びわ湖大津館イルミネーション2019の口コミ情報まとめ!みどころや混雑情報!

約5900平方メートルの広いイングリッシュガーデンを使ってイルミネーションが実施される滋賀県のびわ湖大津館、ここには毎年多くの方が訪れ幻想的な雰囲気を楽しんでいます。

そんなびわ湖大津館のイルミネーション、2019年はいつ実施となるのかどんな口コミがあるのか、一度行ってみたいと思ったらやっぱり気になるところです。

ここではびわ湖大津館のイルミネーションに興味がある、びわ湖大津館の口コミや詳細な情報が知りたい、見どころが知りたいという方に向けて、情報や見どころをまとめています。

2019年のびわ湖大津館イルミネーションに興味がある、今まで行ったことがなかったけれど行ってみたいという方にもおすすめの内容なので、ぜひご確認ください!

【びわ湖大津館イルミネーション2019の口コミ情報!みどころは?】

びわ湖大津館のイルミネーションは成安造形大学と連携していて、学生がデザインや制作をした光のアートを楽しむことが出来ます

びわ湖大津館 2015イルミネーション 「光の庭のROSE FANTASY」

びわ湖大津館 2015イルミネーション 「光の庭のROSE FANTASY」

どのような雰囲気で楽しめるのかは動画を参考に、またびわ湖大津館イルミネーションの口コミもぜひ一緒に確認ください。

びわ湖大津館のイルミネーションは入場料も安く気軽に行けるのが魅力で、またイルミネーションの美しさはもちろん、夜景と合わせて楽しめるのもオススメポイントです。

全国的に有名なイルミネーションと比べると規模も小さいものの、十分にきれいで幻想的なイルミネーションを楽しめるのがびわ湖大津館なんですね。

【びわ湖大津館イルミネーション2019の口コミ情報!混雑予想は?】

びわ湖大津館のイルミネーション、今年2019年こそ行ってみたいと思ったものの、気になるのは混雑……という方も多いかもしれませんが、実はそこまで大きな混雑情報はありません。

びわ湖大津館のイルミネーションは開催時期が2018年を参考にすると12月1日から2月14日までと長く、無休の開催となっていて、いつでも行ける気軽さもこの快適の理由です。

基本的に混雑する場所や時間帯の情報も見かけずゆっくり過ごせる場所ですが、ちょっとでも混雑する可能性を避けたい場合は金曜・土曜の夜やクリスマス時期などは避けておきましょう

びわ湖大津館ではゆっくり写真撮影もしやすく、写真撮影したい場合も念のため混雑しやすい週末の夜やクリスマスなどは避けておくと安心です!

【びわ湖大津館のイルミネーション2019のスケジュールは?】

びわ湖大津館のイルミネーション、2019年の情報はまだ発表されていませんので、昨年の開催概要を参考に今年も予想しておきましょう。

開催概要(2018年)

日程:12月1日から2月14日
時間:17時から20時半
場所:滋賀県大津市柳ヶ崎5-35
会場:びわ湖大津館 イングリッシュガーデン

びわ湖大津館のイルミネーションは毎年成安造形大学と連携して作られていて、イングリッシュガーデンの広い敷地内を学生達がデザイン・制作したイルミネーションで彩られます。

昨年2018年の場合は「和」をテーマなど毎年テーマが決められてそのテーマに沿ったイルミネーションが楽しめるので、2019年もどんなイルミネーションになるか楽しみですね。

電飾数はおよそ10万球と大規模なイルミネーション会場の規模と比べると規模も小さいものの、期間が長いことと混雑しない「穴場」として、イルミネーションファンからも人気があります。

また入園料が大人250円小人100円とかなり安く、デートスポットとしてはもちろん、家族連れで混雑せずゆっくりイルミネーションを楽しめる場所としてもおすすめの場所です!

【びわ湖大津館はどんなところ?アクセスは?トイレはあるの?】

イルミネーションの会場となるびわ湖大津館は「湖が見渡せる文化施設」として平成14年に誕生した柳ヶ崎湖畔公園のメイン施設で、旧琵琶湖ホテルを改修して作られました。

レストランやカフェはもちろん、イルミネーションの会場となるイングリッシュガーデンではバラなどそれぞれの時期で花々が楽しめ、ウェディングパーティーなども行われています

びわ湖大津館

場所:大津市柳ヶ崎5-35
駐車場:普通車160台

アクセス方法

・電車の場合
JR琵琶湖線ご利用の場合は大津駅で下車、バスで10分ほど移動「柳が崎」まで移動後徒歩3分程度、JR湖西線ご利用の場合は大津京駅で下車、徒歩およそ20分程度

・車の場合
名神高速道路大津インターチェンジから15分

公式サイト:

びわ湖大津館
きらめく琵琶湖とイングリッシュガーデンに囲まれた、歴史ある旧琵琶湖ホテル本館のびわ湖大津館です。

びわ湖大津館は旧琵琶湖ホテルを保存改修し、かつては昭和天皇ヘレン・ケラージョン・ウェインなどの著名人も宿泊した格式高いホテルでした。

その建物はもちろん、現在はイングリッシュガーデンの花々やイルミネーションのような各種イベントの会場として、地元の方々からも大切にされている場所です。

特に夏のびわ湖大花火大会では有料観覧席なども用意されている場所で、落ち着いて花火をゆっくり見たい方なども利用しています。

もちろんこういった場所なのでびわ湖大津館にトイレなどもあり、子供連れで行く場合も安心してゆっくり過ごすことが出来ますね。

琵琶湖沿いという立地やびわ湖大津館周辺の花々など、イルミネーションだけではなく昼間からゆっくりできる場所で、びわ湖大津館の駐車場を利用してぜひ散策してみてください。

