阿含の星まつり 2020!花火があがる時間は?駐車場の混雑情報は?みどころ3選!

スポンサーリンク

火

みなさんは、冬の京都で行われている「阿含(あごん)の星まつり」というお祭りをご存じでしょうか?

毎年かなり数の参拝者がおとずれるといわれているお祭りですが、まだまだ知らない人のほうが多いと思います。

ただ、すごくインパクトのあるお祭りなので、名前くらいは聞いたことがあるかも知れません。

そんな、名前やすごさだけは聞いたことがある人、また、全く知らない人のために、この壮大な祭りがどれだけすごいか、2020年の開催状況、一部でいわれている花火がみどころというは本当なのか、そして他のみどころやアクセス方法、主催の阿含宗についてお伝えしていきたいと思います。

阿含の星まつり 2020!どんなお祭り?

夜空に浮かぶ山々のシルエット

「阿含の星まつり」は、正式には「火の祭典・阿含の星まつり神仏両界大柴燈護摩供」という名称で、毎年2月11日の祝日に京都市山科区北花山にある阿含宗総本殿境内地で行われます。

阿含宗の宗教行事ですが、信徒でなくても入場料不要で拝観でき、訪れる参拝者の数は50万人を超えるといわれています。

会場ではスタジアムのような観覧席が広場を囲んでいて、その中央に二つの大きい護摩壇(幅約11メートル、高さ約7メートル)が設置されています。

この二つの大護摩壇に火をつけ、朝から夕方まで護摩を焚き続けるのが、「阿含の星まつり」というお祭りです。

この説明をきいて、「星まつり」なのに夕方で終わるの?と不思議に思われた方もいるかもしれません。

これは、ここでいう「星」とは夜にでる「星」のことではなく、人の誰もが持つ「運命の星」のことを指しているからです。

「運命の星」にはもともと人が生まれながらに持っているもの(運気)を示す星と、毎年巡り来るもの(運期)を示す星の二種類があって、この両方の「星」を神仏両界の二つの大護摩壇で供養する祭りであるため、「星まつり」と名付けられました。

1975年に今の星まつりのもととなる「星まつり大柴燈護摩供」が始まったのですが、このころの護摩壇は1つでした。

それが1981年から護摩壇が2つになり、1994年より「神仏両界大柴燈護摩供」と呼ばれるようになったそうです。

阿含の星まつりのみどころは花火って本当?

明るい空に浮かぶ花火

山科区内などだと、朝から聞こえる花火の音と山の中からあがる煙で「ああ、今日は星まつりの日だったな」と思い出すそうです。

Twitter

また、一部では星まつりのみどころは花火だといわれていますが、本当のところはどうなのでしょうか?

実際には、星まつりであがる花火は運動会やお祭りなどであがる、いわゆる昼花火といわれるもので、音自体は号砲なので派手ですが、花弁は火ではなく煙で描かれるので、見栄えとしては夜の花火に劣るところがあります。

なので「花火がみどころ」とまではいきませんが、それを合図に始まる総勢500名にも及ぶ山伏の総本殿から会場までの行列や、大護摩壇への点火はすごく見ごたえがあって、それらのイベントの始まりを盛り上げるのに一端を担っているのはたしかです。

阿含の星まつりの会場周辺の駐車場や交通規制は?

林の中に続く階段

会場へのアクセスですが、会場の駐車場は使用できなくなっているため、車でいくことはできません。

なので、

  • 京阪バス(最寄りバス停・上花山花ノ岡町、徒歩約30分)
  • 毎年JR京都駅の八条口より運行されているシャトルバス(有料300円)

を利用することになります。

シャトルバスはかなり混みますが、朝から夕方までひっきりなしに発着しているので、乗り場に着いたタイミングで停まっているバスに乗れば、すぐに向かうことができます。

京都駅から15分ほど走ったところでバスをおろされますが、そこはまだ会場ではありません。

そこは花山の麓の広場となっています。

そこから会場までは徒歩でちょっとしたハイキングコースのような山道(階段)になっていて、その道を15分ていど登っていきます。

お年寄りには少々きつい道となりますが、入り口のところで杖を貸してくれたり、途中には休憩所などが整備されているので、普段散歩などをしているかたであれば問題ないと思います。

阿含の星まつりみどころ3選! その1:大護摩壇への点火

火を焚く人

阿含の星まつり最初のみどころは、やはり大護摩壇への点火です。

お祭りの開始は9:30となっているのですが、点火の前に神事や山伏の問答、結界を清めるための斧・法弓・宝剣作法、雅楽奉奏などが行われます。

その間かなり時間があるので、点火だけでも見たいという方はもう少し遅い時間に行っても大丈夫ですが、観覧席のいい場所はすぐに埋まってしまうので、点火までの神事などに興味がある方、いい席で観覧したい方は早めに行かれたほうがいいでしょう。

