中学1年生初めての中間テスト対策とおすすめ勉強方法5選!やる気を持続させるには?

勉強する女子中学生

中学生になったら、勉強が難しくなるとよくいわれます。

特に初めてお子さんを中学生にむかえるご家庭では、すごく不安かと思います。

そこで、今回初めての中間テスト対策とおすすめ勉強方法を5つご紹介したいと思います。

この5つを活用していただければ、初めての中間テストがよい経験になると思います。

また、テスト後の対応がすごく大事になります。

その点も、しっかり記載させていただきました。

ぜひ、ご覧ください。

必ず役に立つと思いますよ。

中学1年生初めての中間テスト対策とおすすめ勉強方法5選!その1

母と娘

勉強計画を立て、その日にした勉強がしっかり把握しているか確認をお子さんと保護者さんが、一緒におこなうことです。

①勉強計画を立てる

勉強計画をしっかり立てないと、テスト勉強する内容もあいまいになります。

テスト勉強を一生懸命勉強しても、勉強計画が疎かだったことが原因でテスト範囲の勉強内容を十分に捉えることができず、テストに臨んでしまうことがよくあります。

しっかり勉強計画を立てましょう。

②その日に勉強した内容の確認

ただ、勉強計画にそって勉強すればよいだけではダメです。

勉強した内容が身についたのか確認することが大事です。

楽をしようとして、何日分まとめて確認すればよいという考えが出てしましますが、それもダメです。

仮に何日分まとめて確認したら、2、3日前に勉強した内容がしっかり把握できていなかったことが生じ、その影響から、それ以降の内容もしっかり対応できなかったことはよくあります。

その結果、2、3日の勉強が無駄になり、大幅に勉強計画も変えてはなりません。

テスト日は変更できませんし、1日にテスト勉強する時間も限られています。

勉強は日々の積み重ねが大事です。

その日に得た内容は、その日のうちに身になったかの確認は、必ずその日にしましょう。

③勉強計画と勉強した内容の確認をお子さんと保護者さんで一緒におこなう

お子さんは初めて中学の中間テストをおこないます。

そのため、自分で勉強計画を立てて、勉強した内容の確認はできません。

また、まかせても自分本位で対応してしまう可能性があります。

初めてテストをおこなう状況のため、その対応はよいテスト結果が生まないと想定されます。

だからこそ、お子さんと保護者さんが、一緒におこなうことが大事なのです。

お子さんと保護者さんが一緒に勉強計画と勉強した内容を確認する目的

  • お子さんに計画や確認のやり方を覚えさせる。
  • ひとりで勉強をすることは孤独感を感じやすいので、勉強はつまらないと思ってしまいます。そこで、はじめてテストを受ける段階で、その感情だけにとらわれないようにするため、一緒におこなうことで安心感と楽しみを感じてもらいます。
  • 勉強のことは、学校の先生或いは、塾の先生にまかせれば大丈夫と思っているかもしれませんが、家庭の勉強まで関与してくれません。そして、テストは家庭学習が重要になります。学校や塾での勉強だけでは補いきれません。また、保護者さんは学校や塾での状況を直視することはできません。その意味でも、お子さんの勉強に関与することはすごく大事だと思います。