またびわ湖大津館の駐車場が満車で停められないということはイルミネーションではあまりないと思いますが、万が一の場合は近場に民間の駐車場もあるのでそちらをご利用ください。

【びわ湖大津館イルミネーション2019開催の頃の寒さは?】

びわ湖大津館のイルミネーションを2019年も楽しむために、気になる服装や持ち物についてもチェックしておきましょう。

まず最初に冬場になるのでもちろんコートなど暖かい格好は必須で、また琵琶湖近くは風も多く想像以上に寒いと思っていたほうが安心です。

マフラーや手袋などはもちろん、カイロや暖かいお茶を用意しておくなど、しっかり温まれる準備を整えてから行くようにしましょう。

お子様連れの場合は子どもの準備はもちろん、身体が冷えすぎていないか、逆に子どもにとっては厚着しすぎていないかなど、こまめに体温をチェックしてあげてください。

こういった場合に対応できるように重ね着できる上着やストールなどがあると安心で、これらは子ども連れや家族連れ、カップルでいく場合なども同じなので気をつけておきましょう。

また子どもに対してはトイレを早めに聞くお湯の場所を確認するなどお出かけの基本はやっぱり守っておいたほうがよく、安心してイルミネーションを楽しむためにも準備から整えてくださいね。

【びわ湖大津館のイルミネーションと一緒にスマホで写真を撮影しよう!】

びわ湖大津館のイルミネーションは見るだけではなくせっかくなら写真に残しておきたいもの、スマホできれいに撮れる撮影方法もチェックしておきましょう!

フォトマスター(=プロカメラマン)が教える「スマホの撮影テクニック」

フォトマスター(=プロカメラマン)が教える「スマホの撮影テクニック」

スマホ撮影のコツ

・光をうまく使う
・しっかり固定する

このようにイルミネーションをきれいに撮影する場合は光をしっかり使うことと、撮影時にブレないようしっかり固定することが大事です。

イルミネーションの光を上手に組み入れることで一気にきれいな写真が取れますが、撮影時にブレてしまうと台無しになるのでブレないためにも便利グッズを使っていきましょう

デジカメ・スマホ用三脚

商品サイト:

https://item.rakuten.co.jp/s-plaza/10004033/

手で持って撮影するとどうしてもブレやすく、また特にお子様連れの場合はなかなか両手が空かないことも多いのでスマホ用の三脚を使う方法がおすすめです。

三脚というとどうしても持ち運びの手間が気になるかもしれませんが、こちらはコンパクトサイズにたためますし収納袋もついているので便利です!

スマホ望遠レンズ

商品サイト:

https://item.rakuten.co.jp/ahanashop/22phonelenx01/

スマホのズーム機能では満足な写真が撮れない、もっと良いズーム写真が撮りたい……イルミネーションを撮影しているとこういう不満もあり、それを解決するアイテムです。

スマホでもズーム写真をきれいにしっかり撮影するのはこういった便利アイテムを使えば可能なので、ぜひ用意してイルミネーションを見に行きましょう!

【まとめ】

びわ湖大津館のイルミネーション2019について、見どころや口コミ、混雑情報など気になる内容まとめ!

1:びわ湖大津館のイルミネーションは成安造形大学の学生がデザイン・制作したイルミネーションを広いイングリッシュガーデンで楽しめるイベント!
2:びわ湖大津館のイルミネーションは混雑情報がない、期間も長いと知っている人がゆっくり楽しめる冬のお出かけ先で、好きなタイミングで行けるのが魅力!
3:2019年のびわ湖大津館イルミネーションの情報はまだ発表されていなく、過去を参考にすると12月から2月中旬まで、17時から20時半まで楽しめる!
4:会場となるびわ湖大津館は旧琵琶湖ホテルだった建物を改装して作られた施設で、多くのイベントやカフェ、レストランが入っている楽しめる場所となっている
5:琵琶湖近くの真冬となるとかなりの寒さ、風もあるため防寒対策はしっかりと。暖かい飲み物なども用意しておくと安心、子どもにも注意しよう
6:イルミネーションをスマホできれいに撮影するためには光を上手に使うことと手ブレをおこさないことが大切、スマホ用の三脚などを使えばブレずに撮ることができる!

びわ湖大津館のイルミネーションは知っている方が毎年楽しんでいるような穴場的なイルミネーションを楽しめる場所で、ゆっくり撮影したり鑑賞することが出来ます。

ぜひ2019年のびわ湖大津館イルミネーションは情報をチェックしておき、防寒対策もしっかり整えたうえでゆっくりイルミネーションを楽しみましょう!

【こちらも読まれています】

どんぐり拾いスポット関西でおすすめな場所5選!時期やどんぐり遊び紹介!
秋も深まる季節になると森や山は色んな木の実がたくさんなりますね。その中でも「どんぐり」は私たちにとっては秋を感じることをできる身近な小さな秋の便りです。 どんぐりは夏前から秋にかけて実が成長していきますので、時期としては秋頃、10月前後がベストな季節となります。 子どもたちと「どんぐり拾い」をして遊びたいけれど、おススメのスポットがわからないなんて人も多いのではないでしょうか? そこで今回は関西でどんぐり拾いができるスポットをご紹介します!その他にもどんぐりで作るおススメ工作や、集めたどんぐりの保管方法なども調べましたので、ぜひ参考にしてくださいね!

コメント