クリスマスプレゼントがっかりエピソード30選!がっかりプレゼントはどうした?

クリスマスプレゼント

クリスマスは恋人同士が盛り上がるイベントですよね!

そんなクリスマスのときに、彼氏からもらったプレゼントが、がっかりするものだったら・・・。

あなたはどうしますか?

今回は、恋人や、配偶者にもらった、クリスマスプレゼントにがっかりしたエピソード30選をご紹介します!

また、プレゼント選びのアドバイスもご紹介していますので、今年のクリスマスは恋人や配偶者が大喜びするようなプレゼントを贈ってください!

  1. クリスマスプレゼントのがっかりエピソード1「手紙と小さい瓶のようなもの・・・もらわなければよかったなぁ」
    1. がっかりしたクリスマスプレゼントはどうしましたか?「部屋を片した時に出てきたので、捨てさせていただきました」
    2. プレゼント選びで気をつけるポイントのアドバイス!「基本的には新しいものを用意するべき」
  2. クリスマスプレゼントのがっかりエピソード2「ピンクのマフラー・・・今でも忘れられないほどもらってガッカリ」
    1. がっかりしたクリスマスプレゼントはどうしましたか?「処分しました」
    2. プレゼント選びで気をつけるポイントのアドバイス!「欲しいものがなにか単刀直入に聞くのが1番いい」
  3. クリスマスプレゼントのがっかりエピソード3「手袋にマフラー、帽子、色は赤、赤、赤!・・・ちなみに赤色はあんまり好きではない」
    1. がっかりしたクリスマスプレゼントはどうしましたか?「結果的に何一つ私の生活には採用されなかった」
    2. プレゼント選びで気をつけるポイントのアドバイス!「素直に最初からほしいモノを聞く」
  4. クリスマスプレゼントのがっかりエピソード4「期待していたゲームのカセットではなくオセロ・・・母親に猛抗議しました」
    1. がっかりしたクリスマスプレゼントはどうしましたか?「今は手元にはありませんが30を越えても思い出せる母親との素敵な思い出」
    2. プレゼント選びで気をつけるポイントのアドバイス!「素直に欲しい物を聞いてプレゼント」
  5. クリスマスプレゼントのがっかりエピソード5「自分(旦那)の好みの物を懲りずに用意してくれます・・・いつも残念に思います」
    1. がっかりしたクリスマスプレゼントはどうしましたか?「日用使いできる小物は持つ」
    2. プレゼント選びで気をつけるポイントのアドバイス!「相手の事を知るために、話を聞いてみてください」
  6. クリスマスプレゼントのがっかりエピソード6「ブランド物の手袋とマフラー・・・中古品であることが納得いかなかった」
    1. がっかりしたクリスマスプレゼントはどうしましたか?「別れた後に処分しました」
    2. プレゼント選びで気をつけるポイントのアドバイス!「新品であることは絶対条件」
  7. クリスマスプレゼントのがっかりエピソード7「大好きなKis-My-Ft2のDVD・・・私は同じものの初回限定盤を持っていた」
    1. がっかりしたクリスマスプレゼントはどうしましたか?「フリマアプリのメルカリで売ってしまいました」
    2. プレゼント選びで気をつけるポイントのアドバイス!「子供に手紙を書かせる」
  8. クリスマスプレゼントのがっかりエピソード8「お菓子入りのサンタさんブーツ・・・かなり落ち込みました」
    1. がっかりしたクリスマスプレゼントはどうしましたか?「中のお菓子は全て食べ、壊れるまで遊びました」
    2. プレゼント選びで気をつけるポイントのアドバイス!「注文を聞いたらお店に予約を入れ、確実に買えるようにキープ」
  9. クリスマスプレゼントのがっかりエピソード9「私が好きなブランドのスニーカー・・・去年のクリスマス・誕生日にも全く同じ物をもらった」
    1. がっかりしたクリスマスプレゼントはどうしましたか?「彼女にスニーカー代を払い別れることになりました」
    2. プレゼント選びで気をつけるポイントのアドバイス!「お互いの好みをしっかりと抑えるべき」
  10. クリスマスプレゼントのがっかりエピソード10「算数の計算ドリル・・・頼んだものがちゃんと届くことの方が少ない」
    1. がっかりしたクリスマスプレゼントはどうしましたか?「包みを開いたきり触っていません」
    2. プレゼント選びで気をつけるポイントのアドバイス!「相手の趣味をよく理解してからプレゼントを探す」
  11. クリスマスプレゼントのがっかりエピソード11「お金・・・もっとサプライズ的なものが欲しかった」
    1. がっかりしたクリスマスプレゼントはどうしましたか?「貯金をしました」
    2. プレゼント選びで気をつけるポイントのアドバイス!「買う前に何が欲しいかしっかりと聞いておくこと」
  12. クリスマスプレゼントのがっかりエピソード12「マフラー・・・マフラーはすでに持っていた、どこでも買えるような安物だった」
    1. がっかりしたクリスマスプレゼントはどうしましたか?「捨ててしまいました」
    2. プレゼント選びで気をつけるポイントのアドバイス!「本人に何がほしいかなどリサーチが必要」
  13. クリスマスプレゼントのがっかりエピソード13「下着(普段使い用の全くかわいくないシャツ)のセットと、授業などで使う用の味気ないノート・・・手抜き感が半端なかった」
    1. がっかりしたクリスマスプレゼントはどうしましたか?「使った後、処分した」
    2. プレゼント選びで気をつけるポイントのアドバイス!「何が喜ばれるかきちんとリサーチしておくことが重要」
  14. クリスマスプレゼントのがっかりエピソード14「グローブ・・・自分の手より一回り大きく、ミ○キーの手みたい」
    1. がっかりしたクリスマスプレゼントはどうしましたか?「今も実家の倉庫に眠っております」
    2. プレゼント選びで気をつけるポイントのアドバイス!「ちゃんとサイズを確認しておくこと」
  15. クリスマスプレゼントのがっかりエピソード15「当時ハマっていたバンドの廃盤になったCD・・・すでに持っているやつだった」
    1. がっかりしたクリスマスプレゼントはどうしましたか?「自分で入手していたものの横に並べて置いてあります」
    2. プレゼント選びで気をつけるポイントのアドバイス!「普段日常の会話から、何が欲しい・ハマっているもの・好きなものなどのキーワードを拾ってリサーチしていく事」
  16. クリスマスプレゼントのがっかりエピソード16「ゴールドのネックレス・・・長く一緒にいて好みを把握してくれていない」
    1. がっかりしたクリスマスプレゼントはどうしましたか?「捨てました」
    2. プレゼント選びで気をつけるポイントのアドバイス!「どのようなものを贈る相手が身につけているか、日頃からチェック」
  17. クリスマスプレゼントのがっかりエピソード17「母親の作ったであろう、真っ白い和布団・・・想像とかなり違いびっくり」
    1. がっかりしたクリスマスプレゼントはどうしましたか?「母が処分したと思います」
    2. プレゼント選びで気をつけるポイントのアドバイス!「具体的にどれがほしいか聞いてあげる」
  18. クリスマスプレゼントのがっかりエピソード18「アマゾンライダーの電池で動く三輪バイク・・・欲しかったものとは違い寂しい気持ち」
    1. がっかりしたクリスマスプレゼントはどうしましたか?「かなり一人遊びをしていた、最後は電池の液漏れで壊れた」
    2. プレゼント選びで気をつけるポイントのアドバイス!「クリスマスの間までにさりげなく話を聞いて用意」
  19. クリスマスプレゼントのがっかりエピソード19「漫画本・・・2重の意味でがっかり」
    1. がっかりしたクリスマスプレゼントはどうしましたか?「今も実家の本棚に大切に保管」
    2. プレゼント選びで気をつけるポイントのアドバイス!「プレゼント本体には厳重な包装を施すべき」
  20. クリスマスプレゼントのがっかりエピソード20「香水・・・私が購入した香水と匂いもサイズも全く同じ」
    1. がっかりしたクリスマスプレゼントはどうしましたか?「高校卒業まで私の部屋に飾っていました」
    2. プレゼント選びで気をつけるポイントのアドバイス!「徹底的に相手の欲しがっているものをリサーチ」
  21. クリスマスプレゼントのがっかりエピソード21「大きな花束とびっくりする程大きなスヌーピーのぬいぐるみ・・・恥ずかしいやら気持ちが悪いやら」
    1. がっかりしたクリスマスプレゼントはどうしましたか?「そのまま姪っ子へ」
    2. プレゼント選びで気をつけるポイントのアドバイス!「事前に欲しい物をきちんと聞く」
  22. クリスマスプレゼントのがっかりエピソード22「お揃いのスニーカー・・・「もらっても履かないよ!」と言っていたのですが彼は無視」
    1. がっかりしたクリスマスプレゼントはどうしましたか?「履いたのは1回きり。彼とお別れをした際に売って新しいパンプスを買いました」
    2. プレゼント選びで気をつけるポイントのアドバイス!「相手がいらないと言ったものはあげないこと!」
  23. クリスマスプレゼントのがっかりエピソード23「スタバのカード1,000円分・・・きっちり1,000円分って、結構、奮発してたのよ(ToT)!!」
    1. がっかりしたクリスマスプレゼントはどうしましたか?「弟が『どうせ使わないなら勿体無いから使ってあげるわ』と言い持って行きました」
    2. プレゼント選びで気をつけるポイントのアドバイス!「気持ちの一部に相手が本当に喜んでくれる物(安くてもいい)が入っていると良い」
  24. クリスマスプレゼントのがっかりエピソード24「キラキラした掛け時計・・・趣味が違うので困りました」
    1. がっかりしたクリスマスプレゼントはどうしましたか?「物置の奥に大事に仕舞われています」
    2. プレゼント選びで気をつけるポイントのアドバイス!「相手が困らないものを選ぼうと心がけて、贈る」
  25. クリスマスプレゼントのがっかりエピソード25「ガラス製の置き時計・・・自分が言っていたことをちっとも聞いていなかったのだなとショック」
    1. がっかりしたクリスマスプレゼントはどうしましたか?「箱のまま本棚に置いておきました」
    2. プレゼント選びで気をつけるポイントのアドバイス!「自分の好みで選ばない事が一番気をつけなきゃならない事」
  26. クリスマスプレゼントのがっかりエピソード26「118本のバラの花束・・・普通のモノのプレゼントだけで良かった、センスにがっかり」
    1. がっかりしたクリスマスプレゼントはどうしましたか?「申し訳ないと思いながら捨てました」
    2. プレゼント選びで気をつけるポイントのアドバイス!「貰ったときにプラスで必要なものを買う」
  27. クリスマスプレゼントのがっかりエピソード27「少女漫画雑誌のりぼんの最新号・・・直前まで当然サンタさんだと思っていました」
    1. がっかりしたクリスマスプレゼントはどうしましたか?「古紙回収の日に新聞紙と一緒にまとめて捨てられました」
    2. プレゼント選びで気をつけるポイントのアドバイス!「期待を裏切らせてはいけません」
  28. クリスマスプレゼントのがっかりエピソード28「アイシャドウやマスカラなど小物化粧品・・・使うはずもない色を渡されたのでがっかり」
    1. がっかりしたクリスマスプレゼントはどうしましたか?「一度も使用することがなかった」
    2. プレゼント選びで気をつけるポイントのアドバイス!「普段の会話に少しリサーチを質問を加えて、欲しいもの上手く聞き出す」
  29. クリスマスプレゼントのがっかりエピソード29「服・・・心の中では『こんなの着ないし~』という感想」
    1. がっかりしたクリスマスプレゼントはどうしましたか?「捨てずにタンスにしまってあります」
    2. プレゼント選びで気をつけるポイントのアドバイス!「プレゼントを渡す相手の趣味・思考をしっかり把握すること」
  30. クリスマスプレゼントのがっかりエピソード30「時計・・・私が期待していたデザインと違いました」
    1. がっかりしたクリスマスプレゼントはどうしましたか?「自宅で保管」
    2. プレゼント選びで気をつけるポイントのアドバイス!「下調べは念入りにした方がいい」
  31. 最後に

クリスマスプレゼントのがっかりエピソード1「手紙と小さい瓶のようなもの・・・もらわなければよかったなぁ」

はじめまして。
都内の百貨店のアパレルで販売員をしております。
都内在住、父と母と3人で暮らしております。
・・・という方の、エピソードをご紹介します!

