アメリカで子供の留守番は何歳から?日本人が知らないアメリカの子育て事情!

スポンサーリンク

あごに手を当てる女性

アメリカは日本と比較すると、治安の悪い場所がとても多いです。

銃の所持率も高く、銃による犯罪は後をたちません。

そのためアメリカでは、親はどんなときも子供の安全が最優先になる生活をしています。

国全体でも子供を守るためのさまざまな決まり(法律)をつくっています。

そんなアメリカの子育て事情について調べていると、「子供を1人にするだけで逮捕される」とか、「留守番しても良い年齢が法律で定められている」とか、ネット上でも色んな情報が溢れていてどれを見たら良いのかと頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回はアメリカ在住の筆者が、日本とは違うアメリカの子育て事情や子育てに関する法律、子育てにおける治安・環境について、実際にあったエピソードなどもふまえて詳しくお話したいと思います。

また、アメリカで全く意識のないままに虐待を疑われて通報されてしまわないように、日本と違う子供への接し方についても少しお話しますので、ぜひ最後までごらんください。

アメリカで子供の留守番は何歳から?一人で留守番は逮捕?

窓から外を見る女の子

それでは早速アメリカの法律で子供が何歳から留守番できるのか見ていきましょう。

結論から言うと、アメリカでは法律で「子供を留守番させてもよい最低年齢」が決まっているのは、イリノイ州(14歳)とメリーランド(8歳)の2つだけのようです。

法律で年齢が決まっていない州の方が圧倒的に多いです。

アメリカはとても大きい国で、たくさんの州があり、その州ごとにも法律がありますし、州の中でも町や市などで違うルールがあります。

ただ、平均してどの州でも12~13歳(ティーンエイジャーとして認められる年齢)までは常に親が子供の側にいて保護をする必要があると言われています。(登下校の送迎・買い物・習い事への送迎・外で友達と遊ぶときなど。)

法律で年齢が決まっていない州

「親がいなくても子供だけで大丈夫」と判断をするのは「何歳から」という考えではなく、親が全ての責任をもつことを前提として自分の子供(12~13歳以上)の成長度合いから、「1人で安全に留守番をすることができる」と判断をした上で留守番をさせています。

判断基準として少し例を挙げますね。

例えば、

  • 緊急事態になったとき、自ら救急や家族などに連絡をして状況を伝える・避難するなど適切な対応がとれる
  • 留守番に対して恐怖や不安がなく、精神的にも成熟しているといえる
  • 留守中に訪問する人(セールスや近隣住民など)があったときの安全を考えた対処法を家族で話し合って周知できている

などです。

当然のことですが、留守番中に子供に万が一のことがあれば親が全責任を問われます。

親が子供と離されるのはもちろん、児童虐待とみなされ逮捕されることがあるので、この留守番させるかどうかの判断はとてもむずかしいものです。

その為、アメリカでは親が不在になる間だけベビーシッターに頼んだり、付き合いのある近所の友人や親族の家に子供を預けて見てもらう人が多いです。

もしも児童虐待とみなされた場合は、状況にもよりますが、軽い罪だと判断されても1年未満の禁固刑や10万円以上の罰金をとられます。

ケガや命に関わる危険・可能性が考えられる場合は重罪と判断され、より重い刑・罰金となります。

法律で年齢が決まっている州

「何歳から」と決められた年齢以下の子供を留守番させていることが警察に見つかれば、即違法とされ逮捕されます。(この場合警察は裁判所や児童保護サービスの許可無しに親を逮捕できます。)

警察に見つかる過程でよく聞くのは、“近所の人の通報”によるものです。

アメリカでは子供の安全が第一です。そのため、もしも子供に何かあるのではないかと思われる状況があれば、それを見つけた人に通報の義務があります。

日本では、留守番をしている子供を見かけたら「1人で留守番?偉いねぇ~。しっかりしてるね~。」と声をかけられるところかもしれませんが、アメリカであれば「子供を1人にしている家なのね!?すぐに通報して子供を守らなきゃ!」となるわけです。

