1歳児向けの寝かしつけ用絵本おすすめ5選!読み聞かせの効果は?

スポンサーリンク

赤ちゃん

毎日の寝かしつけ

ほんとに大変ですよね。

私も毎日頭を悩ませています。

そんな方に少しお役立ち情報!

寝かしつけにおススメの絵本を紹介しちゃいます。

1歳児いというと、言葉の理解ができてるような、まだできてないような。

難しい時ですよね。

月齢にも注目しながらいってみましょう♪

1歳児向けの寝かしつけ用絵本おすすめ5選!

ノンタンおやすみなさい:キヨノサチコ

みんなだいきす「ノンタンシリーズ」

今回おすすめするおやすみなさいでは、じゃんけんをする場面がおススメです!

独特の擬音を使ったじゃんけんですが、覚えやすく、うちの子もお気に入りでここを何度も繰り返して楽しんでました♪

ノンタンシリーズは独特の言い回しが有名ですが、やはり子どもの耳に残るフレーズなんでしょうね♪

寝かしつけはもちろんですが、言葉覚えにもおススメです。

ねないこだれだ:せなけいこ

これもまた有名な「いやだいやだ」シリーズの中の一冊。

もちろん一冊ずつでも買えますよ。

ねないこだれだは「とけいがなります。ボン、ボン、ボン、、、」とはじまり、そこから寝ていない猫や泥棒がでてくるお話。

最後はおばけにつれていかれます。

怖い話のように思えますが、絵がとてもかわいく、1ページに一言と短いお話ですので読みやすいです。

いやだいやだはまさにイヤイヤ期のルルちゃんのお話。

もじゃもじゃは、もじゃもじゃしているものをチョキチョキ切ってすっきりするお話。

にんじんはにんじん好きな子だあれとうお話。

成長に合わせて読めるのが特徴です。夜早く寝たいときは、とっても短いお話のこのシリーズがとてもおススメです。

はみがきおねがい!:わだことみ

このしりーズは歯磨きがついていて、絵の中のどうぶつさんたちの歯を実際にごしごしと磨くことができる絵本です。

なんではみがき?と思っていると思いますが、実ははみがき絵本なかなか使えます。

寝かしつけの時に読むのもありですが、毎日はみがきの時に読んでみましょう。

そのあと皆さん寝ますよね!

『はみがきの本を読んだら寝る』という習慣がつくのです。

はみがきの本を読む → はみがきをする → 布団に入る → もう1冊本を読む、というルーティーンができるわけです♪

いいこでねんね:木村裕一

きむらゆういちさんの『あかちゃんのおあそびえほんシリーズ』のなかにもおやすみの本があります。

ゆうちゃんと仲間たちがねんねをする絵本です。

このシリーズはいないいないばあがいちばん有名ですかね。

うちの子も大好きでどのシリーズもくらいついて読んでます。

言葉もわかりやすく、こどもたちにもすーっと入ってくる内容はさすが木村さんです。

このシリーズは子どもたちの成長の助けをしてくれます。

おめんです:いしかわこうじ

我が家では大ヒットのおめんですシリーズ

1と2がでてますよ。

こちらのシリーズはいろんな動物が、お面をかぶってだーれだという絵本です。

とってもリアルなお面とかぶってる動物がとてもかわいらしいというギャップがとても子どもにウケてます。

寝る前にクイズのような感覚で一緒に考えながら楽しめるのでとてもおススメです。

実際すごい?!読み聞かせの効果!!!

女の子

1歳から2歳にかけて子どもはとても言葉に興味を持ちます。

いろんな言葉を話し始める時期なので絵本をよむことはとても大切です。

絵本を読むことによって、

  • 子どもの言葉の数が増える
  • 想像力が豊かになる
  • 将来本がすきになる
  • 親子でコミュニケーションがとれる

などなどいいことばかりです。

上記でおススメした絵本は寝かしつけ用のものもありますが、内容よりも、1歳の子でも理解できるかどうかが大切です。

夜眠る話でなくても、子どもが親しみやすい内容や言葉のものの方が子どもも楽しみながら、眠りにつけると思います。

そして、読み方もまた大きな声で読む必要はありません。

『やさしく、ゆっくり』がポイントです。

寝かしつけの時は特にこのポイントを重視しましょう。

子どもにとっての一番の子守唄はお母さんの声そのものです。

安心こそが質のいい眠りにつながります。

お気に入りのフレーズを見つけましょう♪

子どもが気に入るのは本自体はもちろんですが、その本の中のどこかのフレーズだったりもします。

その言葉をなんども一緒に繰り返してあげることで言葉の数も増えおしゃべりも上手になっていきます。

さいごに

寝かしつけにおススメ絵本、いかがでしたか?

シリーズ化してるものが結構おススメです。

シリーズ化してるものは「ねんね」のほかにも、「いないいないばあ」だったり「トイレ」だったり成長に合わせて読めるので子どもの頭の中にも自然に残ります。

そしてできるだけ短いお話を。

飽きては意味がありませんので、短いお話を2~3冊毎日読むなどルーティーンを決めるといいかもしれません。

本を選ぶ際は「寝かしつけ」の目的よりも「うちの子この本好きそう」「この絵本読みやすい」など我が子が読んでくれそうな本を選ぶといいと思います♪

【こちらも読まれています】

双子の寝かしつけは放置が最適?1歳児の双子寝かしつけ方法は?
「双子って一度に子育てが済んでいいよねー」そんな言葉に「なにー⁉️寝かしつけも二倍なんじゃ。」と、反抗したい気持ちになったことはありませんか?お母さんも寝不足のときには、イライラしやすくなりますよね。この双子の課題と言われる一つの、「寝かしつけ」。
赤ちゃんをあやす歌で効果抜群の曲5選!泣き止まない・寝ない時はどうする?
初めての子育て。「この子はなんで泣いているんだろう」「全然夜寝ない」なんて次から次に不安が押し寄せる毎日をすごしていませんか?わかります!!!何が正解なのかわからない子育て。そんな少しでも解消になればと効果抜群!赤ちゃんをあやす歌をご紹介します。

コメント