男友達との同居のストレス原因5選!解消法や喧嘩時の対処法やルールは?

スポンサーリンク

山の上で座る4人の男性

家賃は折半になるし、一人で住むよりも友達と一緒に住んだほうが楽しいだろう!と思って、友達と同居を始めたけど…。

なんだか最近もやもやする、なんてことありませんか?

もしかすると、ストレスが溜まっているのかもしれません。

どんなに仲のいい友達であっても、生活していくうえでの些細な理由がストレスの原因になります。

この記事では、そんなストレスの原因を5つと、万が一喧嘩してしまった時の対処法や、一緒に住むうえでのルールを決めたほうがいいのかといった、男同士で同居するうえでの大切なことをいくつかご紹介します!

まず、考えられるストレスの原因はこの5つです。

  • 分担した家事をやらない
  • お金のこと
  • 過干渉
  • 勝手に友人を連れてくる
  • 生活リズムの違い

これから、この5つのストレスの原因について詳しくお伝えします。

男の友達同士での同居ストレス原因5選! その1:分担した家事をやらない

たくさんのお皿

洗濯、掃除、食器洗いなど、家事は日々生活をしていく中で必ず行う必要のあることです。

一緒に住む前に、週替わり、曜日替わりでどちらがやるかを決めていた場合、もし家事をやり忘れていると“なんで決めたのにやってないんだ…”と不満に思うことになります。

片方がやっていなければ、もう片方が代わりにやるか、やってほしい意志を伝えなければならないですよね。

そうなると、お互いの関係がギスギスとした状態になりかねません。

そのため、対策として、きっちりとすべての家事を分担するのではなく、“自分のことは自分でする”くらいのルールにしておくのはどうでしょうか。

自分の食べたものの食器は自分で洗う。

自分の洗濯物は自分で洗うなど、生活をしていくうえで当たり前な家事のみ、ルールを設けて置き、共同で使用するリビングやトイレ、お風呂など、気付いたほうがやる、使った後に掃除をするくらいにしておけば、自然と不満が溜まりにくくなるでしょう。

男の友達同士での同居ストレス原因5選! その2:お金のこと

お札を広げる人

お金の問題は、どんな関係でも一瞬で壊れかねない問題です。

貸し借りはもちろんすべきではありません。

家賃、光熱費などのお金は、必ず折半するようにしましょう。

また、洗剤やシャンプーリンスなど、個人の好みがでるものはそれぞれで購入し、トイレットペーパーや調味料などのお互い使用するものは、ないことに気付いたほうが購入するなどの分担でよいでしょう。

また、後で食べようと思って買っておいたものを勝手に食べられてしまうことが無いように、名前を書いて冷蔵庫にしまっておく、前もって「これは食べないでくれ」と伝えておくなどして対策をしましょう。

どんな小さな金額でも、片方に負担がかかると負担になっているほうはどんどん不満が溜まります

大切なことなので何度もお伝えしますが、お金が絡むことはしっかりしましょう。

男の友達同士での同居ストレス原因5選! その3:過干渉

部屋のドアを開ける手

勝手に部屋に入ってくる、必要以上に連絡をしてくるなど、過干渉はよくありません。

お帰り、ただいまのやり取り程度で、十分だと思います。

女性と違い、男性は同性同士でずっと過ごすことが少ないと思います。

そのため、あまり干渉をしすぎるとお互いにいい思いはしないのではないでしょうか。

生活をしていくうえで、用事があって部屋に行く場合は、必ずノックをして声をかけてから部屋に入る、必要最低限干渉しないというのは、円滑な共同生活を行う上で大切なことです。

