ビーチサッカーのボールの特徴は?サッカーとの違いや競技の歴史は?

スポンサーリンク

みなさんはビーチサッカーを知っていますか。普段サッカーが好きで試合を見ている方でも、
ビーチサッカーはあまり見たことがない方もいらっしゃると思います。なぜ砂浜でやるのか、ボールは転がらないし、イマイチぴんと来ない方もいますよね。ですが、この「ビーチサッカー」迫力があって、とても面白いのです。

そこで今回は、ビーチサッカーの特徴や競技の歴史についてみなさんにご紹介したいと思います。これをきっかけにビーチサッカーに興味を持つこと間違いなし。ではさっそく見ていきましょう。

ビーチサッカーボールの特徴は?大きさや値段は?

「砂浜でサッカーやっているだけじゃないの?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、そうではありませんよ。まず始めにビーチサッカーのボールの特徴やサッカーボールとの違いなどについてお話ししたいと思います。

ビーチサッカーボールの特徴は?大きさは?

大きな特徴としては、2つあります。

一つ目は、普通のサッカーとは違ってスパイクを履かないので、裸足でボールを蹴ってみても、痛みが少なくなるように、表面が少し柔らかいクッション性のあるボールになっていることです。

二つ目は、水が吸収しにくい防水性能を備えていることです。

どちらもビーチサッカーをやるには大事な要素であることがわかると思います。大きさは、5号球です。サッカーボールの大きさと同じで、5号球は中学生〜一般・プロの方が対象となっています。

子供用・大人用はあるの?

子供用としては、小学校で見かけるサッカーボールは4号球というサイズが多いと思いますが、残念ながら日本では、ビーチサッカーボールの4号球は販売されていないようです。

今後もっとビーチサッカーが注目されるようになれば、そのうち出てくるようになるでしょう。大人用は、一般的な5号球で問題ありません。

どこで買える?

スポーツ用品店で置いてあるところがあるかもしれませんが、ネットで購入するのが間違いないと思います。何個かご紹介しておきますね。

1.モルテン・ビーチサッカーボール
https://search.rakuten.co.jp/search/mall/molten%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%81%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC/?v=2&scid=af_pc_ich_link_urltxt&sc2id=af_101_0_0

2.adidas ビーチサッカーボール 国際公認球 5号球
https://search.rakuten.co.jp/search/mall/adidas+%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%81%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB/?v=2

3. LUZ e SOMBRA ビーチサッカーボール
https://search.rakuten.co.jp/search/mall/LUZ+e+SOMBRA+%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%81%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB/?v=2

ビーチサッカーボールの特徴でサッカーボールとの違いは?

ここでは、サッカーやフットサルとのボールの違いについてお話しします。ボールは全部同じではありません。それぞれ特徴があって、ボールの違いによってプレーにも大きく影響を与えていることがわかりますよ。

■通常のサッカーボールやフットサルボールの違いは?

それぞれの規格を確認にしてみました。

【ビーチサッカーボール 】
・外周は70cm(28インチ)以下、68cm以上。
・重さは、試合開始時に440g以下、400以上。
・空気圧は、海面の高さで0.4〜0.6気圧。
【サッカーボール】
・外周は、70cm(28インチ)以下、28cm(27インチ)以上。
・重さは、試合開始時に450g以下、410g以上。
・空気圧は、海面の高さで、0.6〜1.1気圧。
【フットサルボール】
・外周は、70cm(28インチ)以下、28cm(27インチ)以上。
・重さは、試合開始時に450g以下、410g以上。
・空気圧は、海面の高さで、0.6〜0.9気圧。

ビーチサッカーとサッカーボールの大きさは同じで、68cm〜70cm。これはビーチサッカーと同じです。重さに関しては、450g〜410gとビーチサッカーボールよりもわずかに重くなっています。

フットサルボールは、大きさが62cm〜64cmとなっていて、いわゆる4号球というサイズです 。サッカーやビーチサッカーよりボールは小さいです。

空気圧に関しては、一番空気圧が低いのがビーチサッカーボールで、大きいのがサッカーボールです。ビーチサッカーボールは空気圧が低く、他のものよりも空気が入らないので、ボールが弾まないと言えます。

たまにサッカーを見ていると、ロングボールから、ボールがバウンドしてフォワードが一気に抜け出してゴール!というスピーディな展開が見られます。ボールに空気が沢山入っていて、弾みやすくなっているので、こういう場面が出てくるわけです。

値段の違いは?

サッカーボールやフットサルボールはビーチサッカーボールと比べると種類が多いです。選択肢が多いので、安いものから高いものまでありますが、ビーチサッカーボールは種類も少なく、その分値段も高く感じます。

そもそもビーチサッカーとはどんな競技?競技の歴史は?

