3歳の子供が言うこと聞かない!正しい叱り方は?放置はだめ?

スポンサーリンク

帽子をかぶる赤ちゃん

2歳にイヤイヤ期がきて、もう3歳。

そろそろイヤイヤ期も落ち着いてくるかと思ったら、パワーアップしてる⁉

全然言うことを聞かないし、反抗的になっているような…。

どう対処して良いか分からなくなってしまいます。

3歳になると、運動神経、知識、言語、手先、自我が発達して、今までできなかったことがだんだんできるようになったり、理解力、コミュニケーション能力、社会性など、たくさんの力を吸収していきます。

こどもの成長を実感できるのではないでしょうか。

成長は嬉しいけど、自己主張も成長していません⁉

こんなときの対処法をご紹介しますので、参考にしてみてください。

3歳のこどもが言うこと聞かない理由は?

NOという文字を持つ人形

2歳頃は、自分の気持ちをうまく言葉にできない苛立ちや、やりたいのにうまくできないもどかしさ、甘えたい気持ちなどを、「イヤ」という表現で表していたイヤイヤ期ですが、3歳になると、「これはイヤ」「これじゃなきゃイヤ」というように、自己主張をするようになってきます。

この頃多く見られる行動

自分でやりたがる

今までは、出された服を着ていたのが、「こっちの服が良い」「自分で着替たい」というように、自己主張や、自分でやってみたいという気持ちが強く出てきます。

相手を叩いたり、物を投げたりする

言葉が発達してきているとは言え、まだうまく気持ちを伝えることができないこともあります。

思い通りにならないことがあると、気持ちを抑えることができずに相手を叩いたり、物を投げたりしてしまいます。

今まではあやしたり、抱っこをしたりして対処できたことが、3歳頃になると、体力もつき、抱っこしても暴れたりして、今まで通用していたことが、できなくなってきます。

3歳の子供が言うこと聞かない!正しい叱り方は?

むくれる子供

全力で自己主張をしてくるようになったこどもを相手にしたら、親の思い通りにはなりません。

反抗するのも、成長している証拠なんだと受け入れ、冷静に対応しましょう。

感情的になったり、頭ごなしに叱ったりすると逆効果になってしまうので気をつけましょう。

時間に余裕を持つ

この時期は、なんでも自分でやりたがるようになります。

着替えなど、親が着替えさせてあげればすぐに終わるのに、自分でやると聞かない場面があるんじゃないでしょうか。

急いでいるときにこうなってしまうと、イライラしてきて、強い口調になってしまうこともあります。

なかなか難しいとは思いますが、早めに行動しておくことで、気持ちも時間も余裕を持てるようになります。

また、「〇〇までに終わらせようね」など、約束をすることで、時間の目安をつけられます。

言い方を工夫する

命令口調や、否定的な言葉に対して、この時期のこどもは「ヤダ」しか言いません。

楽しそうな話し方や、肯定的な言い方の方がこどもは受け入れやすいです。

「〇〇しなさい」ではなく、

「〇〇やってくれるるかな?」

「〇〇が終わったら、遊ぼうか」
「どっちが早く〇〇できるかな」

のように、命令口調にならないようにしたり、

「〇〇にしなさい」ではなく、

「〇〇と△△どっちが良いかな」

など、こどもに選ばせたりするのも効果的です。

自分のやりたいようにやらせてみる

「イヤ」と反抗するばかりでイライラしてしまいます。

こどもは、自分で自分の思うようにやりたい時期でもあります。

思い切ってこどもの思うようにやらせてみせるのも良いかもしれません。

満足して、気持ちが落ち着くこともあるようです。

危ないことや、周りに迷惑がかかるようなことはさせないようにしましょう。

そんな時は、頭ごなしに注意するのではなく、分かるようにしっかり理由を伝えてあげるようにしましょう。

3歳のこどもが言うこと聞かないのを放置してもいい?デメリットは?

