中学生が親のクレジットカードを無断使用したらどうなる?

スポンサーリンク

未成年の子供が親のクレジットカードを使いネットで商品を購入したり、オンラインゲームの決済に使って数十万円の請求が来たなんてこと実際にあるんですよ。

ネット上のカード決済にはカード番号と有効期限を入れるだけで決済が完了するものがあります。特にオンラインゲームは課金が高額になる傾向があり、消費者センターに相談する親もいるそうです。

子供が勝手に使ったカードの支払いは拒否できるのか?

これはケースバイケースになります。

例えば、親がカードの管理を怠ったことが原因で子供がカードを使用した場合は、支払いを免れなかった裁判所の判例もあります。

一方で、カード番号と有効期限だけで決済ができるネット決済に疑問を呈する判決も一部には出ており、名義人がカード会社に支払う必要なしとなったものもあります。

カードの支払いを拒否するためには自らの過失がないことを証明できなければなりません。こういった場合は消費者センターや弁護士に相談する方がいいでしょう。

クレジットカード犯罪の盲点は、カードの持ち主かどうかチェック機能が十分働いていない点なのです。

クレジットカードの不正利用を防ぐには

クレジットカードが財布から抜き取られないように厳重に保管することです。

また、子供にはクレジットカードは現金と同じ価値があること、そして財布から現金を取ったのに等しいことを理解させることが必要です。

これは子供を犯罪者にしないためにも大切なことです。そしてたとえ家族でもカード名義人以外がクレジットカードを使うことがないようにしておくことも忘れないで下さい。

未成年取消

民法では、契約時の年齢が20歳未満で結婚していない、法定代理人が同意していない、法定代理人から処分を許可された財産の範囲内でない、未成年者が自分で成年だと嘘をついて用いていない、などの条件があれば、未成年が行った契約が全て無効になると定められています。

特にキャッチセールスなどで高額商品を売りつけられた時などは有効な法律だと言えます。

クレジットカード不正利用においては未成年取消が認められるもの、そうでないものがあることをよく理解しておきましょう。

どうしてもクレジットカードが必要な時は

中学生でも持つことができるカードにデビットカードがあります。これはあらかじめカードの銀行決済口座に資金を入金しておけば、その範囲内で何度もカード決済ができる便利ものです。これなら使いすぎて多額の請求書が送られてくる心配もありません。

他にはプリペイドカードや電子マネーなども同様の機能を持っています。お小遣い感覚で少し早いクレジットカードデビューにいかがでしょうですか?

クレジットカードは打ち出の小槌

中学生にとってみれば親のクレジットカードは打ち出の小槌のようなもの。自分が何の痛い思いもしなくてどんどん商品が購入できるからです。

しかし、経済観念がまだない中学生には思いもよらぬ落とし穴になるのです。親が監督責任を放棄してカードを使われて、高額請求が来て支払いを拒否することは実際は難しくなります。

客観的な証拠がないにも関わらず、子供が使ったからと一方的に支払いを拒否したりすればカードが停止になり、最悪ブラックリストに登録される可能性もあります。

暗証番号がわかればキャッシングも可能

商品の購入と違いキャッシングは、キャッシュディスペンサーに行き、暗証番号が必要になります。暗唱番号さえわかればキャッシングだってできるのです。

ゴールドカード以上になればキャッシングも高額になりますから、安易に暗証番号を教えたり、類推が可能な番号は例え子供でも教えないようにしましょう。

クレジットとキャッシングなら高額な請求になりかねません。最悪、裁判になれば家族には大きな傷になって残ることだって想像できますよね。

まとめ

1. 親は子供が勝手に決済にクレジットカードを使ったら支払い拒否ができるのか?
2. クレジットカードの不正利用を防ぐ方法は?
3. 未成年取消とは?
4. デビットカードなら子供名義でも作れる
5. クレジットカードは危険な打ち出の小槌
6. クレジットカードはキャッシングもできてしまう

デビットカードとは?使い方とメリットが気になる

デビットカードとは?使い方とメリットが気になる

子供には小さい時からお金の価値を教えることが重要です。親子だからより厳しく、子供にはお金の大切さと、正しく使うことを日頃から教えておくことで金銭感も身につくのです。

クレジットカードは社会において信用がある人が持てるものです。子供にはまだ信用がないこと、人のカード番号を盗み見て、本人になりすましてカードを使うことの恐ろしさを、しっかり教え込むことです。

他人だったらまさに犯罪が成立して前科がつく事態にもなるのです。

我々の社会は信用で成り立っています。その信用を例え子供でも裏切る行為は犯罪なんだと言って聞かせることです。

そもそも支払い能力がない子供がカードを使うことが間違いなんだと親が責任を持って教えてあげて下さい。

【こちらも読まれています】

高校生でお金を借りる方法教えます!!
お金を借りたい時、手軽に借りるのにカードローンやキャッシングがあります。カードローンは満20歳以上の方が対象です。基本的に高校生が融資を受けることはできません。しかし、高校生でも条件によってはお金を借りることができるケースもあるのです。どうしても高校生でお金を借りたいと希望される方にお金を借りる方法を紹介します。

コメント