他人同士で生活をするのですし、そこまで無理にかかわりあう必要はないでしょう。

男の友達同士での同居ストレス原因5選! その4:勝手に友人を連れてくる

ソファに座3人の男性

仕事で疲れて帰ってきたら、見ず知らずの他人がいる…。

そして騒がしく飲み会などをしていたら、心休まる暇はないですよね。

また、友人に限らず恋人なども、勝手に家にあげることはトラブルの原因となりかねません。

友人を家に招く際は、同居人の許可を必ず得ましょう。

一言メールやLINEで「今日友人〇人呼んでもいい?」といった具合です。

許可を得られないようであれば、友人と外で遊ぶほうがいいです。

また、恋人を呼ぶ場合、できれば二人きりになりたいですよね。

「今度お詫びはするから、〇時まで彼女家に居させてほしい」とお願いしましょう。

ただし、相手も同じように友人を招くことや恋人を呼ぶことがあれば、です。

片方だけ何度も友人や恋人を読んでいては、もう片方にとっては不満でしかないので、その点に関しては気遣いを大切にしてください。

そして友人を呼ぶ許可を得られたら、共有の家であることを決して忘れないでくださいね。

友人と楽しい時間を過ごした後は、しっかりと片付けをしましょう。

絶対に同居人に手伝わせるようなことはしてはだめですよ。

男の友達同士での同居ストレス原因5選! その5:生活リズムの違い

目覚まし時計と眼鏡

寝ている間に同居人が帰ってくる、朝同居人のアラームで目が覚めるなど、生活リズムの違いがストレスに繋がります。

生活リズムの違いは、仕事によることもあるので、どうしようもありません。

なるべく自室が離れている間取りを選ぶ、生活リズムが大体同じ相手と住むなどの方法でしか対策のしようがないので注意が必要です。

自室が離れている間取りの家に住むことができれば、生活音は気にならないと思います。

私も友人と同居をしていますが、相手の部屋と私の部屋の間には押入れが挟まっているので、相手の部屋の音はほとんど気になりません。

ただ、リビングの地続きに私の部屋はあるので、相手がリビングにいるとテレビの音などは気になります。

共同のスペースだと何も言う事はできないのですが、お互いに配慮を忘れなければ問題なく生活していくことができるでしょう。

同居のストレスが溜まったらどうする?おすすめのストレス解消法は?

頭を抱える男性

どんなに気を付けて生活していても、ストレスが溜まる…。

そもそも気を使って生活しなければならないことに対してストレスが溜まる!という方に、おすすめのストレス解消方法をお伝えします。

それは、一人になる事!

家を出て一人になれる方法であれば何でも構いません。

お酒を飲むことが好きなら、友人と飲みに行き愚痴を聞いてもらうのもいいでしょう。

実家があまり遠くないのであれば、実家に帰ってみるのもおすすめです。

ずっと同じ空間に他人といるのは、人によっては非常に大きなストレスになってしまうので、共同生活を抜け出してガス抜きすることは有効なストレス解消方法ですよ。

これから男の友達同士で同居をする人へアドバイス!事前に決めたほうがよいルールは?

握手をする男性の腕

さて、ストレスの原因についてと、ストレス解消方法についてお伝えしましたが「やっぱり友人と住むメリットは大きい!」とこれから男友達と同居する予定がある方へ、アドバイスをします。

それは、“親しき中にも礼儀あり”ということ。

どんなに仲がよくても、お互いに対する配慮がなければ、関係は一瞬にして崩れてしまうでしょう。

くれぐれも、配慮を忘れないようにして一緒に生活をしていきましょう。

また、一緒に住むうえでルールを決めたほうがいいと思うかもしれません。

ただ、1つ目のストレスの原因でもお伝えしたように、ルールをしっかりと決めすぎると、やらなかったときに不満が出やすくなります。

しっかりとしたルールを決めるのはお金関係のことのみにとどめて、自分のことは自分でする程度のルールにしておくほうが、後々に響きにくくなりますよ。

最後に

ハイタッチをする男性

今回お伝えしたストレスの原因と対策を簡単にまとめます。

  • 分担した家事をやらないことが無いように、きっちり分担しすぎない
  • お金のことは大きなトラブルになるので、しっかりルールを決める
  • お互いに干渉しすぎては負担になるので、あまり干渉しないように
  • 友人や恋人を勝手に家に呼ばない、同居人の許可を得ること
  • 生活リズムの違いはどうしてもあるので、お互いに配慮を忘れない

こうしてみると、ごく一般的な感覚が大切になることがよくわかりますね!

人と生活をするということは、配慮を欠いては成り立たないものなのです。

どんなに仲がいい友達であっても、他人である以上お互いを思いやる気持ちを忘れてはいけません。

思いやり、礼儀を大切にして、楽しい共同生活を過ごしましょう。

【こちらも読まれています】

姑が嫌いすぎる!出来ちゃった結婚で籍を入れたのがきっかけで険悪に!
嫁と姑問題はいつの時代にも変わらずありますね。あなたにも思い当たることはありませんか?今回は、出来ちゃった結婚がきっかけで、姑さんにあまりよく思われていないみたい・・・という方のお話をご紹介したいと思います。

コメント