何年か前に、いい感じになった15歳年下の子がいました。

ご飯を食べて その帰り道、渡したいものがあるの言われて、まだ出会ってそんなでも無く期待してなかったのですが、ちょっと嬉しくなりました。

ドキドキしながら待っていると、手紙と小さい瓶のようなものを渡してきました。

なんだろ?と思っていると、手紙にはありきたりの言葉とこれからもよろしく的なことが、鉛筆で記入されていました。

瓶の方は、前に会った時に付けていた香水のフレーバーを褒めていた為、それをアトマイザーに詰め替えて持ってきてくれたようでした。

アトマイザーなんて何回使って終わりだろっ、と思ったのと、使いかけなんだーと思ったのと、手紙もありきたりの文書だったのでもらわなければよかったなぁと思いました。

がっかりしたクリスマスプレゼントはどうしましたか?「部屋を片した時に出てきたので、捨てさせていただきました」

クリスマスプレゼント アトマイザー

ニコニコ渡されたので、とりあえず何も言うことが出来ず、ありきたりの ありがとう。

とても良い匂いだねー、嬉しいよ。

としか言えませんでした。

相手は、とくになんとも思ってないような雰囲気でしたので、年下だから良いのかと思ってるのかも知れないですが、もう無いなぁと思いながらすぐバックに入れました。

それから特に会うこともなくどこに行ったかも忘れてしまいましたが、何ヶ月か前に引っ越ししたのですが、その時に部屋を片した時に出てきたので、捨てさせていただきました

プレゼント選びで気をつけるポイントのアドバイス!「基本的には新しいものを用意するべき」

出会った期間、お互いの関係性などさまざまなシチュエーションがあると思いますが、基本的には新しいものを用意するべきだと思います。

値段は関係なくとも、リボンくらいはかけてある包装をしてあるべきです。

プレゼント感をださないとダメですね、特にクリスマスは。

手紙をつけるにしても、ほんの一言二言のメッセージ程度で構わないですし、丁寧な字で可愛いカードで渡された方が嬉しいです。

使いかけとかは、本当にNGだと思います。

クリスマスプレゼントのがっかりエピソード2「ピンクのマフラー・・・今でも忘れられないほどもらってガッカリ」

韓国在住の23歳主婦です。
妊娠発覚して昨年韓国人の方と結婚しました。
今は7ヶ月になる息子と3人で暮らしています。

・・・という方の、エピソードをご紹介します!

元カレの話です。

付き合っていた時にもらったマフラーが今でも忘れられないほどもらってガッカリしたプレゼントです。

ピンクのマフラーでした。

彼的には一生懸命探して買ったみたいなのですが、私は彼と会うときでも会わない時でもピンクは身につけませんし 何かを彼と一緒に見たときでもピンクは身につけません。

しかし彼は私にピンクのマフラーをプレゼントしてくれたのです。

付き合って2年ほど経っていたのにも関わらず私のこのみではないものをもらったので私の事をよく知らないのかな?とも思いました。

プレゼントしてくれた気持ちはとても嬉しくてその場でがありがとうと言いましたが今でも忘れられないです。

この元カレから他にもらったものは気に入って付き合っていた当時は使っていました。

がっかりしたクリスマスプレゼントはどうしましたか?「処分しました」

処分しました

元カレという事もあり引越しする時にすべて処分しました。

もらったプレゼントに対していらないと言った事は今までに一度もないです。

嬉しくなくても買ってくれたのにいらないだったりガッカリしたとは言えないです。

私があげる側であってもあげたプレゼントに対していらないと言われたら悲しいので私から最初には言えないです。

もしくれた相手が気に入らない?と最初に行ってきたら少し….というオーラは出すと思います。

プレゼント選びで気をつけるポイントのアドバイス!「欲しいものがなにか単刀直入に聞くのが1番いい」

欲しいものがなにか単刀直入に聞くのが1番いいと思いますし、相手もそれが1番いいと思います。

予算外だったら他になにか聞いて値段に合うものを買えばいいと思います。

欲しいものがない場合は一緒に買い物に行って「これかわいい」「これいいね」などといった反応があったものを買いに行けばいいと思います。

あとはブランドものをあげれば間違いなく喜ぶと思います。

プレゼントは値段じゃないですけどやっぱりもらって嬉しいものは高いものではないでしょうか

クリスマスプレゼントのがっかりエピソード3「手袋にマフラー、帽子、色は赤、赤、赤!・・・ちなみに赤色はあんまり好きではない」

24歳のパート、鹿児島県在住で3人家族です。
現在は、父母親類とは離れて、彼氏と同居中です。
三度の飯よりお菓子が好きです。

・・・という方の、エピソードをご紹介します!

二つ年上のバイトの先輩、初めての彼氏とのエピソードです。

二人で過ごす初めてのクリスマスの三日前くらいに、普段から小マメでない彼から突然電話がかかってきて、何事かと慌てて出てみれば「何色が好き?」と一言。

それだけでも拍子抜けなのですが、問題はその後。

何の気なしに「水色」と答えたのは覚えていたのですが。

電話のことなど掘り返されるまですっかり忘れていました。

そんな折、クリスマス当日待ち合わせた彼から「はいこれ!絶対気に入るよ!」と。

ウキウキする彼を尻目に渡された紙袋を開けてみれば。

手袋にマフラー、帽子それだけなら定番も定番ですが、色は赤、赤、赤!

流石に嬉しそうにする彼の手前、ナニコレと言い出すわけにもいかず。

後日「赤なんだね」と、やっとの思いで切り出せば、「色を聞いたときにはもう買ってた」本当にガッカリでした。

何だったんだあの時間は、って感じでした。

ちなみに赤色はあんまり好きではないです。

がっかりしたクリスマスプレゼントはどうしましたか?「結果的に何一つ私の生活には採用されなかった」

赤い帽子と手袋

貰った手袋は、手に入らず

マフラーは赤すぎて目立ったので恥ずかしくて使えませんでした。

帽子はそもそも被らないので、結果的に何一つ私の生活には採用されなかったわけです。

彼とお付き合いしているときは頑張ってマフラーは巻いていましたが、別れた瞬間速攻思い出と一緒に処分しました。

割と自分のチョイスに自信がある彼だったので、がっかりした、いらないなどと伝えればケンカになることは明白。

とにかく暖かくて嬉しいとニコニコしていました。

最期まで伝えられなかったです。

プレゼント選びで気をつけるポイントのアドバイス!「素直に最初からほしいモノを聞く」

10月、11月ぐらいの少し肌寒くなってきたくらいに、少しずつお相手の方にはクリスマスプレゼントのカマをかけておいた方が良いかと思います。

絶対にハズしたくないなら、素直に最初からほしいモノを聞くぐらいがいっそすがすがしい。

聞く勇気も間柄もないのであれば、何かを奢るだとか、食べ物飲み物をプレゼントするだとか、消耗品で消化するのが無難に思います。

スマートさよりも、堅実さをもってことを貴ぶ方が好感度上がると思いますよ。

後は大きいものより小さいものの方が、重宝されるような気がします。

クリスマスプレゼントのがっかりエピソード4「期待していたゲームのカセットではなくオセロ・・・母親に猛抗議しました」

今年33歳、自動車製造業で正社員をしており昼夜勤の二交替勤務をしています。
家族構成は嫁と二人暮らしで、北九州で生活しています。
現在嫁のお腹に第一子を妊娠中。

・・・という方の、エピソードをご紹介します!

これは私が小学生の頃の話ですが、当時ゲームボーイが流行っており、その中でも私はどうしてもポケットモンスターのカセットが欲しく、クリスマスの前々から母親にしつこく催促していました。

あれだけ催促していれば、買ってもらえると高をくくっていた私はクリスマス当日。

いつ枕元に置かれるのかをワクワクしながら待ち望んでいましたが、小学生だった私は睡魔に耐えきれず、そのまま熟睡してしまい目を冷ましたら枕元にはゲームのカセットとは思えない程に巨大な箱が置いてありました。

なんだか分からないがすごいものをもらったと思い、子供心にドキドキしながらその箱を開けると私の期待していたゲームのカセットではなくオセロが入っていました。

当然中身に酷くがっかりした私は母親に猛抗議しました。

まさか、ゲームが欲しいと言ったらオセロを貰うなんて思ってもいなかったので…。

がっかりしたクリスマスプレゼントはどうしましたか?「今は手元にはありませんが30を越えても思い出せる母親との素敵な思い出」

貰った当日にどうしてもゲームが欲しいと母親に猛抗議しました、こんなのいらないと子供ながらに酷い言葉を沢山言ったのを覚えています。

ですが、せっかくもらったので後日家族でオセロをしました。

当時の私には難しく、母親には全く勝てませんでしたが、実際にやってみると思ったより楽しかったのを覚えています。

もらった当時が小学生だったので、今は手元にはありませんが30を越えても思い出せる母親との素敵な思い出になりました。

プレゼント選びで気をつけるポイントのアドバイス!「素直に欲しい物を聞いてプレゼント」

私みたいなパターンもあるので、欲しい物をただただ渡すのではなく家族みんなで楽しめる物を贈ったり、みんなでできる事などしたりするのもいいのかもしれません。

実際私が貰った時は子供ながらに酷くがっかりしましたが、これはこれで私の思い出として今も残り続けているので素敵なプレゼントと言えるのかもしれませんね。

ですが、やっぱり自分の子供には素直に欲しい物を聞いてプレゼントしたいと思います。

もちろん無理のない範囲で。

クリスマスプレゼントのがっかりエピソード5「自分(旦那)の好みの物を懲りずに用意してくれます・・・いつも残念に思います」

35歳、会社員(総合職の正社員)、兵庫県在住、住まいは分譲マンション、夫と息子2人(2人とも保育園児)

・・・という方の、エピソードをご紹介します!

