防災の日の保育園の給食は非常食?防災の日の出し物アイデアまとめ!

スポンサーリンク

9月1日は「防災の日」ですね。
保育園でも避難訓練や引渡し訓練などが行われると思います。

大きな震災を経験したことがない子どもたちにとっては、そのときの状況を想像するのは難しいですね。でも給食という形で教えてあげるといかに不自由なのかが伝わりやすくなります。

そこで今回は保育園で防災の日に給食で体験できる非常食メニューや、子どもたちに地震のことをわかりやすく説明する方法を、例文を交えてご紹介していきます!ぜひ参考にしてみてくださいね!

【防災の日の保育園の給食はどうする?非常食も出す?】

♦おすすめの給食メニュー

おすすめの給食は、非常食や炊き出しを想定した給食です。

①アルファ米
②豚汁
③缶詰(みかんなど)
④水

アルファ米は水を加えてもごはんになる乾燥米飯で、常温で長期保存できる災害用品です。

炊き出し用の鍋を想定した豚汁と、果物もシロップ漬け給食です。
そして大事な水分補給も味のついていないを飲みます。

午後のおやつも防災用の乾パンをみんなで食べてみましょう。

【防災の日に保育園で行う出し物や、園でやるべきことは?】

♦園でやるべきことは?

避難訓練自体の大きなねらいとは、「災害という異常事態に慣れておく」ことです。

子どもたちが地震や火事などの危険なことに出会ったときにどうすればいいのかを、前もって知っておくことがとても重要になります。

避難訓練では以下のようなことを目標にします。

①子どもたち
安全に避難するために、保育士の指示にちゃんと従えるようにする。
②保育士
安全に避難させるために正しい指示を出せるようにする。
③保護者
引取り訓練をして、保護者に直接子どもを引き渡す。

目標を念頭に置いて計画を立てていきます。避難訓練を有意義なものにするためには、事前に計画をしておくことが必須です

①どんな災害から非難するか

どんな災害から避難することを想定するかでその訓練内容が違ってきます。地震や火災など何から避難するかを明確に定めて訓練を行えば、実際に事が起こった時に対処しやすくなるはずです。

②計画書、マニュアルの作成

計画をしっかり把握するために、責任者となる職員と担当する職員をあらかじめ決めておくのが大事です。

災害を想定し、どんな内容の訓練をするのか何を用意しておくかといった事を記したマニュアルを作成しておくと避難訓練当日もスムーズに進行出来ます。今後のためにも有効です。

♦防災の日に保育園で行う出し物

防災や避難の大切さを、子どもたちにも分かりやすく伝えられるような紙芝居を作って見せたり簡単な劇をして楽しく学んでもらったりするのもいいですね。

【防災の日ってそもそもどんな日?なぜ制定されたの?】

♦防災の日とは?

9月1日防災の日といいます。
自然災害に備えることの大切さを考える日です。

♦なぜ制定された?

1923年9月1日に「関東大震災」がありました。この地震では、たくさんの家が壊れ、多くの人が怪我をしたり、亡くなってしまいました。

大地震のことを忘れずに、いつ来るか分からない地震に備えて、安全に避難したり、助け合えるよう練習し、みんなで災害や避難訓練について確認し合おう、ということで防災の日ができました。

【防災の日についてや、地震について園児にわかりやすく説明するには?】

♦園児にわかりやすく説明する方法

園児には身近な建物などで説明する方が分かりやすいと思います。「たくさんのビルが倒れます」より「保育園が揺れて壊れてしまいます」と言ったほうが現実味を持てますね。

例文

ここでは説明の例文を紹介します。

地震は、地面がグラグラと揺れて起こります。
地面が大きく揺れると、地面の上に建っているみんなのお家や保育園も道路もグラグラと揺れます。
地震の時は周りにある色々なものが倒れてきたり落ちてきたりするかもしれません。
窓や電気の蛍光灯が割れて、尖ったガラスが落ちてくるかもしれません。