国が違えば物の見方は大きく変わりますね。

ただ、留守番をほんの少しの時間でもさせると犯罪になるのかというと、州によって少し違ったルールや解釈もあるので、それは住む州ごとに確認をする必要があります。

例えば「○歳以下の子供のふさわしくない期間を超えての留守番はいけない。」という表記があるとします。

それは場所によって、「半日以上子供だけにするのはいけない。(半日以内ならセーフ)」「夜中、家に子供だけにするのはいけない。(時間帯によってはOK)」ということもあります。

裏を返せばOKということもありますが、周りの人が気づいて心配をして通報をしたりすることもあるようですので、絶対に大丈夫とは言い切れないといったところです。

私の住むカリフォルニアは、法律で決められた年齢はないようですが、子供のいる親御さんに聞いたところ、日本語補習校からもらったプリントには「14歳以上の子供でも3時間以内しか留守番させてはいけません。長時間の留守番は18歳以上しかいけません。」と書かれていたようです。

それでは次に「法律で年齢は具体的に決まっていないけれど、この年齢を参考にして留守番をさせるべきか考えてください。」という指標を示したものがあるので紹介します。

年齢
コロラド州・デラウェア 12
ミシガン州 11
ニューメキシコ州・オレゴン・テネシー州 10
ジョージア州・ノースカロライナ州 8
その他 None

こちらの詳細に関しては下記の参考サイトをごらんください。

「None(無し)」は最低年齢が決まっていないという表記です。

こちらが参考サイトです。気になる方はこちらからご覧ください。

(The Washington Post)より

※表の見方は、左から州の名前・指標となる最低年齢・参照されたページです。

※こちらにも最後にかかれていますが、表記されている年齢は子供が1人で留守番することを合法的に認定している年齢ではありません。

アメリカで子供だけでの留守番はあぶない?アメリカの治安は?

ピッキング

上記の通り、アメリカで子供だけを留守番させるというケースはほとんどありません

もしも留守番をさせるとなれば、防犯のための対応(緊急時の連絡方法・手順や避難場所の確認、護身術体得など)の徹底が必要だと思います。

私は、実際にアメリカに住んでみて子供だけの留守番は危ないと思ったので、その理由となった経験談を少しご紹介します。

ドアノブを回される

ある日の平日のことでした。

主人は仕事に行き、私は家にひとりでした。

のんびり本を読んで過ごしていたら、突然ドアノブがガチャガチャと回されました。

そのときは鍵がかかっていたからか、そのまま何事もなく終わりました。

でも、もしもあのとき鍵を閉めていなければ・・・誰かが侵入してきたら・・・私は何の対応策もありませんでしたのでどうなっていたか分かりません。

後から思い出してもとても怖いです。

ちなみにこれは別の日にもあり、2回ほど体験しました。

怖くなって近所に住む日本人の友達にこの話をしたところ、このようなことはアメリカでは結構あるということでした。

家を間違ってノックしたり鍵をさす人もいるようですが、やはり鍵の閉め忘れている家を探している空き巣は多いようです。

ほかにも、夜中に全く知らない人に玄関の扉を何度もバンバン叩かれて、「開けろ!」としつこく叫ばれた人もいるようです。

日本から来たばかりで慣れない土地でもあったので、とても怖い思いをしたと言います。

もしも子供だけで留守番中にこんなことがあったら、子供はどれだけ怖い思いをするでしょうか。

また、親が万が一家を出るときに鍵を閉め忘れたり、子供が親だと思って鍵を開けてしまったりしていたら、どうなるのでしょうか。

浮浪者の訪問

またある日のことです。

私の住んでいる地域は、アメリカの中でも比較的安全な場所と言われています。

その日は同じアパートに住む友人宅へ夫婦ふたりでお邪魔して夕飯を頂き、帰宅したところでした。

扉をノックされたときは、私たちが何か友人宅に忘れ物をして、それを友人が届けてくれたのかと思いました。

一応夫がのぞき穴をのぞいたのですが、もう外は暗くてよく見えませんでした。

私たちのアパートは治安も良いと感じていたので、あまり警戒心を抱くことなく夫は扉を開けました。

すると黒人の男性がひとり立っており、突然夫に1ドル札を見せているのか、押し付けようとしているのかしながら、何やら英語で話しかけてきます。

その英語は言葉になっていないのか、こちらが聞き取れていないのか何やら理解できずに怖くなりました。

扉には日本のように安全対策のチェーンなどついていないため、いつ襲いかかられてもおかしくありません。

「これあげるから、お金を恵んでください。」という意味であったのか、身なりからして浮浪者の人でしたが、物腰が低い訳ではなくグイグイくる感じで、私が「怖い。怖い。」と大きな声を出して言ったので、夫も慌てて「No!」という言葉を繰り返し扉を閉めました。

