1歳児が癇癪で頭を打ちつける理由と対処法は?治す方法はあるの?

スポンサーリンク

青い瞳の子供のアップ

1歳頃になると、こどもが自分の頭を床や壁に打ち付けてしまうという話を聞きます。

自分の意志もだんだんとでてきて、嫌な事や眠い時などに見られる行動です。

そうは言っても、いざ目の前で頭を打ち付けていたり、大泣きしたりしていたら、とても心配だし、不安になりますよね。

あまりにひどいと、感情的になってしまうし、ストレスも感じます。

感情的になればなるほど、こどもの癇癪もひどくなり、どうすれば良いか分からなくなってしまいます。

こどももつらそうですが、親もつらいのです。

こどもが癇癪を起こしてしまった時、どうすれば良いか、対処法をご紹介します。

1歳児が癇癪で頭を打ちつける理由は?

帽子を目深にかぶったこども

こどもが癇癪を起して頭を床に打ち付けてしまう。

こどもがかわいそうですが、見ている親も、つらいし、ストレスを感じることもあります。

こどもが癇癪を起こすと、気持ちのコントロールがうまくできず

  • 声を荒げて泣き叫ぶ
  • 奇声をあげる
  • 暴れたり、物を投げる
  • 頭を打ちつける

このような行動をしてしまいます。

個人差もありますが、1歳頃から4歳頃が多いとされています。

癇癪を起こす原因としては、自分の思うようにいかないことがあったり、疲れたり、眠かったり、お腹が減ったり、自分に目を向けさせたい時などに起こります。

気持ちをうまく言葉で表現できず、癇癪を起こすと考えられています。

癇癪を起こしたときの対処法は?

砂場の遊び道具

こどもが癇癪を起こしてしまうと、手がつけられなくて、本当に困ってしまうことがありますよね。

泣きたいのはこっちの方だよ…という感じです。

家の中ならまだしも、外でやられてしまうと、周りの目も気になってしまいます。

癇癪は、気にいらないことがある時や、思い通りにならない時、眠い時、お腹が空いた時などに起こることが多いと思います。

癇癪を起こしたこどもを目の前にすると、どうしてあげるべきか分からなくなってしまいます。

叱ってもおさまらないし、こどもの言うことばかり聞いてわがままに育ってしまったらと、不安になります。

そんな時の対処法と注意点です。

こどもが怪我などしないようにする

癇癪を起こすと、頭を壁や床に打ちつけるこどももいます。

怪我をしないように、マットやクッションや枕などを間に挟みましょう。

叱るのはダメ

癇癪を起こすと、こっちの言うことも、全然聞いてくれません。

ついつい感情的になってしまいます。

まだ言葉も理解できないこどもや、パニック状態のこどもに対して頭ごなしに叱っても、何で叱られているの分からず、こどもも混乱してしまい、もっと癇癪が激しくなってしまいます。

むやみにご褒美をあげてはいけない

癇癪をおさえる為に、おかしやおもちゃを与えるのはよくありません。

その場はおさまることもありますが、癇癪を起こせば要求が通ると思い、癇癪を繰り返しやすくなります。

ただし、話を聞いてあげることも大切です。

癇癪を起こすには理由があります。

理由も聞かず頭ごなしに拒否したり無視をしてはいけません。

話を聞いたうえで、それはダメだということを伝えましょう。

癇癪が終わったら、褒めてあげる

癇癪が終わり、完全に落ち着いたら、落ち着けたことを褒めてあげましょう。

こどもも安心するし、癇癪をしない方が良いと感じ、予防にもなります。

癇癪が起こると、感情的になってしまいがちですが、気持ちを落ち着かせ、冷静に対応するように心がけましょう。

1歳の癇癪は治る?治療機関に行くのはあり?

下を向く子供

こどもの癇癪がひどいと、心配になります。

癇癪がひどくても、次第に落ち着いていきますが、障害があると、何年も続いてしまう場合もあるそうです。

あまりにも癇癪がひどいと感じたら、医療機関など専門機関に相談しましょう。

とくに、ひとりでずっと癇癪を対応するのは簡単ではありません。

ひとりで悩まず、相談することも大事なことです。

頻繁に長時間癇癪が続いたり、自傷行動をしてしまい、危険だと感じるときは医療機関への相談を検討してみてください。

他にも、育児の不安の相談ができる、子育て支援センターもあります

子育て支援センターは、市区町村ごとで身近な場所にあり、親子の交流、育児相談、情報提供などを行っています

相談することで解決したり、気持ちが晴れることもあります。

ぜひ、活用してみてください。

1歳児、こどもの癇癪に疲れた…親もしっかりストレス解消しよう!

たくさんのドーナツ

こどもの癇癪は本当に辛いです。

抱っこするのに邪魔だからと、手に持っていた物をちょっと取っただけで、癇癪をおこしたり、眠そうなときにした物音や、眠くても眠れないときなど、本当にちょっとしたことで癇癪をおこすこともあります。

癇癪をおこしてしまうと、こどもも疲れるだろうけど、こっちもどっと疲れます。

感情的になってしまって癇癪をエスカレートさせてしまった。

なんてこともあります。

癇癪が起こると、先のことが不安にもなりますし、自分のせいなんじゃないかと自分を責めてしまうこともあります。

自分自身を守ることも大切です。

癇癪を起こしている時のこどものパワーはすごいです。

近くにいるだけでイライラしたり、感情的になってしまうこともあります。

冷静に対応できるようにする為にも、ストレスにならないようにしたり、気持ちを乱したりしないようにしましょう。

こどもの為にも、親がしっかりストレス解消をすることも、とても大事なことです。

まとめ

  1. こどもは、自分の思うようにいかないことがあったり、疲れたり、眠かったり、お腹が減ったり、自分に目を向けさせたい時にそれを伝えようと癇癪を起こす
  2. 癇癪を起こしてしまったら、まずはこどもの安全を確認する。逆効果なので、叱ったり、むやみにご褒美をあげてはいけない
  3. あまりにも癇癪がひどい場合は、医療機関へ相談。ひとりで解決するのは難しいです。相談することも大事。
  4. こどもの癇癪はすごいパワーがあるので、心が折れそうになることもあるかもしれないけど、自分自身とこどもの為にもストレス発散をしよう!

恐るべしこどもの癇癪です。

本当に疲れてしまいます。

意志を伝えようと、成長の証でもあるのかもしれませんが、こっちが泣いてしまいそうです。

大変だと思いますが、気持ちに余裕を持てるように、ストレス発散をしながら、子育ても楽しめると良いですね。

【こちらも読まれています】

双子の寝かしつけは放置が最適?1歳児の双子寝かしつけ方法は?
「双子って一度に子育てが済んでいいよねー」そんな言葉に「なにー⁉️寝かしつけも二倍なんじゃ。」と、反抗したい気持ちになったことはありませんか?お母さんも寝不足のときには、イライラしやすくなりますよね。この双子の課題と言われる一つの、「寝かしつけ」。

コメント