要求する責任が発生します。そうした中で株価が下がることで株主は損を被ります。

こうした不正が起こらなければ株価が暴落して企業及び株主に損害を与えなかったはずです。経営首脳陣のチェック体制、監査法人の責任問題などが合わせて出てきます。

一方で、株主はこの損害に対して株主集団訴訟を起こして失われた価値の弁済を要求することもできます。

株式投資は社会の縮図を知る近道

いかがでしょう?株式について少しお分かり頂けたでしょうか?株主の権利と義務を理解してから実際に株式投資を始めると、企業を応援するための株式投資に行き着くことになります。

自分が好きな企業やお気に入りの商品を提供する会社の株なら買ってみたいと思いませんか?身近に感じることができるから関心を持って見ることができるのです。

反面、企業の業績が良いだけでは株価の勢いが続かないことがあります。投資家の思惑や世界情勢、特にその企業が進出している海外市場で何か事件などが起これば国内の景気が良くてもネガティブに反応します。

世界の首脳や経済界、金融界の人の思わぬ一言で、一夜にしてマネーの動きは大きく変動します。

株はリスク商品

株式はリスク商品です。だからこそなぜこの株を買うのか定義づけをする癖をつけましょう。人が買うから、なんとなく値上がりしそうだから、友達に勧められたからではダメなのです。

株式投資には失敗はつきものです。でもその失敗が何故起きたのか理由をはっきりさせないまま次の取引をしていると失敗の連鎖状態になります。

自分の投資のどこが間違っていたのか謙虚に見つめ直すことで次第に利益を得ることができるのです。早く自分なりのトレード方法を見出だせた人が勝ち組になれるのです。

株式取引はギャンブルだという人がいますが間違いです。株式投資は貯蓄する商品としては最高の商品だと言えます。しかも早ければ早い方がより多くのリターンを稼げる可能性があるのです。

まとめ

① 企業の価値がまさに株価に相当します。
② 株主の責任と権利。
③ 株式投資は社会の縮図そのもの。
④ 株にはリスクがあるから謙虚に付き合う。

株ってなに?@東京証券取引所(人形劇♯03) 【朝日こどもニュース】

株ってなに?@東京証券取引所(人形劇♯03) 【朝日こどもニュース】

長い低金利の時代に銀行に預けていても老後ゆっくりして過ごせるためには、平安時代から貯金していなくてはダメだと良く冗談で言います。それぐらい異常な低金利であり、この状態が大きく変わる可能性は低いと思います。

高齢者社会で働き手が少なくなっていく日本。これからの時代は国内のみならず、グローバルに資金を運用する必要も出て来るでしょう。そのためにも国内株式に関心を持って株式投資を始めるのはとても良い事だと私は思います。

何もわからず世界の株式に投資しても結果は見えています。日本の株式を知らずに世界で勝つなんてナンセンス!!

株式投資は確かに怖い面もありますし、損もします。しかし、多少の損では負けない強い足腰を日々の経験から作っていけばいいのです。

コメント