物欲が余り無い私は、旦那さんには「クリスマスプレゼントは思い出が良い」と伝えて、家族でご飯を食べに行く段取りをお願いします。

しかし、旦那さんは事前に何か手配するのが、とても苦手で一向に準備せず、いつも私の手配になります。

それだと悪いと思うのか、プレゼントをギリギリになって用意してくれるのですが、しまむらのハリスツイードコラボ手袋だったり、イヤホンが苦手な私に様々なイヤホン(Bluetoothやデザイン系)だったり、自分の好みの物を懲りずに用意してくれます

旦那さんは、自分の好みの物を持たせたり使わせたりしたいのですが、私の好みには合わず使わない物が増えるので、いつも残念に思います。

お願いしたプレゼントを用意してくれたら嬉しいのにな…と思います。

がっかりしたクリスマスプレゼントはどうしましたか?「日用使いできる小物は持つ」

クリスマスプレゼント イヤホン

手袋など日用使いできる小物は持つようにしています。

イヤホンは本当に使わないので、数回試してみてから合わなかった旨を伝えると、自分で使っています。

家族で過ごす思い出を作る機会は、私がコッソリ仮予約等で用意しますが、ギリギリまで旦那さんには伝えず、旦那さんの動向を探ります。

ほぼ私が手配したお店や旅行になるので、全部終わったあとに感想を聞いて、この経験を来年に活かして欲しいと伝えます

思い出作りに付き合ってくれて嬉しいけど、本当はしてほしいとも伝えます。

プレゼント選びで気をつけるポイントのアドバイス!「相手の事を知るために、話を聞いてみてください」

プレゼント選びに一番必要なのは、相手を思いやる気持ちだと思います。

まずは、相手の事を知るために、話を聞いてみてください

日常の会話のなかで、好きな物や欲しい物はお喋りしてくれていると思います。

好きな人に自分の好みの物をプレゼントして、身に付けて欲しいという気持ちももちろん良く分かります。

そんな時は少しくらい自分の好みが入っても良いかと思います。

ただし、注意事項が2つあります。

  1. 相手の気持ちを考慮せずに用意しないこと
    ・興味がない物をプレゼントしても喜んでもらえません。
  2. 用意した理由を伝えること。
    ・長く使って欲しいから、君が欲しがっていた(好きな)??にしたんだけど、僕の好みの??(色やデザインやブランド等)にしたよ。等

何を貰っても嬉しい!というのは始めのうちだけです…頑張ってください。

クリスマスプレゼントのがっかりエピソード6「ブランド物の手袋とマフラー・・・中古品であることが納得いかなかった」

私は23歳で理学療法士です。
埼玉県に住んでいます。
母子家庭で育ち、妹が一人の三人暮らしでした。
今は独立し一人暮らしをしている者です。

・・・という方の、エピソードをご紹介します!

当時付き合っていた彼女からのクリスマスプレゼントで定番ですが手袋とマフラーをもらいました。

彼女からもらい、さらにブランド物だったので大事に使おうと決め、自宅に戻りました。

よくみてみるとタグが外されていませんでした。

聞き覚えのないお店だったので調べてみると、ブランド物を買い取り安く販売している中古業者さんから購入したものでした。

彼女から貰ったのはとても嬉しかったのですが、中古品であることが納得いかなかったです。

もらったものならなんでも嬉しいのですが、どれだけ安くてもせめて新品の物がよかったなと思います。

また、少し汚れていたりよれていたりもしたのであまり状態がよくなく、安く売られていたものなんだなと思います。

がっかりしたクリスマスプレゼントはどうしましたか?「別れた後に処分しました」

別れた後に処分しました。

また、貰ってから一度も着用していませんし、相手にも伝えていません。

ありがとうと素直に伝えて使っているフリをしていました。

デートの時、所持はしていましたが彼女の前で着用している姿は一度もみせていません。

その時に伝えればよかったのですが相手の気持ちを考えるとなかなか言い出せず、結局伝えることができずに終わってしまいました。

正直がっかりしましたが、お金の余裕がないなかでブランド物をどうしてもプレゼントしたいと思ってくれた気持ちに共感している私もいます。

ですが、自分なら絶対にしません。

プレゼント選びで気をつけるポイントのアドバイス!「新品であることは絶対条件」

自分の体験からになりますが、まず新品であることは絶対条件だと思います。

万一、中古品をプレゼントするとしてもバレてしまっては相手の嬉しい気持ちを打ち消してしまいます。

買える余裕がないのであれば手作りでも手紙でも安価で気持ちを伝えられる手段はたくさんあります。

相手の気持ちを考えるのであれば、それに見合った行動が出来ると思います。

仮に欲しい物が高価であった場合、まってもらうとか別の物で気持ちを伝えることもできます。

どうか焦らずプレゼント選びをしていただきたいです。

クリスマスプレゼントのがっかりエピソード7「大好きなKis-My-Ft2のDVD・・・私は同じものの初回限定盤を持っていた」

美容学生でメイクの勉強をしています
20歳
居酒屋で働いてます
岐阜県
母姉妹私の4人と猫(アメリカンショートヘア)1匹

・・・という方の、エピソードをご紹介します!

当時ジャニーズのKis-My-Ft2が大好きでお年玉をはたいてDVDなどを買っていました。

小学生の時、朝足元にあるプレゼントを開けたらなんと大好きなKis-My-Ft2のDVDが入ってました。

すごく嬉しかったのですがそのDVDは通常版で私は同じものの初回限定盤を持っていたことです。

通常版と初回限定盤は同じで初回限定盤の方がメイキングなど少し特典がつくのです。

言えば持っているのものと同じものをもらったということです。

少し関係ないのですが、私の親は徹底していてサンタはいると教わってきたのですが、中学2年生の担任に「サンタって親じゃん?子供のプレゼントどうしようと思ってて」と聞かれ、かなりショックだったのを覚えています。

がっかりしたクリスマスプレゼントはどうしましたか?「フリマアプリのメルカリで売ってしまいました」

ずっと大切にしていますと言いたいところですが、高校生の時に大掃除でフリマアプリのメルカリで売ってしまいました

結構いい値段で売れました。

ガッカリしたのですが、サンタさんを信じていたので「サンタさんおっちょこちょいだなあ」と思っていました。

後に母に伝えましたが、「ああ、そうやったん」とあっけらかんとしていてなんだかホッとしました。

今思えばサンタさんがジャニーズのDVDをプレゼントするとかシュールだなと思います。

プレゼント選びで気をつけるポイントのアドバイス!「子供に手紙を書かせる」

子供に手紙を書かせるといいと思います。

私の妹は○○が欲しいです。

それか○○がいいです、と書いてあるのを見ました。

また、子供の持っているものを把握するのも大事だと思います。

例えばLEGOが好きでLEGOをプレゼントする時にどんな種類を今持っているのかどんな系統が多いのかと把握すると選びやすいですし喜ぶと思います。

あとは近くのお店で買うとバレてしまうのかなと感じます。

子供は鋭いのでここで買ったのではないかと考えてしまうので少し離れたお店で買うといいと思います。

クリスマスプレゼントのがっかりエピソード8「お菓子入りのサンタさんブーツ・・・かなり落ち込みました」

チコと言います。
京都で生まれ育ち、現在は40代の在宅ワーカー、データ入力、Webライターとして活躍しています。

・・・という方の、エピソードをご紹介します!

子ども時代に両親からもらったクリスマスプレゼントの事です。

事前に欲しいおもちゃを伝えていたのですが、うちのサンタさんは当時、おもちゃ屋さんに予約をしておくという事を知らず、売り切れで入手できなかったようで、12月26日の朝、目を覚ますと枕元には、お菓子入りのサンタさんブーツが置いてありました。

これはかなり落ち込みました

サンタさんの気持ちはよく分かりますし、プレゼントをもらえたことは感謝しましたが、ものすごくむなしくなりました。

仕方なかったとはいえ、欲しいと言っていたものがもらえなかったって、やっぱり悲しいですよね。

また、サンタさんのブーツは、幼稚園でももらうものでもあって、正直、全くうれしくないのです。

がっかりしたクリスマスプレゼントはどうしましたか?「中のお菓子は全て食べ、壊れるまで遊びました」

クリスマスのお菓子のブーツ

そのプレゼントは、今はもう、我が家にありません。

スーパーで売っているあのブーツですから。

しかし、当時の自分も文句は言わず、中のお菓子は全て食べ、残ったブーツはしばらく、おもちゃとして遊んでいました

壊れるまで遊びましたよ。

サンタさんには、おもちゃはおもちゃ屋さんで予約ができる事をお伝えしました。

子供なりに、あまりネガティブな表現でいう事はなかったですし、来年はこうしてね、と言う感じで伝えていましたよ。

プレゼント選びで気をつけるポイントのアドバイス!「注文を聞いたらお店に予約を入れ、確実に買えるようにキープ」

相手から注文を聞くか、聞かずに察するかによって違うと思います。

注文を聞いたら、それを叶えられるように、お店に予約を入れ、確実に買えるようにキープしましょう。

欲しいものがもらえなかった、となると、特に子供の場合はがっかりするものです。

また、特に注文を聞かず、察してプレゼントする場合は、その人が必要としていそうなもの、もっとこんなものがあると便利、という物をプレゼントしましょう。

相手が思いつかない便利グッズは、喜ばれますよ。

クリスマスプレゼントのがっかりエピソード9「私が好きなブランドのスニーカー・・・去年のクリスマス・誕生日にも全く同じ物をもらった」

年齢は1991年生まれの27歳で大阪府郊外にに15年程住んでおり、弟と二人暮らしをしています。
仕事はサービス業の経理事務をしています。

・・・という方の、エピソードをご紹介します!

