4年生の夏休みの習字の課題攻略方法まとめ!

お子さんが小学校4年生の夏休みの課題で習字を出された経験がある方は多いのではないでしょうか。

もともと書道教室に通っているお子さんを持ちのお母さんは特に問題はないでしょう。でも、学校の授業だけでしか習字を習わないお子さんにとっては厄介な宿題かもしれません。

では、そうしたお子さんも安心して習字の課題をこなせる方法をお教えしましょう。是非参考にしてみて下さい。

課題の習字をこなす方法

書道教室など学校以外で習字を習ったことがないお子さんにとって夏休みの習字は厄介な物なのです。特にお手本がない状態で漠然と書くことはそうした子供には酷なことです。

Wordの文章作成ソフトを使って、特大の楷書体フォントで印刷する。

以前、うちの子供が小学校4年生の時に実際に作ってみたところ、お手本がわりに使い一人で練習して、課題を無事に提出できました。

教科書にお手本がある場合は利用しましょう。

それでも見本が見当たらない場合はネットで探せば簡単に見つかります。小学生のコンクールに出した作品がUPされたものもありますからお手本になりますよ。

また、あらかじめ決められたテーマであれば、先生に相談すればお手本をもらえることもあります。

自由課題として提出する場合

自由課題の場合、2文字程度が無難でしょう。1年生から4年生に習った漢字で、画数があまり多くない方が良いのです。

書道に慣れていないお子さんだと、画数が多い漢字を書くと”はね”や”はらい”のところで、半紙からはみ出したりしてバランスが悪くなるのです。また画数が多いとどうしても字が小さくなったり、上手く書けなくてイライラしたりするものです。

季語を使う

夏休みの課題なので、我が家の場合は、花火など夏の季語を使うと子供も楽しんで取り組んでやっていました。
子供のやる気をうまく引き出してあげるのです。

例えば夏休みの楽しい思い出などから2文字をイメージしてみてはどうでしょう。ついでに絵日記や作文などの宿題があれば一緒にできちゃいます。

楽しく課題をこなすもう一つの方法は、お子さんと一緒に習字をすることです

お母さんも何十年ぶりに筆を手にするのではないでしょうか。改めて書道の楽しさをお子さんと一緒に味わうことができます。

うちは子供より親の方が久しぶりの書道に感激してはまってしまい、その時以来年賀状は筆で書いていますよ。

書く時のコツ

例えば、「地」「城」などの「土」の部分を土辺と言いますが、この土辺の横線は太く右上がりに書きます。そして半紙の上の方から書きません。

全体のバランス、見栄えをよくするために、ぐっと下げて書きましょう。さらに重要な点は、どうしても横長になるため右端いっぱいまで書かないことです。

「地」「城」の場合、右端には最終画の長い右足の”はね”が入ります。この最終画の前の段階で右端いっぱいに書いてしまうと”はね”が十分に書けず、見た目にも残念な結果に終わってしまいます。

書道をやっていない子供は半紙を前に漢字のバランスの取り方がわからないのです。お母さんが気をつけて教えてあげて下さい。

うちも子供には何度も注意した覚えがあります。子供は理解できても慣れないうちはどうしても半紙いっぱいに元気よく書こうとするため、”はね”ができないまま終わることが何度もありました。

「地」「城」のもう一つのポイントは、土辺よりも右側の字が下がらないことです。「也」「成」の部分は土偏のすぐ横に並べて書きましょう。

また長くするところは、ちゃんと長くすることで全体のバランスがよくなります。最後の”はね”は忘れずに!!

書道をする意義

日本伝統文化の書道ですが、書道を習うと”止め”、”はね”、”はらい”に注意して字を書くことを覚えます。姿勢もよくなります。

小学校1年生から習い始めた、うちの子は変な癖がつかないうちにきちんと書き方を覚えられたので、他の生徒に比べたらまあまあ綺麗な字を書いていると思います。

メリット

書道を習うことは精神を落ち着かせて、集中力を養います。漢字の成り立ちにも関心を持ち、姿勢もよくなります。礼儀やマナーも学べます。

小学校高学年ともなれば、中学進学など次第に勉強も難しくなっていきます。そんな時に書道で身に付けた精神力と集中力が思わぬ大きな力を発揮してくれます。

デメリット

書道をやったからといってすぐに字が綺麗に書けるようなる訳ではありません。長い目でみてあげましょう。

書道で自信を身がついた子供

夏休みの習字の課題で評価が高い作品はコンクールなどにも出展されることもあります。

それまで習い事も嫌々ながら続けていた子供も習字の楽しさを知り、積極的に課題に取り組んで提出しました。コンクールに出展が決まり最終的に入賞したのです。

中学校受験を無事に終わることができたのも、小学校4年生の夏休みに書道に取り組んだおかげだと思います。

やはり日本文化である書道。最近は外国人にも人気があると言われていますが、日本人ならその精神は大切にして行きたいものです。墨をすったり、姿勢をよくして字を書くことは精神を安定させるのに役に立ちますから。

まとめ

1. 学校以外で習字の経験がないお子さんのために、親御さんがWordソフトやHPなどでお手本を用意してあげましょう。
2. 自由課題の場合は子供が楽しんで書ける夏休みの思い出などからイメージしてあげましょう。
3. 筆で書く際の注意点を親御さんがよく理解して、お子さんにわかりやすく教えてあげましょう。
4. 書道は単なる課題をこなすことだけが目的ではありません。
5. お子さんの精神力と集中力を上手に養ってあげましょう。

<お手本動画 4年「元気な子」>

【書道・習字】お手本動画 4年「元気な子」

書道は堅苦しいと思わずにまずは気楽に書きたい字を書いてみてください。

バランスなどは最初から考えずに、まずは筆の感触や筆のおろし方などを体に染み込ませましょう。そうすれば夏休みの習字の課題はバッチリですよ。

【こちらも読まれています】

人権作文小学校4年生向けの書き方ガイド!パクりはなぜバレる?  
子どもが小学校の4年生になり、親は子育てに悩んでいるのではないでしょうか。それもそのはず、世間では子どもたちは『魔の4年生』と言われる時期に入っているのです。人権作文の課題がでたなら、これを機にぜひ子どもたちに人権について話して、考えてもらいたいところです。

コメント