PR

子供が将来の夢はないと言っている場合に親はどのようにサポートをする?

「大きくなったら何になりたい?」という質問に「うーん・・・」と答えられない子どもも少なくありません。親としては目標がないようで、心配になることもありますよね。

この記事では以下の点を中心に書いています。

最後まで読むと、子どもが夢を見つけるためのサポートができるようになりますよ!

  • 子どもの将来の夢を見つけるために
  • 将来の夢ランキング
  • 子どもの夢をサポートするには

それではいってみましょう。

小学低学年の子供が「将来の夢はない」と言っている

子どもたちは小さな頃から「大きくなったら何になりたい?」と聞かれます。

それは、近しい人からだけでなく、他人に聞かれることもあるし、幼稚園や学校でもよく聞かれる質問です。

大人としては、そこにいる子どもの将来を想像して、微笑ましく思うことでしょう。

子どもは可能性が無限大ということを大人は知っているからです。

そんなときに、「特にない」という答えが返ってくると、聞いたほうが残念な気持ちになってしまうのも事実です。

でも、大人もその場を取り繕っての答えを期待しているわけではありませんよね。子どもも聞かれて戸惑い、夢がないことがダメなことと思ってしまうかもしれません。

夢をまだ見つけていない子どもは、憧れる人や夢中になれることにまだ出会ってないだけです。あまり追い詰めずに、焦ることなく見守りましょう。

今どきの小学生の将来の夢は?

小学生にとって今どんな職業が人気を得ているのでしょうか。2021年度と2000年度ランキングと比較してみましょう。

2022年3月に第一生命保険株式会社が小学生1~6年生を対象に「大人になったらなりたいもの」を調査しました。

2020年時のランキングとあわせてみてみましょう。

男 子
2021年 2000年
1位 会社員 1位 野球選手
2位 youtuber・動画投稿者 2位 サッカー選手
3位 サッカー選手 3位 学者・博士
4位 ゲームクリエイター 4位 大工さん
5位 野球選手 5位 消防士・救急隊・食べ物屋さん

 

女 子
2021年 2000年
1位 パティシエ 1位 食べ物屋さん
2位 看護師 2位 看護師
3位 保育園・幼稚園の先生 3位 お花屋さん
4位 会社員 4位 保育園・幼稚園の先生
5位 医師 5位 歌手・タレント

約20年前と比較すると、男女ともに公務員ではなく、会社員がランクインしています。

また男子はユーチューバーやゲームクリエイター、スポーツ選手が入っており、遊びや趣味の延長線上にあるものに憧れているように感じます。

女子は2000年とあまり変化は感じませんが、お花屋さんや歌手がランク外になっており、堅実的な印象があります。

将来の夢は無理に見つけなくてもよい?

「将来の夢を早く見つけてあげなくちゃ!」と大人の方が必死になっていませんか。

親が「警察官は?薬剤師は?」なんて言い聞かせても、子どもはその仕事に憧れるかわかりません。

親に言い聞かせられて夢を決めてしまうと、子どもが挫折したときに「あのとき親に言われたから」と言われるかもしれません。

親であっても、子どもの人生の責任をとることも、変わってあげることもできません。親は助言やサポートはしても、選択はすべて本人主導であるべきだとわたしは思います。

また、低学年が知っている職業はほんの一部です。

うちの子も「学校の先生って仕事なの?お金をもらっているの?」と聞いてきたことがあります。学校は生活の一部で、親と同じように無償で勉強を教えてくれていると思っていたのでしょうね。

子どもにとって、どれが仕事でどれが趣味で・・と区別や判断がついていないのかもしれません。

まずは世の中にはどんな仕事があるのかを教えてあげましょう。

将来の夢を見つけるために親がサポートできること5選

親が「将来の夢を早く決めなさい!」と言ったところで、夢を見つけることはできません。

夢を持つきっかけは様々です。

「あんな大人になりたい」「あれが出来るようになりたい」「楽しいことをずっとしたい」「皆んなに褒めてもらいたい」

そう思える出会いがあるように、視野を広げてあげることが親の役目なのかもしれません。

身近な人の職業を説明する

親や親戚の仕事について教えてあげることから始めましょう。

教師や看護師などは、説明しやすいですよね。

しかし、「営業」「事務」「レジ打ち」などのお仕事の場合、「営業」ならどんな物を作っている・売っている会社で、それをどんな人に勧めているかなどを簡潔に説明してあげましょう。

生活の中で仕事に結びつけていく

子どもの日常で関係しているものを仕事という概念で教えます。

学校や習い事の先生、歯医者さん、ゲームやテレビの中の人、などたくさんの仕事で世の中は成り立っていることに気づくはずです。

色々なところに連れていく

子どもの日常の生活では気づきにくいところでも、働く人はたくさんいます。

たとえば、水族館や遊園地のお仕事、交通機関でのお仕事、ご飯を食べるところでのお仕事、買い物をする場所でのお仕事、工事をするお仕事など、お出かけすると、視野が大きく広がります。

