アメリカで病気になったら治療費はいくら?移住前に知っておきたい病気・怪我事情!

スポンサーリンク

アメリカと日本の旗

もしかしたら私もアメリカ生活!?

まさかの夫の海外赴任話が浮上・生活環境を考えてのアメリカ移住など理由はさまざまであれ、アメリカに住む可能性がでてきたとき、家族の健康を考えて真っ先に気になるのはやはりアメリカの医療事情ではないでしょうか。

アメリカは治療費、保険料ともにバカ高い、お金が無いと病気になっても満足に治療を受けられないなど噂がたくさん流れていますよね。

そこで今回は、アメリカ在住の筆者が今現在のアメリカの医療事情を日本と比べて料金・保険体制はどうなのか・いざとなったときに知っておくと役にたつ英語をお伝えしますね。

また、アメリカに来て驚いた病院事情などもご紹介いたします。

アメリカの病院事情が気になる方はぜひ最後までごらんください。

アメリカの病気治療費が高いって本当?日本と比較した場合

紙幣

まず、アメリカの病気治療費ですが、日本に比べて非常に高いです。

日本は国民健康保険制度があり、大体の人が保険証を提示することで1~3割負担で病院に通うことができますね。

どこの病院に行ったとしても大体同じくらいの金額で診察・治療を受けることができます。

もちろん、救急車を呼ぶのも無料です。

アメリカはというと、加入している保険や選ぶ病院によっても大きく値段が変わります

救急車は利用するとなんと、距離・呼んだ時間帯・人件費などでは日本円にして10万~20万円ほどかかってしまうようです。

おどろきの高さですね。

念のために意識がある人へは救急隊員が「救急車、乗りますか?」と確認のために聞いてくれるらしいです。

よっぽどのことが無い限り、首を横に振ってしまいそうになる金額ですね。

さて、気になる治療費ですが、加入している保険によって金額が変わるので、はっきりと断定できる価格はありませんが、以下に参考になるサイトがありましたので紹介させて頂きます。

日本と比較した金額が分かりやすく書かれているのでぜひごらんください。

(アメリカ合衆国の医療費-海外旅行保険の必要性/価格ドットコム 保険)

見ていただいた通り、大体日本では『初診料で三千円もとられるのかぁ。高いなぁ。』と感じるかもしれませんが、アメリカでは普通に1万円を超えます

また、出産時も含めてそうなのですが入院させてもらえる日数が日本の大体半分の期間となっています。

医者に“ある程度ふつうに生活できるだろう”と判断されたらすぐに病院から出されてしまいます。

こう考えると、日本の医療体制・制度のありがたみを感じますね。

また、アメリカに住んでいる人は皆あまり病院へ行きません。

医療費がとても高く、医療費で自己破産をした人も少なくないというほどなので、皆よっぽどじゃない限り行かないようです。

アメリカ人は風邪とか引かないのかな?と疑問に思う人もいるかもしれませんが、日本人と同じように風邪はひきます。

そのときに、すぐに病院に行くのではなく、まずは市販薬を薬局で買って様子をみます。

(こちらでよく見かける大手の薬局名をひとつあげると、赤い看板が目印のCVSpharmacy(シーブイエスファーマシー)というものがあります)

それでもいっこうに改善されず不安であれば、まず電話で症状を医師に聞いてもらい病院に来るかどうか判断をしてもらうというケースが多いです。

ただ、のちにこれについては書きますが、保険によってかかれる病院もちがい、風邪をひいた・病気になったからといってすぐに病院にかかれないという何とも不便でややこしい医療システムがあるので、小さなお子さまがいる方はとくに、下の保険についての欄もごらんください。

アメリカで病気治療に必要な薬はいくら?