高校2年生の時のクリスマスに付き合って3年になる彼女からもらったプレゼントだったのですが、もらったプレゼントは私が好きなブランドのスニーカーだったのですが、実は去年のクリスマス・誕生日にも全く同じ物をもらっていました。

クリスマスに初めてもらった時は嬉しくて毎日のように履いていて誕生日の時にはかなり履き潰した感じになっていたので誕生日の時に同じ物をもらったときに今度は大切に長く履くと約束し、手入れを毎日してボロボロにならないよう履いていました。

かなりきれい状態を保ったまま、クリスマスを迎えたのですが、彼女からまた同じ物をもらい、少し疑問に思いました。

彼女に嬉しいのだけど去年もらったスニーカーはまだまだきれいに履いているのでそれが駄目になったら履くと伝えると、彼女が贈り物を考えるのが面倒だから同じ物にしていると伝えられました。

がっかりしたクリスマスプレゼントはどうしましたか?「彼女にスニーカー代を払い別れることになりました」

私自身は彼女のプレゼントに慣れない流行物をチェックしたり友人に好みのものを聞いたりと努力してプレゼントを選んでいましたが、面倒だと伝えられた私はかなりショックでした。

少し熱くなってしまった私はそんなに面倒ならプレゼントはいらないと突き放してしまいました。

すると彼女が激昂し、私からのプレゼントが受け取れないのか、ならば金を返せ、別れろと繰り返してきました。

そこまで言われては私も引き下がることが出来ずにそのまま彼女にスニーカー代を払い別れることになりました。

プレゼント選びで気をつけるポイントのアドバイス!「お互いの好みをしっかりと抑えるべき」

クリスマスプレゼントを選ぶときに私が考える大切なポイントはやはりお互いの好みをしっかりと抑えるべきだと思います。

そして面倒くさがらずある程度努力して選ぶべきだと思います。

しかし、それでもプレゼント選びに難航するような場合もあるかと思います。

その様な場合は事前に話をして一緒に買いに行ってみるのはいかがでしょうか。

クリスマスデートをプレゼントの買い合いにして買った物のレビューをするディナーこれだけでも盛り上がれると思います。

クリスマスプレゼントのがっかりエピソード10「算数の計算ドリル・・・頼んだものがちゃんと届くことの方が少ない」

22歳の大学生です。
今はアパートで一人暮らしをしていますが、実家では祖父母と母と私の4人で生活していました。

・・・という方の、エピソードをご紹介します!

成人してからはそもそもクリスマスプレゼントを貰っていないので、とても幼い頃の話になります。
小学校に入って最初か二回目のクリスマスのことだったと思います。

小学校低学年ですから、子供らしいおもちゃをサンタさんに頼んだのですが、実際に貰ったのは算数の計算ドリルでした。

それ以前から、頼んだものがちゃんと届くことの方が少ないぐらいでしたが、小学生だった頃は毎年似たようなクリスマスプレゼントでした。

ロボットを頼めば、ロボット型の遊び方のよくわからないおもちゃなど。

それらのプレゼントはサンタさんからのプレゼントということにされましたが、おそらくは母が用意したものだと思われます。

そういうことが続き、中学生になってからは高額なプレゼントは一切頼まないようになりました。

がっかりしたクリスマスプレゼントはどうしましたか?「包みを開いたきり触っていません」

算数ドリル包みを開いたきり触っていません。

小学生向けのドリルだったので、おそらくは母が既に捨てたと思われます。

頼んでいないのに貰ったおもちゃに関しては、どうなったかわからないものも多いです。

私の好みに合うものがあればどこかに取ってあるものもいくつかあるかもしれませんが、致命的なほど母は私の趣味を理解していなかったので、ほとんどのものは処分したと思います。

いらないということは、伝えたと思います。

当時は子供だったので変に気遣うようなことはしていなかったと思います。

プレゼント選びで気をつけるポイントのアドバイス!「相手の趣味をよく理解してからプレゼントを探す」

相手の趣味をよく理解してからプレゼントを探すのがいいと思います。

プレゼントを貰って一番困るのは、それが嫌いなものだった場合です。

おもちゃなどであればまだ利用できるかもしれません。

しかし、食べ物をあげてしまったら大変なことになります。

食べられないほど嫌いなものだったら捨てるしかなくなってしまいます。

食べ物以外でも、今は花粉症や金属アレルギーなどの理由でどうしてもプレゼントを受け取れない場合があります。

クリスマスプレゼントのがっかりエピソード11「お金・・・もっとサプライズ的なものが欲しかった」

私は32歳の専業主婦で関東地方に住んでいます。
家族構成は主人と子供が2人います。
毎日子育てに追われています。

・・・という方の、エピソードをご紹介します!

私はクリスマスプレゼントを主人からもらいました。

もらったものはお金です。

なぜがっかりしたのかというともともとクリスマスプレゼントというのはお金じゃなくて物だという考えがあったからです。

私は今までプレゼントと言ったらお金ではなくて何か物を買ってもらっていたのですが主人はいつもご苦労様と言ってお金をプレゼントしてくれました。

お金をもらえる事で嬉しいと感じる方は多いと思いますが私はそれだけでは満足しませんでした。

なんだか、んーふつうといいますか、もっとサプライズ的なものが欲しかったんですよね。

逆に私は主人にコートをプレゼントしたのですが。

私にはお金だったのでショックでした。

別にお金でいいんですけどそれで好きなもの買ってねという押し付けが嫌でした。

がっかりしたクリスマスプレゼントはどうしましたか?「貯金をしました」

クリスマスプレゼント お金

がっかりしたクリスマスプレゼントは貯金をしました

ものではありませんので使い道もなく貯金をさせてもらいました。

いらないとは主人には伝えませんでしたが、顔ではがっかりした顔をみせました。

主人は気が付いているかどうかわかりませんが私は気持ちを伝えることが苦手なので口では伝えませんでした。

行動で伝えたという感じでしょうか。

お金?!!って感じで伝えた感じですかね。

プレゼントは貯金してない物とさせてもらいました。

プレゼント選びで気をつけるポイントのアドバイス!「買う前に何が欲しいかしっかりと聞いておくこと」

これからクリスマスプレゼントを渡す人ががっかりされないためにプレゼント選びで気を付けるポイントがあるとしたら、買う前に何が欲しいかしっかりと聞いておくことがいいと思います。

何も聞かないでサプライズで私の様にがっかりするようなことがないように欲しいものはこれという事をしっかりと決めておいた方が失敗がないと思います。

むしろほしいものを一緒に買いに行った方が良いかもしれないですね。

その方が絶対にがっかりしないと思いますから。

クリスマスプレゼントのがっかりエピソード12「マフラー・・・マフラーはすでに持っていた、どこでも買えるような安物だった」

23歳女性です。
事務員として働いています。
現在東京で一人暮らしをしています。
家族構成は父、母、姉一人です。

・・・という方の、エピソードをご紹介します!

20歳の時当時付き合っていた彼氏にマフラーをもらいました。

なぜがっかりしたかというと、一つ目は、マフラーはすでに持っていたため必要がなかったからです。

私は自分で愛用していた、とても暖かいマフラーを持っていました。

デートにも何回かつけていっていたので(忘れることもありましたが)知っていると思っていたので、意外と見てくれてないんだなとショックでした。

二つ目は、特にブランド物というわけでもなく、どこでも買えるような安物だったためです。

気持ちがこもっていれば・・・とも思いましたが、本当に私のこと考えて選んでくれたのだろうかと思うレベルでした。

とりあえずせっかくもらったのに使わないわけにもいかないので、デートするたびつけましたが、風がスースー通り抜け、すごく寒く、つけている意味があるのか、なんとなく疑問になるレベルでした。

がっかりしたクリスマスプレゼントはどうしましたか?「捨ててしまいました」

その後、その彼とは別れてしまったので、マフラーは持っていましたし、寒くてあまり気にっていなかったため、捨ててしまいました

彼には何も伝えませんでした。

やっぱり、彼なりにきっと私のためにせっかく選んでくれたものなので、がっかりした、いらないなどとは言えませんでした。

でも、途中から寒くて我慢ができなかったため、もともと使っていたマフラーを使うようになっていたので、うすうす気づいていたのかもしれませんが・・・。

プレゼント選びで気をつけるポイントのアドバイス!「本人に何がほしいかなどリサーチが必要」

サプライズで渡すわけじゃなければ、本人に何がほしいかなどリサーチが必要だと思います。

また、デート中などの会話で、今○○ってやつほしいんだなど、何かしらの話題になるので、それを覚えているとすごく感動すると思います。

また、一緒に買いに行くのもありだと思います。

誕生日ってわけではないので、それほどサプライズされるのは期待していないと思います。

中にはサプライズしてほしい!何で聞くの?みたいな女性もいるかとは思いますので、彼女の性格にあった方法でほしいものをリサーチするのがいいと思います。

あと、はやりものに敏感な人が多いので、今何がはやっているかリサーチしてプレゼントするのもいいと思います。

クリスマスプレゼントのがっかりエピソード13「下着(普段使い用の全くかわいくないシャツ)のセットと、授業などで使う用の味気ないノート・・・手抜き感が半端なかった」

29歳の会社員です。
賃貸マンションで夫と二人暮らしをしています。
現在産休中で、もうすぐ第1子が生まれます。

・・・という方の、エピソードをご紹介します!

小学生のころ、親からもらったプレゼントにがっかりしました。

まだサンタさんを信じていたころで、おもちゃなど、欲しいプレゼントがあって紙に書いてしまっておいていました。

その通り届くとは思っていなかったのですが、何が届くのだろうとわくわくドキドキしながらクリスマスを待ちました。

クリスマスの日、置いてあったのは、下着(普段使い用の全くかわいくないシャツ)のセットと、授業などで使う用の味気ないノートでした。

ついていた手紙は明らかに母が書いたもので、手抜き感が半端なかったです。

生活必需品で、デザインも何の飾りもないもので、非常にがっかりしました。

なんでそれを選んでしまったかな…といまだに不思議なチョイスです。

がっかりしたクリスマスプレゼントはどうしましたか?「使った後、処分した」

下着とノートなので、もともと持っているものと同様に、普通に使ったと思います。

使い捨てになるようなものなので、使った後、処分したと思います。

他のものとも、プレゼントかそうでないかの区別がつかなくなった気がします。

かなり昔の話で記憶はうっすらですが、サンタさんを信じていつことにしていたと思うので、親に対してわざわざ感想は言わなかったと思います。

ただ、がっかりしたオーラは出していたのではないでしょうか(笑)

プレゼント選びで気をつけるポイントのアドバイス!「何が喜ばれるかきちんとリサーチしておくことが重要」

プレゼントを選ぶ前に、何が喜ばれるかきちんとリサーチしておくことが重要だと思います。

欲しくないものをもらうのは、逆に苦痛なこともありますし、あまりに適当に済まされたようの感じるものだと、「大切にされていないんだな」と、傷ついてしまうこともあります。

さりげなく聞き出してみたり、何が好きなのか、持ち物や外出したときに欲しがっているものを観察してみるなど、しっかりとリサーチをしておいた方がいいと思います。

クリスマスプレゼントのがっかりエピソード14「グローブ・・・自分の手より一回り大きく、ミ○キーの手みたい」

19歳でダンスの専門学校に通っており、将来ダンス関係の仕事に就きながら副業をしたい為この場を使って経験を積んでいます。
今は大阪で一人暮らしをしており、家族構成は両親と弟と妹の5人家族となっております。

・・・という方の、エピソードをご紹介します!