この日から、扉は不用意に開けてはいけないと強く反省しました。

タイミングが悪く友人だと思い込んでしまったことと、外が暗くてのぞき穴が見えなかったことから開けてしまいましたが、扉を開ける前に声で「Who is it?(誰ですか?)」と聞くことが大切だと学びました。

大の大人がこれですから、もしも子供が警戒心なく扉を開けてしまったらどうなっていたでしょうか。

もしも銃や刃物を持っていたら、それに子供の誘拐も多いアメリカです。

私はこのことから子供の留守番は日本とは桁違いに危ないと感じました。

これは私の経験ですが、こちらに住む日本人の中にはもっと怖い経験をされているかたも多いです。

むやみに親の心を不安にさせたい訳ではないのですが、日本人の性格的に扉を叩かれたときに居留守を使うことに抵抗があったり、居留守を使いたいけど家にいるのがバレている状況の場合には、出ないといけないと感じてしまう傾向にあるので、大人であっても普段からセキュリティーにおいて学ぶことや反省すること、不安や恐怖を感じることが多いです。

また、治安がよくないという割りに値段の安いアパート(そうは言っても私の住んでいる所で17万円の家賃)では扉にチェーンがついていません。

日本のように、モニターで玄関の外を確認するシステムも無いですので、やはり子供だけで留守番をさせるというのは、おすすめしないです。

気になるアメリカの治安についてですが、参考になる犯罪統計が書かれているサイトがあったのでこちらを紹介します。

(在アメリカ合衆国日本国大使館 犯罪対策)より

アメリカで子供を安全に守るために親が行うべきこととは?

子供を抱きしめるお母さん

とにかくアメリカでは親はいかなるときも子供を保護できるように行動します。

また、親は子供がどこで過ごしているのかを常に把握しておくことが必要です。

子供自身にも常日頃から安全について考えさせる必要がありますので、親ができることにはどんなことがあるのかをご紹介します。

子供のセキュリティに関して親がするべきこと

  • 子供がどこへ行くにも親は送迎する(学校・習い事・友人宅・パーティー会場など)
  • 子供から目を離さない・離れない
  • 外でトイレに行くときは必ず付きそう(変質者がでたり、誘拐されることから守る)
  • 子供の友達を家に招くときには、相手の親にも必ず確認をする。クラスの担任に双方の親からそれについて連絡をする地域もある。
  • 子供の友達を家に招くときには、どこか家以外に外出する(連れ出す)予定があれば予め必ず相手の親にも連絡をして了承をとる必要がある。(常に自分の子供がどこで何をしているのかを知っておく必要がある)
  • 子供とどうしても離れる場合には、ベビーシッターや親族・頼れる友人などに子供を預けてみてもらう

などです。

子供のセキュリティに関して親が子供に伝えること

  • 知らない人に話しかけられても、自分のことを絶対に教えない(名前や住所など)
  • 知らない人からの電話に、「今家にひとりでいる。」「○時まで親は仕事。」など情報を言わない。その理由も必ず伝える。
  • イヤホンをつけて音楽を聴きながら・携帯を触りながら歩かない
  • 合言葉を用意する。(不審な人に話しかけられたときに家族の合言葉をたずねるようにする)
  • 見た目が怪しい人ではなく、犯罪が起こりそうな場所の特徴について普段から話し合う
  • 家にいるとき、誰かに玄関の扉を叩かれても出ない。声を出さない(応答しない)。

といった具合です。

こちらは、アメリカで実際に行われた社会実験の動画です。

CHILD ABDUCTION (Social Experiment)

(CHILD ABDUCTION -Social Experiment/Joey Salads より)