石段に座る男の子

こどもが全然言うことを聞かないと、どうして良いか分からなくなってしまうことはありませんか。

何を言っても言うこと聞いてくれないし、反抗的だし、こっちがイライラするだけ。

いっそのこと、もう放置しておいた方が良いんじゃないか…。

そんな風に思うこと、ありませんか。

放置は、基本的には良くありません。

こどもが言うことを聞かないには、こどもなりに理由があります。

それを無視するということは、容認したのかな。と勘違いさせてしまうこともあります。

ダメなことはダメというのをしっかり伝えなければいけません。

また、放置されたことで突き放されたと思い、ママは何も聞いてくれないと思うかもしれません。

しっかり、話を聞いてあげて、共感してあげることが大切です。

そこから、こっちの思いを伝えるようにしましょう。

大泣きしたり、癇癪を起こしたときは、落ち着かせる為に、少し放置させるということも効果がありますが、放置するときは、頭を打ち付けたりしないか、物を投げたりしないかなど、必ず安全を確認しましょう。

落ち着いたら、抱きしめてあげたり、話をしっかり聞いてあげて、気にかけているよ。話をちゃんときいてるよ。というのを伝えましょう。

しつけの大事なポイントは?

四つ葉のクローバー

こどもが全然言うことを聞かないと、親はイライラして、感情的になってしまうこともあります。

自分を責めてしまうこともあるんじゃないでしょうか。

こんなことが、毎日続くと、精神的にも不安定になってきてしまいそうです。

こどもの為にも、自分の為にも、しつけのポイントをおさえておきましょう。

叱るときは落ち着いた声で、大きい声はダメ

叱る場面もあると思います。

叱るときはつい、感情的になりがちです。

大きな声で叱ってしまうこともあるんじゃないでしょうか。

こどもはびっくりしてしまいますよ。

もっと反抗的になってしまうこともあります。

一呼吸おいてみましょう。

落ち着いた声で、しっかり目を見て話すようにすると、気持ちが伝わりやすくなります。

言葉を選ぶ

命令口調や、否定的な言葉を言われると、こどもも良い気持ちはしません。

「〇〇しなさい」ではなく、

「〇〇しようか」

というように、命令ではなく、提案するような言い方が良いです。

「〇〇しないで」ではなく、

「〇〇は、危ないから、△△しようか」

など、しないでと否定するのではなく、やってほしいことを伝えてあげるようにしましょう。

しっかり褒めてあげる

褒めることは大切です。

褒められて嫌な気持ちになることはありません。

褒められると、またやろうと思えるようになります。

もし失敗しても、頑張ったことを褒めてあげることで、またチャレンジしようと思えたり、苦手にならずにすむこともあります。

まとめ

木の上の女の子

 

  • 3歳のこどもが言うこと聞かない理由は、自己主張や、自分でやってみたいという気持ちが強く出ること。「これじゃなきゃイヤ」と言ったり、まだうまく気持ちを伝えることができないもどかしさから、相手を叩いたり、物を投げたりしてしまう
  • 3歳の子供が言うこと聞かないときの正しい叱り方は、言い方を工夫して、命令口調や否定的な言い方にならないようにすること。普段から早めの行動をして、時間と気持ちに余裕が持てると良い。
  • 3歳のこどもが言うこと聞かないのを放置してしまうと、容認したとこどもが勘違いしたり、放っておかれて、何も聞いてくれないと思われたりする。癇癪が起きたときなどは、安全の確認をしたうえで、落ち着くまで放置するのは効果がある。
  • しつけの大事なポイントは、叱る時は冷静になって、大声を出さず、落ち着いた声でしっかり目を見て話すこと。命令口調や、否定的にならないように、言葉を選ぶこと。しっかりたくさん褒めてあげること。

言うことを聞かないと言うのは、自我が出てきたということ。

成長しているということです。

とは言っても、腹がたつことも、イライラすることもたくさんあって、毎日大変だと思います。

でも、こどもに対しての接し方はとても大事なことです。

大変な日々が後々、良い思い出になるように、前向きに乗り越えていきましょう。

【こちらも読まれています】

しつけだからとたたくと虐待?2歳の子どもが受ける影響と育てるコツ
「しつけだからとたたくのは、イヤイヤ期の2歳児だから仕方がない」のは本当でしょうか。昨今、幼児虐待が話題になり、自分のしつけに不安を抱える親も少なくないと思います。わたしもそんな母親の一人です。しかし、子どもへの体罰や暴力を禁止する法律が、世界中で広まってきていて「たたくことはしつけではなく虐待である」ということが常識となりつつあります。

コメント