一年生で勉強できない子の特徴は?我が子は大丈夫?夏休みの勉強法!

スポンサーリンク

入学式を迎えてあっという間に月日が経ちました。

あなたのお子さんはもう学校には慣れてきましたか。

少し緊張しながら学校に向かっていたのに、今では友達とおしゃべりしながら登校していたりするのでしょうか。

だんだんと1年生でも授業に慣れてくると宿題やテストが出てきますよね。

最初はみんな同じくらいの学力だったはずなのに、徐々に違いが出てきて夏休みになるとあっという間に差が出てしまうのをご存知ですか。

勉強ができない子の特徴は「疑問を放置する」「集中力がない」ことが多いです。

低学年のときは親のサポートが必要です。

今回は親として勉強できない子の特徴と今からできる事をお伝えします。

一年生で勉強できない子の特徴は?我が子は大丈夫?

まず勉強ができない、とはどういうことかご存知ですか。

親からみてできないと思うポイントは

  • テストの点数が悪い
  • 宿題を見ていても同じところでつまずく

などが挙げられます。

具体的には1年生の1学期では1+1、3-2のレベルの足し算引き算がわからない、ひらがなを丁寧に書くことができない

などが挙がりますね。

一年生で勉強できない子の特徴に我が子があてはまる場合はどうする?相談先は?

 

もし勉強ができない子の特徴に我が子があてはまる場合はどうしたらよいのでしょうか。

1年生の1学期の時点で先生に相談するのは早いかもしれません、私も実際に1年生の1学期は算数が苦手で母や先生が困っていました。

しかし夏休みに宿題と1学期の復習をしたことで、苦手だった算数を克服した経験があります。

1学期の時点で我が子が勉強できないと決めつけるのは早いと思います。

先生に相談するよりも、まずは夫婦でどのように子供に勉強を教えるべきか話し合うことが必要ではないでしょうか。

夏休み中に親が子供の勉強をサポートする方法とは?

夏休み中に親が子供の勉強をサポートするには必要なことが3つあります。

勉強を習慣化させる

1学期の時点で、あなたのお子さんに勉強を毎日するという習慣はありましたか。

市販のドリルや通信教材、塾なども含みますが宿題以外にも勉強する習慣がある子は勉強に対する意識が違います。

また復習や予習をすると「わかる」だけではなく「できる」ようになります。

これはとても大きな違いがあります。

現在の学習指導ではよく言われている事ですが、わかっていてもできない、ということが学年が上がるにつれて増えていきます。

「できる」ということは自分の力で問題が解けるということです。

問題を繰り返し解く習慣をつけることで自分の力で問題が解けるようになります。

これには、毎日勉強するという習慣がかかせません。

1日1時間~2時間とはいいません。

15分でも30分でも1年生のときから毎日勉強する習慣をつけましょう。

集中できる環境を作る

勉強を習慣化させるときにもお話しましたが、まずは15分~30分の短い時間集中して勉強する時間を作りましょう。

そして勉強する場所にも注意が必要です。

低学年のうちはリビング学習をしている子供も多いですが、テレビや漫画、おもちゃなど周りに置いてありませんか。

家族も協力して勉強している時間帯はテレビを控えるなどしましょう。

子供の「なぜ」「どうして」を放置しない

ついつい忙しいからと子供の疑問に答えてあげられないこともありますが、これが子供の疑問を放置することにお気づきですか。

親が「今忙しいから」「あとでね」など曖昧な返事をすることで子供も同じように「後でいいや」という気持ちが生まれます。

疑問に思ったことはすぐに調べる癖をつけないとわからない事はそのまま放置するようになりますよ。

一年生の子供に勉強嫌いにならないようにする声掛けは?

子供が勉強嫌いにならないようにするには「焦らせずゆっくりと答えるまで待つ」ことが重要です。

多くの親に見られる「答えを急がせる」という行為ですが、子供にプレッシャーをかけることは成長によい影響を与えません。

親からは何も言わず、子供から疑問を聞いてきたときにヒントを与えるくらいで良いのです。

けっして早く答えられないからと言って「なんでわからないの!ここは〇〇が答えでしょ」などと言わないようにしましょう。

勉強をなかなか始めないとお困りの方は、

  • 今日はどこまでできるかな?
  • お母さん(お父さん)も一緒に勉強しようかな

というのがおすすめです。

「勉強しなさい」は自分でやりなさい1人でやりなさい、と突き放しているような言い方になりますが、こちらの2つの言葉は子供に寄り添った言い方になっているのでお母さん(お父さん)が見ているなら頑張ろうかな。

という気持ちになります。

まとめ

夏休みの勉強のポイント

  • 1年生の1学期で勉強ができないと決めつけるのは早すぎる、夏休みに親がサポートして勉強する習慣を見つけることが重要
  • 毎日15分~30分宿題以外の勉強を習慣化させる
  • 集中できる環境をつくる
  • 子供の「なぜ」「どうして」を放置しない
  • 焦らずゆっくりと答えができまで待つことが大事

いかがですか。

1学期が終わり、他のお子さんに比べて勉強ができないと比べる方もいらっしゃいますが、まだ1学期です。

長い夏休みの間にコツコツ勉強する習慣さえ身に付けることさえできればいくらでも挽回できます。

焦って子供に答えばかり求めてしまうことのほうが遥かに問題です。

勉強が嫌いな子にならないようにこの夏はしっかりとサポートしましょう。

コメント