そしていよいよの点火では、法螺貝が響き渡る中、松明持った山伏たちが護摩壇にむかって突進していきます。

松明から護摩壇に点火すると、まず杉の枝葉で覆われた護摩壇から煙が昇っていき、ついで、爆発かと見間違えるほどの大きな炎があがります。

実際にその場で見ると、天高く昇っていく炎と襲ってくる熱波に間違いなく圧倒されることでしょう。

その後も読経と太鼓の音が響く中、山伏が護摩木を投げ入れたり、巨大な柄杓で水を掛けたりしていきます。

この焚かれている護摩木は会場の外で授与してもらうことができ、裏面に祈願することと自分の名前、年齢を書いて焚いてもらうことができます。

ちなみに阿含宗の護摩木には、祈願の護摩木供養の護摩木の二種類があるそうです。

それをそれぞれ、仏界壇(冥徳供養壇)と神界壇(願望成就壇)の護摩壇でお焚きあげをします。

護摩木を大勢の山伏がどんどん護摩壇に放り込んでいく様と、それを焚いて燃えあがる迫力満点の炎に、つい時間も忘れてじっと見続けてしまうことでしょう。

第46回 阿含の星まつり in 2019

第46回 阿含の星まつり in 2019

阿含の星まつりみどころ3選! その2:総本殿・釈迦山大菩提寺

お釈迦さま

お焚きあげする護摩木は大量にあるので、護摩壇は夕方の火伏せまでずっと燃え続けています。

そのあいだ会場ではいろいろとイベントが行われ、修験太鼓やメインの「最勝金剛靖雄大覺尊秘密九字」などこちらもみどころいっぱいのものがあります。

ですが、もしイベントの合間などに時間が空いたなら、ぜひ阿含宗の総本殿である「釈迦山大菩提寺」にいってみてください。

まず、総本殿までの道も楽しいです。

道は多少の山道となるのですが、その道中には護摩木やお守り、特別加持に飲食物の店など、物凄い勢いで出ています。

売り子さんのセールストークもすごいのですが、入信を勧誘されるようなことはないので安心して店をのぞきながら進んでください。

また、本殿横には密教占星術による占いコーナーというのもあって、山伏が占いや人生相談をしてくださると大人気になっています。

そして、阿含宗総本殿・釈迦山大菩提寺。

とにかく巨大で、すごく立派な建物です。

その横には、なんと大仏がちょっとだけ見えています。

京都にも大仏があるって、みなさんは知っていましたか?

近くでみるには拝観料の300円が必要ですが、本殿の中も見てまわれるので、ぜひ拝観してみてください。

その建物の立派さ、中央にある仏壇の大きさと豪華さに圧倒されることでしょう。

釈迦山大菩提寺がどんな建物か知りたい方は、この記事の最後にある動画「2017年 第44回 阿含の星まつりダイジェスト」の冒頭を観てみてください。

そこに出てくる壮大な建物が総本殿となります。

阿含の星まつりみどころ3選! その3:火伏せの儀

燃えている炭

三つ目のみどころは、夕方の15時半ごろから始まる護摩壇解体・火伏せです。

水で周囲の温度を下げつつ、組まれた丸太を一本ずつ外していきます。

これを繰り返して、二つの護摩壇を解体していきます。

護摩壇を解体していく山伏たちの姿と、それに抑えられていく巨大な炎の様子は、どこか幻想的な雰囲気があります。

そんな中、回向が唱えられ、法要終了の法螺が奉上されて星まつりは終わりをむかえます(ただし、客出しはされますが、まだ護摩は続くため完全に火は消されません)。

祭りの主催者の阿含宗とは?

お釈迦さまの頭とお香

「阿含の星まつり」を開催してる阿含宗とはどのようなものなのでしょうか。

阿含宗は1954年に教祖・桐山靖雄(きりやませいゆう)氏が創設した観音慈恵会を起源としていて、1978年に立宗されました。

なぜ新しい宗旨を立てたのかですが、お釈迦さまが説かれた因縁解脱法(成仏法)が「阿含経」だけに説き示されていたため、本来小乗の経典といわれてきた「阿含経」を依経(よりしろ)とする阿含宗を新しく立宗されたそうです。

また、阿含宗は本来仏教教団なのですが神界とも深い繋がりがあって、そのため星まつりでは、仏界の本尊に真正仏舎利、神界の主神として素戔嗚命を奉祭して、神仏両界の二つの護摩壇をお焚きあげしています。

まとめ

燃える火

「阿含の星まつり」は宗教行事ですが、阿含宗のことをよく知らなくても楽しめるお祭りとなっています。

 

  • 阿含の星まつりは、毎年2月11日の祝日に京都市山科区北花山にある阿含宗総本殿境内地で行われる阿含宗の宗教行事。
  • 一部でいわれている花火は本当のみどころではなく、それを合図に開始される行事がメイン。
  • 会場に駐車場はないため、シャトルバスで花山麓の広場までいき、そこから山道を歩いて会場にむかう。
  • 祭りのみどころは点火と火伏せの儀。そのあいだに時間があるのであれば、総本殿・釈迦山大菩提寺の拝観もおすすめ。
  • 阿含宗は「阿含経」を依経とした、比較的新しい仏教教団。

炎の持つエネルギーは圧倒的で、物理的にも精神的にも熱くなります。

ただでさえ迫力のあるこの炎を、星まつりでは普段では見られないような圧倒的な大きさで見ることができ、感じることができます。

そのエネルギーを少しでも分けてもらうために、みなさんも一度「阿含の星まつり」を見にいってみてはどうでしょうか。

2017年 第44回 阿含の星まつりダイジェスト

YouTube

コメント