PR

ADHDの大人への注意の仕方のポイントは?物事がスムーズに進む言葉の選び方

ここ数年、「ADHD」という言葉を耳にするようになったと思いませんか?

ADHDは発達障害の一種で、「不注意」と「多動・衝動性」を特徴とする先天的な脳の障害のことをいいます。ADHDが知られていなかったころには、「ちょっと変わった人」という扱いを受けてきた人たちが、実は発達障害を抱えている可能性があることがわかってきました。

ADHDの人はうっかりミスが多かったり、整理整頓が苦手だったり、時間を守るのが苦手だったりと、日常生活に困難を抱えています。20人に一人はこの障害を抱えているともいわれており、この記事を読まれている方の周りにも、ADHDの特徴を持つ人がいるかもしれません。

「仕事でミスが多い」、「よく遅刻をする」、「約束の時間を守らない」といった特徴を持つ人は、意外に多いものです。でも、ADHDは生まれつきの脳の障害なので努力だけで治せるようなものではなく、どのように注意すれば良いのか悩んでしまいますよね。

この記事では、職場や近所など身近にADHDの大人がいる場合の、スムーズな注意の仕方をご紹介します。

ADHDの大人への注意の仕方のポイントは?

まず、ADHDは脳の障害であることを理解し、ある程度は受け入れ温かい目で見守ることも大切です。それでも、仕事となるとミスを放っておくわけにはいきませんし、問題となる行為をしている場合には注意をすることも必要ですよね。

注意をする前提として、大声で怒ったり威圧的な態度をとると、混乱してミスが悪化してしまうことも考えられるため、できるだけ優しい態度で接するようにしましょう。また、ADHDの人は抽象的な言葉を理解することが苦手なため、「こうしたら良くなるよ」というように具体的なアドバイスを行うことも大切です。

ここでは、ADHDの大人への注意の仕方を、よくある5つの事例をもとにご紹介します。

1.仕事上のミスが多い

「仕事に漏れがある」、「指示したとおりに行わない」など仕事上のミスが多い人は、自分がやるべき仕事の管理ができていない可能性があります。

ADHDの人は一度に多くのことを処理することが難しく、他のことを指示されると前にやっていたことを忘れてしまうなど、記憶することが苦手な傾向があります。そのため、仕事上のタスク管理をしっかりできるようアドバイスしてあげましょう。

具体的には、仕事上のタスクはエクセルなどを使って一覧表形式にし、指示されたことはすぐに表に書き込み、締め切りや期限も表を使って管理するのが有効です。タスクを可視化することで、記憶しておかなくても一覧表として残っているので、漏れを防ぐことができます。

最初に一覧表を作成する際には、どのような項目を盛り込むのか、どんなときに書き込みを行うのかなど、一緒に考えアドバイスしてあげると良いでしょう。

2.遅刻が多い

ADHDの人は時間どおりに物事を進めるのが苦手なため、遅刻が多い場合は時間の管理ができていない可能性があります。具体的には、起床時間にアラームを設定するのを忘れてしまう、一度に多くのことをしようとして混乱してしまう、出勤の準備をしている間に他のことに気を取られて遅れてしまう…、といったことが考えられます。

そのため、以下のようなアドバイスを行うことが有効です。

  • スマホのアラームを毎日一定の起床時間に鳴るよう設定しておく
  • 予定はスマホのリマインダー機能などを使って管理する
  • 持ち物の準備は前日にしておく
  • 朝起きてから出勤までに行うことを一覧にし、それを見ながら順番に進めるようにする
  • 時間に余裕をもって行動するようにする

3.整理整頓ができない

ADHDの特徴として、「片付けが苦手」というのは良く知られていますよね。

ADHDの人は、一度に多くのことを行うのが苦手なため、散らかった場所を一気に片づけるように言っても、混乱してしまい少しも片付かないということになりがちです。そのため、家が散らかっている場合には「今日は冷蔵庫の中だけ」「今日はお風呂だけ」、会社の机が散らかっている場合には「今日は机の一段目だけ」など、場所を限定して片づけるようにアドバイスするのが有効です。

また、ADHDの人は、意味のないことを記憶することが苦手です。そのため、片づける場所を決めてラベルを貼り、入っているものの名前を書いておくのも良いでしょう。どこに何をしまえば良いのかが一目でわかるので、片付けを行いやすくなります。

4.集中力がない

ADHDの人は感覚が過敏なため、気が散りやすい特性があります。そのため、エアコンの音など小さな物音が気になったり、職場の席がドアや窓の近くだと人の往来が気になったりと、些細なことに気を取られがちです。

落ち着かない様子や集中していない様子がある場合には理由を確認し、対策を取ってあげましょう。たとえば物音が気になる場合には耳栓の使用を認める、本人の落ち着く場所に席を移動するなどです。仕事に集中できる環境を一緒につくってあげるようにしましょう。

5.失礼なことを言ったり、雑談がうまくできない

頭に浮かんだことをすぐに口に出してしまうのも、ADHDの特徴の一つです。本人に悪気はないのですが、それが原因で人間関係がうまくいかなくなり、仕事やご近所づきあいに支障をきたしてしまうことも。

本人としても悩んでいることがあるので、「こんなときはこういう言い方をしたほうがいいよ」などと優しくアドバイスしてあげましょう。

ADHDの大人の特性は?

