防火ポスターの書き方小学生編!コンクールに入選するには?標語はどうする?

スポンサーリンク

画用紙と絵の具

学校の宿題で「防火ポスター」がでた。

いきなり描けっていわれてもわからないことが多すぎる。

ぼくは図工が苦手だし絵を描くのは大きらい。

でも宿題だからやらなきゃいけないし。

いやだなー。

これは小学生のころにぼくが思っていたことです。

これを読んでいるみなさんはこんな気持ちになったことないですか?

でもどうすればいいポスターになるんだろう?

描くときはそれが一番先に問題になります。

どうせ作るなら入選するようなポスターにしたいですよね?

ポスターの描き方は個性を出すのが大切ですがそれだけではありません。

前の作品を見たり、色の使い方や文字の工夫も必要です。

今回はそれをくわしく説明します。

これでいいポスターがつくれますよ!

防火ポスターの書き方!小学生らしい書き方とは?

絵を描くこども

防火ポスターの書き方1(題材・構図)

1.ポスターをつくるときのルールをかくにんします

ルールを守って書かないと見てもらえません。

ルールのなかにはポスターの内容や画用紙の大きさが書いてありますからそれにあわせて用意します。

2.ポスターのテーマ「防火」について思いつくことをノートなどに書いてみます

時間がかかってもいいので自分が思いつくことをノートに文字で書いてみます。

このときに標語もひつようならいっしょに考えます。

標語はポスターのなかでは大きく目立ちますから家族で話し合いながら考えるのがいいでしょう。

それがポスターに書く内容になります。

標語はテーマからはずれていなければことばは自由です。

アイデアの出し方はこんな方法があります。

防火標語に関するキーワード、関連語を書きだしてみましたので参考にしてください。

  • 火/始末/用心/火災/火事/防火/火の用心
  • つなぐ/つもり/わすれ/確かめる/気をつけて/広がる/つもり/はず/消す/
  • 消える/消えた/忘れる/守る/再確認/確認/油断
  • ゼロ/安心/意識/危ない/怖さ/幸せ/災害/財産/始末/笑顔/心がけ/生命/責任/注意/点検/努力/備え/暮らし/未来/夢/明日/輪/家族

これらの言葉を組み合わせて

  • 消したはず 消したつもりに 再確認
  • 火の用心 明日の幸せ みんなの笑顔
  • 幸せを あしたにつなぐ 火の用心

などと、七五調になるように組み立てればOKです。

とりあえずこれで提出するには十分ですが、入選を狙いたいのならば、もう一工夫必要です。

例えば、市町村、都道府県と主催者の規模に併せて、地名を入れるのもいいでしょう。

 

防火ポスターの書き方2(下書き)

1.ノートに書いたことを絵にしてみる(ここからは家族ではなしながら書きましょう)

ノートに書いたらおなじノートでもいらない紙のうらでもいいので書いたことを絵にしてみます。

たとえば、「マッチやライターの火遊びはあぶない」を書いたとしたら紙に「マッチとライターと火」の絵を描いてみます。

ここでコツとしてはノートでもいらない紙でもそれを画用紙とおもって描くことです。

そして描きながらでもまた別の紙でもいいのでマッチとライターと火の場所をかんたんでいいので決めていきます。

下書きですから色もいりません。

文字の場所はつぎに考えます。

なかなか決められないときは何枚か描いて家族に見せてみるのもいいでしょう。

2.文字の配置を決める

ここで文字の配置を決めましょう。

紙に文字を書いてみてそれを切り取って描いた絵に乗せてみます。

ここでのコツは全体をみてバランスを考えて配置するのですが、少しむずかしいので家族にそうだんしながらやりましょう。

3.画用紙に全体的な下書きする

いよいよ画用紙をつかいますが、まだ下書きをします。

ここまでで絵の全体が見えてきてたので文字や絵の場所にえんぴつでおおまかにマルをします。

マルのなかにこれもえんぴつで下書きで描いた絵や文字を描いていきます。

防火ポスターの書き方3(本番)

