煽り運転をされたら迷わず通報!!後日ではなくてすぐに通報するべき

スポンサーリンク

煽り運転が原因の事故があってから、煽り運転のニュースや動画などをよく見るようになりました。ニュースなどを見るたびに、本当にこんなことする人いるのかなと思いますが、きっと日常的に起こっているのだと思います。

煽り運転なんてされたら本当に怖いと思います。さらに、車から降りてきて怒鳴ってきたり、車を殴ったり蹴ったり、こんなことがあるなんて考えられませんが、自分がもし被害にあったらと思うと本当に恐ろしいです。

もし被害にあったときにどうしたら良いか、被害にあわないためにできることをまとめましたので、参考にしてください。

煽り運転とは

道路上で他の車両を煽り、交通の危険を発生させる悪質で危険な運転行為で、具体的な行為は次のような内容です。

・ 車間距離を異常に詰める・近寄る・幅寄せする
前の車との車間距離を異常に詰めたり、近寄ったり、幅寄せしたりして進路を譲るようにプレッシャーを与える・クラクションを鳴らす
激しくクラクションを鳴らしてプレッシャーを与える・ パッシング・ハイビームをする
相手の車に対してパッシングやハイビームで周囲を見えにくくしたり、進路を譲るようプレッシャーを与える・ 急ブレーキをかける
突然急ブレーキをかけて、後ろにいる車を危険な目に合わせたり威圧したりする

・ 無理な車線変更
急ブレーキ、急ハンドルなど、無理な車線変更で走行を妨害する

これらの運転は必ず全て煽り運転となるわけではなく、煽り運転になるかは状況によって異なるので、ドライブレコーダー、動画、目撃者の供述などからも判断されます。

被害にあったときはどうすれば良いか

煽り運転は、日常的に起こっていると思います。自分が被害にあう可能性も十分に考えられます。いつも通り運転していても、安全に運転していても、被害にあう可能性があります。

本当に理不尽ですが、被害にあってしまうかもしれない、とゆうことも、頭の片隅に入れておいた方が良いと思います。

もし運転中に煽られたり、クラクションで威嚇されたり、妨害されたりなんてしたら、本当に怖いです。パニックになってしまうかもしれません。

被害にあって怖くても、スピードを上げて逃げるなんてことはしてはいけません。相手を刺激してしまい、追いかけてくる可能性もありますし、そんな心理状態での運転ではとても危険です。

では、実際に被害にあったら、どうすれば良いか…。

継続的に被害を受けてしまったら、徐々にスピードを落として、ハザードランプを点灯させて、路肩へ停車して相手を先に行かせましょう。相手がそのまま走り去ったら、心を落ち着かせて、運転を再開しましょう。間違っても、追いかけたりなんてことは絶対にしてはいけません。

停車して、相手が降りてこっちに来たら…全部の窓を閉めて、全部のドアをロックしてください。何をされても、窓やドアを開けたり、外に出てはいけません。相手を刺激するような行動、言動もしないようにしましょう。

そしてすぐに警察に通報しましょう。警察を待っている間も、怖いと思いますが、外へ出ないで車の中で待機します。被害にあってするべきことは、自分の安全を確保して通報することです。

同時に、証拠を残すことができると後々警察に説明をするときなど役にたちますし、もしその場で通報できず、後日通報するときには証拠が必要になりますので、ドライブレコーダーで録画をしたり、スマートフォンで動画を撮影する方が良いです。

スマートフォンは、相手に向けると刺激を与えてしまう可能性があるので、隠しながら撮影するなど、相手を刺激しないようにしましょう。相手の車のナンバーや、車種なども記憶しておきましょう。

被害にあわないようにするためのグッズ

煽り運転は本当に危険です。自分が被害にあう可能性もあります。被害にあわないようににする為の商品もあるのでご紹介します。

ドライブレコーダー

煽り運転の被害、盗難被害の防止に効果があります。実際に被害あったときや事故などでも証拠として残せます。

【楽天市場】【TVCM】ドライブレコーダー コムテック HDR-352GHP 日本製 3年保証 ノイズ対策済 フルHD高画質 GPS 駐車監視機能搭載 常時 衝撃録画 2.7インチ液晶 LED信号機対応ドラレコ:シャチホコストア
人気のランクイン商品 2017年1月発売モデル。【TVCM】ドライブレコーダー コムテック HDR-352GHP 日本製 3年保証 ノイズ対策済 フルHD高画質 GPS 駐車監視機能搭載 常時 衝撃録画 2.7インチ液晶 LED信号機対応ドラレコ

ステッカー

「録画中」や「赤ちゃんが乗っています」などが書いてあるステッカーなどがあり、貼っているだけで効果があるといわれています。

【楽天市場】反射ステッカー 【高品質】 ドライブレコーダー 録画中 ・ 搭載車 ステッカー (反射黄色) これ1枚で効果!! 選べる1枚:ゼウス通販ショップ
車の安全 防犯 ステッカー 高品質 貼って剥がせる。反射ステッカー 【高品質】 ドライブレコーダー 録画中 ・ 搭載車 ステッカー (反射黄色) これ1枚で効果!! 選べる1枚
【楽天市場】マグネットステッカー baby in car ぱっちり日本語角型 ベビーインカー赤ちゃんが乗っています 車 赤ちゃん ベビーステッカー かわいい 赤ちゃんが乗ってます 通販 楽天 【文字変更対象商品】:ステッカーシール専門店Haru
baby in car マグネット ステッカー。マグネットステッカー baby in car ぱっちり日本語角型 ベビーインカー赤ちゃんが乗っています 車 赤ちゃん ベビーステッカー かわいい 赤ちゃんが乗ってます 通販 楽天 【文字変更対象商品】

購入したり、設置したり、面倒くさいかもしれませんが、被害にあったとき、被害にあいそうな状況で、きっと役に立つはずです。

自分自身の運転も気をつける

どんなことがあっても煽り運転なんてしてはいけませんが、煽り運転をするきっかけを作ってしまっていることもあります。

遅いスピードで走っていたり、急に車線変更をしたり、強引に合流したり、追い越し車線でゆっくり走っていたり、無駄に車間距離をとっていたり、無駄にブレーキを踏んだり、ハイビームの状態で走っていたりなど、理由もたくさんあります。

以前私は煽り運転を見かけました。トラック専用レーンで、トラックの前に軽自動車がかなり遅いスピードで走っていてその後ろから今にもぶつかりそうな距離でトラックがずっと煽り運転をしていました。見ているこっちの方が怖かったです。

煽られている方は、全然気づいていないようにも見えました。軽自動車は何でよけないんだろう、別の車線走ればいいのにって感じでした。

私自身も、免許を取ったばかりの頃、ハイビームのまま気づかないでずっと走っていたこともあります。煽られることはありませんでしたが、前の車、対向車は迷惑だったと思います。

運転するからには、周りをよく見て、無理をしないで、流れも気にしながら、思いやりの心を持って運転するようにしましょう。

まとめ

1. 煽り運転とは、道路上で他の車両を煽り、交通の危険を発生させる悪質で危険な運転行為のこと
2. 煽り運転の被害にあったら、自分の身の安全の確保をして、すぐに警察に通報をすること
3. ドライブレコーダーやステッカーで被害にあわないようにすること
4. 煽り運転のきっかけになるような運転をしないように自分自身も気をつけなければいけないこと

車はとても便利だし、運転も楽しいです。でも一歩間違えれば、大きな事故になってしまう可能性もあります。

煽り運転はとても危険です。被害者にも、もちろん加害者にもならないように、気をつけて運転しましょう。

コメント