中学生で株を始めよう!!

スポンサーリンク

お金を勉強するのに早すぎることはありません。日本では、楽をしてお金を稼ぐことは悪とされる風潮があります。また、お金に執着しているのは卑しいというイメージもあります。

しかし、一方でお金がなければ生活していけない現実があります。人に迷惑をかけないで、自分の頭脳や知識を使い、お金を儲けることは決して悪ではありません。

若くして株について勉強することは、社会の仕組み、経済の動きを知る上で大変重要です。中学生や高校生で株取引に興味を持ち、体験することは私も賛成です。

アメリカでは約16%の中学校や高校で株を始め、仮想通貨、クレジット、ローンなどありとあらゆるお金に関する授業が行われています。それは、お金の仕組みを正しく知ることで、将来自分でどうやってお金を稼ぎ、資産を増やしていくのか重要なことだと認識しているからです。

日本はかつてのように、年金さえられば暮らして行ける時代は終わりました。これからは老後の資金は自助努力で産み増やしていけなければならない時代です。中学生から株取引を始められるのは大変ラッキーなんですよ!

中学生から株やお金の勉強を始めよう

株取引を始めるには証券会社に口座を開設することから始めます。既に親が取引をしているならその口座で始めることも可能ですが、そいうでない場合は口座を開設しましょう。

証券会社によっては小学生からでもOKなんです!

<口座開設に必要なもの>
1. 証券会社によっては親がその証券会社で口座を開いていることが必須なところもあります。
2. 親権者の同意書
3. 親権者の本人確認証
4. 未成年者と親権者の続柄を証明する書類
5. 子供名義の銀行口座

注意点としては、信用取引やFXなどリスクが高い取引は不可能です。

株取引のメリット

中学生は日常スマホでゲームをやっていると思います。株取引もその延長として捉えれば親しみも湧いてくるでしょう。実際に気に入った銘柄を購入することで中学生だって株主になれます!

オリエンラルランドやマクドナルド、すかいらーくなどの株主になれば株主優待として割引券や無料券などが株数に応じて配分されます。株取引をしながら美味しい思いもできるのです。

次に、株式投資は多額の資金がなくても少額からでも始められるメリットがあります。通常、株式を購入するには単位株式なら最低単位で購入しても数万円から数百万円の資金が必要です。しかし、証券会社で扱っているミニ株であれば数千円から投資ができるのでお手軽です。

ちなみに、株主優待券は単位株を持った人にしかもらえないので、コツコツ投資をして単位株数になるのを待ちましょうね。

株取引のデメリット

株式の売買にはリスクが伴います。株価は日々激しく動きますし、その要因は世界経済・政治、会社の業績、地震天災、投資家の思惑、会社の評判を失墜させる事件などさまざまなもので動く性質があります。

業績が良くても、日中動きがあまりない株式は投資家には面白くないので売買高は増えないことも。つまり投資家には値動きがある程度ある方が儲けやすいという心理が働いているわけです。

株を保有すると、上り調子であればいいのですが、下り局面になると日中の株価が気になります。仕事や勉強をしていても落ち着かなくなることは誰にも出てきます。

しかし、そこはぐっとこらえて目の前にある日常生活を着実こなしていくことが大事です。そうしなければ結局、共倒れになってしまうのです。冷静な態度はいつどこにいても必要です。

まずは株式投資を通してお金を知ること

未成年者が株取引をするにも証券会社が限られていますし、スマホでずっと見ている時間もありません。投資商品や取引方法も限られています。ですから未成年で株式投資をする場合、自分自身の将来への投資と考えてみて下さい

株式投資は自分がこれまで知らなかった世の中の仕組みを教えてくれます。これは大人になって大きな力になります。本物を見抜く力を早く身につけると、将来どんな場面でも騙されない、本物を追い求め生きていく力を養えることができるのです。

また、投資の失敗は傷が浅い方が立ち直りも早いのです。私が見ているだけでも、多額の運用資金を持った投資家は一度失敗すると傷も大きいのですが、未成年者まして中学生ならごく限られた資金で取引を行うので、傷も限られます。

感覚で取引をしない

初めての株式投資はどうしても誰もが知っている有名な会社で投資をしようと考えます。もちろんそれでもいいのです。株の動きを勉強するならわかりやすい銘柄の方が望ましいし、興味が出てきますから。

しかし、次第に慣れてくるといつまでも丸腰の戦略では歯が立たないことが見えて来るはず。株価は過去の法則に沿って動く性質があります

チャートを見ることを覚えたり、新聞を読んだり、ニュースを見たり、日々の何気ない行いから株と向き合う姿勢が生まれて来るのです。

学校の勉強と同じですね!先述したアメリカの中学や高校でも、何もお金を儲ける話をしているわけではありません。お金とどう付き合うか、付き合うためには何が必要かを教えているのです。

まとめ

1. 中学生でも親権者の同意があれば証券会社で取引口座を開設できる。
2. 株取引のリスクを理解する。
3. メリットだけでなくデメリットも認識する。
4. 株も勉強と同じ日々積み重ねだ。

株式投資の基礎~株ってなに?学生にもわかるように初心者に簡単に解説

①株式投資の基礎~株ってなに?学生にもわかるように初心者に簡単に解説

中学生から始める株式投資は、証券業界に携わる私のような人間からすれば羨ましい時代になったなと感じるばかりです。参考にするなら本をはじめネットでも情報があるれています。

まずは証券会社に取引口座を開設して、小遣い程度から株式投資を始めましょう!焦らずじっくりと相場に慣れて、世の中の流れに明るくなれば中学生も立派な投資家になれますよ。

【こちらも読まれています】

中学生でもわかる株の仕組み
中学生でも理解できる株の仕組みについてお話をしましょう。直接金融である株式市場からお金を集める際に企業は株式を発行します。そしてその株式を売りたい人と買いたい人の価格が一致することで株式の売買取引が成立するのです。そこにはまさに需要と供給の原理があり、誰も欲しくなれければ株は下がりますし、欲しい人が多くいれば株は値上がりします。

コメント