でも大きな机の下に潜れば、みんなの大切な体を守ることができます。そして、みんなの頭を守るために防災頭巾というものがあります。物が落ちたり、倒れてきて頭にぶつかってしまうと、動けなくなって逃げられなくなってしまうかもしれません。だから、防災頭巾はとても大切です。

地震で床には足を怪我してしまうような物が落ちてきます。
逃げる時に足を怪我してしまったら、逃げる事が出来ませんね。
しっかり避難できるようにするためにも、怪我をしないよう靴を履いて足を守りましょう。

地震で火事が起きると、いろいろなものがどんどん燃えてしまいます。燃えた時にでる煙には悪いガスが入っています。吸ってしまうと気分が悪くなって倒れてしまい、逃げることができなくなります。逃げるためには、悪いガスを吸わないように口をハンカチで抑えることがとても大切なのです。もしもハンカチがなかったら、洋服をひっぱって口に当てましょうね。

さいごに避難するときに大切な言葉を覚えましょう。
「お・か・し・も」です。
お=押さない
か=駈けない
し=喋らない
も=戻らない
です。

避難するときにお友達を押してしまうと倒れて怪我をしてしまいます。いろいろな物が床に落ちているので走ると転んで怪我をしてしまいます。おしゃべりすると先生の声が聞こえません。忘れ物をしたといって戻ってしまうと煙や火に囲まれてしまうかもしれません。
だから「お・か・し・も」をしっかり守ってくださいね。

♦子どもたちにわかりやすく伝えるもの

①動画

【動画】大地震だ!どうする? じしんのときの おやくそく

大地震だ!どうする? | じしんのときの おやくそく | 子ども向け安全教育 | 赤ちゃんが喜ぶアニメ | 動画 | BabyBus

映像でわかりやすく避難するときの注意点を学べます。
子どもたちにも映像だと内容が入りやすいと思います。

②絵本

ぐらぐらゆれたらだんごむし!おやこでまなぼう!防災しかけ絵本

https://books.rakuten.co.jp/rb/15318893/

保育園の小さな子どもにも分かりやすく、災害に意識を向けられて、考えるきっかけをくれる絵本です。可愛いイラストで子どもが抵抗なく地震のときの対処法を学べる良い絵本ですよ。

③紙芝居

おぼえてね!あぶないときのおやくそく 年少向防災かみしばい

https://books.rakuten.co.jp/rb/11350028/?l-id=search-c-item-img-10

地震・火事・台風・雷・大水・蜂・避難訓練(地震・火事)の紙芝居です。
防災の日に限らず日常の学習でも勉強できますね。

【自分を守る方法を教えるのが防災の日】

保育園の防災の日についてご紹介しました。
簡単にまとめますと以下の通りになります。

①おすすめの給食は、アルファ米などの非常食や炊き出し
②保育園の避難訓練のねらいを元に計画書、マニュアル作成をする。
③防災の日は関東大震災があった日
④園児には身近な建物が被害にあったことを想定して説明する方が分かりやすい
⑤避難するときに大切な言葉「お・か・し・も」を覚えさせる。
⑥動画や紙芝居、絵本などの視覚ツールでわかりやすくお話しする。

大きな地震や火事を経験していない子どもたちにとって、なかなか状況を想像するのは難しいと思います。わかりやすい絵や言葉で自分の身を守る方法を教えてあげてくださいね!

【こちらも読まれています】

お月見会を保育園でやるねらいとは?お月見会の出し物はどうする?
日本で昔から行われている「お月見」大人から子どもまで、きれいな月を見ながら、おいしいお団子を食べて収穫に感謝する。そんな素敵な伝統行事を子どもたちにも伝えていきたいですね! お月見に親しんでもらうためにする保育園でのお月見会。子どもたちはもちろん、知っているようで意味を深く感じていないかもしれない親御さんに、その「ねらい」を伝える必要がありますね。 そのためにお月見について知りたい!と思っている保育園の先生もこれを読めば、どんなお月見会にすればいいかよくわかります! 保育園の先生がお月見会の「ねらい」をどう表現するか、子どもたちにお月見をどう伝えるかなどを紹介していきます。そのほかにも、 お月見会での出し物や、給食なども合わせて紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね!

コメント