中学生の反抗期!疲れた母親へのアドバイス!!反抗期の乗り切り方!

制服のおりがみ

自分の中学生時代を思い出すとき、3年間楽しかったのですがいろんな感情を経験したなあと思います。

親の言っていることにイライラしたり怒ったり、かと思えば同級生の言っていることが急に気になりだして悲観的になったり…。

感情の起伏がジェットコースターのようでした。

尖った心や不安定な心とまともにやり合っていては、毎日が疲れ果ててしまいますよね。

ノイローゼになりそうです。

こんな子供に対して、親はどう対処していけばいいのでしょうか。

反抗期の子供との向き合い方を考えてみましょう。

中学生の反抗期に限界!疲れた・・・いつまで続くの!?

悩む女性

子供の言葉づかいや態度の変化。

親なら「何だか今までと違う?」と気づきますよね。

一般的に反抗期を迎えるのは中学生前後の数年間と言われますが個人差はあり、早ければ小学校高学年、遅ければ高校生頃といったところです。

反抗期が長引くかどうかもやはりいろいろで、数か月で終わったという家庭もあれば、もう何年も子供とまともに会話できてないという方もいて、つらい日々を送っておられます。

何年か反抗期が続いたけど自然とだんだん落ち着いてきた、子供が一人暮らしを始めたあたりから反抗的な態度が無くなったなど、私のまわりでは聞くことができます。

子供の個人差もありますが親側の個人差や性格の差もあるわけで、反抗期をとてもつらく感じるご家庭もあるかもしれません。

反抗期が長引く原因としては、次のことが考えられます。

親が子供に腫れ物にさわるような態度をとっている

怒りだすと手が負えないからといって、子供のイライラを助長させないようにと気を使いすぎていませんか?

子供から見れば、親のその態度自体が気に入らないと思っている可能性があります。

また、親が気を使いすぎることによって子供が傲慢になっていることも考えられます。

その結果、反抗的というよりも子供のほうの立場が上になってしまいます。

ただのワガママがまかり通ってしまっているという感じですね。

親が干渉しすぎている

親の理想を押し付けたり、子供の態度をどうにかしようとかまいすぎていませんか?

ホルモンバランスの崩れでしょっちゅうイライラしているし、自立心もメキメキと芽生えてきた子供を、これまでと同じように育てようしてもうまくいきませんよ!

すでに大人になるための一歩を踏み出しているのです。

「〇〇しなさい!」「ちゃんと△△終わったの?」「どうして××してないの?」目につくことすべてを口に出して言っていませんか?

命令、否定、おせっかいはNGです、本人にもいろいろと考えがあるのです。

本人に任せてみて親は少し離れて見守るようにしましょう。

親に不信感をもっている

見守ると言っても甘やかすわけではなく、人としてダメなことはきちんと伝える。

叱るときはきちんと叱る必要がありますが、親の側も方針に一貫性がないとダメです。

少し前に言っていたことと今日言ったことが違うとか、あなたはダメだ!など人格を否定するような発言に対して子供はことごとく反応します。

幼い頃にくらべて視野が広がり「自分の物差し」ができつつあるときに、言われることがころころ変わったり、自分のことを信頼していないような親では不信感がつのり反発したくもなりますね。

反抗期の間は本当にたいへんで反抗的な態度に親もついカッとなってしまいますが、叱るにいたるボーダーラインを今までよりも下げて、見守ってやることが大切です。

この時期はしょうがないとあきらめて、我慢のときです!

中学生の反抗期に疲れた…こんな時に出来る相談先とは!?

SOSと電話

子供の反抗や情緒があまりにもひどく持て余すようなとき、一人で悩んでいるのはとてもつらいですよね。

もし身近に話をできるような人がいれば、思い切って話を聞いてみてもらってはどうでしょうか。

同級生のママ友だとちょっと…という場合は、例えば職場の先輩とか上司のかたなどです。

ちなみに、親世代(おじいちゃん・おばあちゃん)もいろいろな経験をしてこられているはずです。

でも価値観や生活習慣が違いすぎる部分もあるかと思いますので、わりと最近反抗期を終えたお子さんを持つかたなど、いろいろな方の意見を聞いてみることをお勧めしますよ!

そのほかに学校側ですと担任の先生やスクールカウンセラーに相談するという方法もあります。

先生は反抗期の生徒や保護者と接してきた経験がありますし、カウンセラーなら専門的な知識もありそういった側面からのアドバイスがもらえるはずです。

自治体などの相談窓口を利用するという方法もあります。

フリーダイヤルでつながる電話相談もありますし、直接会って相談することもできます。

例えば東京都ですと、子供・青少年に関する相談は福祉保健局に窓口があり保護者の相談も受け付けていますよ!