子どもの好きなことが何かを観察する

子どもが夢中になっていることから、仕事に結びつけることもできます。電車が好き・ダンスやスポーツが好き・楽器が好きなど、子どもは一人ひとり違います。

好きなことから、こういうお仕事の人もいるよと教えてあげることで、夢につながることもあります。

子どもの得意なことを発見する

あまり頑張らなくても、人よりも上手にできることはありませんか。それは、その子の特技になります。

憧れとは異なりますが、人から褒められたら嬉しくなってもっと出来るようになりたいという向上心がでてきます。

その特技を活かすには、こんな仕事もあるよ。と教えてあげるのも将来の目標に繋がりますよ。

子供の頃の夢を叶えた有名人・スポーツ選手など5名を紹介

テレビの中のヒーローはどうやって夢を叶えてきたのでしょうか。目標を叶える人は本人の努力が一番ですが、未成年のうちは親のサポートも必要です。

夢を叶えた人の家族について紹介します。

本田圭佑

世界に羽ばたくサッカー選手ですが、生い立ちは厳しく、生活は豊かではなかったようです。小学校2年生で両親が離婚し、父子家庭で育っています。

小学生のとき、サッカーチームの集合場所にモノレールで通っていました。しかし、父から「トレーニングのために自転車で行け!」「人より努力しろ」と言われ、4駅ほどある距離まで、自転車で行っていました。

本人も「誰よりも根性には自信があった」と言っているのは、厳しく育てた父親の影響も大きいでしょう。

金銭的には豊かではなくても、父親なりにサッカー選手になる夢は応援していたようですね。

大谷翔平

投打で活躍し、大リーグで日々成績を更新する大谷選手。本田選手と同じく学生時代からはっきりとした目標を持っていました。

有名なのが、大谷選手が高校時代に書いた「目標達成シート」です。夢を叶えるために今自分が何をすべきかを、明確にしています。

父親は社会人野球をやっており、野球の知識や技術を備えていたことがわかります。また、早期退職をしておりその理由として、大谷選手のサポートと少年野球チームの監督に専念するためとあります。

自分のことより子どもの夢を育てるために必死にやってきたということですね。

浅田真央

あどけなさが残る頃から、フィギュアスケートでわたし達を楽しませてくれました。いつも笑顔の印象がある浅田選手も辛い生い立ちがあります。

母親が好きだったバレエの上達を目的に、フィギュアスケートを始めました。姉妹はバレエよりフィギュアスケートに夢中になっていきます。

フィギュアの才能が見出された浅田選手の為に、母は「娘をメダリストにする」と決意します。

有名なコーチに弟子入りさせ、母の車で送迎し、連日何時間も猛練習。衣装やシューズにも費用がかかります。

金銭的にも余裕はなかったけど、ご両親は子どもの夢に人生をかけ、時間もお金もつぎ込んできたようです。

錦織圭

子供の頃から世界を飛び回り、輝かしい功績を積んでいます。錦織家は「子どものやりたいことをサポートする」と決めていたようです。

錦織選手は、5歳の頃からテニスを始め、小学生で才能は開花していました。中学生のときにテニス留学しており、17歳でプロに転向。

親は金銭も含め、身の回りの生活もサポートしていたことは感じられますね。

さくらももこ

国民的漫画「ちびまる子ちゃん」の作者さくらももこさんも、子どもの頃からの夢を叶えた1人です。

ちびまる子ちゃんを見てもわかるように、ぐうたらと過ごす日々を親から怒られていたようです。「漫画家になりたい」という夢をなかなか認めてもらえませんでした。

しかし、夢を諦めきれずに、毎日寝る間も惜しみ漫画を描く日々を送っていた娘に、母親はいつしか身体を心配してくれるようになったとエッセイにかかれています。

漫画家で成功し、作者に家庭ができると、生活や子育てはご両親がサポートしていたようです。

将来の夢がない場合の「将来の夢をテーマにした作文」の書き方は?

学校での作文は、「将来の夢」は馴染みのテーマです。

小学生のうちは「結論→理由→現在→未来」を意識して書くことでまとまりやすくなります。

  • 結論・・・私は将来〇〇になりたいと考えています
  • 理由・・・なぜなら〇〇にあこがれているからです。(憧れているところや、そのきっかけ)
  • 現在・・・その夢を叶えるために現在していること
  • 未来・・・将来はどんな◯◯になりたいか。(そのためにどんなことをしていきたいか)

将来の夢がない場合は、いま自分が楽しいこと、趣味などを書いてもいいです。

または、「家族で元気に暮らす」や「ペットを飼いたい」「大きな家に住みたい」など願望を書いてもいいでしょう。

それを叶えるためには、どうすればよいかを考えているうちに、将来の夢も見つかるかもしれません。

まとめ

 

◯子供が「将来の夢はない」と言っているあまり追い詰めずに、焦ることなく見守りましょう。

◯今どきの小学生の将来の夢は?

男子:

  • 1位 会社員 
  • 2位 youtuber・動画投稿者  
  • 3位 サッカー選手  

女子:

  • 1位 パティシエ   
  • 2位 看護師  
  • 3位 保育園・幼稚園の先生

◯将来の夢は見つかるまで、世の中にはどんな仕事があるのかを教えてあげましょう。

◯将来の夢を見つけるために親がサポートできること5選

  • 身近な人の職業を説明する
  • 生活の中で仕事に結びつけていく
  • 色々なところに連れていく
  • 子どもの好きなことが何かを観察する
  • 子どもの得意なことを発見する

◯子供の頃の夢を叶えた有名人・スポーツ選手など

  • 本田圭佑
  • 大谷翔平
  • 浅田真央
  • 錦織圭
  • さくらももこ

◯将来の夢がない場合の「将来の夢をテーマにした作文」の書き方は?

「結論→理由→現在→未来」の順に書いていきましょう。

夢がない場合は、日常の願望などから書き出してみましょう。

子どもの将来をサポートするためには、夢がない時からでも出来ることがあります。自分で夢を見つけるときまで、焦らずゆっくりと見守っていきましょうね。

まずは、身近なところに、どんなお仕事があるか話すところから始めましょう♪

タイトルとURLをコピーしました