小学生の頃、友達と公園でキャッチボールをするのが僕の学校では流行っており、その当時マイグローブを持っていなかった為クリスマスプレゼントはグローブが欲しいと両親に伝えました。

うちの家庭では何が欲しいかは伝えるもののあくまでサプライズとしてプレゼントを渡したいらしく、クリスマスの朝起きると枕元にプレゼントが置いてあって子供達が喜ぶという光景が毎年の恒例になってました。

その年のクリスマスも枕元にラッピングされたグローブが置いてあり小学生の自分はすごい喜んでいたのですが、手をグローブにはめてみると自分の手より一回り大きく、ボールのキャッチもままならないし見た目もミ○キーの手みたいになっていました。

親と一緒に買いに行ったわけではない為誰も悪くなくただただ自分の中でがっかりしたクリスマスプレゼントのエピソードです。

がっかりしたクリスマスプレゼントはどうしましたか?「今も実家の倉庫に眠っております」

もらった当初は嬉しかった為親にありがとうと告げたのですが、いざ手をはめてみるとブッカブカで使い物にならなかった為、いらないとまでは言ってませんがどうしてくれるんだと親に聞きました。

父親は仕事に行ってた為、母親に言ったのですがうちの母親は頭がいいのか悪いのか「手袋をつけて上からグローブをはめればいいじゃない。」とまさかの重ね着の提案

どうせならちゃんと使えるグローブが欲しかったなと落ち込んでいる私を見かねてその日の夜父親が私のサイズのグローブを買ってきてくれて後日クリスマスのグローブを父親が使い、私とキャッチボールをして家族団欒を過ごしました。

プレゼントしてくれたグローブは今も実家の倉庫に眠っております。

今は家族内で笑い話のネタになっております。

プレゼント選びで気をつけるポイントのアドバイス!「ちゃんとサイズを確認しておくこと」

私が思うクリスマスプレゼントでがっかりされないポイントは『ちゃんとサイズを確認しておくこと』です。
サッカーボールやブレスレット、ネクタイなどのある程度大きさが決まっているものや、帽子やベルトなどのサイズの調整が可能なものはまだ大丈夫なのですが、私の失敗談であるグローブや大人になると渡すであろう指輪など人によってサイズが決まっているものは欲しいという気持ちが高まる分サイズが違ったりした時のがっかり感は半端ないです。

絶対に失敗したくないのであればプレゼントを渡す相手を連れてサイズが合っているかを確認する必要があると思います。

クリスマスプレゼントのがっかりエピソード15「当時ハマっていたバンドの廃盤になったCD・・・すでに持っているやつだった」

北海道在住の22歳、男性です。現在はフリーターです。
家族構成は、父・母・姉の4人家族です。
趣味は旅行です。

・・・という方の、エピソードをご紹介します!

わたしは、相手からどんなプレゼントを貰っても、割と嬉しいと思う方なのですが、専門1年生の時に、当時お付き合いをしていた彼女からもらったプレゼントは、本当にがっかりしてしまいました。

それは、当時ハマっていたバンドの廃盤になったCDでした。

なぜ、それを貰ってがっかりしたかというと、すでに持っているやつだったからなのです。

もちろん、わたしのことを考えて決めてくれたんだろうなぁとも思いましたが、音楽に疎い彼女が、廃盤になってるしレアなのでは!?と訳も分からず買ったんだろうなぁと思ってしまって、どうせなら廃盤になったCDじゃなくていいから、一緒にレコードショップに行って選んで買ってもらいたかったなぁと、がっかりしてしまいました。

がっかりしたクリスマスプレゼントはどうしましたか?「自分で入手していたものの横に並べて置いてあります」

クリスマスプレゼント CD

当時お付き合いしていた彼女とは、残念ながら、その後別れてしまいましたが、さすがに人からもらったものなので、最初は友達とかにあげようかなぁなどと考えたりしましたが、誰にもあげず、また捨てる事もできず、すでに自分で入手していたものの横に並べて置いてあります

結局、その彼女には、がっかりしたということは伝えず、その時は、ただありがとうとだけ伝えました。

彼女は喜んでくれて嬉しいと言って喜んでいたので、そんな喜んでいる人に対して、いらない・がっかりなんて言えないですよね。

プレゼント選びで気をつけるポイントのアドバイス!「普段日常の会話から、何が欲しい・ハマっているもの・好きなものなどのキーワードを拾ってリサーチしていく事」

誰かに何かをプレゼントする時は、自分も実践していますが、プレゼントする相手の趣味趣向や、普段日常の会話から、何が欲しい・ハマっているもの・好きなものなどのキーワードを拾ってリサーチしていく事が何よりも大切だなぁと思います。

また、ただ売っているものをあげるだけでは、味気ないので、可愛く包装したり、ひとこと手紙を添えたり、そんな些細なことでも、そうやって贈るだけで、だいぶ貰った方も喜んでくれると思います。

クリスマスプレゼントのがっかりエピソード16「ゴールドのネックレス・・・長く一緒にいて好みを把握してくれていない」

北海道に住んでいる38歳、パート主婦です。
家族構成は主人と娘の3人家族です。
主人とは出会ってから10年以上が経過しました。

・・・という方の、エピソードをご紹介します!

去年、主人からネックレスをもらいました。

普段私は色がシルバー系のアクセサリー(ホワイトゴールドやプラチナなど)しか身につけないのに、ゴールドのネックレスをもらいました。

付き合っている頃から「ゴールドは苦手」と散々言っていたのに、ここにきてなぜゴールドをプレゼントしてくれたのかがわかりません。

これだけ長く一緒にいて好みを把握してくれていないということにまずがっかりしました。

さらに、私は金属アレルギーなので、プラチナとゴールドしか合わないのです。

これも主人は知っているはずなのに、ゴールドメッキのネックレスだったので、付けるとかゆくなってしまい、結局1時間ほど身につけてゴミとなってしまったこともがっかりです。

がっかりしたクリスマスプレゼントはどうしましたか?「捨てました」

クリスマスプレゼント ゴールドネックレス

金属アレルギーで身につけられないので捨てました。

プレゼントをくれた主人も、私の真っ赤に腫れ上がった首を見たので、「このネックレス、どうしたらいい?」と聞いたら「使えないなら仕方ない。レシートもないから交換できないし、捨ててしまおう」と納得したようです。

この色は苦手、金属アレルギーがある、ということを改めて伝え、主人も言われてハッと思い出していたようです。

というわけで「がっかりした、いらない」ということは本人にきちんと伝えました。

プレゼント選びで気をつけるポイントのアドバイス!「どのようなものを贈る相手が身につけているか、日頃からチェック」

サプライズでプレゼントしたい気持ちもわかりますが、身に付けるもの、特にアクセサリー類は細かいこだわりがあるので、普段どのようなものを贈る相手が身につけているか、日頃からチェックしておきましょう。

また、一緒にショッピングに出かけるときに「これ似合いそうだね」などと聞いてそれとなく相手の好みをリサーチすることも大事です。

また、私のように金属アレルギーを持つ人は珍しくないので。

その辺りについても普段の会話の中でさりげなく聞き出せると良いですね。

クリスマスプレゼントのがっかりエピソード17「母親の作ったであろう、真っ白い和布団・・・想像とかなり違いびっくり」

40歳女性です。
現在、契約社員としてフルタイムで勤務しています。
結婚と同時に購入したマンションに夫、小学生の子供、中学生の子供と一緒に暮らしております。

・・・という方の、エピソードをご紹介します!

私が小学生の時のことです。

毎年プレゼントを貰えるので、今年も両親に欲しい物を伝えました。

その頃は、バービー人形にはまっていて、人形のお部屋を作りたかったので、お家かベッドがほしいと頼みました。

夜寝ていると、両親がプレゼントを持ってこっそり部屋に入ってくるのがわかりました。

時間は多分夜中の12時ころだったと思います。

プレゼントの中身が気になって気になって、早く朝になれ!と思っていました。

しばらくしてから、近所で飼っているニワトリが鳴き始めたので、両親を叩き起こしてワクワクしながら包みを開けてみました。

ちなみに時間は朝の4時でした。

なんと中身は、母親の作ったであろう、真っ白い和布団でした・・・。

使い古しのタオルかシーツを切って母が縫い、綿を詰めたものでした。

想像とかなり違うものをもらって、がっかりというよりびっくりでした。

がっかりしたクリスマスプレゼントはどうしましたか?「母が処分したと思います」

もらったプレゼントは人形の布団としてしばらく遊んだあと、汚してしまったので母が処分したと思います。

今になって思うと、母が一生懸命考えて作ってくれたのでとても貴重なものだったんだなと思いました。

作ってくれた母には、当時は微妙な反応をしてしまったと思います。

ただ、母もなんとなく私の思いと違うということはわかっていたようで、「やっぱりね」という顔をしていました。

昔は微妙と思っていましたが、ちゃんとしたものを買っても結局汚して処分となっただろうから、同じだと思います。

プレゼント選びで気をつけるポイントのアドバイス!「具体的にどれがほしいか聞いてあげる」

子供に対してですが、もしサンタさんがいないとわかっている年齢の子供であれば、具体的にどれがほしいか聞いてあげると確実だと思います。

完全なサプライズ的要素はないですが、2,3個具体的に聞いておいて、どれが来るかはお楽しみにしてみるとか・・・。

親の思いと子供の思いはほとんど違うので、より喜んでもらえるように、下調べは必須だと思います。

サンタさんを信じている子供でも、ある程度はだましだまし下調べできると思います。

クリスマスプレゼントのがっかりエピソード18「アマゾンライダーの電池で動く三輪バイク・・・欲しかったものとは違い寂しい気持ち」

現在海外在住20年以上。
フリーで海洋関係に従事している40代後半で、小学校低学年の子供と妻の三人暮らし。

・・・という方の、エピソードをご紹介します!

