四季の言葉(夏)

スポンサーリンク
四季の言葉(夏)

新盆の挨拶!訪問・施主や喪主・近所への挨拶例まとめ!挨拶文例つき

新盆では、ご家族が親族、生前に親しかった人などを自宅にお招きして、故人を偲び、心をこめて丁寧に法要を行います。 逆に新盆見舞いとは、亡くなった親戚や友人・知人の四十九日が過ぎ、初めて迎えるお盆の時に、お宅に訪問させていただく際に持参する香典やお供え物のことを言います。 新盆が初めてで、どんな挨拶をすればいいか悩んでいる方も、故人宅の新盆に訪問するけれど勝手がわからないという方も、ご安心ください。新盆に必要なマナーは特別難しいものではありません。 これから新盆を迎えるご家族の方には、挨拶状の書き方を文例でご紹介します。また新盆見舞いに故人宅を訪ねる方には訪問時の挨拶からマナーまで、まとめてご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね!
四季の言葉(夏)

ひまわりの花言葉!韓国と日本では違う!?結婚式には最適な花?

夏の花の中でも大きく華やかなひまわりは、見ているだけでも元気が出てくる、好きな方が多い花ですよね。 そんなひまわりを結婚式で使いたいと考える方も多いのですが、一方結婚式で使うのなら特に気をつけたいこととして「花言葉」があります。 またひまわりの花言葉は日本と韓国では違うという情報もあり、具体的にどんな花言葉なのか、日本と韓国でどう違うのかも知っておきたいところですね。 ここではひまわりの花言葉について、日本と韓国それぞれの違い、そして結婚式で使うに最適な花なのかどうかを紹介します。 ひまわりの花言葉は日本と韓国だけではなく本数でも違うので、ぜひこの機会にひまわりについて詳しく知っておきましょう!
四季の言葉(夏)

海で告白する時のセリフ3選!意中の彼女が喜ぶシチュエーションは?

大好きな意中の彼女に告白したい、海で告白して意中の彼女に喜んでもらいたいけれど、どんなセリフなら意中の彼女に喜んでもらえるだろうか……こんな悩みを抱えていませんか? 告白するのならもちろん失敗は避けたいもの、成功するセリフ、意中の彼女が喜んでくれるシチュエーションを想定し、実戦していきたいところですよね。 ここではこのように「海で告白しようと思っているけれど意中の彼女が喜ぶセリフ、シチュエーションに悩んでいる」という方に向けて、おすすめのセリフやシチュエーションを紹介します。 意中の彼女に気持ちをしっかり伝えるため、彼女に喜んでOKしてもらえるため、失敗しないためにも、ぜひおすすめのセリフなどをチェックしておきましょう!
四季の言葉(夏)

海水浴デートに付き合う前に誘うのはあり?海で告白するセリフは?

想いを寄せている彼女と一緒に遊びたい、そんな一心で海水浴デートに誘いたい……けれど付き合う前に海水浴デートへ誘うのはありだろうか、なんて悩みはありませんか? またせっかくの海水浴デート、付き合う前に誘って来てくれたのなら、そのまま海で告白というシチュエーションを用意したいところですよね。 ここでは付き合う前に海水浴デートに誘うのはありかなしかはもちろん、このような悩みを持っている方に向けて、海で告白する際におすすめのセリフなども紹介していきます。 せっかくの海水浴デート、付き合う前に誘えたのならそのまま海で告白というシチュエーションにも持っていきたいもの、念入りに準備するためにぜひ確認しておきましょう!
四季の言葉(夏)

朝顔の花言葉が怖いらしい!?青・紫・ピンク・白・赤色別花言葉!

小学1年生の夏休みの宿題で朝顔を育てるのは定番で、多くの方が朝顔の観察日記をつけたりした記憶があるのではないでしょうか。 朝顔は夏の花としても定番として誰もが知っている花で、そんな朝顔の花言葉が気になって調べたことはありませんか? しかし実は朝顔の花言葉には怖いものもあり、夏の爽やかなイメージやかわいらしい花から想像する言葉を考えているとびっくりするんです。ここではそんな朝顔の怖い花言葉はもちろん、色別の花言葉や朝顔の育て方など、朝顔について詳しく紹介していきます。 朝顔の怖い花言葉やその他の花言葉、育て方などが気になる方は、ぜひこの機会にご確認ください!
四季の言葉(夏)

ねぷた祭りの掛け声の意味まとめ!ラッセラー・ヤーヤドーの意味は?

ねぷた祭りは様々な題材を使った大小のねぷたが練り歩くお祭りで、「ラッセラー」「ヤーヤドー」など特徴的な掛け声が耳に残っている方も多いのではないでしょうか。 ねぷた祭りの掛け声はお祭りの雰囲気を盛り上げる、聞いているだけでもわくわくするものですが、ふと「ねぷた祭りの掛け声の意味ってなんだろう」と疑問に思うこともあります。 ねぷた祭りでの掛け声の意味、一度気になったらどういう意味で使っているのか、祭りによって違う掛け声があるのは何故なのか気になりますよね。 ここではねぷた祭りでの掛け声の意味が気になった方に、掛け声の意味、そしてねぷた祭りについての詳細を紹介していくのでぜひご確認ください!
四季の言葉(夏)

靖国神社みたままつり2019!御朱印の時間は?祭りの楽しみ方は?

靖国神社では毎年7月に「みたままつり」という行事が行われていて、みたままつりの期間には限定の御朱印がいただけます。 みたままつりとは国のために尊い命を捧げられた英霊を慰める行事として行われているもので、日本古来で言えばお盆期間に行われている、いわば夏祭りなんです。 御朱印を集めているのなら靖国神社みたままつり限定の御朱印は見逃したくないところ、いついただけるのか、時間なども気になるところですよね。 ここでは2019年の靖国神社のみたままつりについての概要や詳細、また気になる御朱印がいただける時間などを紹介していきます。 もちろん御朱印だけではなくみたままつりを楽しむための見どころなども紹介しているので、今年2019年の靖国神社みたままつりを楽しみたい方はぜひご確認ください!
四季の言葉(夏)

初盆を欠席する時の手紙の文例・香典・お供えの欠席時のマナーは?

初盆とは亡くなった方が四十九日を過ぎて初めて迎えるお盆のことであり、「新盆」と言うこともあります。 故人がはじめて帰ってくることになる大切なお盆で、お招きされた場合はなるべく欠席しないで参加するのがマナーです。 とはいえどうしても都合がつけられなく初盆を欠席しないといけない場合ももちろんあり、そうなると失礼のないように初盆の欠席を手紙などで伝えなければなりません。 ここでは初盆に招かれたけれど欠席しなければならなくなった方へ、マナーに沿った手紙の文例、そして香典やお供えの欠席時のマナーについてまとめています。 初盆に招かれたものの欠席しなければならなくなった場合に知っておきたい手紙・香典・お供えのマナーを、ここでチェックしていきましょう!
スポンサーリンク