夏休みの部活を休みたい!!こどもが休まず頑張れるようにサポートをしよう

スポンサーリンク

中学生になって初めての夏休み。中学生になると、夏休みでも部活動があります。文化部と運動部で違ったり、部活動への力の入れ方にもよりますが、夏休みとはいえ、活動する日も多いですよね。

力を入れている部活だと、休みが1日もなかったり、お弁当を持って、朝から夕方まで活動することもあります。

せっかくの夏休み、こどもと一緒に出かけたり、旅行へいったり、田舎へ帰ったりしたいですよね。部活をどこまで優先しなければいけないのか、こどもを休ませて良いのか、悩んでしまいます。

休むことも大事なことです。でも、休むことでマイナスになってしまうことも多少はあると思います。どちらにしても、後悔しないようにして、充実した夏休みにしましょう。

夏休みの部活は成長できるチャンス

中学生以上になると、夏休みは部活があります。初めての夏休みだと、部活の多さにびっくりするかもしれません。時間も長く、想像以上に大変です。でも、集中して部活ができるので、成長できるチャンスでもあります。

私は中学生時代は運動部で、なかなか厳しい部活でした。授業がある時は、朝練と放課後の練習、土、日も部活でした。夏休みもほとんど部活で、お盆休みの数日しか休みがありませんでした。

1年生のときは、2年生と3年生は体育館で練習して、1年生は、炎天下の中、外を走って体力作りをしたり、基礎練習をして、練習が終わる直前まで体育館にも入れませんでした。今思い返すと、よく頑張ったな。と改めて思います。

本当にきつくて毎日ヘトヘトで、いきたくない時もありましたが、休めるなんて思ってなかったし、休むことなく、夏休みを過ごしました。休む子もいなかったと思います。

おかげで、体力もついたし、精神面でもかなり成長できたと思います。1度さぼってしまうと、繰り返しさぼるようになって、さぼり癖がついてしまいます。

体調が悪いときや、用事があるときは休んでも仕方ないと思いますが、頑張って部活へいってほしいです。

部活は色々な面で成長できるチャンスでもあります。こどもができるだけ楽しく部活へいけるようにサポートできるようにしたいですね。

部活のメリット

せっかくの夏休み、部活ばかりで嫌になることもあると思います。なぜ部活を休まない方が良いのか。 

 練習をして上達する

辛くても、頑張って努力すれば、結果につながると思います。日々の積み重ねが大切です。

仲間との信頼関係が強くなる

同じ目標に向かって頑張る仲間、辛い練習を一緒に乗り越える仲間、喜びや悔しさを一緒に共有できる仲間はなかなかできません。そんな仲間との信頼を深めるには、一緒に時間を共有して、一緒に頑張ることです。

たくさんの経験や感情が体験できる

辛いこと、大変なこと、悲しいこと、嬉しいこと、楽しいこと、部活では本当にたくさんの経験ができると思います。その経験は必ず役に立ちます。

規則正しい生活ができる

夏休みは生活習慣が崩れがちになってしまいます。部活があると、規則正しい生活がで
きます。

部活を休みたいときもあると思いますが、メリットもあります。頑張って夏を乗り越えましょう。いつか、頑張ってよかった。と思える日がきますよ。

休むことも大切

夏休み、こどもはほぼ毎日のように部活動。そんなに練習をしなくてはいけないのか…と思ってしまいます。疲れて帰ってくる姿や、暑い日に出かける姿を見ると、心配になったり、親の方が苦しく感じてしまうこともあります。

こどもがもし部活を休みたいと言ったらどうしましょう。体調不良などで、部活へいくことが難しいようだったら、休ませて良いと思いますが、体調が悪いわけでもなさそうなのに、休みたいと言ってきたら、困ってしまいます。

さぼりたいだけだったら、いかせた方が良いと思います。いくまでが嫌でも、いってしまえば大丈夫なんてことはよくあるし、嫌なこと、やりたくないことはやらなくても大丈夫なんて思ってしまったら、この先生活していく上で、大変です。

部活を頑張りすぎてしまう場合もあります。部活を頑張るのは良いことですが、頑張りすぎて自分を追い込んでしまったり、体に不調が出るほど頑張りすぎてしまったりすることもあるので、そんな時は、休ませましょう。

休むことも、とても大事なことです。休むことで、心も体もパワーアップできますよ。

夏バテ防止の食材

夏の部活は過酷です。特に運動部は本当に大変だと思います。ここ数年でも、夏は本当に暑くて、部活なんてしていて大丈夫なのかと心配してしまいます。

少しでも、サポートできると良いですよね。夏バテ防止の食材をご紹介します。

・ 豚肉 ビタミンB1が豊富に含まれていて、疲労回復の効果があります。
・ ニンニク アリシンが含まれていて、ビタミンB1の吸収を助けてくれます。
・ ウナギ 夏のスタミナの代表的な食材です。滋養強壮が高いです。
・ レモン ビタミンCとクエン酸が多く含まれています。
・ 梅干し クエン酸が多く含まれています。塩分やミネラルの補給もできます。
・ 夏野菜 水分が多く含まれていて、ミネラルの補給ができます。
・ 卵 栄養密度が高い食品で栄養バランスがすばらしいです。

過酷な夏を乗り切るためには、食事も大事になります。こどもが部活を頑張れるためのサポートのひとつは食事だと思います。夏に負けないように夏バテ防止の食材を取り入れてみましょう。元気に夏を乗り切りましょう。

まとめ

1. 夏休みの部活は時間も長く、集中して部活に取り組めます。大変だけど、成長できるチャンスです。
2. 部活を休まず頑張るメリットは、仲間との信頼関係も深まり、経験値も上がり、規則正しい生活もできること。
3. 休むことで心と体もパワーアップ。さぼりはダメだけど、休むことは大事なこと。
4. 夏バテ防止の食材を取り入れて夏を乗り切ろう。

夏休みの部活は本当に過酷です。暑い中、毎日毎日部活ばかりで心配にもなります。嫌になることもあると思います。でも、成長できる期間でもあるので、こどもが元気に部活ができるようにサポートできたら良いですね。

夏休み、子供と一緒に元気に夏を乗り切りましょう。

 

【こちらも読まれています】

夏休みの部活を休みたい!きつい時は熱中症かも?休みの伝え方は?
特に運動部で多くの場合は夏休みでも毎日部活があり、ただでさえ暑くてつらい季節、毎日の部活がきつく、休みたいと思うこともありますよね。 でも「きつすぎるから休みたい」「毎日部活にいくのはきつい」と思っていても、周りも同じように毎日部活を頑張ってると思うとなかなか「休みたい」と言い出せません。 しかし本当にきつい場合は熱中症になりかけている可能性もあり、「周りと同じようにしなければならない」と思いこむのは危険でもあるんです。 ここでは夏休みの部活を休みたい、毎日はきついと思っているけれどどうやって休んだらいいのか分からない、どう伝えたら良いのか分からないという方に向けて、解決策をまとめています。 毎日続く部活がきつくて悩んでいる方の解消の糸口になる情報がたくさんあるので、夏休みの部活に悩んでいる方はぜひご確認ください!

コメント