アメリカでは子供の誘拐事件が多いため、子供たちがどのように誘拐されるのか・子供たちは簡単に知らない人についていってしまうのかという内容を実験したものです。

内容は英語ですが、言葉が分からなくても流れは分かるようになっています。

簡単に流れを説明すると

  1. 男性(実験者)が公園で子供を遊ばせている母親に、普段から子供に知らない人についていってはいけないことや、知らない人と話さないように注意喚起していますか?というような内容を問いかけます。
  2. 母親はもちろん大丈夫だと思っています。「普段から子供にはよく言い聞かせているから、話しかけてもついていかないと思うわ。」という風に答えています。男性の実験に快くOKをだし、自分の子供に話しかけることを了承します。
  3. 男性は子供に話しかけます。子犬をだしにして、子供を連れされるかどうかの実験です。
  4. 母親は結果に唖然とします。

といった流れです。

アメリカはとても陽気で、知らない人でも道ですれ違うときに挨拶をしたり、微笑みかけたりしてくれることは当たり前のようにあり、フレンドリーでとても良い国です。

ただ一方、陽気で気の良さそうな人に話しかけられると大人でも警戒心をいだきにくいです。

明らかに怪しい人なら子供も親の言葉(“怪しい人にはついていっちゃ駄目よ。”)を思い浮かべることができるかもしれませんが、明るくフレンドリーでついつい楽しくなっちゃうような人に話しかけられると子供はどうでしょうか。

そうしたことも踏まえて安全について子供たちと話しておくことが重要です。

ぜひこの動画も子供と一緒に見てみてください。

移住してからわかった!日本人が知らないアメリカの子育て事情5選!

指を指されて驚く女性

ここでは、私がアメリカに移住をしてから日本とは違う子育て事情を知り、驚いたことや、関心したこと・印象に残っていることについてご紹介したいと思います。

アメリカに来て私が特に驚いたのは、子供を虐待から守ろうとする国全体の意識の高さです。

上では子供を留守番させることが、時と場合によっては育児放棄とみなされて、=(イコール)虐待とみられることがあると書きましたが、他にも知らずに日本の感覚で過ごしていると虐待とみなされて逮捕されてしまうことがあります。

私が驚いた虐待に関するエピソード

「子供の前で夫婦喧嘩をするのも虐待になる」

こちらに来て、子供がいる親御さんから教えてもらったことです。

子供の目の前で夫婦喧嘩をするのも虐待というのは、今まで考えたことがありませんでした。

確かに親が喧嘩しているのを子供が見るのは嫌だろうし、精神的にも苦痛を伴いますね。

それだけではなく、驚いたのは夫婦喧嘩における子供への影響を調べた実験です。

夫婦喧嘩によって日常的に暴言を聞いたり、実際に暴力を見た・受けた子供は、脳の視覚野の一部分が萎縮するという脳へのダメージが確認されたようです。

そのため、アメリカでは子育てにおいて夫婦関係もとても大切にされています。

実際にアメリカではこのような夫婦喧嘩を目撃されて通報されたら、警察によって逮捕されることがあります。

保釈されても、裁判所へ出頭するように命じられるほど子供の前での夫婦喧嘩は重く見られる傾向にあります。

とくに、アメリカに移住をしてきたばかりでこのような事情を知らないアジア人が通報されるケースが多いようです。

外で言い争いや、言い争いの末に少し夫が妻の腕を掴んだ、という日本なら「あ~激しく喧嘩しちゃってるな~。」くらいに思われる喧嘩が、アメリカでは「日常的な暴力行為のある家庭」と捉えられてしまい逮捕されるということがあるのです。

とくに女性は感情的になりやすいですし、育児の間はいろんなストレスが溜まりやすく、ついつい声を荒げてしまいそうになりますが、アメリカでは気をつけてください。

「子供を怒鳴りつけたり少し小突く程度でも虐待になる」

私は日本よりもアメリカのほうが感情的で、親は子供に大きな金切り声をあげて叱ったりしているのだろうと勝手に想像していましたが、こちらではそのような光景を一度も見たことがありません。

日本では、“お行儀が悪いことをしたら人様の前でも叱るべき。”と考えられていて、その場で叱らなかったら「ちゃんと子供に躾してるの?」と眉をひそめられることがあり、親はついつい声を荒げて「駄目でしょ!!」「いい加減にしなさい!!」と怒り、ときには少し頭をはたいたり小突いてしまうことがあると思います。