ADHDは、「不注意」と「多動・衝動性」を特徴とする障害です。

脳の障害のため通常は子供の頃から症状が現れますが、症状が軽い場合など、子供の頃は見過ごされる場合もあります。大人になり、就職や結婚などによって症状が問題化し、はじめてADHDの診断を受ける人も多くいます。

主な症状としては以下のようなものが挙げられますが、多動症状は大人になると軽くなる場合が多いとされています。

1.不注意を特徴とするもの

  • ケアレスミスが多い
  • 物を失くしたり、忘れたりする
  • 整理整頓が苦手
  • スケジュール管理が苦手
  • 遅刻をしたり、約束を忘れる など

2.多動・衝動性を特徴とするもの

  • 落ち着きがなく、じっとしていられない
  • 一方的なおしゃべりをしたり、失礼なことを言ってしまう
  • 感情が不安定になりやすい など

ADHDと判明をしたらどのように注意をするのがポイント?

まず、本人がADHDの診断を受けている場合には、神経科や心療内科に通院し、薬による治療や心理療法を受けていると考えられます。徐々に症状が改善する可能性があるので、しばらくは温かい目で見守ることが大切です。

それでも症状が改善せず注意をしなければならなくなった場合には、頭ごなしに怒ったりはせず、できるだけ優しく諭すようにしましょう。ADHDの人は感情が不安定になりやすい特徴があるため、怒鳴られたりすると混乱し症状が悪化することもあるためです。

ADHDの診断を受けている場合は周囲の人もそのことを知っているはずなので、他の人とも相談しながら改善策を考えるのが良いでしょう。

相手がADHDの特徴がある場合の注意の仕方は?

前述のように、子供のころは症状を見過ごされ、大人になってからADHDによる症状が問題化してくることもあります。「同僚や部下がADHDっぽい」特徴がある場合には、どのように接すれば良いのでしょうか?

この場合にも、基本的にADHDの診断を受けている場合と同様、できるだけ優しく諭すように注意をするようにします。

ただ、仕事でのミスがあまりにも多く、本人も症状に悩んでいるような場合には、「悩んでいるようだから、一度心療内科を受診してみるのもいいかもしれないよ」などと病院での受診を促してあげましょう。

一方、周りから見るとADHDの特性があっても本人にはその自覚が無いといった場合には、いきなり受診を促すのは現実的ではありません。本人に職場で起きている問題を伝え、どのように対処するのが良いか話し合ったうえで、必要があればカウンセリングや病院の受診を勧めるようにすると良いでしょう。

ADHDの大人とうまく共存するためには?

ADHDは脳の障害によるものとわかっていても、職場でミスの尻ぬぐいをすることになったり、失礼なことを言われたり、約束を破られてしまった…というようなことが続いた場合、イライラしてしまうのも仕方がありません。

ADHDの人との関係に悩むあまり自分の精神状態が悪くなっては元も子もありませんので、あまり考えすぎないようにすることも大切です。そして、一人でストレスをため込まず、周囲と話し合いながら対応を検討するようにしましょう。

ADHDの人は短所が目につきがちですが、以下のような長所もあるとされています。関心が持てることに対しては集中力も発揮できますし、職場でアイデアマンとして活躍することもあります。長所に目を向けてみれば、新たな発見もあるかもしれませんよ。

  1. 発想力・独創性に富んでいる
  2. 感受性に優れている
  3. 好奇心旺盛
  4. 決断力があり、物事をスピーディーに判断できる
  5. 興味のあることにはとことん没頭できる

まとめ

  • ADHDは「不注意」と「多動・衝動性」を特徴とする、先天的な脳の障害。
  • ADHDの人に注意をする場合には、大声で怒ったり威圧的な態度は取らず、できるだけ優しい態度で接するようにする。また、ADHDの人は抽象的な言葉を理解することが苦手なため、具体的なアドバイスを行うことも大切。
  • ADHDの人への注意の仕方のポイント
    1. 仕事上のミスが多い場合…仕事のタスクを表形式で管理するようアドバイスする。
    2. 遅刻が多い…スマホの機能を使ったり、出勤するまでに行うことを一覧にするなど、時間の管理方法を伝える。
    3. 整理整頓ができない…場所を限定して片づけたり、ラベルを貼るなどして片付けやすくなるようなアドバイスをする。
    4. 集中力がない…物音が気になる場合には耳栓の使用を認める、本人の落ち着く場所に席を移動するなど、理由を確認し対策を取ってあげる。
    5. 失礼なことを言ったり、雑談がうまくできない…本人に悪気はないため、「こんなときはこういう言い方をしたほうがいいよ」などと優しく注意する。
  • ADHDは通常子供の頃から症状が現れるが、就職や結婚などによって症状が問題化し、大人になってはじめてADHDの診断を受ける人もいる。
  • 本人がADHDの診断を受けている場合には、治療を受けているはずなので、しばらくは温かい目で見守ることが大切。それでも症状が改善せず注意をしなければならなくなった場合には、頭ごなしに怒ったりはせず、できるだけ優しく諭すようにする。
  • 身近な人にADHDの特徴があるときは、必要があれば病院の受診を促したり、カウンセリングを受けることを勧める。
  • ADHDの人と共存するためには、相手との関係に悩みすぎないことが大切。一人でストレスをため込まず、周囲と話し合いながら対応を検討するようにする。また、ADHDの人の長所に目を向けてみるようにする。

一般にADHDというと短所が取り上げられがちですが、その特性を理解し、環境を整えることができれば、うまく共存していくことも可能です。

自分自身がストレスを溜めないようにしながら、不安や悩みを聞いたりアドバイスを行ったりすることで、お互いに過ごしやすい環境を作ることができれば良いですね。

タイトルとURLをコピーしました