疲れている時は、誰かに話を聞いてもらいましょう。

悩みを聞いてもらうのもいいですし、経験者のかたの話がひょっとして何かのヒントになるかもしれません。

もし、相談した内容がしっくり来ない、余計にストレスを感じたり気が滅入ってしまうようなら、別の人に相談してみてください。

専門家の中にもいろいろな意見はあるので、あなたの価値観に見合った人の言われることを取り入れたらいいと思いますよ。

また、反抗期を迎えるのと同じ時期に、起立性調節障害と診断される子供もいます。

これは自律神経の異常で朝起きられなかったり、気分が悪かったりそのほか様々な症状の表れる病気です。

家庭内暴力が手に負えなくなるご家庭もまれにあります。

家庭環境に一定の傾向があったり、精神疾患や発達障害の可能性もあります。

お子様の様子があまりに度が過ぎるようでしたら、相談窓口でもいいですしいちど医療機関を受診されてみてもいいでしょう。

いづれにしても、一人で悩まないでくださいね!

中学生の反抗期に疲れた時の対処法とは!?母親の発散方法をご紹介!!

たくさんのショッピングバッグ

毎日顔を合わせるわけですから、悔しい気持ち、情けない気持ち、いろんな感情がこみ上げますよね。

でもストレスをため込んでも、いいこと無いです!

そんなときの発散方法や息抜きの仕方をいくつかあげてみますね。

1.愚痴る!

前項でも言いましたが、友人や同じ年頃の子供をもつ人に話を聞いてもらうと気持ちが案外スッとするものです。

子供のひどい反抗期の話を愚痴っていると、じつはほかの人のほうが凄まじかったりして勇気をもらえることもあるようですよ!

2.カフェやショッピング!好きなことをする!

子育てや家事に追われ、反抗期で子どもに当たり散らされ母親って本当にたいへんですよね。

でも母親として毎日100点目指さなくてもいいんです。

20点の日もありますよ。

DVDを観たり家で何もせず昼寝でもいいです。

親だって疲れたら好きなこをさせてもらいましょう!

反抗期がぱったり終わるわけではないので、明日に備えて充電ですよ!

3.親が子離れする!

子供がいつまでも自分の管理下にあるような気がしていませんか?

子供は親から自立したいし、もう子ども扱いしないでほしいのです。

思うことはあっても黙って見守りましょう。

失敗したなら、それみたことか!と笑い飛ばすくらいでちょうどいいときもあります。

すべて真面目に受け止めようとしなくてもいいのです!ちょっと距離を置いてみましょう。

中学生の反抗期!ない子とある子との違いとは!?

最近はカウンセリングの結果で「反抗期がなかった」と自身の経験を語っている成人が少なくないようです。

すべてがそうとは言い切れませんが、これは過度のしつけや甘やかしが原因の一つとして考えられます。

これは極端な例ですが、大きな事件を起こしてしまった犯人について子どもの頃は大人しかったとか、ものすごく厳しく育てられたとか、親がかなり甘やかして育てたという趣旨の報道が少なくありません。

押し殺してきたものが、大人になってから何かのきっかけで爆発しているのです。

このように「反抗期がなかった」場合、大人になっても精神的な自立がうまくいってないケースもあるのです。

反抗期がないからと喜んでいいかというと、そうではないこともあるので注意が必要です。

一方で子供本人の性格がおおらかだと反抗期があまり目立たない傾向があるようです。

親の注意を気にしなかったり、干渉されても受け流すことができたり…。

そのような性格になった家庭環境や育て方が影響している可能性はありますね。

まとめ

ミニチュアの人形とパネルの家

 

  • 反抗期には個人差あり。早ければ小学校高学年、遅ければ高校生頃。
  • 反抗期が長引く原因を親がつくっていることもある。
  • 反抗期の悩みを一人で抱えず誰かに相談してみる。
  • 反抗期に疲れたときはストレス発散!子どもとの距離感を変えてみる。
  • 反抗期がない子供もいるが、見極めが必要。

子育て、特に反抗期はいろんな感情が出てきて親も参ってしまいますよね。

本当に大変なときは、迷わず誰かに相談しましょう。

親はたいへんですが、反抗期があるだけ順調に成長しているという証しです。

つい親もカッとなってしまいますが、感情で態度を決めずしっかりと子どもに向き合うようにしたいですね!

【こちらも読まれています】

中学生の反抗期に疲れた。上手に反抗期と向き合うコツ!子供の思いを知ろう
中学生になるとほとんどの子供が反抗期を迎えますよね。親の言うことなすことがとにかく気に入らない。親は子育て以外にもやることがいっぱい。それなのに子供に振り回されて、疲れてしまいますよね。でも反抗期の中学生と向き合うには、それなりのやり方があるのです。

コメント