いままで紙とえんぴつだったのですが、これからは画材が必要になります。

ポスターはいろいろな道具で書けますが、このポスターはクレヨンと水彩絵の具が一番使いやすいのでこれをつかいましょう。

描き方は

  1. えんぴつで書いた下絵をクレヨンでなぞります。そうすると絵のりんかくがはっきりしますよね?
  2. りんかくがはっきりしたのであとは塗り絵とおなじように中をぬればいいのです。

 

塗ればいいのですがそれがむずかしいんですよね。

何色にすればいいんだろう。

そうですね。

色の使い方はポスターの大切な部分ですからね。

それでは色のつかいかたの見本として前の防火ポスターをみてみましょう。

こうみると黒をバックに黄色か白をつかっていたり、全体を黄色と赤で火を表現しています。

見る人に火災の怖さをしってもらうことが目的なので黒と赤はそれの代表的な色です。

これはひとつの方法ですが、背景を黒にするとほとんどの色が使えるようになるのでおすすめです。

防火ポスターコンクールに入選したい!

防火ポスターコンクールは日本消防協会が全国の小学校4年生以上から中学生を対象に毎年開催しているコンクールです。

募集要項には審査員が明記されていませんが、消防協会の理事会の方々ですね。

各都道府県ごとの応募になるので地方ならではの審査員(美術館の館長など)が審査することもあります。

評価基準はこうなっています

テーマに沿っていること

あたりまえですが、題にそってないと評価できません。

テーマをわかって描いているかも評価されます。

ダイナミックに大きく描く

ポスターなので人の目にとまることが大切です。

文字でもモノでも細かく描いても伝わらないと意味がありません。

不自然にならないようにする

人をかくときは顔だけがおおきくなったり、手足がおおげさに長いなど見ている人が不自然に思わないように描くことです。

 

入選するコツとしては小学生はおもいきり描くことがいいでしょう。

文字の場所や色のつかいかたも考えることも大切ですが、おもいついた色やかたちをおもいきり描くほうが審査員にもいい印象をあたえます。

ぼくが審査員ならルールが守られていれば防火ポスターだからといって赤や黄色ばかりの配色よりもちがう色をつかっているポスターのほうを選びますね。

下記は募集要項の一部を抜粋したものです。

入選すると賞金はでませんが記念品がもらえます。

金額も最優秀賞だと5万円相当ですからけっこういいものがもらえます。

表 彰 等

最優秀賞受賞者・保護者1名・学校関係者1名を日本消防会館(東京都港区)で行う表彰式にご招待いたします。表彰式は、12月下旬を予定しています。

  • 最優秀賞 1 名(50,000円相当の記念品を贈呈)
  • 優 秀 賞  2 名(20,000円相当の記念品を贈呈)
  • 佳  作 若干名(5,000円相当の記念品を贈呈)

※入選以外の方につきましては、当共済会で審査対象となった作品のみ参加賞として記念品を贈ります。

引用:小中学生による防火ポスター図案の募集(PDF)

防火ポスターの標語は?過去の標語は?

デッサンで描いた手

過去10年の標語です。

さきに書きましたが関連用語が多数使われているのが印象的です。

音楽とおなじで絵だけになるとなかなか伝わりにくいことが文字が加わると説得力がでます

年   度 全国統一防火標語
2018年度 忘れてない? サイフにスマホに 火の確認
2017年度 火の用心 ことばを形に 習慣に
2016年度 消しましょう  その火その時  その場所で
2015年度 無防備な 心に火災が かくれんぼ
2014年度 もういいかい 火を消すまでは まあだだよ
2013年度 消すまでは 心の警報 ONのまま
2012年度 消すまでは 出ない行かない 離れない
2011年度 消したはず 決めつけないで もう一度
2010年度 「消したかな」 あなたを守る 合言葉
2009年度 消えるまで ゆっくり火の元 にらめっ子
2008年度 火のしまつ 君がしなくて 誰がする

ポスターだけじゃない!絵を上手に書くコツは?