マスクをした犬

それでは次に、処方される薬の価格について説明をいたします。

病院で診てもらったときに、医師からときどき「この程度なら、薬局に売ってる〇〇という薬でいいからそれ買って飲んで様子見て。」とか、「薬局で市販の〇〇という塗り薬買って。」と言われることがあります。

その場合は、薬局に置いてある表示価格になります。

少しだけ参考までに、アメリカの薬局で買える薬とそのサイトをご紹介しますね。

どれでも人によって効き目や感じ方は違いますので、ご自分に合ったものを選んでくださいね。

風邪薬

VICKS

こちらのVICKSは日本でものど飴で有名だと思います。

価格:1本$8~(日本円:870円~)

この会社のDayQuil(デイキル・デイクィル/眠くならない)とNight Quil(ナイトキル・ナイトクィル/眠くなる)が有名な風邪用の飲み薬です。

タイプはシロップ・錠剤などありますが、私はシロップタイプを飲みました。

悪く表現すると、『これ飲んでも大丈夫なものなのか?』と不安になる色をしたシロップで激甘です。

よく言えば『これ飲んだら一気に治りそう。』と感じてしまうほど、ガツンとくる味です。

私は日本の子ども用シロップでさえ苦手だったのですが、なんとなくシロップの方が効く気がしてしまい購入。

日本のシロップとは比較にならない濃厚さです。

飲む度に強烈な鼻を抜ける甘苦い感じに耐えられず毎度震えました。効き目も私にはいまいちだったので、次からはシロップではなく錠剤にしようと思います。

Tylenol

もうひとつ有名なのは、Tylenol(タイレノール)です。

価格:$10~(日本円:1000円以上~)

こちらは解熱・鎮痛剤として使われます。

アレルギー薬

NASAL SPRAYS(ナザール・ネイゾルスプレー)は、主に鼻炎の方や、鼻づまり喉の腫れなどに効く薬です。

日本にもよくあるタイプの鼻スプレーです。

価格は大体1本$16~高いものは$50のものも置いてました。(日本円:安くても1750円~量にもよるけれど高いものは5000円以上のものも有)。

他にもアレルギーであれば、

価格:$10~(日本円:1000円~)

価格:$4.5~(日本円:490円~)

などがあります。

解熱・鎮痛剤

価格:$4~(日本円:430円~)

価格:$4~(日本円・430円~)

比較的手の伸びる価格帯です。

ただ、これを病院から処方箋をもらって薬局に処方してもらいに行くとなると、知識がなければ値段は高くなることが多いです。

行く薬局によっても変わりますし、医師と話し合わなければより安いものは教えてもらえません。

私は実際通院したことがありますが、診察終わり頃に突然医師から「どこの薬局で受け取る?」と聞かれました。

最初私はアメリカ医療システムをほとんど知らず、すぐに家から近い薬局の名前を伝えました。

すると医師はその薬局へオンラインオーダーを送りました。

値段が不安だったので「高いですか?」と聞くと、「そんなに高くないよ。」と言われ、「じゃあ、今からその薬局に行ってきて。受付に言えば買えるからね。」とだけ言われました。

私は皮膚に発疹ができてなかなか治らず病院へ行ったのですが、結局病院では値段を聞かないまま薬局に行くと、レジで「$50です。(日本円で5000円以上)」と言われました。

『え!?たった15粒ほどの飲み薬がそんなに高額なの!?』 とおどろき、自分が皮膚疾患を患ってしまったことを落ち込みました。

日本なら、「お薬をジェネリックに変えることができます。ジェネリックなら安いですが、ジェネリックって知ってますか?」と医師や看護師から懇切丁寧に説明してもらえますが、アメリカでは責任は全て自分にあります。

ジェネリックの薬であれば安くなるので、「ジェネリックの薬にして下さい。」とか、「もっと同じような効果で安いものはありませんか?」と自分から聞かないといけません。

また、私は医師から「そんなに高くないよ。」と言われましたが、値段の安い高いの価値観は当たり前ですが人それぞれです。

気になるならぜったいに自分で明確な答えを聞くことをおすすめします。

日本人なら「何円ですか?」と値段を聞くのは勇気がいるかもしれませんが、それによって処方される薬の価格が大きく変わるなら聞くべきです。

むしろ、アメリカでは疑問があれば尋ねるということはふつうのことです。

また、私は処方箋は医師がオンラインオーダーで薬局に送るという選択肢しかないものだと思っていましたが、紙として手渡しでもらうことができるようです。

紙として手に入れられるなら、その情報をもとに付近の薬局に電話をして価格を聞けば比較をしてより安いところで購入するということができるわけです。

この値段の高低差は本当にすごいらしく、ある薬局では$50の薬がちがう薬局では$10など倍以上の差があるケースもあります。

また、自分が加入している保険会社が処方薬をカバーしていることもあるので、保険会社の名前や保険番号は常に把握しておくことをおすすめします。

こんな値段を比較できるサイトもあるようです。(加入している保険番号や住所など必要事項を打ち込むことで、保険適用か否かの薬の値段を調べることができるようです。)

アメリカの病気治療費が高いから保険に入るのは当たり前?