私の子どもが中学1年生のときは、勉強計画や勉強した内容の確認を一緒にするようにしていました。

その結果、テストの点にも反映し、また子どもが勉強することに自信をもち、中学2年生からはテストが近づいてくると、自発的に自分でするようになりました。

本当にありがたいです。

中学1年生初めての中間テスト対策とおすすめ勉強方法5選!その2

理科や社会は、箇条書きにして覚える勉強がおすすめです。

理科や社会は覚える内容が多い科目です。

テスト範囲の内容をすべて覚えるのは難しいです。

そこで、箇条書きにしてポイントだけ覚えることをおすすめします。

箇条書きにしてポイントを覚えたら、更にポイントに関わる部分を覚えていくようにしていき、覚える領域を徐々に広げる勉強をしていきます。

このように勉強していくと、テスト範囲の全体内容を概ねつかんで覚えられます。

自分が学生のとき、社会や理科で覚えることが多く悩んでいました。

昼休みの時間、学校の先生に直で質問し、そこで覚え方のヒントをいただき、そこで、この覚え方の方法にたどりつきました。

それ以来、理科や社会で覚えることに悩むことが少なくなりました。

子どもにも、このやり方をすすめ、気に入ってもらっていますよ。

中学1年生初めての中間テスト対策とおすすめ勉強方法5選!その3

数学(算数)は問題を解く前に、公式と公式のやり方をひととおり理解してから、基礎から発展と応用をやっていく順序で勉強する勉強方法をおすすめします。

中学1年生初めての中間テストの数学は小学生全学年の算数が出ると思います。

そのため、あらゆる分野の公式が出ると思います。

そこで、公式から入るこの勉強方法がおすすめかと思います。

また、文章問題は一度に理解しようとせず、ひと文、ひと文で理解する癖をつける勉強方法がおすすめです。

文章問題が苦手なお子さんほど、文章全体で理解しよう対応します。

そのやり方だと、文章が理解するのは難しいかと思います。

私は学生のとき、活字が多いと、時間がかかるので早く問題を処理したいという気持ちが出てしまい、文章問題を一度に処理してしまうことをしていました。

実は、一度で処理することは難しく、何度も読み返すことをしてしまい、問題を解くのに時間がかかることが分かりました。

それ以来、文章問題を一度に処理することはなくなり、以前よりはテストで時間が足らないということはなくなりました。

中学1年生初めての中間テスト対策とおすすめ勉強方法5選!その4

寝ている女子学生

長時間の勉強は控えることをおすすめします。

たくさんの勉強すれば、テストの結果に結びつくと、保護者さんは勉強計画を立てて、お子さんに勉強させるかもしれません。

勉強時間=テストの得点とは、必ずしも結びつく訳ではありません。

勉強する集中力には、限度があります。

長時間の勉強をするほど、勉強が怠慢になっていきます。

大事なのは、勉強時間ではなく、勉強のなかみでありいかに効率のよい勉強をするかです。

その点を着目していきましょう。

学生時代、テスト勉強を長時間勉強して、テストにのぞんだことがありました。

たくさん勉強したので、すごく自信があったのですが、結果は満足いくものではありませんでした。

テストの結果を分析すると、間違えたところは勉強したはずなのに、解けていなかった問題ばかりでした。

このとき、あらためて長時間勉強すると、勉強に身に入らないことがわかりました。

長時間勉強せず、定期的に効率のよい勉強がおすすめです。

中学1年生初めての中間テスト対策とおすすめ勉強方法5選!その5

母と娘

問題を解けたとき、1日の勉強を終えたときなど、その都度、達成したら褒めてあげることをおすすめします。

お子さんは、中学での初めてのテストのため、モチベーションを維持して勉強する習慣ができていません。

そこで、達成するごとに褒めてあげ、勉強するモチベーションをつくってあげることが大事になります。

私の友人が小学生のとき、テストの成績が悪かったのに、中学生になったらテストの成績がよくなりました。

不思議に思って、本人に尋ねたら、勉強していると、親が褒めるのでうれしくなり、勉強に夢中になったといっていました。

私も、褒められることは好きなので、親にテストの点数をあげるため、このやり方をお願いしたりもしました。

よかったですよ。 

はじめての中間テスト後の対応

勉強ノート

テストを終えると、テストから解放された気持ちが強くなり、テストの結果を顧みないようになります。

しかし、大事なのはテストを終えた後の対応です。

テストを終えた後が大事なこと

  • 間違えて問題を解いたり、覚えたことを修正できる。
  • テストの現状把握ができ、その結果から見直しができる。(勉強計画、勉強のやり方、テスト時間の過ごし方など)
  • 家族で勉強やテストについて話をして、振り返ることができる。

中学生の初めてのテスト結果から、お子さんが勉強する対応や考え方がかわります。

テストの結果が良かった場合

  • テストは簡単だと解釈し、テスト勉強をしなくなる。対応としては、今後の中学1年生が学ぶ勉強を教科書等で見せてあげて今後の勉強は難しくなることを印象づけてあげる。
  • テストに対して自信をもち、今後のテストも勉強する姿勢を見せる。

テスト結果が悪かった場合

  • テストは難しい思って、勉強をやらなくなる。対応としては、保護者さんと一緒にテスト結果を振り返り、何故、今回テストができなかったのかを教え、一緒に復習し、できなかった問題を克服して達成感を感じさせる。そして、勉強に対して自信をもたせる。
  • テストは難しいと思い、危機感を感じて勉強するようになる。

まとめ

100点のテスト

 

  1. 勉強計画を立て、勉強した確認を保護者さんとお子さんが一緒にする。
  2. 理科と社会は、まずは箇条書きにして覚える。
  3. 数学(算数)は、まずは公式と公式のやり方をひととおり理解する。
  4. 長時間の勉強は控える。勉強時間でなく、勉強のなかみが大事である。
  5. 勉強で達成したら、その都度、褒めてあげる。
  6. 大事なのは、テストを終えた後の対応。

今回、初めての中間テスト対策とおすすめ勉強方法5つとテスト後の対応を展開させていただきました。

どれも大事な内容だったと思います。

ぜひ、取り入れて役立てほしいと思います。

また、中学生のテスト前後で勉強する環境に慣れるまでは、保護者さんのフォローはすごく大事だと思います。

保護者の皆さん、大変だと思いますが頑張っていきましょう。

コメント