次は、ビーチサッカーのルールや競技の歴史を見ていきます。サッカーとは違った特徴があって、なかなか面白いですよ。

ビーチサッカーのルール

ピッチはもちろん砂浜で、40cm以上の深さがなければいけません。ビーチサッカーは、フットサルにより近いルールになっています。

ピッチの広さは、26〜28m×35〜37mです。フットサルよりも、やや幅があって長さが短いピッチとなっています。

ゴールの大きさは、高さが2.2m、ポストの間隔は5.5mです。フットサルよりも、2m幅が大きくなっています。ゴールを沢山決められそうですね。フットサルをやっていた人は、イメージしやすいのではないでしょうか。

試合時間は、全部で36分。12分で分けて、これを3セット行います。この12分間の1セットを「ピリオド」と呼びます。1ピリオドを終えるごとに、3分間のインターバルがあります。

フィールドにいるプレイヤーは5人。最大7人(国際Aマッチは10人)の交代要員を置くことができます。試合中に行うことのできる交代の回数は、制限されていません。

ファウルを得たときのフリーキックも違いがあります。基本的にはルール上、壁は作れません。なので、長・中距離からの直接フリーキックからの得点が期待できます。

競技の特徴

砂浜なので、あまりボールが転がりません。そのため、リフティングをしながら前に進む、リフティングを交えながら浮き玉でパスをつないで、シュートまで持ち込む等のプレーが見られます。1度も砂につけず、パスをつなげる姿は見事としか言いようがありません。

その他にもオーバーヘッドシュートなどのアクロバティックなプレーは迫力があってすごいです。華麗なドリブルで相手を置き去りにすることはないかもしれませんが、「こんなところから、そんなシュート決めるの?」という驚きのプレーが多い印象です。

また会場では大音量で音楽を流しているところもあるので、サッカーやフットサルとはまた違った雰囲気を楽しめると思います。

日本の競技人口や歴史は?

どのくらい競技人口はわかりませんが、日本では沖縄を中心にビーチサッカースクールがあります。全国リーグはまだありませんが、北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中国、四国、九州等の地域でリーグ戦を行なっています。まだまだ成長の余地があるスポーツで、これから競技人口が増えてくるスポーツだと思います。

ビーチサッカーの歴史は、ブラジルが発祥とされていて、1992年にアメリカのロサンジェルスで競技規則の統一が図られ、2005年に従来の世界選手権からFIFA(国際サッカー連盟)主催のビーチサッカーワールドカップとして開催されました。

2009年までは、毎年開催されていましたが、今は2年に1回に開催されることになっています。最多優勝国は世界選手権の時を含めると、優勝回数13回の強豪ブラジル。続いて、ポルトガルとロシアが2回。フランスが1回となっています。

サッカーでも強いブラジルが、ビーチサッカーでも圧倒的な強さを見せていますね。ロシアが2度優勝しているのも、意外だったのですが、2015年、2017年では、タヒチが準優勝という結果を残しているのが、驚きました。

ビーチサッカーの日本代表は誰?日本代表の年収はいくらぐらい?

ビーチサッカーの日本代表の監督は、有名なラモス瑠偉監督です。選手時代はJリーグのスーパースターで、日本代表にも選出されていました。

最近では、ビーチサッカー日本代表を率いて、見事AFCビーチサッカー選手権を優勝し、アジア王者としてワールドカップに出場することが決まりました。そんな勢いに乗っている日本代表について、ご紹介したいと思います。

ビーチサッカーの日本代表は誰?

ビーチサッカーの日本代表の注目選手がいます。10番を背負い、キャプテンも務める茂怜羅オズ選手です。

1986年、ブラジルのリオデジャネイロで生まれ、6歳の頃からビーチサッカーを始めました。18歳でプロのビーチサッカー選手となり、2012年に日本国籍を得て、2度のワールドカップにも出場しています。

190cm、86kgの大きな体をしていますが、アクロバティックなプレーや味方を後方から操るパス能力に長けている選手で、BSWW(Beach Soccer World Wide)主催の世界トップ5に4回も選ばれているすごい選手です。

2019年のパラグアイで行われるビーチサッカーワールドカップでもチームを引っ張ってくれるでしょう。

日本代表の年収はどれくらい?

具体的に日本代表がいくら稼いでいるかはわかりませんが、日本代表に選ばれる選手も、昼は会社員として働き、夜や休日はビーチサッカー選手として練習に励んでいる方が多いようです。

ビーチサッカーは、国内だけでなく海外にも年間を通して試合があるリーグはありませんが、中には国内や海外の各地でシーズン契約をして、試合がある地域に移動しながら、プレーを続ける選手もいるようです。

活躍できれば、いろいろな国でプレーしてプロのビーチサッカー選手として生計を立てることもできるかもしれませんね。今後の日本代表の活躍に期待です。

【結論!】

① ビーチサッカーボールの特徴は?大きさや値段は?
・サッカーボールと大きさは同じ。
・クッション性があり、裸足で蹴っても痛くないように作られている。
・種類が少ない為、値段が安いものがない。
② ビーチサッカーボールの特徴でサッカーボールとの違いは?
・空気圧が低いので、他のボールと比べると、あまり弾まないボールになっている。
③ そもそもビーチサッカーとはどんな競技?競技の歴史は?
・5対5で勝負する、試合時間は1ピリオド12分の全3ピリオド。
・アクロバティックなプレーが多く、音楽を流しながら試合をする。
・ブラジルが発祥で、2年に1回にビーチサッカーのワールドカップが開催されている。
④ ビーチサッカーの日本代表は誰?日本代表の年収はいくらぐらい?
・注目選手は「茂怜羅オズ選手」
・年間を通して試合をするプロのリーグ戦はない。シーズン契約を各地で結ぶ。

いかがだったでしょうか?今年は、ビーチサッカーのワールドカップもありますし、日本代表の活躍が楽しみです。みなさんもこれを機にビーチサッカーを応援してみては、いかがでしょうか。

【こちらも読まれています】

選手宣誓例文!サッカー大会で感動するかっこいい選手宣誓文の作り方とは?
大きな大会だと、選手宣誓をする機会がありますよね。サッカーの大会で選手宣誓をするという大きな役割を引き受けることになったあなた。みんなの心に響くような感動する選手宣誓をしたいですよね。そんなあなたにピッタリの選手宣誓文の例文をご紹介します。

コメント