ハート

それではここから、保険についてお話します。

現地の人や移住者であれば、働いている会社や所属している団体が保険に加入している(団体保険)場合が多いです。

そうでない人は、自分で保険会社と契約する必要があります。(個人保険)

保険の種類

大きく分けて4種類のタイプがあります。

保険に入る前には自分や家族にはどのプランの保険が合っているか考えてみることをおすすめしたます。

PPO

自分が加入している保険会社が提携している所(医療機関)でも、提携していない所でも保険が適用するプランです。

ただし、提携していない所で保険を使うと自己負担が増えます

HMO

まず最初に加入している保険会社と提携をしている医療機関の中から自分の主治医を決めます

決めたら、どんなときも、まずはこの主治医を通して受診することになります。

EPO

基本的に自分が加入している保険と提携している医療機関に行くことで保険適用されます。

緊急事態以外には、提携していない医療機関にいくと保険は適用されません。(緊急時は適用される場合有り。)

POS

HMOとPPOを少しかけ合わせたものです。

加入している保険と提携をしていない医療機関でも受診自体はできるけど、保険会社と提携していないから、医療報酬額に決まりがなく自己負担が増えます

 

HMOプランは、自分が加入している保険会社と提携をしている医療機関以外では保険が適用されません。

つまり、提携外の医療機関で受診すると全額自己負担になります。

主治医以外の先生に診てもらいたい場合

  1. まずは主治医に相談する
  2. 主治医から相談内容にあう専門の先生を紹介してもらう
  3. 紹介先の病院に予約をとって受診する

という流れになります。

ただ、緊急事態には状況により例外もありますので、ご自身で保険会社に確認してみてください。

保険について分かりやすく説明されているサイトがあったので貼り付けておきます。

よければごらんください。

上記サイトで見ていただいても分かる通り、保険の種類や値段によっても保険でカバーされるものが違います。

例えば、見落としてしまいがちなのが歯医者の保険が適用されているか否かです。

アメリカは全体的に医療費が高いですが、とくに歯科治療は日本と比較するととても高いです。

1本の歯を治療するのに1万円以上かかるということも当たり前のようにありますので、歯医者に行く際に保険が適用されるものに入っておくと万が一のときに安心です。

また、基本的にはどのタイプの保険も、その保険会社と提携している病院でしか適用がされませんので、病院にこだわりたい方や行きたい病院を決めている方は、その病院と提携をしている保険会社かどうかも確認してくださいね。

移住してから驚いた!アメリカの病気治療や病院事情!

ばんざいする人形

さて、ここでは実際に私がアメリカに移住をしてから驚いたアメリカの医療事情についてお話します。

処方される薬に意向があれば必ず伝える

私はアメリカに来てから1ヶ月程すると体中に発疹が出来てしまいました。

痒くて痒くて夜眠れないほど酷くなってしまい、最初はCVSで市販の発疹用塗り薬を買っていましたが、含まれているステロイドが気になって病院を受診することにしました。

最初は日本でも医者として働いた経験のある日本語がペラペラに話せる医師の居る病院に行きましたが、詳しい原因が分からず専門の皮膚科を紹介されました。

皮膚科の先生はアメリカ人ですが、こちらもまた少し日本語が話せるとのことで安心をしていました。

皮膚の状態を見てもらい、今現在服用している薬(私はホルモンバランスを整えるために低用量ピルを飲んでいます)を聞いてくれて、さらに「ステロイドが心配です。」と伝えました。

この「心配です」という言葉ではいけないということに、このときは気づいていませんでした。

アメリカでははっきりとイエスかノーを伝えることがとても重要です。

「心配です」→「分かりました。心配なんですね。でも飲んだ方が早く治るし大丈夫ですよ。さっさと治してしまいましょう。」となり、流されてしまいます。

私はそれに気がつかずにそのまま受診を終え、薬局に薬を買いにいきました。

すると受付で「今、妊娠コントロールはしていませんか?もしもしていたら、その薬は効かなくなります。さらに太陽には当たらないでください。強いステロイド剤が入っています。」といった具合で説明をされました。

