チャッキラコ2020みどころまとめ!歴史や衣装は?三崎昭和館とは?

スポンサーリンク

チャッキラコ

神奈川県三浦市で毎年女性のみで踊る地元の民俗芸能「チャッキラコ」が行われていて、2020年はどのような予定になっているのか気になります。

そもそもチャッキラコとはどんな行事でどのような歴史があるのか、どういった特徴があるのかも名前だけではよく分からないので確認しておきたいですよね。

今回は神奈川県三浦市で行われる民俗芸能「チャッキラコ」について、2020年の見どころはもちろん、どのような歴史がありどんな行事なのかをまとめています。

チャッキラコとはどんな行事なのか、何が見どころなのかが気になる方、歴史や衣装が気になる方にも分かりやすく紹介しているので、ぜひご確認ください!

チャッキラコ 2020!どんな行事?歴史は?

海

そもそもチャッキラコとは豊漁や豊作、商売繁盛などを祈願する民俗芸能で女性のみで踊られるという特徴があり、その歴史は遠く江戸時代まで遡ります。

少なくとも宝暦6年の年中行事のひとつとしてチャッキラコは記されているのでおよそ250年前には存在し、現在に伝わってきているという長い歴史があるんですね。

チャッキラコ概要

日程:1月15日(小正月)

時間:10時から11時(奉納)

住所:神奈川県三浦市三崎4-12-11

開催場所

  • 海南神社
  • 仲崎竜神様
  • 花暮竜宮様
  • 三浦港周辺

アクセス方法

京急久里浜線「三崎口駅」から京急バス「三崎港方面」に乗車、「三崎港バス停」で下車し徒歩およそ3分

 

チャッキラコの始まりは海南神社の祭神藤原資盈の奥方盈渡姫が庶民の娘に教えたという説と源頼朝が磯取りをしていた親子に舞を所望し、母子で歌い舞ったという説の2つがあります。

いずれにせよ始まりは厳密には不明となっている江戸時代の中頃から確認されている民俗芸能がチャッキラコであり、現在も年配の女性が唄い少女が踊るという仕組みは続いています。

現在は三浦の伝統文化のひとつとして「ちゃっきらこ保存会」が昭和39年に結成されて以降受け継がれていて、地元の方にとっても守っていきたい大切な行事なんですね。

チャッキラコでは華やかな衣装や唄はもちろん、三崎昭和館の建物や展示物を見たいと毎年多くの方が訪れて盛り上がっています!

チャッキラコの意味や衣装の特徴は?

こけしの女の子のイラスト

「チャッキラコ」は聞き慣れない言葉でどういう意味か分からないと感じる方が多いかもしれませんが、チャッキラコでの曲目6つの一つが「ちゃっきらこ」であり、曲目の総称でもあります。

チャッキラコは年配の女性10人は黒色の着物に羽織姿、5歳から12歳までの少女20人は赤色の晴れ着という衣装姿で、楽器類などは伴わず唄と囃言葉、そして踊りだけというスタイルです。

少女たちは1本もしくは2本の扇を手に踊る、またちゃっきらこでは20cm程度の竹の両端に五色の紙を短冊に切って小さな鈴をつけた綾竹を持って踊ります。

2018年に数十年ぶりに衣装を新しく刷新することができたチャッキラコの衣装はとても大切に取り扱われていて、衣装を着れるチャンスはなかなかありません。

自分で着てみたくはあるかもしれませんがそれよりもチャッキラコを見学に行き、少女たちが赤い晴れ着を着て踊る姿を楽しむ方向でチャッキラコの歴史や踊りを満喫しましょう!

チャッキラコと三崎昭和館の関係は?

道路

チャッキラコを調べていると三崎昭和館という建物をよく目にしますが、三崎昭和館とはチャッキラコの資料などが展示されていて、その他多くの昭和のアイテムを見ることができる場所です。

三崎昭和館

場  所:三浦市三崎2-11-3

開館時間:10時から16時

定 休 日 :水・木

料  金:無料

電  話:046-881-6721(株式会社三浦海業公社)

◎展示一覧

  • チャッキラコ資料
  • 昭和の本
  • おもちゃ
  • レコードジャケット
  • 映画ポスター

その他三崎出身作曲家である小村三千三のコーナーには直筆の楽譜があるなど、三崎の昭和の暮らしを知ることができる資料がたくさん置いてある場所なんですね。

三崎昭和館は元々古民家を改装して作られたものであり、建物自体も重厚な蔵造りの商家そのままなのでどこを見ても楽しめる、歴史を感じられる場所となっています!

チャッキラコ2020のみどころ3選! その1:チャッキラコ奉納

御神木

チャッキラコでも最も重要な行事「チャッキラコ奉納」は少女たちの華やかな衣装と踊りが楽しめる、チャッキラコを知るためには絶対に見逃せないおすすめどころです!

神奈川県三浦市観光PR 「チャッキラコ奉納」

神奈川県三浦市観光PR 「チャッキラコ奉納」

チャッキラコ2020のみどころ3選! その2:仲崎竜神様での舞

海

海南神社での奉納が終わった後は市内のあちこちをめぐり踊りを披露することになり、そんなひとつ、午後から行われる仲崎竜神様での舞も間近で見られるのが魅力です!

チャッキラコ 三浦市 仲崎竜神様

チャッキラコ 三浦市 仲崎竜神様

チャッキラコ2020のみどころ3選! その3:三崎昭和館

三崎昭和館

チャッキラコをより知るという目的はもちろん、その他三崎の昭和での生活、もっと幅広く昭和の雰囲気を垣間見れるなど、多くの展示がある三崎昭和館も魅力です。

チャッキラコの奉納を見学した後は三崎昭和館でチャッキラコの歴史を知る、建物や展示をゆっくり眺めるのもおすすめなので、三崎昭和館も見逃さないようにしてくださいね!

三崎昭和館

三崎昭和館

まとめ

三崎の民俗芸能「チャッキラコ」とはどのような行事なのか、衣装やチャッキラコの言葉の意味などまとめ!

 

  1. 毎年小正月(1月15日)に行われているチャッキラコは女性だけで踊る、唄う民俗芸能であり、その始まりは少なくとも江戸時代中期には記されているほど古い!
  2. チャッキラコとは曲目の一つ「ちゃっきらこ」であり曲目6つの総称でもある、少女が赤色の晴れ着を着て扇や綾竹を持って踊る華やかな行事!
  3. 三崎昭和館にはチャッキラコの過去の資料の展示がされていて、その他昭和の雰囲気を知ることができる展示も多く、ぜひ覗いておきたい場所!
  4. チャッキラコで見逃せないのはやはり最初に行われる海南神社での奉納であり、華やかな踊りを絶対に見逃さないように注意しよう!
  5. もし海南神社の奉納を見逃した場合にもおすすめなのが午後から行われる仲崎竜神様での舞で、間近で舞を見られるのが魅力!
  6. 三崎昭和館もチャッキラコに来たからには絶対にチェックしておきたい場所で、チャッキラコの歴史はもちろん、昭和の雰囲気をたくさん感じられる場所でおすすめ!

三崎の小正月の華やかなイベントとして知られるチャッキラコは、遠方に住んでいるとあまり耳にすることもなく初めて聞く方もいらっしゃるかもしれません。

今回ご紹介したような華やかかつ歴史ある行事がチャッキラコなので、ぜひその歴史が受け継がれている姿、そして少女たちの華やかな舞をご自身の目で確認してくださいね!

コメント