中学生の反抗期に疲れた。上手に反抗期と向き合うコツ!子供の思いを知ろう

スポンサーリンク

growth

中学生になるとほとんどの子供が反抗期を迎えますよね、自分の時もそうでした。

親の言うことなすことがとにかく気に入らない、家族の言うことを聞かない。

部屋にこもって出てこない、放っておいても帰ってこない…。

親は子育て以外にもやることがいっぱい。それなのに子供に振り回されて、疲れてしまいますよね。

でも反抗期の中学生と向き合うには、それなりのやり方があるのです。

これから紹介することが、子供と向き合うヒントになればと思います!

中学生の反抗期に疲れた…。母親のストレス発散方法をご紹介!!

毎日悪態をつかれては親だってやってられないですよね。

こっちだってもう我慢の限界!ストレスが溜まってしょうがない!そんなときはちょっと気分転換してみませんか。

1.ママ友、知り合いの母親に愚痴ってみる

同じ年代の子供を持つ人なら、同じように悩みを抱えていることでしょう。

また、よその家庭のことも聞いてあげれば、お互いに励ましあったりして前向きは気持ちになれるかもしれません。

また、職場の先輩など子育てを終えた人に聞いてみるのも一つの方法です。

経験豊富な人からの話は、目からうろこモノかもしれませんよ!

2.ショッピング、カフェ、趣味に没頭

子育てや家事、仕事に付き合い…母親って本当に大変です。

こんなに自分の間がないなんて、母親になってみて初めて分かりますよね。

頑張っているんですからちょっとくらい休んでもいいんです。

母親スイッチをオフにして、自分のための時間を過ごして充電しましょう。

3.寝る、何もしないで家にいる

無理に外出しなくても、家族が家にいない時間にあえて家にいてもいいでしょう。

お昼寝して、本や雑誌、好きなDVDでも観てゆっくりするだけで気持ちが楽になりませんか?

私の場合、寝すぎて頭がボーっとすることもありますが(笑)

反抗期の子供のことなど忘れて、一人でゆっくりしましょう。

4.働き始める

専業主婦のかたで可能であれば、パートなどで働き始めてみるのも一つの方法です。

子供が思春期くらいになると少し手が離れて、数時間でも作れるのであれば外の空気を吸って気分転換になることもあります。

子育てについて、今までと違った見方ができるかもしれません。

5.夫と外出してみる

しばらく二人で出かけていない夫婦にとっては、何で今さら…?と感じるかもしれませんが(笑)。

おしゃれなカフェで少しだけ過ごす時間、新鮮じゃないですか?

子供についてちょっと愚痴を聞いてもらうのもいいでしょう。

反抗期の子供に本当に参っていることを伝え、お父さんのヘルプをお願いしましょう。

人間関係でうまくいかないとストレスを感じますが、家庭内のこととなるとそれはそれで大変ですよね。

一つの考えにこだわらず、煮詰まったときは思い切って息抜きをしてまた明日からの子育てに備えましょう!

なぜ中学生の反抗期はこんなにも大変!?反抗期の子供の心境…

カフェ

中学生の反抗期の状態や心境とは、どのようなものなのでしょうか。

男女別にも違いがあるようです。

思春期は本人にとっても感情のコントロールが難しく、浮き沈みが激しい時期です。

激しく怒ったり、物に当たったり時には暴力に出ることもあります。

反抗期を迎えた頃の子供の脳は、神経回路が急速に発達すると脳科学の分野では言われています。

その結果、見聞きしたことが作用して世界観がいっきに広がり、自分がどうなりたいのかを模索するようになります。

男子に関していうと、テストステロンというホルモンの分泌が活発になり、攻撃的になって勝負に勝ちたいという意識が強まります。

広がった世界観からなりたい自分(目標)を得て、挑戦していくイメージですね。

また、異性にも興味が出てきて「カッコよくありたい」という願望もめばえます。

親からすればオカシイ限りですが、カッコつけたい時期なのです。

自尊心を傷つけてはいけません、そっと見守ってやりましょう。

一方で女子のほうはエストロゲンというホルモンが分泌され、生理をもたらしたり女性らしい体系を導きます。

またこのホルモンはイライラを引き起こしたり、異性を拒絶する働きをします。

お父さんがとにかく嫌いなわけもこれが原因のようです。

反抗期の女子の場合は特に好き嫌いが激しく行動にもはっきり出るので、お父さんにとっては悲しいですがホルモンの作用によるものなので仕方ないですね!

今の時期は感情の変化が激しいことを理解して、親は大人の対応を心がけたいものですね。

反抗期っていつまで!?中学生が必ず通る道!?