最初、「妊娠コントロール?していません。」と言いかけましたが、低用量ピルを飲んでいることを思い出し慌てて「妊娠コントロールしています!」と言いました。

それでも「そうですか。じゃあこの薬を服用している間は低用量ピルを飲むのをやめてください。効かなくなります。」とだけ伝えられました。

しかもそのお薬はあれだけ私が避けたかったステロイド剤がたっぷり含まれていて、5000円以上と超高額。

主人が入っている保険が適用されるためその薬代を払う必要はありませんでしたが、それでも納得がいかない思いでいっぱいでした。

『あのとき確かに私はステロイド剤を不安だと、避けたそうにしたはずなのに・・・。低用量ピルを飲んでいることも伝えたのに何で今服用している薬が飲めなくなる薬をわざわざ出すの?』と怒りの気持ちもわいてきました。

でも、これは私が悪いのです。

はっきりと

「私は低用量ピルを飲んでいるので、それに影響しない薬にしてください。
それから、私はステロイド剤の入っていない薬を飲みたいです。
ステロイド剤の入っていない薬にしてください。」

と伝えないといけませんでした。

日本なら、患者の言葉や表情、声のトーンなどで思いを汲み取ってくれる場合が多いですよね。

病院に行くと当たり前のように少し弱めのお薬にしてくれたり、ステロイドが入っているものであれば丁寧に説明をしてくれますよね。

でもそれは日本だけだと思った方が良いです。

アメリカでは主張しなければ、早く治るように強いお薬を出されてしまうことが多々ありますので要注意です。

アメリカでは全てのことが自由ですが、全て自己責任です。

加入する保険も選んだ病院も、さらにはお薬の種類も全てです。

提案はしてくれますが、決定は自分で行うものだと思っておく方が良いです。

医療予約は待っているだけではなく、自分から催促の連絡が必要

近所に住む日本人の友人が妊娠をした為、病院に行くことになったときの話です。

その友人はHMOタイプの保険に入っており、妊娠したことをまず自分の主治医に伝えました。

産婦人科を紹介してもらおうと思い、「産婦人科を紹介してください。」と伝えると、主治医が「分かりました。決まったら連絡しますね。」と言いました。

しかしそれから1週間たっても2週間たっても連絡が来ません

そこで催促の連絡をしたら、その場ですぐに産婦人科を紹介してくれたようです。

友人の場合、妊娠してからもう4ヶ月にさしかかろうとしていた為、催促が遅ければ妊娠してから初めての受診がとてつもなく遅くなってしまうところでした。

初めての妊娠で異国であるということもあり、なかなか受診できずに不安な思いを強くもっていたため、側でみていてとても気の毒でもどかしい思いをしました。

待っていても忘れられたり平気で後回しにされることがあるので、少しでも遅いと感じたり疑問があれば必ず催促の連絡をしましょう。

病院内の全てのスタッフが連携している訳ではない

日本だと最初に受付に「今日はどのようなご用件ですか?」と聞いてもらい、その内容を医師や看護師に伝えてくれますよね。

それから処方箋をもらい、何も言わなくても希望のお薬をもらえます。

ですが、アメリカでは受付・看護師・医師・薬剤師は全て別々です。

とくにそこで連携がとられているわけではありません。(もしかしたら連携のとれている所もあるのかもしれませんが。)

なので、受付でも受診時も薬を受け取るときでもお会計のときでも、もしも伝えないといけない事があるなら必ず自分でその都度確認しなくてはいけません。

例えば、妊娠をしている中、健康診断を受けることになったとします。

日本なら最初に受付で渡される問診票に「今、私は妊娠しています。」と書いたとしたら、看護師や医師がその問診票をもとに健康診断を受けさせてくれますよね。

ですが、アメリカなら問診票に書いたとしても、もう一度自分の口で医療スタッフに確認の意味も込めて伝える方が良いです。

実際にこちらで妊婦さんに起こったことですが、健康診断の際に、医師に「私は妊娠しています。」と伝えました。

ですが次の部屋を案内され、そこでもまた念のために「私は妊娠しています。」と伝えると、そのスタッフが「え?そうなの!?じゃあレントゲンは無理ね。」と答えたようです。