キャンバスの描く絵

うまく描きたい。

字を上手に書くとおなじくらいにあこがれますよね。

どうすればいいんだろう?

うまく描くには「観察」することですが、コツをつかむにはやっぱり描かないとつかめません。

そこでどうすればうまくなる方法をいくつかあげてみました。

大きく描く

さきほども書きましたが、最初はなんでも大きく描くことです。

とくに小学生で描くなら画用紙からはみ出るくらいに描くのです。

直線と曲線をフリーハンドでひたすら描く

絵を描く基本です。

立体的なモノを平面に描くのですから直線と曲線は必ず必要になります。

模写をする(マネをする)

文字を練習するときはキレイな文字をなぞって書きます。

これは絵にもいえることで自分が好きな絵でもいいのでなるべく正確にマネして描くのです。

見本と間違えるくらいにマネしてみてください。

何枚も描く

絵に限らずなんでもそうなんですが、描くことが嫌になるくらい描くことです。

描いていくうちに自分なりの方法や形がみえてきます。

それまではとにかく描きましょう。

 

描いていくうちにこうすれば、ああすればがでてきます、それを自分で引き出せるかも才能です。

あせらずコツコツとやることが大切です。

まとめ

キャンバスに向かう女性

防火ポスターの描き方をご紹介いたしました。

要点をまとめます。

 

防火ポスターをどう描くか

  • 描く前にルールを確認。下書きはおおまかに本番で個性をだす
  • コンクールに入選するなら前の作品を参考にしながら自分の感覚をたいせつに
  • 標語はリズムを大切にしてテーマにそってかんがえる
  • 絵がうまくなりたいなら真似る・とにかく描く

ポスターは伝えることが目的です。

そして見てもらわないと描いている意味がありません。

自分が下手だと思っても伝わるときは伝わります。

絵は色のつけかた文字のならべかたでもおおきくかわります。

悩んだら家族に聞いたり見せたりして意見を聞けばいいのです。

下手でもなんでも自分の感覚をつきとおしてください。

それがあなたの個性です。

これを読んで少しでもポスター作成の参考になれば幸いです。

【こちらも読まれています】

防火ポスターの描き方中学生編! コンクールに入選するには? 標語はどうする?
中学生の夏休みなどによく出される宿題で「ポスター制作」があります。ただでさえ多い宿題に作る宿題なんてうんざりしますよね?でも苦手な理由を調べてみたのですがほとんどが「何を描けばいいのかわからない」や「アイデアがうかばない」といった基本的なところなんです。
文化祭のポスター!中学生が簡単に作る方法・アイデア!
秋に行われる文化祭、学校の特色を生かしたポスターを目にすると、思わず足を止めて眺めてしまいますよね! でも意外と簡単に進まないのがポスター作りです。どんなポスターにしようか?構図はどうする?どんな絵を描けば目立つかな?なんてみんなで頭を悩ませていませんか? 難しく考えなくても大丈夫! どこを強調したいのかさえ決めてしまえば構図がおのずと決まってくるんですよ。 今回は中学校の文化祭のポスターの作り方について、わかりやすくまとめてみました。ぜひ参考にしてくださいね!
人権ポスター小学校6年生らしい書き方ガイド!人権標語の作り方!
人権ポスターを制作することになったけど、そもそも人権について詳しく知らない人も多いのではないでしょうか。 どんな絵を書いたらいいかわからない。標語が浮かばないという人も大丈夫!人権について理解できればアイデアがでてきますよ! 今回は、人権についてわかりやすく紹介します。またポスターの構図や標語についても、アイデアが浮かぶような情報をまとめてあります。ぜひ、参考にしてみてくださいね!

コメント