記憶では確か、全ての子どもにサンタクロースからプレゼントが届くというのではなく、いい子だけがプレゼントが届くと言われてました。

いたずらっ子だった私。

クリスマスが近ずくとプレゼントを意識して親の言う事を聞いていました。

そしてプレゼントは「何をサンタさんにお願いするの」という問いに、「をお願いするだ」と親に言っていいました。

絶対刀が来ると信じていた私は、父親の黒い靴下を持ち出し枕元に。

朝目覚めると枕元には父親の靴下と共にプレゼントが。

そこにあったのは刀でなくアマゾンライダーの電池で動く三輪バイクでした。

刀よりか高価なのですが、欲しかったものとは違い寂しい気持ちに。

親はプラスチックの安い刀よりは人気のあった仮面ライダーの高価なおもちゃの方がが喜ぶだろうと。

そんな親心など分からず、 「きっといつもいい子じゃないからサンタさんは自分が欲しい刀ではなく、アマゾンライダーなんだ」持ってきたんだと。

がっかりしたクリスマスプレゼントはどうしましたか?「かなり一人遊びをしていた、最後は電池の液漏れで壊れた」

自分が欲しくないプレゼントでしたが、これで遊ばないと来年サンタさんが本当に欲しいプレゼントをくれないと思って、電池がなくなっても、変えてもらってかなり一人遊びをしていた思います。

また欲しくないとは周りの大人たちにも伝えていません。

それを伝えるのは悪い子になってしまうような気がして。

子供ながらにがっかりした顔を見せてはいけないような気がしていました。

もらったプレゼントは確か最後は電池の液漏れで壊れた気がします。

液漏れの残像はいまだに記憶しています。

プレゼント選びで気をつけるポイントのアドバイス!「クリスマスの間までにさりげなく話を聞いて用意」

我が家の子は、小学校低学年ですが、いまだサンタククロースの存在は信じています。

その心を大切にしたいと持っているのもあり、ハロウィンが終わったあたりから今年は何が欲しいのか?サンタクロースに何をお願いするのか?を聞いたりします。

多少時間があるので、クリスマスの間までにさりげなく話を聞いて用意します。

またサンタクロースからのプレゼントは一番欲しいものにして、我々親からのは子供にいいなと思うものをパパ、ママからはこれだよって、渡しています。

サンタクロースからのプレゼントは25日の早朝枕元においときます。

クリスマスプレゼントのがっかりエピソード19「漫画本・・・2重の意味でがっかり」

26歳男性です。
昨年まで、官公庁で経理業務を担当し、主に契約書の作成や契約上のトラブシューティング、新人教育を担当しておりました。
現在は、再就職先での勤務までの間アルバイト等で生計を立てつつ、語学学習やパソコンスキル向上を図っております。
前職勤務中は神奈川県に住んでおりましたが、現在は都内在住です。
新しい職場も都内の予定のため、今後しばらくは都内で生活する予定です。
父母妹の4人家族ですが、今は一人暮らしをしております。

・・・という方の、エピソードをご紹介します!

小6の時のクリスマスの時、まだサンタクロースを信じていたところの話です。

私の両親は共働きのため、日中の私は自由に両親の書斎や台所などを物色できる環境におりました。

そんな折、以前から両親の書斎に見慣れない漫画本が隠してあったのを偶然見つけてしまい、それを勝手に閲覧したことがありました。

ところが、その年のクリスマスの朝、胸躍らせて例年クリスマスプレゼントが置かれるリビングに行ってみたところ、そこには当該漫画本が置かれておりました。

どうやら、その漫画本以外のプレゼントはないということを確認したとき、私はようやく「サンタクロースは両親だった」ということを知り、しかも「プレゼントの中身を既に知っていた」ためにあまりワクワクできなかった、という2重の意味でがっかりしました。

がっかりしたクリスマスプレゼントはどうしましたか?「今も実家の本棚に大切に保管」

私の後に起きた両親は、「まさか私がその漫画本の存在に以前から気付いており、しかも両親らがサンタクロースだと知ってしまった」とは露ほども予想していなかったようで、「プレゼントは届いていた?」と呑気に尋ねてきました。

私は、両親の何も疑っていない表情を見た上で、二人をがっかりさせたくないと思い、例年通り「無事届いたようで嬉しい!」と伝えました。

その漫画本は、プレゼントとしてもらった後、何回も閲覧すほど内容が面白かったこと、両親の気持がこもっているので捨てたくないと思ったことから、今も実家の本棚に大切に保管しています。

プレゼント選びで気をつけるポイントのアドバイス!「プレゼント本体には厳重な包装を施すべき」

貰う人が事前にクリスマスプレゼントの中身を知ってしまわないように、プレゼント本体には厳重な包装を施すべきだと思います。

また、子供というのは屋内の隠し場所についても熟知しているので、保管場所には子供が絶対に見つけられないようなところ(例えば、会社、両親のみが知っている貸金庫)を選ぶことをお勧めします。

プレゼントについては、中身よりも渡す人の真心が伝われば、貰い手は嬉しいので神経質になる必要はないと思います。

クリスマスプレゼントのがっかりエピソード20「香水・・・私が購入した香水と匂いもサイズも全く同じ」

年齢:19歳
お仕事:学生(2年)
お住まい:岡山県 岡山市内
家族構成:父・母・私・弟(二人)の五人家族

・・・という方の、エピソードをご紹介します!

私ががっかりしたクリスマスは、高校2年生のクリスマスです。

その当時お付き合いしていた彼氏からのプレゼントでした。

クリスマスにはお互いプレゼントを用意して交換しよう!と約束していました。

私は、彼が以前から欲しがっていた、おそろいのペアウォッチを用意していました。

私は新しいお財布が欲しかったので、彼にそれとなく伝えていました。

クリスマス当日、プレゼントを交換しました。

彼はペアウォッチをとても喜んでくれて、すごく嬉しかったです。

私も、ワクワクしながらプレゼントを開けると、香水が入っていました。

私は、クリスマスの少し前に同じブランドの香水を購入していたため、内心アレっと思いながらも、箱を開けてみると私が購入した香水と匂いもサイズも全く同じものが出てきました。

しかも、私が購入した際にSNSに投稿しており、彼もその投稿を見ていたのにもかかわらず同じものであったため、すごくがっかりしました。

がっかりしたクリスマスプレゼントはどうしましたか?「高校卒業まで私の部屋に飾っていました」

その当時もらったがっかりしたクリスマスプレゼントは、実はあまり匂いが好みではなく、自分で購入した方も全く使用していませんでした。

しかし、少し高い物だったので捨てるに捨てられず、高校卒業まで私の部屋に飾っていました

大学進学と同時に当時お付き合いしていた彼と別れたこともあり、二つとも捨てました

がっかりしたプレゼントをくれた彼には、真実を打ち明けていません。

彼に一度「使ってる?」と聞かれたことがあったので、「使ってるよ!」とうそをついてしまったので、彼は、クリスマスプレゼント大成功!と思っていたかもしれません…

プレゼント選びで気をつけるポイントのアドバイス!「徹底的に相手の欲しがっているものをリサーチ」

友人や恋人、両親などプレゼントを渡す機会は、たくさんあると思います。

プレゼント選びの際に、徹底的に相手の欲しがっているものをリサーチしてください!!

このリサーチは絶対に相手に気づかれてはいけません!(気づかれるとプレゼントではなくなってしまいます。)

あなたがプレゼントを渡そうと思っている人は、きっと何かプレゼントがあるかな??と期待しているはずなので、ふとした時に「○○が欲しいな~」や「最近○○が気になるな~」など、あなたにヒントをくれているはずです。

しっかりアンテナを張っておきましょう。

さらに、その人の身近な人に探りを入れるのも有効だと思います。

ここまで色々と話してきましたが、プレゼントは気持が一番大切だと思います。

相手の喜ぶ顔を思い浮かべてプレゼント選び頑張ってください!

クリスマスプレゼントのがっかりエピソード21「大きな花束とびっくりする程大きなスヌーピーのぬいぐるみ・・・恥ずかしいやら気持ちが悪いやら」

はじめまして。神奈川県在住の30代女性です。
昨年まで会社員でしたが1年前に脱サラをしてこの一年は資格取得や海外旅行をしておりました。
ライターの経験もなくクラウドワークスもデビューしたばかりではありますがどうぞよろしくお願いいたします。

・・・という方の、エピソードをご紹介します!

高校生の時にもらったクリスマスプレゼントです。

中学時代の友人の高校の同級生の男の子でした。

以前に一度会っただけでしたが友人にも勧められ、メール交換をして盛り上がり1か月越しにクリスマス当日にデートをしました。

当日は映画→食事→カラオケと彼がデートプランを練っていてくれました。

クリスマスなので映画館はとても混んでいて一番前の席へ。

首は痛いしスクリーンが近く酔ってしまい内容が入ってこず。。。

やっと終わり食事へ。

映画で気持ちが悪く食欲もなく半分も食べる事が出来ず。。。

その後カラオケへ。

なんと部屋に入ると大きな花束とびっくりする程大きなスヌーピーのぬいぐるみが置いてありました。

今思えば待ち合わせの前にカラオケにプレゼントを持ち込んでセッティングするようにお願いしてくれていたのかもしれないのですが高校生の時の私は恥ずかしいやら気持ちが悪いやらでテンションが下がってしまいました。

がっかりしたクリスマスプレゼントはどうしましたか?「そのまま姪っ子へ」

クリスマスプレゼント スヌーピー

プレゼントを見た瞬間は固まりましたがすぐに我に戻りお礼を言いました。

がっかりした等は言わずに喜ばせようとして会う前に準備してくれたその気持ちが嬉しかったとお礼を言いました。

その日は身長の半分ほどのとても大きなぬいぐるみを持ちかえりました。

申し訳ないとおもいつつぬいぐるみに興味がなかったためそのまま姉の家に行き事情を話した所物に罪はないし素敵な人からのプレゼントなので喜んで貰うとの事だったのでそのまま姪っ子へ

姪っ子はとっても喜んでいました。

その後姉の家も子供が増えその度に姪っ子達の成長を見守ってくれています。

プレゼント選びで気をつけるポイントのアドバイス!「事前に欲しい物をきちんと聞く」

サプライズ好きなお相手に渡す場合にはクリスマスよりもだいぶ前から下調べをして購入するのが良いかと思いますがもう気心が知れている間柄であれば事前に欲しい物をきちんと聞くのがいいと思います。

一生懸命に選んでくれた物が一番嬉しいという事はだけは大前提として、例えばブランド好きな彼女へブランドなら何でもいいというわけではないですから。

ヴィトンやシャネルが好きな女性がグッチやプラダをもらった時の何とも言えない気持ち。

同じ予算ならばやはり本当に必要な物・欲しい物を選んでもらえたら嬉しいと思います。

クリスマスプレゼントのがっかりエピソード22「お揃いのスニーカー・・・「もらっても履かないよ!」と言っていたのですが彼は無視」

26歳 女性
アパレル関係のオンラインショップの運営に関わっています
仕事の転勤で1年前から埼玉に住んでいます

・・・という方の、エピソードをご紹介します!

24歳のクリスマス。

当時3つ下の彼氏がいて、彼はなんでも私とお揃いにしたがっていました。

前のクリスマスには私が欲しいと言った腕時計を買ってもらったのですが、彼としてはお揃いにしたかった様子…。

今年はお揃いの何かをもらうことになるのかなぁ、なんて思っていたのですが予想は的中し、お揃いのスニーカーを提案されました。

ですが私の普段のファッションには全く合わないスニーカー。

それは彼もわかっていたようだったのですが、「チャレンジしてみようよ!」と言い、なんと無理矢理購入

私はずっと「もらっても履かないよ!」と言っていたのですが彼は無視

いらないものをもらうなんて…。

そのことで喧嘩になり1週間ほど口も聞かなくなりました。

がっかりしたクリスマスプレゼントはどうしましたか?「履いたのは1回きり。彼とお別れをした際に売って新しいパンプスを買いました」

クリスマスプレゼント スニーカー

結局は私が折れてそのスニーカーをもらったのですが、履いたのは1回きり。

それについてもまた喧嘩

「どうして履いてくれないの!?」「私はいらないって言ったじゃん!」の繰り返しで関係は悪化してしまい、これ以上の悪化を恐れた彼は別のプレゼントを買ってくれました。

今度は私が指定したブランド物の財布

最初からこうしてれば良かったのに、と思いましたがさすがに彼には伝えませんでした。

お別れするまでスニーカーはずっとクローゼットに入ったまま。

彼とお別れをした際に売って新しいパンプスを買いました

プレゼント選びで気をつけるポイントのアドバイス!「相手がいらないと言ったものはあげないこと!」

普通ならわかると思いますが、相手がいらないと言ったものはあげないこと!

