三者面談で聞くこととは?中学生3年生の子供の将来を考えるいい機会!

スポンサーリンク

三者面談大好きなんっていう人はほとんどいないと思います。三者面談のプリントをもらうと大抵の人は、「きたかぁ。」っていう感じだと思います。決してテンションは上がりませんよね。

でも大丈夫。万全で三者面談に望める方法をお伝えします。

三者面談

そもそも三者面談とはなんの為にあるのでしょうか。地域によっては三者懇談と呼ぶところもあります。主には、担任、生徒、保護者の三者で行われます。時期としては学期末が主流です。

三者面談では三人がそれぞれ目的を持って望む必要がありますね。例えば担任の場合には、生徒や保護者が満足する進行を求められます。

また、保護者は自分の子どもが学校ではどんな様子なのかを聞くことが出来る唯一の場になるでしょう。

生徒は、これまでの反省と今後の対策を考えなければなりません。

どの学年であっても大きな柱は変わりません。この柱を元に展開されていくものです。

中1であれば、学校に慣れることが一番の目標になってきます。中2であれば学習と部活の両立や進路についても触れてくるでしょう。

中3になると進路が中心で高校を決定する場でもあります。

そんな三者面談をスムーズに通過するためには、準備が必要です。準備と行っても、家族とのコミュニケーションの中で出来てしまうことが多いのではないでしょうか。

聞くこと

普段の何気ない子どもとの会話から将来の夢ややりたいこと、なりたい自分についてのヒントを沢山探しましょう。お子さんに意識を向けることで、いつもとは違う見方が出来たりします。

普段から会話の多いご家庭は容易に出来るかと思いますが。うちの子は口数が少ないのです。と言われる方もいらっしゃいますので、そんな方は普段お子さんがどんな本やTVをみているのか気にしてみることから始めると、会話につながってきます。

どんなにシャイなお子さんでも自分を持っています。そんなお子さんのことを様々な角度からみてみると新しい発見があるかもしれませんね。

お子さんとのコミュニケーションの中で収集した情報をもとに三者面談で聞くことを整理します。改めて家族会議というよりは、毎日の食卓での会話の中で自然に話せる環境作りが大切です。

一番は学校での様子ですね。授業態度や理解度、積極的に質問が出来ているのかなどは、気になるところでもあります。

しかし、内申点も気になりますよね。内申点か記載される内申書は中学の生活が1枚の紙に集約されたものになります。3年間の成績や活動のすべてが1枚の紙に収まるのかは疑問に思うところもありますが、それが現実なのです。

1年次からの積み重ねになってくるので3年だけ頑張るのではなく、1年うちから意識することが大切になります。

中3の三者面談は高校受験を決定する場ですから、できるだけ学校での様子は詳しく把握出来ると安心ですね。

中3

中学に入学したと思ったらもう3年です。あっという間にやってきます。1年、2年と振り返ることも大切ですね。

3年になって突然進路について考えましょうと言っても中々ピンと来なかったりします。1年に入学したときから意識付けを始める必要があります。

自分の得意なこと、やりたいこと、挑戦してみたいこと、何でもいいので経験することが大切です。「百聞は一見にしかず」という言葉があるようにまずやってみる習慣を付けると、社会に出たときに大きく役に立つはずです。

自分の目指す夢のためにはどんな勉強が必要なのか。といったように目的を決められると、やるべきことが見えてきます。やるべきことが見えると高校の選択も的が絞られてきますね。

一昔前は、学区で区切られていて制限がありましたが今はそんなことありません。まずは行きたい高校をピックアップしてみましょう。

ピックアップが出来たら、家族で話し合いましょう。学費に関することはとても大切なのでしっかり話し合いましょう。

まとめ

<三者面談の案内が来たら聞くことを家族で話合うのが中3の鉄則!のポイント>
1. 中3の三者面談は進路決定の場
2. 聞くことは事前に家族で話し合うと楽
3. 進路については中3から考え始めるのでは遅い

最近では学区が廃止されたこともあり、高校を選ぶに当たり、選択肢は増えています。

選択肢が増えることはいいのですが、迷いがでるのも事実です。ですから、どの高校にするかよりも将来どんなことがしたいのかを考えてみると、どこの高校に行けばいいのかがはっきりしてきます。

学力も大事ですが、私は「飯が食える人間になる」ことが最も大切だと思います。もちろん高校に進学するのもいいし、起業することだってありということです。

多くの人は高校進学しますよね。それでいいのです。最終的な目的を果たす為の選択肢は沢山ありますので、その時々で選択をしていきましょう。

中3の三者面談は極めて重要になります。家族でよく話し合ってから臨みましょう。

 

【こちらも読まれています】

三者面談を中学2年で行う場合に親が先生に聞くべきこととは?
小学校では二者面談がメインの学校も多かったと思います。しかし、中学生になると、本人も交えての三者面談になりますね。本人はかなり緊張していると思いますが、保護者の方も何を聞いていいのか色々考えさせられる時期ですよね。そこで、どんなことを聞いたらいいのかお伝えしたいと思います。

コメント