説教されるこども

今、手を焼いているのは中学生前後の子供さんだと思いますが、子供の反抗期は3度あるとされています(個人差はあります)。

それぞれの時期で、特徴がありますので簡単に紹介します。

【第1反抗期】3歳前後

一般にイヤイヤ期とされている時期です。

自我がめばえ、感情をうまく伝えられないので、怒りだしたり泣いたりが激しいです。

【第2反抗期】小学校低学年頃

中間反抗期とも言われ、親に口答えをしたり手出しを嫌がったりします。

自分で考えて行動したい、という意識が出てきている証拠と言えます。

押さえつけるのではなく、寛容な気持ちで接し、認めてやることが大切です。

【第3反抗期】11歳~高校生歳前後

思春期と言われる時期で、ホルモン分泌の影響から心だけでなく体つきも急激に成長する時期です。

急に怒ったり落ち込んだり気持ちの変化が激しく、自分の容姿や友達の言動が気になりだします。

また「親から離れ、自立したい!」という意識が強くなり、不必要に干渉されるとイライラします。

なお、結果的に反抗期がなかったという人も中にはいるようです。

これは過度のしつけや甘やかしが原因の一つとして考えられ、大人になっても精神的な自立がうまくいってないケースもあるとの報告があります。

思春期に反抗的な様子がないからと言って喜んでいいかというと、そうでないこともあるので注意が必要です。

3度ある反抗期、思春期が一番厄介ですよね!

これまで経験した反抗とは重みが違うというか、子供の成長過程なので仕方がないことですし高校生卒業前後でいったんの終わりがあるとはいえ、親側のダメージはきついのではないでしょうか。

子供の言動にいちいちカッとせず親は大人としてしっかり心の準備をして、なるべくストレスを溜めないように過ごしたいものです。

反抗期に相当グレた子も、立派な大人になっているのをよくテレビでも観ますよね。

親は大変ですが、いつか終わりが来ることを願って気長に待ちましょう。

反抗期の子供VS親!!上手に乗り越える接し方とは!?

水辺の二人の女性

それでは具体的にどうやって子供と接していけばいのでしょうか。

良かれと思ってしたことが、逆に子供を怒らせてしまったりして難しいです。

毎日顔を合わせるたびに、こちらもイライラしてしまうのはいやですよね。

反抗期の子供は幼かったこれまでとは違います。

向きあい方/接し方のポイント考えてみましょう。

  • 命令しない、過剰に干渉しない、否定しない
  • 自尊心を傷つけるような発言をしない、(他の子供と)比較しない
  • 一人で過ごす時間を増やしてやる
  • 必用以上に話しかけない
  • 叱るボーダーラインを下げる
  • 母親と父親で役割を分ける
  • ここ一番の時に安心させてやる

大事に育ててきたわが子が親を遠ざけるのはこちらとしてもつらいですし、腹が立ちますよね!

ですが思春期はこれまでと違うことを認識して、一歩引いたところで見守ってやりましょう。

また、子供の暴力が行き過ぎることで、悩んでいるご家庭もあるのは事実です。

人には言いづらいですが、思い切って誰かに相談するものありだと思います。

自治体にも専門の職員が必ずいますし、最近はスクールカウンセラーを置いている学校も多いです。

人に話を聞いてもらって問題が解消することはありますので、一人で悩まないでくださいね!!

でも、何かあった時、ここ一番という時には力になってあげてください。

親から離れたい、自立したいともがいていても、心の奥底で頼れるのははやり親しかいないのです。

時間がかかっても、子供の心に向き合う姿勢をわすれないでいましょう。

まとめ

方向指示看板

 

  • 煮詰まったときはストレス解消!
  • 思春期は感情のコントロールができないことを理解する!
  • 反抗期は成長過程。終わりが来ることを気長に待つ!
  • これまでと接し方を変えてみる!
  • 子供の心に向き合う姿勢を忘れない!

生意気な反抗期のわが子も、一生懸命に成長しようとしています。

親も子供も人それぞれ個性があり、子育てに正解はありません。

大変ですがいつか終わりが来ると信じ、一人の人間として親も一緒に成長できたら素敵ですね!

【こちらも読まれています】

中学生の反抗期!勉強しない息子の困ったエピソード6選!反抗期対応のアドバイスつき!
子供が中学生になって、なんでこんなことで怒るの?というくらい理不尽に反抗してくることがありませんか?これが反抗期なのかと悩んでいるお母さん、お父さんもたくさんいると思います。今回は、中学生のお子さんをお持ちの方に息子さんの反抗期エピソードをお聞きしました。

コメント