そういうのって自己満にしかなりませんよね。

その経験を踏まえて、新しい彼には事前に「これが欲しいから一緒に買いに行きたいな」と伝えるようになりました。

相手のプレゼントを買う時は、誕生日プレゼントやクリスマスプレゼントなら事前に「誕生日プレゼント何がいい?」などを聞くようにして一緒に買いに行きます

サプライズをしたいときは、ベタですが一緒に買い物に行った時に、相手が欲しがってそうなものを後日購入して渡しています。

クリスマスプレゼントのがっかりエピソード23「スタバのカード1,000円分・・・きっちり1,000円分って、結構、奮発してたのよ(ToT)!!」

自分は、31歳の女性で自営業を営んでいる会社の事務員で、両親と弟と自分を合わせた家族4人と、犬、猫、インコと一緒にマンションで平凡に暮らしています。

・・・という方の、エピソードをご紹介します!

何年か前のクリスマスに、母と、私と弟と弟の彼女でクリスマスプレゼント交換をしました。

予算は一人1,000円で、超えた分は自己責任で何も文句は言わないと言うルールで行ったのですが・・・。

自分と母は大体5,000円程度の物を選んで購入していました。

女3人の中に男1人だったので、男女どちらでも使える物!と思い一生懸命に女性側は選んだのですが・・・。

いざ当日、あみだくじでプレゼントが決まり、私→弟に、母→彼女に、彼女→母へ、弟→私に来たのです。

弟は何を選んだのかな?とワクワクしていましたが、渡されたのは小さい包み紙。

『ん?ピアスか何か?』と思いあけてみたら『スタバのカード1,000円分』でした。

きっちり1,000円分って君、社会人でしょ??

せめてもう少し値段を考えようか・・・てか、私コーヒー飲まないし・・・。

女性陣結構、奮発してたのよ(ToT)!!と思ったプレゼントでした。

がっかりしたクリスマスプレゼントはどうしましたか?「弟が『どうせ使わないなら勿体無いから使ってあげるわ』と言い持って行きました」

確か、自分はコーヒーが苦手なので弟が『俺コーヒー飲みたい』『どうせ使わないなら勿体無いから使ってあげるわ』と言い持って行きました

その瞬間、『プレゼント交換関係なくね?』とフツフツと何かが湧き上がる音が、頭と心の中でしていた記憶があります(笑)

ちなみに、もらった時に、一瞬シーンとして、プレゼントを開けたら女性陣から弟へ大ブーイングが起こったのですが、弟はケロっと『無いよりはよくない?』と言ってブーイングを跳ね除けていました。
この子、神経図太いなと・・・。

我が弟ながら思いました。

プレゼント選びで気をつけるポイントのアドバイス!「気持ちの一部に相手が本当に喜んでくれる物(安くてもいい)が入っていると良い」

プレゼントは『気持ち』だと良く言いますが、カード1枚

しかも1,000円ポッキリ・・・。

もし自分が貰ったらどんな気分になるでしょうか?

自分は、そんな高価な物が欲しい訳ではありません。

ただ、カード1枚で1,000円と言うと少し寂しい気はしませんか?

もう少し、後に残る物にして欲しかったと何年かたった今でも思います。

確かに、気持ちが一番大切ですが、その気持ちの一部に相手が本当に喜んでくれる物(安くてもいい)が入っていると良いと思います。

選ぶのがメンドクサイとか、分からないからカード(チャージ済み)で済ましたら相手の方が女性ならばすごく悲しいと思いますよ。

クリスマスプレゼントのがっかりエピソード24「キラキラした掛け時計・・・趣味が違うので困りました」

関西に在住の37歳、パート主婦をしています。
仕事は 今まで、20代の独身時に動物病院で動物看護師、トリマーをして、30歳に結婚後にカメラ現像店受付、美容室受付を経て、現在動物病院、動物看護師にパート復帰しています。

・・・という方の、エピソードをご紹介します!

職場の動物病院の院長夫人からいただいたものなのですが、院長夫人の趣味はラインストーンやスパンコールをパズルやぬいぐるみ、時計などの雑貨にデコレーションして、オリジナル雑貨を作ることで、その教室も開いており、院内の雑貨もキラキラしたものが飾り付けられています。

普段から頑張ってくれているからお礼も込めて心を込めて作ったのよ、といただいたのは、キラキラした掛け時計でした。

掛け時計自体はどこかのおしゃれなインテリアショップで購入されたものだと思うのですが、とにかく、あらゆるところにキラキラのスパンコールやキラキラの石を貼られており、ゴージャスなのですが、あまりにも存在感のある掛け時計になっていました。

お気持ちはとてもうれしかったのですが、何しろ趣味が違うので困りました

もちろん院長夫人からなので、受け取りを拒否することなどありません。

その場でうれしかった気持ちを伝え、頂戴しました。

がっかりしたクリスマスプレゼントはどうしましたか?「物置の奥に大事に仕舞われています」

プレゼントは手作りだったと言うこともあり、手間ひまかけて作ってくれた物だったので、嬉しかったのですが、うちのインテリアにキラキラした掛け時計は合わず、飾るところがなくて、がっかりしました。

もう少し、私の家の趣味をわかってもらっていたら、ステキなインテリアとして飾ることが出来たかもしれません。

気軽に捨てることなどできず、クリスマスのデザインもされているので、季節が違う頃にはなおさら飾ることもできず、院長夫人には言えませんが、物置の奥に大事に仕舞われています

院長夫人とは、なかなかお会いすることもないのですが、もちろんいらないなども言えません。

お気持ちは嬉しかったですから。。。

プレゼント選びで気をつけるポイントのアドバイス!「相手が困らないものを選ぼうと心がけて、贈る」

いい経験をしたので、誰かにプレゼントをあげる時は、相手が困らないものを選ぼうと心がけて、贈るようにしています。

さらに言うと、手作りのものは、なかなか気軽に捨てれないということを実感したので、手作りを送る際は、気心や趣味の分かり合えた友人や身内だけに贈ろうと思いました。

最近では、ネットでプレゼントと検索をかけると、人気商品やランキングが出てきたりします。

それらを参考にして、相手へのプレゼント選びは、相手の好みや持っている物の趣味なども考えて贈るべきですね。

クリスマスプレゼントのがっかりエピソード25「ガラス製の置き時計・・・自分が言っていたことをちっとも聞いていなかったのだなとショック」

masayuka31 と申します。
27歳、事務員、千葉に住んでいます。
父と母と姉と自分の4人家族です。

・・・という方の、エピソードをご紹介します!

昔の恋人からもらったものなのですが、腕時計をくれるということになっていたのに、ガラス製の置き時計のもので、時計の部分がとても小さく見えづらいものを贈られたのが少しガッカリしました。

それと子供の時に初めて親からサンタとして貰ったクリスマスプレゼントが欲しいと言った覚えがない掃除機のおもちゃだったことが少しがっかりしました。

まず、時計の件は欲しいものを聞かれた時に腕時計と伝えていたのにもかかわらず、何のキャラクターかわからないガラス製の置き時計だったことに、ああ自分が言っていたことをちっとも聞いていなかったのだなとショックでした。

親からのクリスマスプレゼントのも、欲しかったものではなかったのががっかりした理由です。

がっかりしたクリスマスプレゼントはどうしましたか?「箱のまま本棚に置いておきました」

時計は交際中は家に置いておきました。

滅多にプレゼントくれない恋人だったので一生懸命選んで買ってくれたのだろうなと思って、捨てるに捨てれず、がっかりしたとも言えず、箱のまま本棚に置いておきました

ただ、その恋人と別れた際には高価なものだろうから捨てるか悩みましたが、悩みに悩んだ挙句、捨てることにしました。

親からもらったクリスマスプレゼントは実際に使用し遊びましたが、他にも興味を示した遊びがあったので、どんどん押入れに入ったまま放置するようになりました。

引っ越しする前にはすでに捨ててしまったような気がします。

プレゼント選びで気をつけるポイントのアドバイス!「自分の好みで選ばない事が一番気をつけなきゃならない事」

私も気をつけていることなのですが、自分の好みで選ばない事が一番気をつけなきゃならない事です。

そのあげたい人が何が欲しいか事前に聞いた時に言ってくれていたのであれば、それをその人好みの、もしくはその人に合うなあと考えて買います。

欲しいものがわからない時は普段の会話で何が欲しいとか、何が必要そうだなと考えてそれをその人の好みそうなものだろうなとも考えて決めて買います。

私はこのようにしていつも恋人や家族、友人のプレゼント選びをしています。

クリスマスプレゼントのがっかりエピソード26「118本のバラの花束・・・普通のモノのプレゼントだけで良かった、センスにがっかり」

現在22歳
一般企業の事務員を2年程勤めております。
熊本県熊本市在住、アパートで一人暮らしをしています。

・・・という方の、エピソードをご紹介します!

がっかりではないのですが、118本のバラの花束をもらいました。

クリスマスの日がちょうど118日目ということもあり、プレゼントとは別にロマンチックさを求めた彼氏からのプレゼントでした。

花束を貰ってとても感動しましたが、その後の管理のことなどを考えると(花束を入れる容器や花瓶など)、普通のモノのプレゼントだけで良かったのかなと思いました。

また、118日という中途半端な数もキリがよくない数字のため、心から喜ぶことができませんでした。

サプライズは嬉しいですし、花ももらって嬉しいですが、ロマンチックさを求めてプラスでバラの花をプレゼントされるのは必要ないのではないかと思い、少しセンスにがっかりしました。

がっかりしたクリスマスプレゼントはどうしましたか?「申し訳ないと思いながら捨てました」

クリスマスプレゼント バラの花束

初めはドライフラワーにしようかと思いましたが、私の性格上、花のお世話を続けることができず申し訳ないと思いながら捨てました

まだその彼氏とは付き合っている為、来年は花束はいらないよ、と伝えました。

また購入してそこに出費されるより、違う形でお金を使ってほしいという気持ちと、何より自分が必要ないと思ったときは伝えるのが大事かと思いました。

もちろん相手にも、感謝の気持ちを伝えたうえで、バラの花は必要ないと伝えました。

プレゼント選びで気をつけるポイントのアドバイス!「貰ったときにプラスで必要なものを買う」

もちろん、相手にもよりますがもし花束などのプレゼントをされる時は、花瓶なども一緒に買っていくか、最近はプリザードフラワーなど手入れしなくても綺麗な状態の花がみれるものもあるので、そちらをオススメします。

プレゼントなどは、貰ったときにプラスで必要なものを買うと気が利いてる人だなと感じます(例えば、水筒のプレゼントの場合、洗い安い水筒用のスポンジを買うなど)あとは、名前入りのプレゼントなど特別なプレゼントも、自分の名前なども入れてしまうと、少し重たいかなと思います。

クリスマスプレゼントのがっかりエピソード27「少女漫画雑誌のりぼんの最新号・・・直前まで当然サンタさんだと思っていました」

27歳、ホテルのベッドメイクの仕事を明後日から始める予定とな言っています。
現在一人暮らしをしています。

・・・という方の、エピソードをご紹介します!

