部活勧誘のコツ!大学の文化部編!勧誘の言葉かけやポスターのアイデアは?

スポンサーリンク

大学のキャンパス

新しい部員を増やしたい…でもどうやったら効率的に勧誘できるのか、悩みますよね。

部活勧誘のコツなんかがあったら知りたくはないですか?

ここでは、勧誘の声掛けの第一声、声をかけるタイミング、どんな人を誘ったらいいか、ポスターの書き方や貼り方のコツ、書かなくてはいけないこと、勧誘の際のNG行動など、部活勧誘に必要なあれこれをご紹介していきます。

部活勧誘のコツ!大学の文化部編!勧誘の言葉かけはどうする?

ビラを配る女性

さて、部活勧誘と一言にいっても、どこでどう勧誘したらいいのか悩みますよね。

大学の部活勧誘のタイミングは、実はたくさんあります。

一番わかりやすいのが、一年生の入学式の前や後。

一年生が出入りする際に道などで声掛けやチラシ配りをしてみてください。

禁止している大学もあるかもしれませんので、そのあたりはチェックをお願いします。

この時は、一年生が急いでいるので、声をかけるのがメインというよりは、チラシを渡して知ってもらうことがメインです。

他にいいタイミングは、一年生がシラバスをもらいに来るときと、健康診断の日です。

こういった日は一年生だけ大学に用事があるため、一年生だと見分けるのが簡単かつ、話をすることもできます。

その際の声掛けとしては、

「見学だけでも大丈夫だし、途中で帰るのも大丈夫だから、少し部活の活動を覗いていかない?」

など、断りやすいようやさしく声をかけてあげてください。

「もし時間があったら」

などと最初に声をかけると更にやさしく丁寧に感じられます。

文化部は、ただ部室に招いて部活動をしている姿を見せるだけでも部活のイメージがわきやすいので、まず部室に呼ぶことが大切です。

無事部室まで来てもらえたら、部活動をしている姿を見学、解説するもよし、一緒に部活動を体験してもらうのもよしです。

特に体験してもらうと、部活の内容だけでなく、先輩たちの雰囲気もわかり、新入生が入部するか決まるのに一役買います。

可能なら、ぜひ部活体験をさせてあげてください。

大学部活勧誘のコツ!どんな人を誘う?

笛を吹く銅像

どんな人に声をかけて誘ったらいいか悩むと思います。

文化部でしたら、吹奏楽部だったら楽器、美術部だったら絵など、見たら一瞬でその部活だ!とわかるものを持参していると、興味のある子は視線をくれたり、声をかけてくれるかもしれません。

こちらから声をかける時は、その人が文化部に興味があるかを見分けられると効率がいいですよね。

上記にあげた部活に関する道具を持って声掛けをおこなえば、興味のある子は興味がありそうにあなたたちのことを見てくれるはずです。

何にも興味がなさそうな子も、運動部っぽい見た目の子でなければ声をかけてみてもいいでしょう。

もちろん運動部っぽい日に焼けている子や、背の高い子なども、高校から文化部に入ってくれるかもしれないので、興味がありそうな素振りをしていたら、ためらうことなく声をかけてあげて下さい。

何よりもチラシを渡して、少しでも興味を持ってもらうのが一番大切です。

大学部活勧誘ポスターは何を書く?誘い文句は?

談話する若者

部活のポスターを貼ることが許されている大学も多いと思います。

これは、声掛けで声をかけられなかった子にも興味を持ってもらう大チャンスです。

文化部のポスターには、大学からでも始められる、や、初心者大歓迎など、ハードルが低いことを全面に押し出したポスターなんかもいいと思います。

また、美術部だったらもちろん絵で勝負ですが、他の文化部も絵で表現すると、遠くからでもなんの部活かわかって興味をもってもらえますし、興味がない人にもインパクトが与えられ、いろんな人がポスターを見に集まってくれます。