その妊婦さんは、「一度医師に妊娠している旨を伝えているし、次の部屋でも言う必要はないと思ったけれど念のために伝えていなかったらあのままレントゲンを撮る流れになっていたのかも・・・」と、ゾッと怖くなったようです。

まぁ、レントゲン室に入るときには自分でも気づくとは思いますが、もしも気づかなければ大変なことになりますよね。

必ず大切な情報は病院のスタッフひとりひとりに伝えて聞いてもらいましょう。

また、友人は初めて産婦人科を受診したときに、医師の受診後に受付に行くと、「保険適用なので支払いはありません。おつかれさまでした。」と言われて帰ったようですが、『あれ?妊娠ってエコー検査ないのかな?』と疑問に思ってもう一度病院に帰りました。

すると、自分で「エコー検査受けたいです」と言わなくてはいけなかったようで、日本の受付なら「まだエコー検査残ってますよ。」とか丁寧に教えてくれそうなものですが、そんなこともあるようです。

日本の医療事情が丁寧すぎることを当たり前だと思っていたので、とても驚きました。

ただ、アメリカの医療は悪いという意味ではなく、自己主張さえしっかりとすると丁寧に聞いてくれますし、意向に沿った治療方針をとってくれます。

自分次第でとても良い治療を受けることができるということですので、あまり心配する必要はありませんよ。

アメリカ旅行で病気やケガをした場合はどうしたらいいの?

救急車

ここでは、長期滞在ではなく、短期滞在や旅行でアメリカを訪れる場合に万が一病気やケガをしたときの対応方法をお伝えします。

まずその前に、海外に旅行するなら海外旅行保険に入ることを強くおすすめします。

万が一海外で病気になってしまった場合に、超高額医療費請求をされる可能性があるからです。

基本的に加入していない場合の治療費は全額負担です。

今まで病気になったことがなく、健康な人だったにも関わらず、海外で脳卒中になってしまった人の中には医療費で5千万円以上の請求があったとか、肺炎や突然胸が苦しくなったとか、交通事故に巻き込まれて入院を余儀なくされて1000万円は軽く超えたり・・・。

かくいう私も、ただ皮膚に発疹があるというだけで保険に入っていなかったなら、今まで通った半年ほどの期間で軽く医療費は6万円を超えています。

アトピーでもアレルギー体質でもなく、ただの痒みがある皮膚発疹で6万円ですよ・・・。

しかもまだ治っていません。

何度も言いますが、アメリカはとても医療費が高いです。

安全や健康に100%の保証はないので、渡米前には保険に入っておくことをおすすめします。

さて、それではアメリカで緊急事態になったときの対応をお伝えしますね。

日本では救急車を呼ぶ場合に119にかけますが、アメリカでは911(ナインワンワンコール)です。

自分でかけられないときに、誰か近くにいる人に頼めるならば、

「Call 911(コール ナインワンワン)!」

とか、

「Call an ambulance(コール アン アンビュランス)!」といえば、「救急車を呼んでください。」

という意味になります。

911にかけたときの流れ

Hello, police.What is your emergency?

「こんちは。こちら警察です。あなたの緊急事態はなんですか?」という風に何が必要かを聞かれます。

救急車が必要です→「I need an ambulance.(アイ ニード アン アンビュランス)」といったように簡潔に伝えましょう。

What’s the problem?

「何がありましたか?」と何があったのかを聞かれます。

このときもできるだけ一文で簡潔に伝えると良いです。

例)

主人が車に引かれました
「My husband was hit by a car(マイ ハズバンド ワズ ヒット バイ (ア)カー)」
友達が意識不明です
「My friend losts consciousness(マイ フレンド ロスツ コンシャスネス)」
母が呼吸をしていません
「My mother is not breathing(マイマザー イズノット ブリーディング)」
息子が腕を骨折しているかもしれません
「My child may break his arm(マイ チャイルド メイ ブレイク ヒズ  アーム」
ひどい頭痛がしています
「I have a terrible headache(アイ ハブ ア テリブゥ へデイク)

などです。

What is your adress?