おもちゃを欲しがって地べたを這いずり回る子供をズリズリと引きずっている親御さんもよく見る光景ですよね。

「はいはい。今日はおもちゃ買わないよ~。帰るよ~。」と笑いながら子供を引きずりますが、これはアメリカでは大問題です。

日本でも皆がみんなそうではないですが、子供が悪いことをしたときは、その場で“ひっぱたいてでも教える”という考えは今でもよくあると思います。

ただ、アメリカでそれをすると即通報され、かけつけた警官に囲まれ事情聴取をされます。

このときに親がどれだけ言いつくろっても警官はまず子供に話を聴きます。

子供は純粋に聴かれたことに答えますので、ここで叩いたり引きずったりと少しでもしたと答えたならその場で逮捕される可能性が高いです。

また、目撃者による証言もとられますので、日本では躾の一環とされていることでもアメリカでは通用しないですので十分に注意をしてくださいね。

では、アメリカでは親が子供を叱るときにどうしているのかというと、一番多いのは部屋の隅につれていき小声で注意をする方法です。

また、1人で頭を冷やすように部屋の隅で考えさせる時間をとるという対応(タイムアウトと呼ばれています)も取ります。

もちろんタイムアウトも親から目の届く範囲で行われています。

アメリカの親の注意の仕方は、周りの環境もあるためかとても大らかだと感じました。

以前私達夫婦がブリューワリー(ビールを飲む所)に行ったとき、別のテーブルに子供連れの家族が来ていました。(日本なら酒屋に子連れというだけでもチクチク言われそうですが。)

その子供達がテーブルの周りを走り回って遊びはじめました。

楽しそうな子供たちのはしゃぐ声は結構大きく、テーブルには料理も並んでいたため、私達夫婦は『子供たちの親はきっともうすぐ子供達を叱るだろう』と、『どうやってアメリカの親は子供を叱るのかな?』と気になり、見ていました。

すると、親は走り回る子供をみて微笑んでいるだけだったのです。

また周りのテーブルの人達も子供を微笑ましく見ているだけです。

しまいに、テーブルにぶつかりそうになったときには、親が「もう遊ぶのは終わりだよ~。ご飯は食べないのかい?」と笑顔で子供を抱き上げて終了です。

あまりシリアスにはならないのだなと驚きました。

アメリカでも他の地域では違うかもしれませんが、私たちが見ているアメリカ人はこのような印象ですので、少しでも声を荒げて子供を叱るなど外でしていると、とても目立つなぁと思いました。

「子供だけでおつかいに行かせるのは虐待になる」

日本ではある程度の年齢になると子供だけでおつかいに行くというのが、ひとつの成長イベントのようになっていますね。

日本の童謡にもおつかいにまつわる歌がありますし、「はじめてのおつかい」というテレビ番組も大人気です。

日本人にとって何のことはない子供のおつかいですが、これはアメリカでは考えられません。

もしもアメリカで日本と同じ気持ちで子供におつかいを頼んでしまった場合は、ひとりでおつかいをしている子供を見つけた人にすぐに通報されてしまいます。

そのまま親は逮捕です。

アメリカは車社会ということもあり、道を歩いている人はとても少ないです。

自転車も1日外で過ごしていても、5台ほどしか見ないくらいに車以外の移動手段を使っている人は少ないので、子供が1人で歩いていたりなんてしたら、とても目立ちます。

まだ、通報をされて子供が無事であればよいのですが、最悪の場合誘拐されて子供の命を失ってしまうケースもあります。

アメリカでは1日あたり約2000人の行方不明児童がいると言われていますので、こうした最悪のケースが起こらないように注意をしたいところです。

「異性の子供と裸でお風呂に入るのは性的虐待になる」

これは特に驚きました。

アメリカだけではなくヨーロッパなどでも親子が一緒に入浴をすることはないようです。

子供が親とお風呂に入るのは日本人として当たり前のことだと思っていましたし、ときどき「中学生になった娘が未だに一緒にお風呂に入ってくるんだよ。」と困ったような嬉しいようなそんな顔をしたお父さんを見かけると、なんて親娘関係の良い家庭なんだろうとすら感じてしまう筆者なので、これをアメリカでは性的虐待と捉えられることには非常に驚きました。