構図的には、部活名を大きく書くよりは、部活の道具、将棋部だったら将棋の駒など、を大きく書くと、一目でなんの部活かわかってもらえます。

そこで目をひいて、あとは部活の名前や、これまでの実績、先輩が優しく教えます、初心者でも大丈夫!などの誘う文句をいれていきましょう。

何枚ポスターを貼るかは、学校によって何枚まで、と決まりのある学校もあると思います。

決まりのない学校でしたら、横一列にバーッと貼って、一枚一枚に一文字づつ部活名をいれると遠くからでもなんだあれは?!と興味をもってもらえます。

もちろん、他の部活のポスターの邪魔にならないようにして下さいね。

ポスターを貼る場所としては、一年生がよく利用する学食や、雑談のできるスペースの壁に貼るのが効果的です。

雑談の合間に、あのポスター面白いね、などという話題がでればこちらのものです。

そして、ポスターには新入生歓迎会の日にちと場所、普段の練習場所と練習日程を書くことを忘れないでください。

これが一番大切です。

なんの部活かわかっても、どこでやってるのかわからなかったら見学もなにも始まりませんよね。

可能でしたら、勧誘係や代表の方のアドレスかラインIDを書いておくと、さらに練習に来てくれる確率があがります。

もちろん、連絡なしの参加もOKと書いておけば、気軽さもアップします。

部活の勧誘に失敗をしてしまわないように注意ポイントは?

指でバツをする黒子

声掛けなどの際に、嫌な印象をあたえてしまったら元も子もないですよね。

ここでは勧誘された人が嫌がる行為、勧誘するときの注意点、声掛けのさいのNGな言葉などをご紹介します。

まず、勧誘された人が嫌がる行為として、勧誘して部室までつれてきたあと、長時間放置してしまうことです。

想定より人が集まったりしたら、どう統制をとっていいか戸惑うこともあると思いますが、それを見越して、部室に来てくれた新入生に話しかける部員の役割を作ったり、手際よく部活体験をしてもらえるような環境を整えておきましょう。

次に、勧誘するときの注意点ですが、言うまでもないことですが、絶対に無理やりつれてくるようなことはやめて下さい。

嫌なイメージをもたれた、もうその新入生は部活に入ってくれなくなってしまいます。

また、声をかけるときは常に笑顔で接してください。

暗い顔で興味ない?と声をかけられるより、笑顔で、もしよかったら部活体験しない?などと声をかけられた方が嬉しいですし、新入生も接しやすいですよね。

その時に、無理やり連絡先を聞くなどの行為もやめた方がいいです。

もちろん、入る気満々な子は教えてくれるでしょうが、そうでもない子はとても困ってしまいます。

少し話をしてみて、その辺りが大丈夫そうだったら、もしよかったら連絡先を…と言ってみて下さい。

また、声掛けのさいのNGな言葉は、可愛いから部活入らない?かっこいいから入らない?など、容姿をネタにした声掛けです。

かわいい、かっこいいと言われた新入生本人は嬉しいかもしれませんが、それを横で聞いていて、かつ声をかけられなかった新入生は、あそこはそういう風に顔で選ぶ部活なんだ、などと最悪な印象を与えてしまいます。

私たちの部活は楽しいよ、というスタンスで声掛けの内容も考えてみて下さい。

まとめ

青空と桜

ここまで、部活勧誘の声掛けやポスターについてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

以下にまとめをしておきます。

  • 入学式の前後や一年生だけのイベントがある日に、やさしく声をかけてみよう
  • 興味がありそうな子を部活の道具でみわけよう。何よりもチラシを渡すのが大事
  • ポスターには新入生歓迎会の日程・場所と、練習日程と場所の表記を忘れずに
  • 無理やり誘ったり、無理やり連絡先を聞くなどの行為はNG。楽しい部活だということをアピールしよう

新入生が入ってくれるかくれないかは、部の存続にも関わる大切なことですよね。

やはり、入学直後のどの部活に入ろうか悩んでいる時期が一番の狙いどころです。

勧誘はとても大変ですが、これで全力を出して勧誘し、新たな仲間とともに楽しい部活運営ができるよう、応援しています!

【こちらも読まれています】

部活勧誘のコツ!大学の体育会編!勧誘の言葉かけやポスターのアイデアは?
体育会に所属しているけれど、部活勧誘はどうしたらいいのだろう?ここでは、声掛けはどのタイミングでなんて声をかけるか、どんなポスターをどこに貼ればいいのか、勧誘の声掛けでの注意点などの、困りごとの数々を解決するためのコツをご紹介していきます。

コメント