「あなたの住所はどこですか?どこにいますか?」と、現在いる場所を聞かれますので、聞かれる前に住所の確認をしておきましょう。

もしも分からない場合、グーグルマップでもある程度の住所を確認することができます。

(参考サイト:YAHOO知恵袋より)

What is your telephone number?

「あなたの電話番号を教えてください。」と聞かれるので、アメリカで使える電話番号を伝えてください。

Please hang up

「電話を切ってください」と相手が言うので、それまで電話は切らないように気をつけてください。

以上が911にかけたときの大まかな流れです。

小さな4歳の子どもが簡単な言葉で救急車を呼ぶこともできているので、むずかしい英語が分からなくても大丈夫です。

(参考サイト:GIZMODO/ 母親の指紋とSiriで、意識を失った母親の命を救った4歳の男の子)より

落ち着いて、片言でも良いので状況を伝えられたら大丈夫です。

ただし、救急車は上でも書いたように無料ではありません。

値段も高いので、もしも緊急ではない場合はタクシーやUberなどの配車サービス、バスや電車などの公共機関を利用するほうが安くすみます。

Uberについての参考サイトです。よければご覧ください。

(LINEトラベルJP/ 海外旅行で便利!Uberの使い方と注意点)より。

健康が一番!アメリカ人が病気予防で行っていることは?

アメリカ 病気 治療費 ヨガ

さて、医療費が高額なアメリカでは健康への関心がとても高いです。

日本食がヘルシーだということから日本食ブームも高まり、今ではそこら中に寿司屋やラーメン屋があります。とくにお寿司は大人気です。

また、ライフスタイル医学(病気になる前に予防をすることを重要視している医学)が日本よりも進んでおり、どれだけ太っている人でもジムに行けばランニングマシーンで走っている姿が見られます。

アメリカ人は比較的に皆、痩せるというより健康な体を目指し、食事制限をするよりも、運動をすることに重きを置いています。

大体のアパートには当たり前のようにプール・ジャグジー・ジムがついていて24時間使えるところも少なくないです。

平日の朝仕事前や、仕事後、休日に子どもと一緒になど家族皆で汗を流す習慣があります。

日本は食事制限のダイエットが流行っていますが、こちらではそれは健康だと判断されません。

もちろん脂肪で太っている人も多いですが、思っていた以上に筋肉太りの方が多いです。

アメリカに来たらとても太ると思っていましたが、アメリカ人の運動習慣に触発されて私もアパートのジムに通っています。

日本にいるときよりも、健康体になっています。

主人は研究をしていますが、日本の研究者に比べてアメリカの研究者は皆とても筋肉モリモリで驚いていました。

体を動かすことで健康な体を手に入れている人が多いです。

まとめ

  1. アメリカは医療費がバカ高い。保険に入っていない場合は何百万もの高額医療費請求が来ることも。
  2. アメリカは救急車を呼ぶのにも高いお金が必要。あまりに高いから現地の人もできる限り乗らない。
  3. アメリカ人はよっぽど生活に支障がない限りは病院には行かない。電話で判断を仰ぐか、近くの薬局で市販薬を購入する。
  4. 保険に加入する前には保険会社が提携している病院やプランを必ず確認しておくこと。
  5. 受診時には、自分の主張ははっきりと明確に伝える。嫌なものは嫌だと言うこと。
  6. 病院内ではスタッフが変わるごとに、自分の状況は丁寧に説明するように心がけること。
  7. アメリカでは病院を信頼しすぎることなく、自分で保険の内容・保険金の戻り額など必ず確認すること。

いかがでしたか?

アメリカの保険制度は種類も多くてややこしいので、病院のスタッフであってもよく間違いをおこしてしまいます。

自由に自分で選べるからこそ、その分の責任は自分にあります。

自分でしっかりと確認することができたなら、便利で安心なアメリカ生活を送ることができます。

このサイトが少しでも役立つ情報となり、アメリカ生活を送るかもしれないあなたのお手伝いになれば幸いです。

【こちらも読まれています】

アメリカで子供の留守番は何歳から?日本人が知らないアメリカの子育て事情!
アメリカは日本と比較すると、治安の悪い場所がとても多いです。銃の所持率も高く、銃による犯罪は後をたちません。そのためアメリカでは、親はどんなときも子供の安全が最優先になる生活をしています。そんなアメリカの子育て事情についてご紹介しています。

コメント