アメリカでは、入浴時のプライバシーをとても大切にしています。

お風呂に入る幼児の頃(2~3才)には、親は服を着たままで入浴のお手伝いをします。

4~5才になるとひとりで入浴することがほとんどだそうです。

親は扉を少し開けたところで安全面に問題がないかだけ確認できるようにしています。

また、4~5才になると「お父さんには裸を見られたくない。」と言う娘もいるようで、日本の子供よりも性に関して感じる・考える時期がとても早いですね。

こうして小さいうちから、自分の体は簡単に人に見せたり触らせたりするものではないと、自分の体を大切に考えさせているとも聞きました。

アメリカに移住した日本人の子供(娘)が、もしも幼稚園や小学校で「お父さんとお風呂に入るのが大好きです。」なんて言った日には、学校の先生からすぐに警察へ通報が入り、性的虐待をしているとして父親は逮捕されてしまうようです。

日本人にとって、唯一仕事が忙しい中でもコミュニケーションがとれる家族団らんの時間とも言われる入浴ですが、アメリカでは異性の子供との入浴は性的虐待と判断されます。

もしも子供と入浴をする場合は虐待を疑われないように対策をとるか、同性の子供とだけ入るか、アメリカの文化に従い寂しいですが一緒にお風呂に入らないなど気をつけてください。

「ベビーシッターに勘違いされた虐待」

子供の頃には、お尻に青あざの蒙古斑ができることがありますよね。

これは全世界共通だと思っていましたが、白人にはほとんど見られないものだそうです。

アメリカに移住した日本人が、白人のベビーシッターを雇った際に、ベビーシッターが赤ちゃんの蒙古斑を見て、虐待を疑い通報をして親が一時期逮捕された実例もあるようです。

もちろん蒙古斑は黄色人種の特徴でもあるため、誤解もとけて子供が無事に親のもとに戻ってきたようですが、こうしたことが実際にあるというのは分かっておく必要がありますね。

アメリカ生活をしていると、多くの人がベビーシッターを利用しており、もしかすると関係ないと思っていた自分もベビーシッターを雇うことがあるかもしれません。

そのときに子供に蒙古斑があるご家庭はベビーシッターに蒙古斑を分かりやすく説明できる準備をしておくと良いですね。

他にも、白人男性と結婚した奥さんが子供を夫の実家(白人の義理母のいる家)に連れていった際に蒙古斑を見た義理母がひどく驚き、奥さんは子供に身体的虐待をしているのかと息子に確認をするといったこともあったようです。

子供の身体的な部分でも日本とアメリカでは違うことがありますので、こうした誤解をされる可能性があるということも分かっておくと対応に困ることは少なくすむと思います。

まとめ

日本とアメリカの国旗

  1. アメリカは子供の虐待に関してとても敏感である。
  2. アメリカの法律で、留守番をさせてもよいとされる最低年齢が法律で決まっているのはイリノイ州(14歳)とメリーランド(8歳)の2つだけ。
  3. 法律では年齢が決まっていなくても、ほとんどの州では子供が12~13才のティーンエイジャーとして認められるまでは子供だけで留守番をさせることが無い。
  4. 親は子供の年齢ではなく、その子が安全に留守番できる(精神的に成熟している)と判断をした上で留守番をさせる。
  5. 留守番中に子供に何かあった場合は、全て親の責任である。その際、育児放棄とみなされて虐待をしているとして逮捕される場合がある。
  6. 親子がどれだけ大丈夫だと思っていたとしても、周り(近所の人など)が子供を1人にしていることを知り心配したら、通報されることがある。

いかがでしたでしょうか。

アメリカはとても大らかで、子供に優しい国です。

子供を大切にする国だからこそ、その文化を知らずに日本と同じ感覚で子育てをしていると、虐待を疑われ犯罪者になってしまうことも考えられます。

子供の留守番ひとつでも、必ず分からないことは地域のコミュニティーや学校などに確認するようにしてくださいね。

この記事を見て、少しでも安心してアメリカで子育てを楽しめる親御さんが増えたらうれしいです。

 

【こちらも読まれています】

夏休み留守番時の過ごし方!小学生の子供に安心して任せる方法とは?
夏休みは、学校に行く必要がないため子供たちは楽しみでしょうがないかと思いますが、親にとっては大変な期間ですよね。特に共働きの家庭が増えている今、子供だけでのお留守番が必要となることも多いようです。特に夏休みは、1日中お留守番をお願いすることもあるかと思います。そこで今回は、子供だけでも安心してお留守番が出来る方法や過ごし方をご紹介致します。

コメント