母からもらいました。

当時読んでいた少女漫画雑誌のりぼんの最新号です。

その当時サンタさんの存在を信じており、少なくとも朝起きたらプレゼントがあるものだというワクワク感を第一に期待していたのですが(私は当時そこまで物欲がなく、なにかをサプライズでもらえるということに喜びを感じていたので)、運が悪いというか、中途半端な朝方に目覚めてしまい、もう一度二度寝しようにもなかなか寝付けなかったのです。

そこで誰かの足音が自分の枕元に近づいてくるのが聞こえ、私は大いに期待を膨らませました。

私はうっすらと目を開けながら誰が寝室に入ってくるかをどきどきいながら待っていました。

私は直前まで当然サンタさんだと思っていました。

中途半端に起きちゃったけど、ラッキー!サンタさんが見れる!とまでわくわくしていました。

ところが…それは母だったのです。

がっかりしたクリスマスプレゼントはどうしましたか?「古紙回収の日に新聞紙と一緒にまとめて捨てられました」

プレゼント自体は雑誌の最新号なので楽しく読ませていただきまして、いずれ来る古紙回収の日に新聞紙と一緒にまとめて捨てられました。

プレゼント自体はもういいのです。

何より、私がサンタさんからプレゼントをもらったと信じ切って感想を聞いてくる母に「サンタさんからプレゼントをもらった体」を保つのが大変気まずいと思いました。

これ以降、私はサンタさんはいないのだと悟ったのです。

今までもらっていたプレゼントも、全部母が用意したのだということも分かってきて、ある意味、それでひとつ大人になったと思います。

プレゼント選びで気をつけるポイントのアドバイス!「期待を裏切らせてはいけません」

クリスマスプレゼントという一大イベントは、まず期待を裏切らせてはいけません

なので、逆にサンタさんは来ないのに当日プレゼントがあるといったほうが大きなサプライズになり喜ばれると思います。

例「○○にプレゼントは来るかなあ?いい子にしてたかなあ?」

と。

そうするとそれを信じた子供はいい子でいるよう努める努力をするでしょうし、いままでにやらかしてしまった失敗を思い出してこれではもらえないと意気消沈するかもしれません。

でも、当日にプレゼントがおいてあったらうれしさも一入。

私だったら喜んで両親に報告すると思います。

クリスマスプレゼントのがっかりエピソード28「アイシャドウやマスカラなど小物化粧品・・・使うはずもない色を渡されたのでがっかり」

20代女性。
現在は、アルバイトとして働いております。
愛知県に住んでおり、父親と母親の2人両親がいます。

・・・という方の、エピソードをご紹介します!

彼氏がいたとき、その彼とはまだまだ付き合いも浅く半年くらいの付き合いでした。

もうすぐクリスマスというイベントを待ち構えてもちろんすごく楽しみにしていました。

彼氏からのクリスマスプレゼントを期待しないわけがなく、当日おしゃれなレストランで予約してくれていたので2人で食事を楽しみデザートも終え、そろそろプレゼント交換しようかとなりました。

私から渡し、その後彼氏からもらいました。

開けてみると化粧品、アイシャドウやマスカラなど小物化粧品

聞けば嬉しい限りだと思います女性からして。

ですがアイシャドウの色が派手でしかない。

青に緑に奇抜な色パーティにつけていくような色で、私はナチュラルな化粧しかしなかった為、使うはずもない色を渡されたのでがっかりしました。

がっかりしたクリスマスプレゼントはどうしましたか?「一度も使用することがなかった」

クリスマスプレゼント アイシャドウ

彼氏とクリスマスを過ごして、しばらく付き合いは続きましたが、その後喧嘩別れとなりました。

もらった化粧品は一度も使用することがなかったです。

別れた後に彼氏からもらったものどうしようと考えて、結局自分が使わないのに家に置いておいても邪魔でしかないので、欲しがる友人だったり、アプリを通して他の人へ売って自分のお小遣いとしてお金に変えました

別れる時にプレゼントの件に関しては何も言ったことはありません。

あれはあれで思い出として心にしまいました。

プレゼント選びで気をつけるポイントのアドバイス!「普段の会話に少しリサーチを質問を加えて、欲しいもの上手く聞き出す」

よく気持ちがこもっていればなんでもいい。

なんて意見がありますが間違いではないと思います。

でもプレゼントを渡すからには使ってくれるものを渡したいのは、あげるほうはもちろんのこと、貰う方も使えるものが欲しいと思うはずです。

普段の会話に少しリサーチを質問を加えて好みだったり、困っていること、欲しいもの上手く聞き出し相手に心から喜んでもらえるといいですよね。

あとは渡す時に一言あなたの為に選んだなどと付け加えればさらにグッとくると思います。

クリスマスプレゼントのがっかりエピソード29「服・・・心の中では『こんなの着ないし~』という感想」

年齢…45歳
お仕事…パート
お住まい…福岡
家族構成…主人・私
子供3人(高1・中2・中1)

・・・という方の、エピソードをご紹介します!

結婚してから主人から頂きました。

はじめに、主人はセンスがよい方ではありません。

クリスマス、特に期待もせずに子供・主人にはプレゼントを準備していました。

みんな、とても喜んでくれました。

すると、子供がいない場所で私に主人がプレゼントを持って来てくれました。

洋服店の袋に入っていました。

予想外のプレゼントにとても嬉しく、ワクワクした気持ちで袋を開けました。

中身をみて、を広げました。

正直、心の中では『こんなの着ないし~』という感想だったのですが…

せっかく1人でお店に行き、少ないお小遣いで購入してくれたので、『ありがとう。わざわざ1人で買に行ってくれたの?』と問いました。

喜ぶ私をみた主人は照れ臭そうに『うん』と。

もう少し趣味考えて~という本音でした。

がっかりしたクリスマスプレゼントはどうしましたか?「捨てずにタンスにしまってあります」

さすがにせっかく1人で店に行き、私の為に購入してくれたので、捨てずにタンスにしまってあります

当然、がっかりしたなんて言えるはずもなく…

クリスマスに頂いたので、冬に自宅用で着用しております。

それとなく私がよく通うお店に連れて行って、服を見たりなどして、趣味を分かってもらうよう頑張っております。

その後も数点的外れのプレゼントありましたが、全てしっかり保管しております。

さすがに捨てられないし、フリマで売る事もできません。

プレゼント選びで気をつけるポイントのアドバイス!「プレゼントを渡す相手の趣味・思考をしっかり把握すること」

プレゼントを渡す相手の趣味・思考をしっかり把握することですね。

迷ったときは、それとなく会話の中で質問するとか…。

ハッキリと聞ける間柄なら、『何が欲しい?』とストレートに聞いてもよいかも。

確実なのは、一緒に買に行こうと誘って、一緒に品物を選ぶのも良いかも。

価値観も分かるし。

自分の判断だけで買うのは失敗するので、慎重にリサーチすることですね。

こだわりが強い人は特に普段身につけている物など参考に。

なんでもいいよ…の感じの人なら、自分色に染める品物でも喜ぶかもです。

クリスマスプレゼントのがっかりエピソード30「時計・・・私が期待していたデザインと違いました」

25歳の専業主婦で、空いた時間にデータ入力の仕事をしています。
愛知県在住で現在妊娠8か月で、今は夫と二人暮らしです。

・・・という方の、エピソードをご紹介します!

数年前、当時付き合っていた彼氏にクリスマスプレゼントで時計をもらいました。

その年はお互い、「クリスマスプレゼントはなしね」と話していたのでサプライズでした。

袋を開け、箱のブランドを見てみると以前から私が欲しがっていたブランドだったのでとても期待して開けました。

すると、微妙に私が期待していたデザインと違いました

私が欲しかったのは文字盤がとけいだったのですが、彼がプレゼントしてくれたのは文字盤がシルバーでした。

デザインは一緒だったのですが、色が違うだけで雰囲気が変わってくるので少しがっかりしました。

私は以前から雑誌や店頭で「これ可愛い」と言ってきて、彼は実物を見ているはずなのに覚えててくれなかったこともがっかりでした。

がっかりしたクリスマスプレゼントはどうしましたか?「自宅で保管」

もらった時は箱を見たときの期待値が高すぎてがっかりしましたが、いざ使ってみるとシルバーでも可愛いしどんな洋服でも合わせやすかったので特に彼と会うときは身に着けていました。

しかし、やはり心底デザインではないだけに、だんだん使うこともなくなり、彼と別れた今では自宅で保管されています。

売ろうか迷ってこともありましたが、絶妙に出番があるので売れずにいます。

たまに身に着けていると褒められることもあるので、小物の一部として持っておこうかなと思います。

プレゼント選びで気をつけるポイントのアドバイス!「下調べは念入りにした方がいい」

せっかくプレゼントをあげるなら、下調べは念入りにした方がいいです。

特に女性は誕生日やクリスマスなどプレゼントが絡むイベントごとの前には何かしらヒントを与えているはずなので、話をいつもより慎重に聞いてあげてください。

相手をよく知る友人に相談してもいいと思います。

サプライズが苦手だという方は、思い切っって本人に聞いてしまった方が相手も欲しいものがもらえますし、がっかりされなくて済むと思います。

ただ、女性はサプライズが好きなので、日頃から相手に興味を持って好みをリサーチしておくことが大事です。

最後に

クリスマスプレゼント

いかがだったでしょうか。

いろいろな、がっかりエピソードからちょっと感動なエピソードまでありましたね。

みなさん、プレゼントを贈る際のアドバイスとしては、「事前にリサーチをしておくこと」という意見が多いようですね。

やはり、せっかくプレゼントを贈るなら、贈った相手が本当に喜んでくれる顔が見たいですよね。

もちろん、プレゼントを贈るときには、贈る相手のことを第一に考えて自分の気持ちを込めて贈りたいですね。

今年のクリスマスには、贈る方に気づかれないようにリサーチをして素敵なプレゼントを選んでください!

コメント