中学2年夏休みの工作アイデア3選!1日で工作が終わるアイデア集!

スポンサーリンク

夏休みの工作。漠然としたテーマで何を作ればいいのか毎年悩むのはもう定番ですね。私も中学の夏休みはこの工作が重い課題でした。

中学になると工作もレベルアップが求められます。手先が器用な人や工作がもともと好きな人はいいのですが、小学校からうまくできない人は、宿題と聞いただけで憂鬱になります。

今回は簡単にできる中学生向きの工作を紹介しましょう。参考にして下さいね!!

レインスティック

レインスティックとはサボテンを乾燥させて中をくり抜いて、内側にトゲを差し込んで、小石を入れて音を出すものです。

雨のような音がすることから、アフリカの大地では雨乞いをする際に用いていたようです。チリの砂漠地帯で雨乞いの儀式に使われているのをテレビで見た事があります。材料は全て身近なものでまかないます。

<材料>
・ラップの芯
・爪楊枝 100本
・ビニール袋 1枚
・輪ゴムやビニールテープ
・ビーズ、小石、木の実、小豆など
・押しピン、コンパスの針など穴が開けられるもの
<作り方>
1. ラップの芯をに斜めに入っているつなぎ目に沿って、押しピンを使い5mm~8mm間隔で穴を開ける。2. 開けた穴に爪楊枝を差し込む。(反対側に届くほどしっかりと)3. 筒の片方の端にビニール袋で蓋をし、輪ゴムかビニールテープでしっかり閉じる。4. 3の工程で閉じた方を下にして、上から筒の中にビーズや小石を入れる。

5. 入れたら口をビニール袋で蓋をして、輪ゴムかビニールテープでしっかり閉じる。

<ポイント>

筒の長さを変えたり、中に入れるものや量を変えることで音が変化します。音の変化を感じ取りたいなら、爪楊枝の代わりにプラスチック製のピックを使いましょう。いかに本物の雨音に近づけるか、いろいろ工夫してみましょう。

【アメンボー】レインスティックの作り方 How to make a rainstick.

【アメンボー】レインスティックの作り方 How to make a rainstick.

スノードーム

スノードームというと冬に雪が降っているイメージですが、中学生の腕の見せ所は夏らしいイメージのスノードームです。

スノードームは小学生の時に作りましたが、中学生らしくアレンジをして私はもう一度作ってみました。

<材料>
・瓶
・スノーパウダー、ビーズ、ラメなど
・接着剤、グリセリン、のり、水など
<作り方>
1. 空瓶に水とグリセリンまたはのりを入れます。
2. 蓋の部分にオーナメントを接着剤でしっかりと貼り付けます。完全に乾くまで待ちます。
3. 瓶の中にスノーパウダーを入れて蓋を閉めれば完成です。

<ポイント>

雪が舞うように落ちていくためにはグリセリン5%と精製水が最適です。のりは液体のりよりも、洗濯のりの方がクリアに見えます。

グリセリンと水の割合は実験の過程として表にまとめるなどすれば、単に工作しただけでなく実験も兼ねていることになるので評価は高くなります。中学生ならではの発想です。

ハーバリウム+* 100均+* 手作り*作り方*DIY*スノードーム*How to make herbarium+*

ハーバリウム+* 100均+* 手作り*作り方*DIY*スノードーム*How to make herbarium+*

本立て

中学校になると男子は技術の授業で本立てを作る事がありますが、女子にも簡単に作れます。本立ては中学生にはちょうど良い工作になります。女子も工作で本立てを作ってみませんか?

私の子供も授業で習ったものよりバージョンアップした本立てを夏休みに作り学校で高評価されたそうです。

<材料>
・木 (ファルカタ集成材なら女子でも切りやすい素材です)
・釘
・ニス
<道具>
・鉛筆
・定規
・ノコギリ
・紙やすり
・金づち
<作り方>
1. 板を4枚用意します。鉛筆で下書きをします。
土台の板のどちらを表面にするか決めて、表面の端から2cmのところに定規を使い線を引きます。
裏面は、端から2.6cmのところに線を引きます。
これは背もたれの位置と、下穴を開けるための線になります。
背もたれと土台に好きな絵を描きます2. 下穴を開ける。
土台の表面の線に合わせて両面テープを貼り、背もたれを立てます。
横に寝かせて、裏からドリルで深さ約35mmの穴を3カ所開けます。3. 仮組みをする。
開けた穴にネジを止めて仮組みをする。4. 木をカットする。
土台と背もたれにかいた線に沿って、糸ノコでカットします。
材木はクランプでしっかりおさえるといいですよ。

5. 糸ノコでカットしたら、紙やすりで切り口を滑らかに仕上げます。

6. ニスを二度塗りします。一度塗って乾いたらまた塗ります。新聞紙などの上で塗ったまま放置してくとくっつくので注意します。

7. ニスが乾いたら、組み立てて行きます。
背もたれの下にボンドを塗り、土台にくっつけてから、ドリルを使ってネジで固定します。

8. ブックスタンドを背もたれ側に傾けて、本が寄りかかるように、土台の裏面の端に、足用の木材をボンドで貼り付けます。

9. 背もたれと土台に、好きな色を塗ったり、絵を描いたりします。

<ポイント>

糸ノコは曲線も切れるので色々な形のものを作れるようになって便利ですよ。

種子島の学校活動:西野小学校木工製作体験本立て作りに挑戦!

種子島の学校活動:西野小学校木工製作体験本立て作りに挑戦!

まとめ

いかがでしたか?中学2年生で作る工作の一例を紹介しました。

1. 雨音をレインスティックで再現しよう
2. 中学生が作るスノードームは自由研究にもなる
3. 女子も本立てを作ろう

器用でなくても簡単に作れるのが中学校の夏休みの工作です。簡単ですが自分のセンスがポイントになるのが中学生。いろいろなアイデアがありますが、自分が楽しむ事が何より大切です。

【こちらも読まれています】

中学生3年の夏休み工作おすす3選!1日で終わる工作アイデアとは?
夏休みの宿題が嫌だと思っている中学生は少なくないでしょう。でも宿題を楽しむ事が出来れば素晴らしいですよね。大人になって振り返ると中学生の夏休みは小学生とは違い、勉強することの意味がわかり始めたんです。どうやって工作を楽しめるか。それは自分が作りたい工作を見つけることです。中学3年生の夏休みは岐路に立っているのです。中学生生活最後の夏休みの思い出になる一品を作ってみませんか?

コメント